TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





どもども、オリンピックでついた夜更かし癖が取れないtomoxです。



ところで先週末、オリンピック中継も佳境だったのでヒッキー気味だったのですが、それを助長するように大雪降ってまして。
フロリダに出張中の相棒くんが嬉しそうに

「4フィートも積もったんだって!?」

って電話かけてきましたけど(それも本当にそれが聞きたかっただけの理由で、その事だけ聞くと電話を切ったのだ。ちなみに彼の父は、マイケル・ジャクソンが死んだという理由で息子に電話をかけてきてすぐ切った人である)、いくら何でも4フィートはなかったすよね!?
写真で検証~。
(最近iPhoneカメラばっかなので、暗いところの写真がひどすぎ)




022610-1.jpg
昼間の雪に埋もれたバス停。
バスが来ても入り口に近づけない。
考えて雪かきしてくれ。
バス停埋もれさせてどーする。


022610-2.jpg
夜のユニオンスクエア。
どなたかが作ったメキシカンな雪だるま。
手のところだけニョロニョロ風味。
周辺に記念写真撮る人多数


022610-3.jpg
あまり雪かきしてない道だとこんな感じだった。
雪が溶けるまではこの車に乗ることも、雪を踏み越えて発進することも多分不可能かと思われる。


022610-4.jpg
こんもりと丸まってアイスコーンみたいだがこちらゴミ箱。
これで見ると1フィートは積もってそうです






ま、こんな感じでした。
4フィートはないよ~いくら何でも。






ところでトップ写真のミニバービー人形達、懐かしのテレビシリーズの方のチャーリーズエンジェルです。
ファラ・フォーセットならもう気持ち前髪を作っていただきたいが、ひょっとしてこれはシェリル・ラッドの方なのだろーか。
このバービーシリーズが80年代特集だけに(ファラフォーセットが出てたのはシリーズ最初の方だけだったので、70年代かと)。
これを見つけたのはトイザラスのバービーコーナーです。
2月の末に愛する甥っ子くんのバースデーがあったので、ミッドタウンのトイザラスに行ってきたんですね、久しぶりに。
そしたら80年代特集の限定バービードール売ってまして。
前にデスティニーチャイルドのバービー達とか見た覚えあるけど、今回はネタ古し。




joanjettbarbie.jpg

ジョーン・ジェット。
今でもアメリカ人はカラオケでよく歌うアイラブロケンロール。
ギター付きってのがそそる。


debbieharrybarbie.jpg

デボラ・ハリー。
メイクが実にソレ風です。
衣装がセクスィー。
友人のSちゃんはカラオケで今でも「Call Me」歌います、って誰も知らねー(笑)


cindilauperbarbie.jpg
シンディ・ローパー。
アレ?
彼女ってプラチナブロンドなイメージあるんだけど80年代はこんな赤毛だったっけ?
それよか、もっと両側の髪をそり込んだり、トップが逆毛になってたり、一部ピンクにヘアダイしたりしてなかったっけ?
で、衣装もシンディらしさがイマイチだ。
まるでフラメンコダンサーみたいでちょっと残念な出来。
もっととことんシンディを追求して欲しい。




antiquebarbie.jpg

80年代バービーにもそそられますが、個人的には60年代の復刻バービーがいちばんカワイイと思います。
お洋服も、オサレでそそるわー。







なんて書きながら、バービーは一体も買わず(オトナなので。つって実はこういうのに弱いが、部屋が片付かない方がイヤ、という現実派。大ファンなクセ、ジミー・ペイジフィギュアさえ買わない女である。その割には部屋は片付いてない)。
その後は無事甥っ子くんにリモコンヘリコプターをゲット。
特価で激安20ドルほどだったのはヒミツです。



皆様も80年代バービー、気になったら是非チェックしてみてねん。
という訳で、また次回~~~。
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報



ども。やっぱりどーもヒマがないんで、短い日記アップ。
ヒマがないの、よく夜遊びしてるからでもあるんですけどねー。


上の写真のギター、先日も申しましたように今池祭りで友人に「たません買ってくるわ!」と言い残してひとり出かけて、ギターケースごと買ってかついで持って帰ってきた私のギターです。
関西人としては友人には「えっらい大きいたませんやなぁ~」ってボケて欲しかったんですけど、それはしてもらえませんでした(涙)。


ただ今ピアノで言えばバイエルレベルを練習中のコレ、ニューヨークに持って帰りたいのでギター弾きさんに先日相談しました。


tomox 「先日ギター買ったんですよ、ホラ」(と写メを見せる)
関西人ギタリスト「おおっYAMAHAのxxxxxやないか(聞き取れなかったのでいまだ型番のよくワカラン私)、ケース付き18000円?いい買いもんしたなぁ」
tomox「はい、30年もんのヴィンテージです~」
関西人ギタリスト「30年もんやったら木が乾いてええ音鳴るやろ。オレも持ってんねん、今のYAMAHAのとちゃーてマーチンみたいな音するねんなぁ~」
tomox「コレをニューヨークに持って帰りたいんですけどね」
関西人ギタリスト「飛行機なんかに乗せたらアカンで!乾燥でネックが反ってまう!」
tomox「あ、そない言いますね~みんなどうしてるんかなあ」
関西人ギタリスト「あんな、僕のところに置いて行きなさい」
tomox「イヤです」
関西人ギタリスト「2月にベックに渡してアメリカに運んでって頼んであげるから」
tomox「イヤです」


