FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。



ども、眠れないので早朝ブログアップに着手しています。
ただ今、朝の5時!2度寝してしまうとやや不安な時間帯です。

ところでこのブログ、ちょっと前に急に訪問者数が増えました。
なんで急に増えたかな~とアクセス解析のサーチワードを覗いてみると、トリノオリンピック関係のサーチワードが増えていて、選手名から「イナーバウアー」なんてワードもありました。
チープトリック、レーナードスキナード、ジミー・ペイジなどにつられて入ってきてるお客さんも。ほー。
以前から多いのはニューヨーク関係とハリーポッター関係のサーチワード。
意外と多いのが「便座割れ」のキーワード。
私のスタジオの便座が最初割れていて付け替えた事を以前ブログで書いたんで、サーチに引っ掛かってきてるようです。
しかし、何の為にその言葉がいるんすかね???
便座、本当に割れたんならコンピューターで検索してるよりも、すぐに便器の会社に連絡した方がいいと思いますよ、マジに。


しかし、今のところミュージシャン関連のキーワードで入ってくる人はそんなに多くない模様。
もうこの隙にサクサクと追っかけ話、アップしときます。
何度かリクエストがあったんで、勿体ぶらずに今日はダーリン=ジェフBECKの話。
(名前表記をヘンテコにしてますが、お許しを...)

前の記事に書きましたが、LAのグリークシアターでジェフのマネージャーさんに突然バックステージに招待されてから3年後、ニューヨークに移住したのでUSツアーがその後の基本になりました。
ひとりでテキサスまで行った事もありますが、特にオースチン(あ、テリー・ボジオの本拠地ですね)での会場は「Backyard」という名前で


「変な名前......」


と思ってたら驚いた事に、本当にレストランの裏庭(と呼ぶには広いんですが)でコンサートが行われ、私は早くから行ってたのでそのレストランの窓際でご飯を食べお茶を飲み、その間にリハーサルを全部見させて頂きました。



暖かい日だったのでダーリンは膝のところで切ったようなパンツを履いてて、


「世にも珍しいJEFFの半パン姿」

と思って眼に刻み付けて(笑)おきましたら、後にそのパンツ姿の写真流出してました。
リハには半パン姿だったようです。

他にも変わった会場といえば、ニュージャージーのキャンプヤード。
本当のキャンプ地に巨大テントを張って、その中でのコンサート。
このテント、結構天井低かったんですんごい密室感(テントだから密室な訳ないんだけど)で不思議な会場でした。ジャングルの中の秘密集会のような雰囲気。
前の方に動いても誰も何も言わなかったんで、最後にはかぶりつきでバシバシ写真撮ってました。ジェフは写真撮られる事に関しては一向、無頓着ですので撮ったもん勝ち。






blogranking

↑うちの実家の庭でもコンサートしてくれないだろうか。
あり得ない夢想をする私にワンクリックお願いします


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報


ども、お久しぶりです。
相棒のボストン出張に伴い、ボストンの相棒の実家に月曜日から3泊滞在して、3日ぶりにニューヨークに帰って来ました。
前日に残業して疲れ果てて眠っちゃって翌朝慌てて荷造りしたせいか、本とか手芸用品とかの普段なら持って行く「時間つぶし用」のものがなく、仕事用のスケッチだけは持ってたんだけど相棒の実家の人の出入りも、相棒のタトゥーの客の出入りも激し過ぎて全く集中できないので断念。
タトゥーの順番待ち客と話したりDVDで映画を見たり、相棒家族やご近所さんと話している他はほぼ寝てました(爆)。
ソファでも車でも突然パッタリと眠ってしまうので、周りに病気じゃないのかと心配されたくらい(ほら、昔リバー・フェニックスが演じてたそういう病気あったですよね。たびたび突然失神しちゃうの)、よく眠れたです。
でも多分、退屈してただけだと思いますけど(爆)。
だって、刺青の順番を待ってるお客さんの暇つぶしに付き合ったり、スペイン語放送のメロドラマに熱中する相棒父・母・叔母と一緒に、全く会話の見えない濃ゆ~い南米ドラマを延々見てるだけでしょ。
寝るよそりゃ(笑)。
グッスリだよ~。


という訳で、なんだかあまり何もしなかったような3泊4日のボストン滞在中、ちょっと驚いた事や気になった点などを、写真日記風にアップします。


ボストンで気になったことその1:地下鉄の改札が引き戸風。

boston2.jpg



ニューヨークはTurn Styleと言って、通せんぼしてる棒をクルッと回して自分を向こう側に押し出す形で入場する方式。
1回の入場につき1回分しか回らないので不正入場は防げるけれども大きい荷物を持った人、体の不自由な人、ベビーカーを押してる人などには極めて不便な方式。
ボストンのは切符を改札機に入れるとサッと引き戸が両側にスライドします。
この方が全然便利。ただし、駅によってはターンスタイルのもあった。
それと、新しい改札券が駅の改札によっては通用せず、駅員さんにどうやって入場するのか聞くと、必ずどこの駅員さんも「あ、入っていいよ~」とタダで通してくれるのも謎。
鷹揚と言うか大ざっぱと言うか。


ボストンで気になったことその2:アカデミー賞発表後すぐ、受賞&ノミネート作品DVDが軒並み安く売られていた



ま、これはニューヨークも同じかも。
以前、7ドルくらいでセール時にトトロ買った事あります。
アメリカはDVD安いよね。ていうか日本が高すぎる!


ボストンで気になったことその3:本屋さんに座頭市のDVDコーナーがあった




ボストンで気になったことその4:同本屋で発見、ショーン・ホワイト君表紙のRolling Stone誌の中のアメリカンエクスプレスカードのCMに渡辺謙が出ていて、英語でインタビュー用紙に答えていた。




ボストンで気になったことその5:クインシーマーケット内のオイスターバーのカウンターでクラムチャウダー、ロブスタービスクのスープ2品とシュリンプカクテルとムール貝のガーリックワイン蒸しを頼んでたらふく食べたのに全部で20ドルくらいだった。



ま、このようにいい思いもしてますね。




ボストンで驚いたことその1:相棒の刺青業大繁盛!2日で2000ドル近く儲けた!

相棒は明日、ヒューストンから妹家族と共に2週間ほど故国コロンビアへ一時帰国予定。
帰国後ニューヨークでも予定があるけど、その後またボストンで20人ほどのタトゥー客の予約が入って驚きの大繁盛ぶり。
いい気になっていろいろ奢ってくれるので、今のうちにたかっちゃえ!!(笑)




ボストンで驚いたことその2:ゴールデンレトリバーの子犬を見かけて可愛がってたら、相棒がその子の糞をスニーカーでしっかりむんにょりと踏みしめた



相棒はそのまま、歯医者へ。
歯医者さんの床はカーペット(笑)。
微妙に臭ったのは言うまでもないと思われます。


ちなみに、日本の方はあまりご存知ないかも知れませんが、ニューヨーク/ボストン間は中国系バス会社が片道15ドルのバスを運行させてます。
東海岸自由旅行をお考えの方は、是非このバスを利用されては如何でしょうか。



blogranking

↑休暇中、ランキング急降下。
ワンクリックで応援して下さると嬉しいです~

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報