FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

ちょっとマメに更新。
今日は見てきた映画の話。


先日アカデミー賞を取ってから、マンハッタンでも2箇所で公開されている「おくりびと」。
プレミア上映ではもっくん他、キャスト・スタッフもニューヨーク入りしてて、私はプレミアショーのチケットの抽選に応募してみたんですけど、応募数が多すぎたとの事で敢えなく敗退、今回のリベンジ鑑賞となりました。
(ちなみにプレミアの2,3日前にJFKで内田也哉子さん見かけましたっす)


で、「おくりびと」......
ご存知ない方の為に、この映画は本木雅弘演じる主人公がオーケストラのチェリストという仕事を突然失い、妻と共に故郷の山形へ帰り、納棺師の仕事に就く....というところから始まります。
納棺師って仕事、聞き慣れないし、この映画が話題になって初めて私も知りました。


で、感想。
着想、テーマは素晴らしい。
物語の大体の構成もいいなーと思う。
でもこのシーンもっとさりげなく出来ないかなー、ちょっとドラマであり演技であると感じてしまうな、アジアのメロドラマに見えるな、と思うシーンもあった。
感じ方の問題かも知れないっすけど、そういうところでチープな作りに見えてしまっては勿体ないなーと思う。
もっくんも頑張ってはいたが、主演の2人が若すぎるのかも知れない。
(「若く見えすぎる」のかな。もっくんって40くらいになってる筈だよね)
もっと演技の上手い人がさりげなく演じる方がいいんじゃないかなー。
特に広末涼子、しょっぱなから着ているものもフレアスカートにハイソックス、とオフィス帰りの勤め人には見えないくらい子供っぽい。
人妻役にしては、スッピンぽい顔といい喋り方といい、ちょっと子供じみすぎてやしないかなぁ。
山崎努さんの芝居があればこそ、映画が引き締まってたかなあ。
余談ですが、映画の中の山崎努さんの部屋が、ジャングルみたいに観葉植物だらけで、その中で火鉢みたいになってるテーブルがあって、すごく素敵だった(またその火鉢で、フグの白子を焼いて塩かけて食ってんの・涙)。
死を扱う仕事をしている人は、ああやって生命に囲まれて暮らしたいものかも知れない。
窓の外の深閑とした雪景色と、部屋の中の湯気やたくさんの緑の対比が、比喩的に描かれているなーと思いました。


文句も言ってますが泣かされるシーンは何度もあって、私も泣けてきたがアメリカ人達はもっとおおっぴらに泣いてました。
途中でグシュグシュする音、鼻をかむ音も何度も映画館の中に響いてた。
「肉親を送り出す」悲しみは万国共通であり、訴えかけやすいテーマなんですね。


ところで主演の本木さんは、この映画の原案を15年も温めていたそうです。
原案となったのが青木新門さんの「納棺夫日記」という本。


51MDKF044RL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_
   納棺夫日記 (文春文庫)



青木さんがこの本を出して直ぐにもっくんから連絡があり、もっくんが出版するインド旅行記に「納棺夫日記」に一文を引用させて欲しいという申し入れがあったそうです。
その一文が、青木さんがひとり暮らしの老人が真夏に亡くなってそのまま1ヶ月も放置されていた遺体を清めた時の話で、床に残された蛆を掃き清めていた時のこと。

「蛆も命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた」

という一文が、ガンジス川の岸辺で送り火を手にしたもっくんの写真に添えられているそうです。
インドでの生と死が当たり前のように混在一体として存在する体験を通して、蛆の光に共感したまだ20代のもっくんが温め始めた企画だった訳ですね。


しかし、青木さんはこの映画を秀作としながらも、原作者としてクレジットされる事を拒否しています。
理由は青木さんのホームページに詳しく書かれていたので気になる方は読んで頂きたいのですが、彼は納棺の現場で死後の世界、浄土というものを実感できるようになり、「後の世を渡す橋」の一助になればとこの本を記されたんだそうです。
彼によると映画「おくりびと」はヨーロッパ近代思想の人間愛で終わっており、「著作権を放棄してでも「納棺夫日記」と「おくりびと」の間に一線を画すべきと思った。妥協することの出来ない一線であった」と書かれています。(詳しい文章は彼のホームページでご覧下さい)


ただ西洋的「人間愛」での描かれ方だからこそ、この映画は万国共通に理解しやすく、海外で評価を受けているのだとも言えます。
原作の境地からは離れたものになってはいますが。
長年死者を扱ってこられた方が到達した心境は深い。
この原作、未読なんですけど、日本に帰ったら是非とも読んでみたいと思います。

