TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も残すところ本当にあと僅か。
まだ短い期間ではありますが、今年は私の拙いブログをご愛読頂いてありがとうございました。
思いつきで先月からツルッと(笑)始めたブログですが、皆さまに励ましを頂いて、今では私にとってもブログを作るのが大きな楽しみのひとつになっています。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

来年が皆さまにとって今年以上により良い素晴らしい年になりますように...。

blofranking

↑来年もよろしくお願い致します
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報


ニューヨークはダウンタウンに、ヴィレッジと呼ばれるエリアがあります。
昔はグリニッジヴィレッジと呼ばれたエリアは、いろんなアーティストが住んでたんですが、家賃の高騰と共にその頃は家賃のまだ安かったイーストの方へ住み着く人達が流れ出したようです。
イーストヴィレッジは60年代はヒッピー、70年代後期からはニューヨークパンク発祥の街という歴史があるので、街が少し様変わりした今でも独特の雰囲気を持っています。
もう15年くらい前、観光客としてニューヨークを訪れた時に、この街の持つ魅力にヤラレて、その時は「いつか絶対ここに住みたい!」と思ってました。
でも、何軒かアパート回りましたけど、イーストヴィレッジのアパートって狭い割に高いしあまりキレイじゃないとこが多かったです。それにネズミが多い(らしい)。
ヒッピー文化、ロック、パンク、ストリートファッション、グラフィティ、といった若者文化の歴史に支えられてきたこの街も、今は日本人のガキ(失礼)で溢れてます。
という事で、食指が失せてきて「住む」夢はどこへやら。
今はちっこいアパートですが、ユダヤの金持ち婆さんが住むようなエリアのアッパーウエストにちゃっかり住んでます。
うーむ、ロッカーの名折れ。恥でござる......(笑)。


でも、今でもイーストヴィレッジは時々ひとりでも遊びに行きます。
10代の頃からライブハウスが遊び場だったので、こういう雰囲気に馴染みがあって落ち着くつうか。まあ要するに好きなんですね。
このエリアは日本食レストランや、日本食料品店も多いしね。
それに、どこか大阪のアメリカ村にも似ています!

イーストヴィレッジの全ては1回では紹介しきれないので、まず8th streetにほぼ絞ってご紹介を......。
ちょっと西寄りの6th Avenueから東のAvenue A辺りまでを今回はかいつまんで。
えー、上に見えるは、あの!Jimi Hendrixのスタジオだった、electric lady studiosです。
え?ドアのロゴだけで分かりにくい?
分かりました、全体をお見せ致しましょう!


続きを読む
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報


きのうから2日間、ブルックリンの相棒宅に詰めて、相棒が最近商売にし出した「タトゥー柄のTシャツ」の撮影カメラマンをしてました。

相棒はタトゥーアーティスト(刺青師)で、タトゥーのデザインもします。
先日それをプリントしたTシャツを作ってみたところ、結構評判が良くていろんなお店に置いてもらったりしたので、e-bayに出したりウェブショップでもやってみっか、という事になり、私も手伝っているのです。
写真が撮れたらフライヤー(ビラ)を作ったり、カタログを作ったり、相棒のウェブサイトで販売できるようにしたりしようと準備中です。
まあ、私も片手間に手伝ってるので、時間がかかります。
というのも相棒は私に「Caveman(原始人)」と呼ばれているほどの全くのコンピューター音痴でコンピューターに関する事は何もできないに等しいアナログ人間なのです。
よって彼ひとりだとコンピューターを使う作業になった時点で頓挫する訳です。
ウェブサイトを持ってるクセにeメールもしません。
でも彼のeメールアドレス、ウェブサイトに載ってます。

....................。んー。

彼のタトゥーに興味のある方は、仕事の依頼は電話でお願い致します。m(_ _)m


まあそんなこんなで、きのうのうちに全て撮影し終える予定で、張り切って午前中にはブルックリン入りしてスタンバっていたワタクシです。

が......なんだかんだと時間のかかる南米人(笑)。
結局、日の暮れるまでに撮れたのはほんの数点。(私は「ライトは太陽光のみカメラマン」なので、つうか忠実な色再現が難しいスタジオ写真が苦手だしフラッシュも嫌いなので、ライトは使わない為日中の撮影のみ)
しかもいろいろと問題点も見つかって結局、翌日に全点撮り直そうっちゅう事に。

