TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども、なんだか寒さも例年に比べてヤワな感じのニューヨークです。


さて先日、テレビのニューヨークローカルニュースを見てて、オープニングレセプションの様子に「コレは行かなきゃ!」と思った展覧会行きの企画が昨日やっと実現!
てな訳で私と相棒くん、MOMAで開催中のティム・バートン展に行って参りました。
(会場内カメラ禁止&カメラ忘れたんで写真なし......)


日本でもファン多いよね、ティム・バートン。
「ナイトメア~」グッズたくさん売ってるもんね。
ジョニー・デップ効果もあいまってのヒット作続きだしねー。
(でもスウィーニー・トッドは退屈したけどさー)
相棒くんも彼の大ファンなので、大概のバートン映画は一緒に鑑賞させられしています。
で、今回も一般公開翌日という早さでちょいやっと見に行ってきました。
いんやー、月曜なのにすんごい入りの良さでビックリしたよ。


彼は本質アニメーターで映画監督であって、絵描きでもあるけどこうやって自分のドローイングとかを展示するのは初めてなのか。
展示スペースに対して展示点数多すぎ。
(上記リンクで飛ぶMOMAの展覧会サイトでも作品見せてますが、PDFで101ページもある!しかも1ページにつき7点の作品......意欲は分かるが盛り込みすぎ......)
でもって、コレはMOMAの責任だと思うけど、非常に作品が見づらい。
年代順、作品順にもっとまとまりのある展示をしないと(一応少しはまとめられているのだが)分かりづらいし、壁面の使い方が混み混みだし、順路もなくて混乱する。
何よりスペースがもっと欲しいね、やっぱり。
動画もあちこちで上映してたが、もうちょっとスペースや配置を考えて欲しいと思った。


バートン監督、ドローイングはめちゃくちゃ上手い。
イラストレーターでも成功してただろうなあ。
発想に何のタブーもなさそうなぶっ飛びぶりは、見ていて楽しいし刺激も受けました。


それにしても映画って、作る前にこんなにスケッチを重ね、1枚の絵として額に入れられそうな完成度の高いスケッチも作った上にさまざまな芸の細かいフィギュアや小道具を作って、スゲー手間と時間をかけるものなんだね。
ジブリ美術館に行った時も同じような気持ちになりました。
とにかくあらゆる労力と時間をかけてかけて、手塩に掛けて作られているんだなあと、制作過程を目の当たりにすると、気が遠くなる~。


シザーハンズの衣装(靴まで一体化しててどうやって身につけてたん、ってくらい着るのヤヤコシそう)やキャットウォーマンの衣装も展示されてた。
ジョニー・デップって背は高くないんだな~と衣装見て思ったけど、ミッシェル・ファイファーってスゲー小柄で細いのね!?
とにかく衣装が小さいし、肩幅なんか子供服並みに華奢でビックリしたわー。


懐かしいビートルジュースからの展示もあり。
でもやはり、ナイトメアものは充実!
フィギュアいろいろ、ジャックのいろんな表情のヘッドが一挙に展示されてた。
私が期待していた「チャーリーとチョコレート工場」からは残念ながら、出展数少なし。
ウィリー・ウォンカの歌を歌う人形がいました(いただけで歌いも踊りもしないけど)。


展覧会の会期は、来年の4月26日までとかなーり長い。
開幕したての今も、来月のホリデーシーズンも混み合いそうなので、もうちょっと経ってから行った方がゆっくり見れそうです。
ファンの方は是非に~。

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報





ここんとこお天気の悪い日続きのニューヨークです。


お出かけ続きだったんで土曜の午後にまったりとブログ書いてました。
で、書き終えて「送信!」したら、fc2ブログの不具合により、記事が消えた。
見事に全部すっ飛んで、落胆のあまりその後放置したけど、夜も更けて改めてやり直し....
(;´д` )



気を取り直して。
先々週から先週にかけて、相棒くんと私の誕生日が相次ぎまして、普段はボストンとニューヨークを行ったり来たりしている彼も一緒にいる時間を増やすべく、ニューヨークに滞在してました。
相棒くんの誕生日は日本食にベルギーレストラン、映画(「かいじゅうたちのいるところ(Where the wild things are)見た。原作は有名な児童書。だが映画は大人向け、ちょっとダークな感じ)、と奢ってあげて、あとは帽子や靴下買ってあげただけ。
で、私の誕生日は1日オフを取ってくれたんで、何がしたいかっつーんで美術館行きたかったんだけど、火曜日だったんで休館日だし....と言うことで、