というベターな関西ノリ会話の後、飛行機移動中はギターケースの中の小さい蓋の中に水を吸いきった「水取り象さん」を置くように指示されました。
水取り象さんは、キッチンなどの水回りに置いとくとすぐにいっぱい湿気を吸うそう。


tomox「水取り象さんですか」
関西人ギタリスト「アレがいちばんええねん」
tomox「へえ~。あ、象さんいえば兄さん、ガネーシャに似てますね」
関西人ギタリスト「誰やガネーシャて」
tomox「あ、夢をかなえる象ってドラマの古田新太さんです」
関西人ギタリスト「誰やフルタアラタて」


という訳で水取り象さんと共に、マイギター渡米決定!
ビートルズ弾き語り目標、目指せジョニ・ミッチェルの夢は叶うのか!?
乞うご期待!(いや、我ながら期待しづらい)


それにしても関西人で古田新太知らんて、あきませんよ兄さん!

テーマ:♪音楽♪ - ジャンル:趣味・実用



どもども、相も変わらずあっっっっついですねぇーーー。
汗ダクダクのニューヨークです。


ところでゆうべ、ディズニー映画「WALL-E」を見てきました。


P1000288.jpg ←WALL-Eってこのコね。
  ロボットなのだ。
  映画館にいました。



この映画を見た友人があまりに熱心に「カワイーカワイー」と言い、あまつさえトイザラスでWALL-E人形まで買ってしまったっちゅーから、どんなもんかなあと思って。
ディズニーはナルニアでちょっと辟易してたので、うーんと思ってましたが。
でもすごく可愛かった。
ネタバレできないので詳しく言いませんが、いいお話だった。
ロボットは殆ど喋らないのであまりセリフもなくとてもシンプルなのですが、ストーリーはお説教じみてなくてもいろんな深い意味を含んでいます。
アニメーションと実写も組み合わせてあって、映画に出て来る小さなディテールもとても凝っているし、映画美術も面白かったです。


ところで映画にはゴキブリがキャラクターのひとりとして出て来るのですが、今朝はその余波か?でっかいゴキブリが私のベッドルームに出ました(涙)。
それもハリー・ポッターの分厚い7巻の背表紙にピタリとついてた(泣)。
コンバットを新しく変えたばかりなのに、その匂いに惹かれて逆にやって来たか?
コンバットを置いてるので小さなゴキブリはいなくなったのに、どこからか大きいのが時々やってくるんですよー。
ビル全体にちゃんと防虫剤撒いてないんですよね(管理人は毎月やってると言うが、この1年間、防虫希望者がサインアップする紙が貼られた試しがない)。
早速死んで頂きました。朝から一大仕事だったぜ。


ところで今日の話題はWALL-Eの方じゃなくて、補整ブラ。
ニューヨークの日本人には多分お馴染みのRippluってお店でここ何年もずうっとお世話になっています。(下の住所に最近移転しています)
Ripplu
66 Madison Avenue bet. 27th & 28th Street
212-599-2223 or toll-free 1-866-RIPPLU-9 )



7502_1.jpg
ここの下着、日本で買うと1万円以上するらしいじゃないですか?
私はブラデリスニューヨーク バックシャンブラってのを先日買ったんですけど、ひとつ62ドルと日本よりグッとお安いです。
着け心地もきっちりピッタリ、脇や背中もスッキリします。とてもいい感じ。



ここの補整ブラ、着け始めの頃はStep1というタイプから始めて、Step2、Step3とだんだん胸を「集めて寄せて上げて~」と変えてゆけます(ブラデリスニューヨーク バックシャンブラはStep1だそう)。
もー最初に補整ブラを身につけた時の驚き!
今まで如何にいー加減にブラを選び着けていたか(もしくは着けてなかったか・笑)身に沁みてよく分かりました。
だって普段はブラ周りにはみ出し気味なお肉が全てブラに集められて納まり、両脇がスッキリするので前から見ると胴が細くなってる!その分前に胸が飛び出す!
横から見ると冗談抜きで昔のハリウッド女優並みのトンガリ方。
ロケットのように前にバーンとせり出します。
あまりに胸がスゴいことになっててちょっと恥ずかしいくらい。
自意識過剰になって何度もウィンドウのガラスで自分の胸チェックしちゃいます(笑)。


もともと、私は日本人にしては胸がデカイ方なんです。
正直に書きますが、日本にいた時はDカップつけてました。
アメリカに来た時点で胸のサイズは近所じゃ普通程度(笑)。
小さくもないがデカくもないくらい。
それがRippluで寄せて集めたら、あーら不思議。サイズ増強!いきなりFカップ!
Fなんてサイズ、日本のデパートじゃ見かけなかったなあ。
それが昨今太ったせいで胸がまた育ち(ていうかオレの胴体自体が育ったのか?笑)、今回集めて寄せて上げて計ってもらったら遂にGカップゾーンに突入。
ブラデリスをちゃんと着けたら、巨乳どころか爆乳です。


すげーなぁと我ながら感心してますが、普段ノーブラで仰向けに寝そべってると結構ペッタンコになるのよねーコレが。(^^;;)
胸のお肉って、脇へ背中へ流れやすいものなんですね。
Rippluによると女性の85%は間違ったサイズの下着を身につけて、体のあちこちへ胸のお肉を流してしまっているそうですから、是非サイズに合った正しい下着を身につけて、ついでにオッパイ増強計画を立てて下さいまし。


ではではまた次回~。
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。