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
ボストンから帰ってきました~。


でもボストンの写真はほぼなし。
ま、元々バケーションに2人の写真を撮り合ったり(よそ様を見てるとほんまによう、飽きもせず、どこへ行っても自分らの写真撮ってますよねぇー、なんで?)、バレンタインにギフトを贈り合ったり、みたいなスイートな話からは縁遠いし。
そんなスイートな話聞いても「ケッ」って鼻白むだけな私らだし。
寒くておうちからあんまり出なかったし。外食さえしてないし(拗ねモード)。


ずっと彼ママにご飯食べさせてもらって、お皿洗ってもらって、自分はテレビ見たり絵を描いたりお化粧したり自分のことばっかして、お手伝いもなーんもせずにのうのうとしてるだけ。
大人なのに、彼氏んちなのに、この態度。日本の母からは許されんよね。
ここがアメリカで良かったなあ(ってそういう事なのか?他のガイジンママんちに居候した事がないのでワカンナイ)。
ママの「コロンビアの味噌汁」とも呼びたい味、チキンとジャガイモのたっぷり入ったスープをお腹一杯食べさせてもらいました。
で、ついでに作り方を研究してきた。
最初に葱とにんにくとハーブで風味を付けて、鶏肉が柔らかくなるまでじっくりコトコト煮込んで、最後に生アボガド入れて食べた。
あれは美味しい。自分でも作ってみたい。


それにしても「実家にただいるだけ」の状態は退屈なので、出かけたいところだが。
ボストンってご飯食べるところもお酒飲むところも24時間営業なんてなくて、電車もフツーに終電あるし(念のため:ニューヨークの地下鉄は24時間運行です、一応。夜中や週末はスゲー待たされますが)、遊びに出かけてもいろんなところがニューヨークの常識に照らし合わせると早めに閉まっちゃうんで、どーしても夜の娯楽が足りず、外出が少なくなりがち。
遊びたい盛り(って誰が!)には、ボストンは退屈な街なのだ。
夜に映画見に行ったくらいがせいぜいの娯楽だったのだが、あまりに娯楽がなかったので映画をハシゴした。


最初に見たのが3DアニメのCoraline
児童書の「コララインとボタンの魔女」の映画化もん。
わーコレ面白いよ!すごく面白かった!
ストーリーから美術から、細かい小道具まで細部に渡って全部楽しい。
すごいイマジネーションで、大人が充分に楽しめる。
Tim Burtonの作品かと思ったら、Henry Selikが監督。
Nightmare Before Christmasの監督は、実はBurtonじゃなくてSelikだっての、今回初めて知った(って無知?そういやNightmare~も3Dバージョンを映画館で見た事ある)。
主人公の女の子の顔があんまり好きじゃないんだけど(もちょっと可愛くして欲しい)、いろんな人物が出てきて、それぞれのキャラがとても面白かった。
ストーリーはホラー要素の強いファンタジーだけど、何ともファンタジックなアニメの世界観の中では、主人公の運命は結構苛酷なのに、そう悲惨にも見えないのだった。
これ、DVD化されたら3Dじゃなくなるのかなあ。
DVDでは3Dって難しいでしょうか。是非買いたい。
日本公開はまだなの?全然予定出てないみたいだけど、オススメ!!!



でハシゴして、いきなりすぐ次に見たのが巷で傑作と話題になってたSlumdog Millionaire
いい映画だっていうのは世間の風評から充分伝わってたので安心して見た。
そして期待通り、とてもいい映画だった。
インドのスラム街出身の子供達の苛酷な運命、特に大人に暴力をふるわれたりする場面は見てるのが辛かったし、暗い場面も多いんだけど、映画を見終わった時には気分が晴れ晴れと上向きになる映画だった(そこも好き。暗くなって帰路につくのはイヤ)。
子供達の演技、演技と思えないくらい自然で物凄くカワイイ!
最後のいかにもインド映画ぽい群舞シーンには思わず笑いつつ、時々混ざる踊る子供たちのシーンにホッコリしてちょっとウルウルしてしまったくらい(英語だし、ハリウッド資本?インドが舞台だがインド映画じゃありません)。
特に主人公の男の子・ジャマールの小さな頃が物凄く可愛くて抱きしめたくなる。
スラム街で生死が隣り合わせな環境で育ち、自分達だけで生き延びるためにはいろいろ悪いこともするんだけど、逞しく育ってゆくジャマールの一途さ、健気さにほんと、いっぱい元気をもらいました。
ラストまで疾走するようなテンポで見れて、全くダレなかった。
こちらもすごくオススメ!!!!!!!
日本語サイトはこちら