P1050581.jpgチェルシーのギャラリー街に行くことに決定!
目指すは、大好きなホックニーの個展。
マンハッタンに3カ所あるPace Wildensteinというギャラリーのうち2カ所(チェルシーと57丁目)で開催中。
今回は彼の生地、ヨークシャーでのランドスケープがテーマになっていて、2006年から今年まで描かれたものが出展されてます。
作品の点数も、作品自体の大きさも、ボリュームがあって非常に見応えあり!
大がかりな個展なので、あちこちの街灯にこんな宣伝が。






でも、ホックニー展の写真はなし.....
ひょっとして撮ってもいいのかもだけど、なんか撮れなかった~。
でも素晴らしかったです!久々にいいもん見た。
57丁目と合わせて、あとでひとりでまた見に行っちゃおうと思いました。





P1050572.jpgその後同じ25th Streetのギャラリー群をウロウロ....こちらは10th Avenueを西に入って割と直ぐだったけど、ギャラリー名も作家名も失念。
ペンキぶちまけたみたいだけど、これ全部紙で出来た切り絵なんですよー。
立体的になってたけど、どうやって制作してどうやって保管・搬入するんだろーって思った。お客さんとしても買いづらい作品だなー。






P1050582.jpg
こちらは今やユニクロのTシャツ柄にされてしまってるバスキア。
Stellan Holm GalleryのJean-Michel Basquiat "Large Drawings"展。
11月27日まで開催中。
点数少ない。6~7点ぐらいだっけ?





P1050574.jpg
こちらはAbby Leighの"The Sleeper's Eye."展、Betty Cuningham Galleryにて。
柔らかい自然光が活きる空間と、繊細で美しい作品群がマッチしてて素晴らしい!
残念ながら本日、11月14日で会期は終了してます。
中央椅子でふんぞり返ってるのは相棒くん。歩きすぎて疲れている。





いや~たまのギャラリー巡りは魂の洗濯だね~。
と思ったけど、たった25thと24thの2ストリートのギャラリーを歩き回っただけで、足が棒になるほど疲れて、カフェに避難。年には勝てん~。
チェルシーの殆どの200くらいのギャラリーが10thと11thAve,の間、19th Streetから北に10ブロックくらいにまたがって集中してるんだけど、その全てを見るには1日じゃとても無理。
それでもニューヨークの観光コースに入れることをオススメします。
オープニングでアーティスト本人に会えることもあり得るしね~。





ところで、お誕生日の戦利品は....





P1050583.jpg相棒くんに、ホックニーの図録買ってもらった。
で、私の6年越しのボロボロ携帯を見かねた彼が、この後Apple Storeに連れてってくれてiPhone買ってもらった~!わーい。
でも実はまだ、ボロボロ携帯ケチく使ってるけど.....
そのうち新しくします......






P1050585.jpg東京の姉からターナーのアクリル絵の具セットが届いた!
うれちー!
ターナーはニューヨークじゃ入手しづらく且つ高価だし、とGolden絵の具を使ってる身の上だけど、本当はターナーが発色といいマットさといい、いちばん好き~。
しかもコレ、「和」カラーシリーズじゃん!
ピンクのハートは、11歳の姪っ子作。
ありがとー。






P1050586.jpg日本の妹妹ちゃんから四国の讃岐うどんが来た!
手作りアクセサリーと携帯ストラップ付き。
カワイーありがとー。
うどんはぷるぷるモッチモチで美味しかった!






P1050588.jpgこの日のランチが重かったので、希望の焼肉ディナーを変更して夜はお寿司。
その後Black Hound Bakeryでお誕生日ケーキを買ってやる、とホールケーキ買いかける相棒を押しとどめ、何とか小さめのケーキにしてもらいました。
でも小さめったってここのはデカい。
甘さかなり控えめで、美味しいけどねー。
クリームの量が多くてイッパイイッパイ。
相棒はその夜、チョコレートラズベリーケーキをペロリと平らげたが、私はヘーゼルナッツエスプレッソムースを夜と朝の2回に分けてようやく平らげた。
で、余ったのがこのチェッカーケーキ.....




