TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボストンに行った時の去年の写真だけど、いつも行く映画館の隣りのビルの壁のモザイクをふと改めてしみじみと眺めたら、このトップ写真の柄だったんですよ。


コンパスと定規......む!?
こ、これは自由な石工の皆さんのシンボル!!!


と言うことは、このビルは自由な石工組合の持ち物なのね~!?!?







そう知ってからよく見ると、柱も壁もシンボルだらけなのだった。
だからどうてえ事はないが、実際のミステリアスな部分は勿論、それ以上にこういうの見てると自分達をミステリアスに見せるのがお好きな団体である事は間違いない気がするのだった。



今回は写真だけの簡単日記。
また次回~。


スポンサーサイト
テーマ:ボストン - ジャンル:海外情報

アップタウンにはこんなおうちがたくさん




どもども、例年通りバカ騒ぎハロウィーンも終わって相棒くんのお誕生日も無事祝い終わり、平静を取り戻したtomoxです。


今年のハロウィーン、気合い入れて私達バカップル、29, 30, 31日の3連夜、仮装して出かけたんすよ。
第1日目は相棒くんの好きなMisfitsのコンサートの予定で



それが、行ってみたら超ハードコア系な筈が仮装した10代のキッズばかりで何かが変なの。
こ、これは!?と思ったら、なんとNelly?とかいうラッパーのコンサートだった!
何ヶ月も前からチケット買って楽しみにしてたのに信じ難い事に私、コンサート会場を間違えてました...
会場は遠くニュージャージー、開演時間ギリで来た私達、間に合う筈もなく(T_T)


4年前にダーリンのツアーでマンハッタンの会場とニュージャージーの会場を2日連続で見たせいで名前を混同したみたいなんだけど、開演時間になるまで自分の間違いに気がつかないなんでボケ過ぎにも程がある......
(ちなみにコンサートスタッフの誰も全然違うチケットに気付かず私らを中に通し、ひとりなぞ会場名を聞くとそれは上の階にあるとか嘘八百言っていた)
喜んで張り切っていた相棒くんは脱力の余り、暫くリカバリー不可能だった(T_T)


で、凹む相棒くんを誘って相棒くんの友人が出没してて誘われたところ、ニューヨークの超有名タトゥーアーティストPaul BoothのスタジオLast Ritesに行って来ました。
Paul Boothの絵柄ってとにかく邪悪でキモ系なんですよね。
彼の出現でタトゥー界の絵柄は変わり、影響を受けたフォロワーは数知れず、らしい...


この日はPaul Boothとタトゥーアーティスト仲間がグループ展のオープニングをしてたので、そちらを急襲。




会場はこーんな。
よく見るとアリスちゃんとか、マリリン・マンソンぽい奴とかがいる






映画「エイリアン」シリーズの美術で有名な(ロック界的には「恐怖の頭脳改革」ジャケで有名な)デザイナー、HR Gigerも出品してました。
互いにキモ系?って事でPaul Boothとは友達らしい。






Paul Booth御大の絵たち。こ、怖い




そこで古い友人達やタトゥーアーティスト仲間に遭って、Misfitsショックから立ち直りかけた相棒くん。
友人達と飲みに行きたそうだったんで、快く送り出して私ひとり帰路へ。


しかし夜中に帰ってきた相棒くん、赤鬼のように酔っ払ってて、実はひと月ほど前に足の爪先ぶつけて小指の付け根をまだ怪我してる私に、プロレス技みたいなのかけてくるんで困りました( ;´Д`)
「怪我してるから危ねーだろーがヲイ!」って真剣に怒ったり押し返したり、それでもどーしても止めないからキツ目に噛み付いたりしたのにずーっと笑ってる、かと思うとハロウィーンコスチュームとフルメイクのままベッドに倒れ込んで翌日午後2時くらいまで寝てましたし^^;
噛み付かれた事は覚えてないようなので、未だに黙ってます...



翌日、相棒くんはマッドサイエンティスト&ウォーホールがパンクバンドに加入みたいな、私はパンクロック芸者みたいな仮装をしていそいそハロウィーン企画中?の地元のバーに行ってみたもの、やや閑古鳥だった......
ぶーたれた相棒くんにトモコの企画は外しっぱなしだと言われ、芸のない私達はこの夜もパーティーしてる筈のLast Ritesへ!





ライブペイティング大会!
邪悪な絵を描いてる人達の扮装が、全員聖職者ってのも笑える






こちらの一角もライブペイティング大会、楽しそー!
そして、皆仕事が速い&上手い!