ちょっと前には、日本でも公開されているThe Curious Case of Benjamin Buttonも見たよ。
でもこの映画の邦題、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」って.....
「バトン」ちゃうやん、どう考えても日本では「ボタン」やん。
バトンってなんでまた。
中田ボタン師匠に遠慮してだろうか(ぜってー違う)。
これはとても切ない話だった。
老人として産まれ、どんどん若返ってゆくという人と反対の時間を生きる男をブラッド・ピットが演じている。
3時間近い長編映画で、ここを編集すればもっと短くなるなってシーンもあったけど、一見無駄な語りのようなシーンも結構面白かったのは事実。
ブラピの「見かけは老人だが中身は子供」「見かけは若者だが中身は老人」の演技に注目。
それにしても、体が5歳児くらいに小さな老人時代(実際には子供なのだが)、顔はブラピなの?特殊メイクでブラピに似せた別人なの?一体どうやって撮影してるのかよく分からなかった。
赤毛になって登場のケイト・ブランシェットが素晴らしく美しくて、ウットリ。
それに見かけが二十歳くらいになってしまったブラピ!
ややわざとらしいメイクなんだけど、息を飲むような美しさで神々しい~。
老人の姿の赤ん坊を育て惜しみなく無償の愛情を注ぎ続ける養母、自分は年老いてゆくのと反対に若返ってゆく男を一生愛する幼馴染みの恋人、と2人の女性の愛情の姿、どっちにも泣ける。
恋人の方の気持ちは想像を絶するけどねー。




さて、日本でのあの人の姿を撮った写真がたくさん、ロス・ハルフィンさんの日記にアップしてます。
やっぱり髪型はちびまるこちゃん。
どころかコケシ並みのショートボブでちょっと愕然。
日本からのレポには、ダレも髪型のこと言ってないんで、動いてるとそうヘンでもないのかしら。写真で見ると充分ヘンなんですけど。
前髪はオンザ眉毛なんてもんじゃないよ。
眉毛ないんだから、ちゃんと前髪伸ばしてくれー。


写真にスタンプついてるし、持ってけるようになってたから頂戴しました。
パクッ。
で、お礼代わりに宣伝。
ハルフィンさんのサイトで、プリントした彼の写真を購入できます!
皆さん、買おう!
往年のロックスターのあの人この人の写真を多数撮影されてます。




jeff-beck-bw07.jpgjeff-beck-bw08.jpgjeff-beck-colour07.jpg
国際フォーラム及び、訪問したブルーノートでのバックステージ写真
マクラフリン氏、相変わらずハンサムです



jeff-beck-colour02.jpgjeff-beck-colour03.jpgjeff-beck-colour05.jpg
jeff-beck-bw12.jpgjeff-beck-lith09.jpg

ステージ写真 in color / in black and white。
髪型がヘン!!!!(笑)




jeff-beck-colour06.jpg
お泊まりのホテルにて。
眉毛ないよ!!!(泣)




jeff-beck-colour01.jpgjeff-beck-lith12.jpgjeff-beck-bw18.jpg
jeff-beck-bw20.jpgjeff-beck-lith16.jpg
昼間にお散歩写真。
サングラスが変すぎ。気付いて欲しい(切に)
顔も鼻も鼻の下も長いし前髪短いし。
それでコレって。顔幅にも合ってない。
見た途端爆笑しました。ゴメンネ。
昔のレイバンは似合ってたのになぁ。

jeff-beck-lith08.jpgjeff-beck-bw17.jpg

jeff-beck-lith07.jpg
こちらは夜の六本木。
寒そう。




先生、この2,3年で結構老けたなぁ。
ガンバレ!永遠のギター少年!!!
そして、ステージ衣装と言い、髪型と言い、突っ込みどころ満載なので、誰かどーにかしてやって欲しい。
これが新譜のジャケットになるかと思うと泣けてくる。
いっそ以前のジャケットのように手だけアップ写真とかダメ?(笑)


4月のUSツアーまで髪をカットしないで、先生!