P1050590.jpgコレも頑張ってまた2回に分けてひとりで食べました。
だってデカいんだもん。
でもコレも美味しかった!
スポンジもチェッカー柄でカワイイ~。




この日はバースデースペシャルデートに日本からのギフトの他、eグリーティングカード、それにミクシィやfacebookを通じてたくさんの「誕生日おめでとう」メッセージをもらって大ハッピー!
自分、愛されてるな~と感じた、愛に囲まれた1日でした。
みんなどうもありがとう。
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報




だうも。
最近ちょっとお勉強を始めちゃったせいで、1日の時間が限りなくリミテッド。
睡眠時間少なめ、それなのに時々ネットのZOO KEEPERってゲームで遊んでは自分の首締めてるtomoxです。
いつも眠い。うううう。


さてさて、今日の記事もかなりな過去ネタ!
開き直って行こう!


先日の独立記念日バケーションでボストンに行った時に訪れた、現代美術アーティストでありグラフィックデザイナー、イラストレーターの「Obey Giant」ことShepard Fairey展。
8月16日までICAというコンテンポラリー美術館で開催中です。





P1040329.jpg
会場内は撮影禁止だったんで、ギリ入り口まで寄って写真撮ってみました。
お出迎えするブキミな顔の集合体。




そう、この顔はニューヨークの皆さんには見覚えありまくりでご存知の筈!
アメリカの他の都市部の皆さんと、ひょっとしてロンドンの皆さんにもお馴染みなんじゃないでしょうか!?
かなーーーり何年も前から、街中にこの顔がステッカーになってペタペタ貼られまくってたり、ステンシルで型抜きスプレーしてあったりするんですよね。





nyc2004.jpgobey.jpg
こんな感じで。
いたるところに。




これ、昔亡くなったプロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントの顔なんですよ。
昔は日本でも活躍してましたよね、懐かしいっす。
本物の彼をご存知ない方は、YouTubeなどで探せばあるかも。
自己責任でお探し下さい(←調べる手間が面倒で突き放し)。
馬場さんよりもデカい7フィート4インチ(223cm)。
シンディ・ローパーの「グーニーズ」の主題歌のプロモにも出てたよー。


ま、こんな感じでシェパード・フェアリーのシンボルであるこの顔は瞬く間に周辺に知り渡り、アーティストとして少しずつ注目されるに至った訳です。
彼の作品はプリントなんだけど、主にはスクリーンプリント、つまりステンシルみたいな型抜きによる塗り絵作品が多いの。




peace_revolution.jpg
この、銃口からお花が出ている中国女子兵のプリントも、ニューヨークのあちこちでグラフィティとして見かけます。






んで、CDジャケットなども手がける彼ですが、昨今の有名作としては~





zepp_18x24-poster-fanl.jpg
マザーシップ!
こちらも彼の作品!






展覧会ではこのようにあっちこっちで

「えっ、これも彼の作品だったんだ」

つうのがありまして。


その最たるもの、つうか世界中誰でも知ってるんでないか?という最近の超有名作があります。
彼はこれで大ブレイクしたんですー。
それが、コレ!!!












obama-hope.jpg
OBAMA HOPE!!!







彼の作品は政治色、メッセージ性の強いものも多いんですけど、それはさておいても、プリントされた作品をごく近くで見ると本当に美しいんですね。
会場で流れてた動画で彼の巨大作品の制作ぶりが見られましたが、めっちゃ丹念に手をかけて、しかもかなりな体力仕事で制作してました。
巨大ステンシルによる重ね塗り作業(手作業!!!)。
重たげな上、非常に手がかかって面倒っちそうだ(笑)
作者自身もスタッフと一緒にアレコレデカい物を運んで、時間をかけて仕上げてゆく。
しんどい上に神経使うし、根気も要る。
ガッツぶっ込まないとこんなシンドイこと出来ませんー。
時間も体力もかかってて、見てるだけでお腹一杯な作風です。