この日は写真右の方にいる、本物にしか見えない尼さんが、パスタをサーブしてくれてました。
前日もフリーフードでのおつまみが結構美味しかった。






この日帰りに乗った地下鉄、同じ車輌にはロボットの団体が。
ロボットに囲まれて唯一人間のおじさん、努めて平常心の図。





で、ハロウィーン当日は相棒くんはビートルジュース風、私は浴衣着て、バーで酒飲んでライブバンド見て、また酒のんで夜中にピザ食って帰宅。
バーでも帰り道でも、いろんな人と撮影会して楽しかった。
個人的にはマッドハッターコスプレの、ジョニー・デップそっくりのお兄さんを見失ったのが痛恨だったが。


翌朝胸焼けする~年取った~と相棒くんは騒いでたが、オレの胃袋は夜中のピザ如きじゃ何ともねーぜ!(←自慢)
ところでバンドのリードヴォーカルのお姉さん、ヤバイ衣装ですが一応生乳ではありません、念のため。
ドラムの方はこの扮装で叩けるのがスゴイですね。



そんなこんななアホアホハロウィーン2010でした。
ではでは、また次回!
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報





今日から10月!
今年も残すところあと3カ月!


気持ちも新たに今年の目標を設定して年末までに頑張り、清々しい新年を迎えようじゃありませんか、皆様!
と、鬼も大爆笑なまでに前向きな私です!


なので、新作絵本案とか、大きい作品の仕上げとか、ダイエットとエクササイズ~、とか、いろいろな目標はありますが、サボりがちなブログの頻度も上げようかなーと。
でもまだ面倒な気持ちはあるので(^_^;)、短めに「呟きブログ」程度でリハビリしていきたいと思います。
よろ。


写真はNYで堂々販売されていた意味不明日本語バッグ。
とりあえずハデめな日本語選んでみました的な。
一般アメリカ人に意味なんか分かりゃーしないし、デザイン的に字ヅラもいいのかもね。


こういうの、タトゥーでよく見かけますけどね。
タトゥーでよく見かける人気の漢字は断トツで「力」。
でも不思議な言葉入れてる人もたまにいるよね。


ちなみに相棒くんによると漢字タトゥーを入れるのは一時流行ったそうですが、今は下火らしい。
それでも一度入れると一生残るんで、いまだによく見かける次第。


10月になってダーリンも夏休みを終えてそろそろ始動する頃の筈。
中東だの南米だの、客入りもオーディエンス層も全く掴めない、行った事のない土地にも行くんだってよ。
人間何事も経験だからね!
頑張ってね!


と本日は写真のバッグぐらいに意味不明に無闇やたらと前向きなブログでした。
また次回!
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報





ども、サンクスギビング休暇も終わって今日からクリスマス色に変わったニューヨークです。
私はというと感謝祭で相棒くんの実家のあるボストンに4泊5日とノンビリ休暇。
夜遊びには向かない街・ボストンでもなんやかや楽しい企画を盛り込み、ボストンからニューヨークに帰ってきてもしばらくバタバタしておりました。


ボストンへの足は、サンクスギビングの前日の水曜日に中国系で激安のFung Wahバスで出かけたもんで、バス待ちの人々が殺到していて停車場は長蛇の列!
相棒くんのラテンノリゆるゆる計画の為、この日の朝に出かける予定が午後になりまた時間変更され、と二転三転。
結局最終的に待ち合わせた夜7時にも遅れてやってきた時間の観念ナッシングなオトコ(;´д` )、現れるなりあまりの混雑に驚いてました。
でも日本でゴールデンウィークの激混み移動を熟知しているオレは、その日のうちにボストンに着けただけでも早く済んだなーと思います。






P1050614.jpg
で、翌日はサンクスギビングディナー。
相棒くん家族のディナー開始時刻予定は午後3時(早すぎ)。
信じられないことに感謝祭なんか別にどーでもいい相棒くんはこの日仕事を入れており、仕事場のスタジオに私を伴って出かけたため私も食いっぱぐれて待つこと数時間.....
結局家族揃ってのディナーに4時間以上の大遅刻。
皆とっくに食べ終わった後にがっつく我々でした。