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




どもども、こばわ。
だんだん見かけなくなってきてはいるものの、小っこいアリンコ大ゴキブリに日々悩まされているtomoxです。
皆さまからブログにコメント頂いてるのに放ったらかしですみません。


実は今日から公開のハリポタ映画をいちばんに見たくて、ゆうべの真夜中12時きっかりの初回上映を見に行ってました!
うちに帰ったら午前2時半過ぎてたです(笑)。
そして4時間眠ったか眠らないかで起きて出勤、さすがに午後から眠かった~。


きのうは平日だと言うのにさすがに初回上映、新作を待ちかねたファンで上映30分前頃にはギッシリ超満員の館内でした。
このクソ暑いのにグリフィンドールのマフラーしてきてる人までいましたし。
公開したてなのでネタバレはしませんけど、原作をお読みの方はお分かりの通り今回はストーリーが更に暗くてハリーの運命も苛酷なので、主人公の印象も画面の印象もなんか暗いんですよね。
とは言えかなり笑えるシーンも多いのでご安心を~。
いちばん明るいシーンは、私も大ファンのフレッドとジョージのウィーズリー家双子兄弟の、胸のすくような華々しい悪戯シーン。
これには映画館の客席も彼らに拍手大喝采!
(でもねー、果たしてあの2人がどういう覚悟であの場に臨んでその後どうするつもりなのかが映画では全然説明なしだった。それは原作読まないと分からないなあ)
権威をからかって常にギャグで対抗する2人のユーモアと反抗精神が好き。
それにあの2人、可愛いし(笑)。
ファン昂じて今ではソックリな2人を見分けられるようになったです。
(↑ちょっと自慢)
日本には双子ファンが多いらしくて、彼ら何回か来日してるんですってね。


あの映画で出演者達がほんの子供の頃から現在のティーンエイジャーになるまでの成長を何年もずっと見てきてるので、毎回彼らの成長に驚かされて親戚のおばちゃん的感慨を持ちますねえ。
今回予告編でも出て来たハリーのファーストキスシーンでは館内がキャーキャー、ひゅーひゅー、やんややんやと大騒ぎなのが笑えました。
そんなにはやし立てても本人達に聞こえんちゅうの。
ほんま、アメリカ人ってこういう時ノリがいいので、たまに帰国して日本で映画見ると、皆大人しく静かに鑑賞してるので「え、こんなだったっけ!?」とビックリしちゃいます。
でもあの初恋カップルのその後、本でも?と思ったけど映画だと更によく分かりません。
一緒に行った相棒はチョウ・チャンに同情して「ハリー・ポッターの態度が解せん」とブツブツ言ってました(あっネタバレなしと言いながら、ちょっと、結構、やってますね。失礼)。


昨日はオールスター戦でイチロー選手のオールスター史上初のランニングホームラン&3打数3安打の大活躍→MVP獲得という明るいニュースも飛び出して、彼とは「同じ日本人」というだけで何の共通項もない自分でさえつい近隣のアメリカ人に自慢してしまうような、なかなか楽しいイベント満載の1日でありました。


さて、自宅では相変わらずゴキ対策グッズを備えて完全撲滅キャンペーン中。
何せ引っ越したての時は食器棚の上部分に死んでる奴等を12匹くらい見つけて涙目で掃除し、毎日のように小さなのを見つけては殺し続けたのですが(だんだん平気になってる辺り、感覚が麻痺しててコワイ)、どーもシンクの下水道周りからやってきてるような気がしたので(水道管の下ってS字になってるのでゴキが入ってくる筈ないと思ったんですが、住人がいなくて水道使ってない間に多少乾く事もあった?)、1度キッチンとバスルームで熱湯をずーーーっと細く流しっぱなしにしてみたらしばらく見かけなくなりました。
でも、熱湯流しっぱなしで出かけて帰宅したら、アパート中スチームサウナのような熱帯地獄になっていて驚きましたけど。(^^;;)
冬、暖房が効かない時はにいいかも...。
水道代を大家さんが出してくれるからこそ出来るんですけどね。
(ニューヨークのアパート、暖房代と水道代は大家さん持ちが普通です)


うちのアパートでは月に1度、害虫駆除のExterminatorがビル中に殺虫剤を撒いているようなのですが(本当にそれでこんななの?)、お部屋への駆除活動は次回の駆除希望者の紙にサインアップした上でお部屋で待機してないとイケナイので、朝早くに来てくれない限りゴキの為に会社休まないとイケナイかも...。(T△T)
次回の駆除のお知らせがまだないし、とりあえず上の写真のようなゴキ対策グッズで備えている訳です。
ゴキブリチョーク(本当にチョークみたいなの。床にそのチョークで線を引くと、その上を通ったゴキブリは体の水分が失われていって、カラカラに乾ききって死ぬと聞きました...コワイ)を使ったらどうかとのアドバイスも受けたんですけど、自分がその上を踏んだらどうなるんだろう、体には良くないよな...と思うと怖くって使ってません~。