小さい作品も手が込んでてプリントが本当に綺麗です。
コンピューターじゃないのが驚くよね。
日本で言えば、切り絵師?ちゃうか?
機会のある方は是非に、1度生プリントの数々をその目でご覧下さいませ。
オイラはちょっと欲しいなって思った作品がいろいろあった。
彼のサイトでグッズや画集はもちろん、限られたプリントも買えるようです。
残念ながらオイラの欲しい奴じゃなかったんだけどさ(笑)






P1040328.jpg
ICAの展覧会場を抜けると、こーんなデッカい窓。
ボストンの港が目の前に広がってて、ダウンタウンからイーストボストンの空港までグルリ見渡せる見晴らしの良さ。
写真は港を見下ろして黄昏れる相棒氏。





P1040333.jpg帰り道にクインシーマーケットに寄ってイタリアンジェラート食べました。
相棒くんの絶大なお薦めに従い、彼の大絶賛の青リンゴ味ジェラートを食す(2スクープの下側の方)。
悪いが、フツーだな。
率直にそう申し上げたのに、信じられないと言った表情で、私の甘味感覚まで疑われました。
そう言われても、可も不可もないものを誉めようがないな。
世の中、もっとウマイアイスはゴマンとあるぜと申し上げたい。





てな訳で、また次回~。
皆さま、東海岸時間的にはちょっと早いが、良い週末を!

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術



どもども。
キングサウナにハマりすぎて、また週末に行ってきていたtomoxです。
最近はお肌も凝りも調子良い。
今回は練習、シロップ、カットフルーツ(缶詰だったが....)にアンコてんこ盛りのかき氷もサウナの合間に食べてきた。
かき氷オイチー!
でもサイズが2人分くらいあるので、2人でひとつで充分かも。
コリアンかき氷、デカいサイズのが多いのはなぜなんだろう?
4人がかりくらいでないと完食無理なサイズでよく提供されるんだけど....







ところで昨今、お客さんが多かったせいか、ミュージアム訪問率が増えました。



P1030980.jpgP1030979.jpg
P1030982.jpgP1030978.jpg

↑上の写真は、自然史博物館のショップにて。
針金で出来た恐竜たち。
激可愛くない?(一緒にいた妹妹ちゃんには分かってもらえなかったが)
きいーかわえーーと思ったけど、持って帰ったらそのうち邪魔になるだろう事は予想が付くので、写真に撮りました。



ニューヨーク観光にはお馴染みなミュージアム、ニューヨークには良いミュージアムがたくさんあるんだけど、その中でも観光客の最大の行き先と言えばメトロポリタン美術館かなー。


見どころ満載過ぎて、短時間で見るのは勿体ない。
中には何カ所ものカフェやレストランもあるし、ここは是非ともランチは館内で食べて、週末の開館時間が長い日に訪れて、夕食までの時間をゆっくりと過ごして欲しいものです。


とは言え、アート鑑賞って案外疲れるんですよね。
ですが心配ご無用!
メトロポリタン美術館、通称メトの中には癒しポイントも満載なのです。
彫刻などの退色が懸念されない展示品のお部屋は、ふんだんに窓や天窓があって、たっぷりと自然光が入ったりして、またそういう部屋に限って座れる場所があるので、そこここで休憩しながら空間自体を楽しめるようになっております。


という訳で、先日訪問したメトロポリタン美術館から、癒し空間ポイントをご紹介。








P1040071.jpg
まずはここっすよね。皆さま必ず訪れるところ。
1階エジプト展示コーナー、エジプト美術の後にどーんと広がるTemple of Dendur。
ふんだんな自然光と共にセントラルパークの緑が広がる窓辺。
部屋の中に池まであって、癒し率高い場所です。
ここは椅子はないけど池の縁に座れるし、展示物の周囲に段差があるので、段差の縁に腰掛けることも出来ます。




P1040093.jpg
1階のモダンアートのお部屋(階段があって2階にも続いてます)。
絵のある部屋なのに、自然光がふんだんに入っている。
退色しないのかしらん???
天井が高く展示物もデカくて、ボンヤリしにくるのに向いた非日常的空間。
ここは2フロアあって、ソファも何カ所かあります。




