FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。




深夜に、本日第2弾ブログに着手!
明日はランチの約束あるんで、サクッと小ネタで行きます。


今日の小ネタは「身近で日本との違いを感じたこと」の男女関係編について。
それも、アメリカの親から見た、子供の「異性とのお付き合い」の話です。


日本にはないもので、こっちの高校を卒業する時には「プロム」ってのがありますね。
映画の題材にもよくなってるんで、ご存知の方も多いと思いますが、卒業記念のパーティーみたいなもんで、ちゃんと男の子が女の子をエスコートして出かけ、2人でダンスもするようですね。
コレに誘う女の子がいないと、必死で探すみたいじゃないですか?
こちらのカップル文化は若い頃に既に始まっている訳で、ここで誰もいないっていうのは相当悲惨なことなのか、私の知人の旦那さん(アメリカ人。妻は日本人)は高校生当時ガールフレンドがいなくて、心配した母親が適当な女の子を見繕って押しつけてきたという話を聞きました。
彼のお母さんは、高校でモテもせず女っ気のない彼の事を心配して

「うちの子、どっかおかしいんじゃないかしら!?」

と思ってたっていうんですから、モテないと更に周囲からのそういうプレッシャー(ゲイ疑惑とか病気疑惑とか)に耐えなければならないという2重苦なんでしょうかねー。
日本の高校生に彼女がいなかろうと、そこまで母親は悩みませんよね。


それで、私もアメリカに来て初めて知ったですが、こっちの親って子供の「親の家でのえっちOK」なんですよね。
ええっ!?て思うでしょ。
ありえないよねー、日本じゃ。
私もニューヨーク移住当時は日本人的感覚を色濃く持ってたんで、初めて相棒と相棒父を訪れた時(その頃はお母さんはまだコロンビアにいて、お父さんだけが叔父さんや叔母さんとボストンに住んでました)にお父さんが自分のベッドを私に貸してくれるっていうんで部屋に荷物を置きに行って、相棒に

「それで、あなたはどの部屋に泊まるの?」

なんて聞いてたくらいです。
お父さんが自分のベッドを息子とその連れて来たガールフレンドに貸す気でいると知ってその時は仰天しました。
もう今はこういう感覚に慣れましたが。
ちなみに、こーんな大人になっても、相棒との付き合いが8年に渡っていても、うちの実家に相棒を連れて帰った際には私達は寝室、別々です。


でもね、私達は立派に大人なんでまだ分かるんですが、例え若い10代のカップルでも、親は外よりも実家でえっちして欲しいそうなんです。
こっちは日本みたいにラブホみたいなのがたくさんないし(あるにはあるらしい)、場所がないっていうのもあるでしょうが、親としたら目の届かないところで危険な事にならないよう、おうちでしてもらった方が安心なんだって。
確かに、妙なところに出入りされたりしたらドラッグの危険もありそうだし、そっちの方が心配な気もします。
でも、日本の親と随分、意識が違いますよね。
日本の親は、親の前で子供はいつまでも子供らしくしていて欲しいという気持ちが強いんじゃないかなあという気がします。
自分を省みても、大人になってるのに親の前ではいい子供でいたいという願望が強いですもん。
それに、やっぱり処女という事に対しての意識が違いますよね。
彼女を自分の部屋に泊める自分の10代の息子を、黙って見ている親はまずいないと思う。
「人様の娘さんをキズものにした」という意識はあるんじゃないですか。
基本的に、日本の親は「子供のクセにそんな事しちゃダメ!」というのが前提なものの考え方が普通じゃないですかね。


転じてアメリカの親は、ティーンエイジャーになって子供が異性に興味を持つようになればもう遅かれ早かれそうなるんだから、何か困った事が起こってしまう前に性教育もしよう、安全な実家に連れて帰ってくればこちらも安心で良い、という意識。
つまり、「うちの子供もセックスするだろう」というのが前提のものの考え方ですね。


最初はビックリしたけど昨今はエイズもあるし、子供もある年齢に近付けば親や学校はちゃんとした避妊知識や性病についての知識を教えて、こそこそしたりせずに一緒に真面目に考えてあげられた方がいいよなあ......と思いますです。
でも、日本人としては親とそういう話をするのはやはり、抵抗ありますねえ。
どっちや。


blogranking

↑と珍しい話題で行ってみました。
へえーっと思われた方!ワンクリックお願いします~


スポンサーサイト



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報



どもども...今日は本当に春めいた1日でしたね。
こんなナイスなニューヨークにいるのに、外をお散歩もせずに雑用を片付けお仕事の段取りをしてる自分。
そういや日本はゴールデンウィークか~、と遠い目をして思いを馳せております。
でも自分も、今度の週末はプチ旅行だもん!
女2人旅で2泊予定。
それまで真面目にお仕事とジムに励みまーす。


てな訳で(どういう訳だ)またまた追っかけ思い出日記です。
ミーハー嫌いの方、ゴメンなさいねー。


上の写真は、2002年のロンドンRoyal Festival Hallにて3日間に渡って行われたダーリンのソロコンサートからです。
以前の記事Terry Bozzioでもお伝えしましたが、豪華ゲストがたくさん来て 、もしや引退記念イベントかと一部ファンを焦らせるほど盛り沢山な内容でした。


イベントとして楽しむには充分すぎる濃い内容ですけど、あれはソロコンサートとして見るものではなかったですね。
統一感はなくとっ散らかった内容でしたので。
2部構成で、まず1部は当時のバンドメンバーとジェフの歴史を振り返るような選曲から始まり、Jimmy Hallが何曲かヴォーカルを加え、最後にダー曰く「Hardest Part」のギターショップトリオで締め。
2部目はいよいよさまざまな豪華ゲストとそれぞれ共演しながら歴史を振り返る、みたいな進行でした。
1部は「Bolero」から、2部はヤードバーズナンバーづくしで始まって超珍しい選曲なのは嬉しかったんですけど、このヤードバーズセットwith White Stripesがクセモンでした(笑)。

blogranking

↑この後、長文。
ミーハー話は後半にあります。
あ、ここで帰られる方!クリックして行って下さると嬉しいです!



続きを読む
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報