でもネズミちゃんは今のところ出ないし、足音や壁をかじる音とかも聞きません。
今後もそうである事を祈る。
今まで住んだアパート4軒中、ネズミ出なかったところたったの1軒なんですよね(涙)。
オイラがツイてないのか、ニューヨークのアパートはネズミがいるのが基本なのか。



blogranking

↑ただ今20位~。
ゴキ完全駆除を目指してポチッ♪と


テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報




ここのところHBO系チャンネルでずーっと、ずーーーーっと放映中のSTAR WARSの各エピソードをマラソンで何度も何度も見続けているtomoxです。こんばんわ。


超有名なシリーズだし、エピソード1と2はDVD持ってるしどの作品も繰り返し見てる。
特にエピソード4~6は子供の頃から何度も見てる割に深い筋まで覚えてなかったんですね。
で、今回は英語で見ているせいか、分からないところがいろいろあるんですけど、まずエピソード4のオビ=ワン・ケノービの死に方が理解できません。
(この有名作を見たことがない方はそういないとは思うものの、以下ネタバレです!)


ルークの到着を見てニヤリとした後、突然攻撃を止めて甘んじてダースベイダーのライトセーバーを受けて死にますよね。
あの笑いの意味は一体?なぜわざと(明らかにわざと)殺されるのか?
そして、なぜオビ=ワンは殺されると体が消えたのか?
ジェダイは死ぬ時に体が消える人と、消えない人(オビ=ワンの師、クワイ=ガンは火葬されますね)がいるのはどういう事か?
死んだ登場人物もその後幽体?になって出て来ますけど、最後に幽体のようになって出てくる中にクワイ=ガンはいないものの、死ぬ時に消えたオビ=ワンとヨーダ、消えてないアナキンがいますよね。
消えても消えなくても幽体になれるってことっすか?
その辺がイマイチ分かりません...。誰か教えて~。
(STAR WARSファンには常識かもですけどー)


それと、エピソード6のラストシーン、今から20年ほど前の作品なのにHayden Christensenが出演してますね!
最近合成して差し替えたのでしょうが、マニア度が低い奴は全く知らなかったので驚きました。
これによってますますエピソードの全てを一気に見た時に統一感が出て来てます。
古いSTAR WARSファンにはさまざまな評価のある近作のエピソード1~3ですけど、私は結構好き。
古いエピソードの方はハン=ソロとレイア姫の中坊のような幼稚極まりない会話や恋のさや当てにウンザリしますけど、アナキンとパドメはもっとコミュニケーション良好ですよね(アナキンが自分を隠しきれない正直者でありパドメもそれを受け止めて大人だから、ってのもありますが...)。
でも、エピソード2の2人の草原でピクニック、みたいなシーンは「ダイアモンドは永遠の輝き」のコマーシャルか、昔の青春ドラマかと思っちゃいます(笑)。
なんか、海辺の砂浜を追っかけっこして「私をつかまえてみて、キャハハハ~」「こいつぅ」みたいなシーンに通じるような正視に耐えない臭さ爆発シーンに、関西人はこっ恥ずかしさの余り、アメリカの映画館の中で顔を真っ赤にして見てましたよ。
主役の2人も非常にぎこちない動きを見せてます。
アレは映画館でも失笑が出てたような気が...いくら何でもクサすぎですよルーカスさん!


ところでヨーダの話し方っていつも倒置法みたいになってて特徴ありますよね。
アレって日本語ではどういう風に訳されたり、吹き替えられたりしてるんですか?
C3POのやたらと礼儀正しい喋り方もソレ風になってるんでしょうか?


今回、旧作のエピソード4~6も一緒に見て、改めてHarrison Ford、若い~!
彼が60を超えている事や最近の老けっぷりを考えると、Mark HamillやCarrie Fisherがどんだけその後老けたかな~と思います。
その後の活躍がハリソン君(関西人だけ分かるネタかもですが、ツーカーホン関西のCMで大阪のビジネスマンを演じた事もある彼だった...)と違って地味な2人なので、あまり見てないんですけど、キャリー・フィッシャーの方は「When Harry Met Sally」に出てるのを見ましたけど...この映画も20年近く前で昔なんですけど、それでも充分彼女のオバさんっぷりにショックを受けましたねー。


...と非常にここ何日間か楽しませて頂いてるのでついつい、全くタイムリーでないSTAR WARSネタで終始致しました。(^^;;)
失礼しました~。



*追記*

16364077_74.jpg
タイムリーでないって書いたけど、今年はSTAR WARS生誕30周年
なんだそうで、その記念にR2D2型のポストが全米に設置されて
おります。なんか冗談みたいだけど実際にホレこの通り。





blogranking

↑ヒュー、ゴーッ。ヒュー、ゴーッ。←ダースベイダーのつもり
It is your destiny~!One click plea~se!

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報