P1040118.jpg
2階の中国美術エリアにある、Astor Court。
中国の建物とお庭があって、椅子らしきものはないんだけどあちこちに腰掛けられる。
この隣の日本美術エリアにもリビングルームみたいな休憩コーナーがあるんだけど、私はこっちの方が自然光がたっぷり入ってて好き。
ここはいつも疲れたらボンヤリしに来る、安らぎ空間。




P1040083.jpg1階のRobert Lehman Collection。
回廊式に印象派の絵が並べられ、地下になっている中央には高い天井から自然光が入って、小さな噴水の周囲にはベンチがあります。
展示物もやすらぎ系で癒し効果高し。





P1040116.jpg彫刻エリアは高い天井に天窓多数、ベンチ多数で絶好の癒し空間。
左はギリシャ彫刻エリアのGreek Sculpture Court。
ここより更に自然光の多いのが、左下のヨーロッパ彫刻と装飾美術エリアのEuropean Sculpture Court。
部屋も展示物も白一色、ベンチ多数で落ち着きます。
続きには大きな窓から緑がたっぷり見えて素敵なカフェ&ワインバーもあってやすらぎエリア。
で、右下のお部屋はギリシャ&ローマ美術エリアの中にあります。
中央の噴水を囲んでベンチがあります。
P1040088.jpgP1040107.jpg


P1040111.jpg
で、ここの噴水にはなぜかコインを入れる人が後を絶たない....
こんなことやるの、日本人だけかと思ってたら、アメ人もやんのね。
これはお父さんが連れてきてた赤ちゃんがコインを入れてたの。
この景色が癒されるわ~。


P1040114.jpg
この部屋、こんな笑える彫刻もあります。
いや殆ど跡形残ってないやん。
こんな形でも展示するほどの価値がある美術品なのかもだが、これは笑いましたで。





その他、この日は行かなかったんだけど、こんなところも。





Roof-Garden-Martini-Bar.jpgこちらはウェブサイトから、ルーフガーデン。
(小っこい写真しかない~)
1階からエレベーターで行けます。







まあそんなこんなで、若くないもんで休み休み美術鑑賞する訳ですね。


日本だと美術館に行くのも混み混みだったりして、ガッツぶっ込み系体力気力系の美術鑑賞になりがちなのが残念なところです。
外国だとそこまで混み混みのことって、よっぽど人気のある企画展の展示場以外はそうそうありません。
写真の日は天気の良い週末でしたけど、常設展は空いてました。
こんな大きな美術館で、適当に空いているのに、日本で美術館にいる時のように前のめり型の美術館計画を立てるのは勿体ないっすよ~~~。
時間にゆとりを持ってゆったりと移動しながら、美術品はもちろん、美術館という空間そのものを楽しんで欲しいなあと思います。




P1040130.jpg美術館を後にして我々が向かったのはPayard
ウェブサイト見て知ったけど、渋谷と池袋の西武百貨店と、横浜のそごうでここのスイーツ売ってるんだね、驚きー!
アッパーイーストにはNeue GalleryのCafe SabarskyLady Mなどの寄りたいカフェやスイーツのお店がところどころにあるんだけど、ここもそのひとつ。
どこのカフェも美術館通りのアップタウンの5th Avenueからは徒歩圏内にあるので、美術鑑賞後に感想を語り合いながらの休憩にピッタリ。
この日はシュークリーム食べました。
ドデカいっすね。
でもクリームの甘さは控えめでペロリ。






という充実、極上の午後でした。
ウィークデーにバタバタしてても、週末は優雅に過ごして癒されたいなあ~。
ここのところ、コリアンサウナ→コリアンカフェとコリアンご飯、というコースにハマりすぎなワタクシですが、いろいろお試ししてみたいと思います。
夏本番ももうすぐ、ニューヨークは夏になると無料コンサートや無料映画が多数行われるので、お金のかからない娯楽がイッパイだしねー。



という訳で、また次回~~~~。





*オマケ*
P1040159.jpgここのところ、通りかかる度に私をビビらせていた広告。
マリリン・マンソンのニューアルバムなの?
うちの近所にずっと貼ってあった。
やっと見かけなくなってホッとしてる。
夜道にコレは怖いって。
子供が泣くがな。


テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。