それで今朝、張り切って7時頃起きたら、外は雨......。
太陽光カメラマン、早くも挫折。

それでも撮影できそうなポイントを探していろいろ試し撮りしてみたものの、上がりが良くない!ダメだこりゃ。(byいかりや長介)

そして結局、土曜日に仕切り直し、って事になりました。
世間はニューイヤーパーティーで賑わう大晦日にひと働きです。
これを新年に持ち越したくないー!
今度こそ土曜日1日で終わりますように...!!(>_<;)

シャツのしわが目立ったり、背景のブルーのビニールカバーも折りじわがついてたりして相棒は気に入ってないのですが、ちょっとフライング気味に写真をアップ!
値段はハッキリとはまだ決まってません(笑)。
放っとくとすぐ友達価格とかで売っちゃうのでイケません。
(日本人としては「ちゃんとしようよー!」と心の中で叫んでおります。)
ちゃんと全点撮れて価格設定などもして、ちゃんとした体裁になりましたら改めてこちらとリンクしたページなどアップしたいと思います。
よかったら感想などお聞かせ下さいまし~。


flameandskulls.jpg女性用長袖シャツ
サーモンピンク×白
ドクロ+炎柄


lotusandpheonix.jpg女性用長袖シャツ
黒×グレー
フェニックス+蓮の花柄


virgin.jpg女性用長袖Tシャツ
ペールブルー×白
聖母マリア柄


redskullandknife.jpg半袖Tシャツ(男女サイズあり)
赤or黒
ドクロ柄、相棒のウェブサイトのマーク



skullsandweb.jpg男性用長袖Tシャツ

ドクロ+蜘蛛の巣柄



まだこの他にもたくさん色も柄も種類も(パーカーなども)あります。
またアップさせてもらいますです~。
blofranking

↑Tシャツを気に入られたら是非ワンクリック♪
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報


日本の皆さま、おいしいもの食べてますか~?
今日は浪速レストラン(46th street, 5th AvenueとMadison Avenueの間)にて食べ放題しゃぶしゃぶ&寄せ鍋ディナーを頂き、締めにうどんと雑炊まで食って大満足ご満悦のワタクシです。
日本人だねえ~( ̄~; ̄)

ま、クオリティは本場日本には遠く及びませんが、ここニューヨークではクオリティはともかくこんな日本の冬メニューで体も心も暖まる事ができるのはとてもアリガタイ...。
できれば、てっちり&ふぐ雑炊、てっさに白子(あ~白子って美味...)とふぐづくし、それに脂ののった寒ブリの刺身なども食べてみたいもんですけど......けど......。
贅沢は言いません(泣)。

えー、お話変わって(こればっかり)、今日はこちらで食べてるデザートスイーツのお気に入りをご紹介します。

上の写真ですが、日本ではどこでも売ってるハーゲンダッツでも、多分日本にないフレーバー、チェリーバニラ味です。
アメリカ人って何でもチェリー味が好きなのか、チェリーコーク(おえっ)もあればドラッグストアに行けばチェリー味のタブレットや咳止めシロップ、子供用の風邪薬も種類豊富にございます。
あと、リコリスっていう細いツイストしたキャンドルみたいな形の、真っ赤で(真っ黒もあり......汗)薬臭いチェリー味の、グミというよりはゴムみたいな歯応えのお菓子もあります。
このお菓子、非常にポピュラーで地下鉄やバスの中でも長ーいのをクッチャクッチャと噛み締めている子供(や、たま~に大人)を見かけますが、私の知る限りでは「史上最強最悪にマズいお菓子コンテスト世界大会」があればまず間違いなく優勝は固いシロものです。
ちなみにリコリス社の「Red Vines」もしくはチョコレートで有名なHershey'sの「Twizzlers」という商品名で出ております。勇気のある方はお試し下さい。

さて、チェリー味=マズい、とインプットされた私のアタマは、チェリー味モノにはことごとくソッポ向いてたんですが、このハーゲンダッツには1度食べただけでハマりました。
ほんのりアメリカンチェリーの風味、上品な甘みは日本人的にもかなり美味しいです。
で、それまでハーゲンダッツの買い置きはコーヒー味一辺倒だったのが、常にチェリーバニラを贔屓しています(←すぐハマる人)。


続きを読む
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。