上のプレートはぐちゃ混ぜだけど、上の左からココナツ入りのヤム芋、マッシュドポテト、コーン、スタッフィング、下がグレービーソースかけてクランベリーゼリーを添えたターキー。
皆、七面鳥の白っぽいお肉のところを美味しがってたが、日本人としてはあのようにバサバサとしたお肉のどこが美味しいのかよく分からない。
私は主に赤いところ食べました。
そいでも正直、感謝祭ディナーを美味しいと思ったことはない。
作って頂いた手前、そして美味しがってる皆さまの為にもなるべく美味しく頂きましたけれども。


お腹一杯なのにこの後、アップルパイにアイスクリーム添えたもんまで頑張って食べました。
その後の体重大躍進は言うまでもないっす。







で、お店はファーストフードさえ閉まってたこの日、映画館やレンタルDVD屋さん(なぜか床屋さんも)は開いてるつうんで、夜は映画館へ。
Ninja Assassinつうのを「忍者の映画なんだな」程度の認識で予備知識なく見て参りました。
で、結論から言うと、残酷すぎる!
顔を伏せたり、指の間から見てたりしたシーンが多すぎる!
それも、女子供が暴力を振るわれたり殺されるってのがもー、見てて我慢ならんかった。
忍者=殺し屋、ってのもどーかと。
忍者が誤解されるうううう。
とにかくこの映画、暴力シーンや血が出るシーンが嫌いな人には全くお勧めできないっす。







翌日は気を取り直して、Museum of ScIenceにハリー・ポッター展見に行ってきました!
シカゴから始まった展覧会、ただ今ボストンに来ております。






P1050615.jpgミュージアムの入り口にはドデカい垂れ幕が。




P1050616.jpgで、ロビーにコレがあった。
覚えてます?
「賢者の石」のラスト近くの巨大チェスのシーンでロンが背中に乗ってた「ナイト」の駒です!
重量感タップリ。




P1050618.jpg展覧会場の入り口までの廊下にズラーッと吊り下げられたホグワーツの4つの寮旗。





で、結論から言うと、この展覧会、凄い!
小道具も大道具もセットも衣装も、動物たちもたっぷりいます。
ああ、アレは!うわ、コレ!って思うものがたっぷり、たっぷーり見られます。


ちょっとだけネタ明かしすると、特に対面して感動したのが



・マングローブ(鉢植えから実際引き抜ける!)
・秘密の地図
・クィディッチのボールセットのカバン
・ニンバス2000と2001
・ハグリットの小屋
・バックピーク
・ケンタウロス
・ハンガリアンホーンテール
・グリフィンドール寮のベッド
・トム・リドルの日記



アラッかなり書いちゃいました?
スンズレー。
しかし展示衣装の数はハンパない。
子供たちの衣装は可愛い。皆ちいちゃかったんだねえ。
しかしよくコレだけ運んだね。大満足!
ポッターマニアだけじゃなく、このシリーズ好きな人ならマストで見に行って欲しい。





この展覧会、館内撮影禁止なのね。
でもちょこっとだけ撮ってしまった。
いやついつい手がすべってねー(^^;;)
て事で、大っぴらには見せられないボケボケ写真を2枚。
極小ですがクリックすれば見られます。




P1050619.jpg ←バックピーク。
手前の衣装は「不死鳥の騎士団」での主役の3人のもの。
周辺はハグリットの畑の巨大カボチャだらけ。


P1050620.jpgハグリットの小屋内部。
右は彼の衣装。巨大すぎる!








で、この次の日は相棒くんのスタジオで彼の絵のキャンバス作りを手伝って、その後イーストボストンでは有名店のピザとバーベキューのレストラン、Santarpio'sへGo!
ここはいつも混み混み。
店内は古めかしいし、店のオヤジはこっちが挨拶しても挨拶ひとつしない無愛想オヤジだけど、こういう濃いメニュー、時々恋しくなるんだよね~だって美味しいんだもん。





P1050621.jpgウワー。
ボッケボケ!シツレー!
一応コレ、ラムとイタリアンソーセージのバーベキュー。
ミートイーターのあなたにご堪能頂けるメニュー。
ンマイのよ~、コレが。
味が濃いめで肉汁タップリ、下戸なオレでもビールが進む。


P1050622.jpgその後食べたのがこのピザ。
具を全部載っけた上に更にアンチョビをトッピングにしてもらった。
おおうグッとくる濃ゆ~い味だ。
バーベキュー食べた後なのにアチアチで美味くって思わず3スライスも食べてしまった....
翌日の更なる体重の大躍進は言うまでもない。







私の体重、サンクスギビング前後で天井知らずです.....
コワイよー。
休暇後は、胃を休めます......なるべく。

テーマ:ボストン - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。