FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。





ども。本日2本目の記事でございます。
いやー、3日間も夜遊びしたらさすがに疲れてきちゃって、本日はまったりまったりしてます。


今朝も書いたとおり、夜遊び3日目のゆうべはCBGB最後のライブの日だったので、ニューヨークパンクにもポリスやトーキングヘッズにも若い頃からさんざん楽しませてもらった者として追悼の気持ちで詣でに行ったものの、ビール2本飲んだらおセンチな気持ちよりもお尻が重くなっちゃって、CBGBギャラリーのバーでデレデレダラダラとお別れを惜しんでました。
相棒はワールドカップ以来、日曜日のお昼は友人同士のサッカーの試合にスケジュールが押さえられていて(超単純・笑)、きのうはさんざんボールを追った後の夜遊びだったのでかなりお疲れ気味。
膝が痛いの腿が痛いのと言いながら、ビール2本で「もう帰りたい」と言い出す始末。
お互い年には勝てんなあ、じーさんや。って奴はまだ33歳ですけどね。ひ弱。


きのうのCBGBでのラストライブ、ヘッドライナーはニューヨークパンクの女王と言えばこの人、パティ・スミス!
彼女は毎年、地元ニューヨークで年越しコンサートをやっていて、5年くらい前に私も1度Bowery Ballroomに見に行きました。
カウントダウンと共に客はパティ姐御にシャンパンをふるまわれ、皆でカンパーイ!という非常に良い年越しでしたねえ。
きのうのライブの様子はさんざん今日のニュースで見ましたけど、彼女って年と共に柔らかい感じになって女性らしさが増したものの、基本的にこの25年間くらい(もっとか???)あんまし変わらないですね。
一体いくつなんだろう?
ニュース映像でアップで見てもすごーーーく若いので驚きました。体型も全く同じまま。
同じ頃にデビューした男性パンクロッカー達が爺さんになってたり、病気で死んじゃったりする年齢になったという事を考え合わせると、驚異的です。
レッチリのベースの方がサプライズゲストだったらしいっすね(名前分かんない、ゴメン)。


きのうはアナウンスされてなかったしニュースでも名前が挙がってなかったけど、ブロンディ(デボラだけなのかメンバーなのかは分からないけど)が来てたらしいですよ。
ってBeatallicaのジェイムズさんがおっしゃってました。
デビーもそりゃお別れが言いたいでしょうとも。
ジョーイ・ラモーンも、もし生きてたらきっときのうは駆けつけていたでしょうね。
ラモーンズのTシャツ着た人、ゆうべは少なくとも5,6人は見かけました。
そう言えばバーの中でジョーイ・ラモーンのドローイングをプリントしたポスターを売り始める人もいましたす。
30ドルもして高いなあと思ってたら、開店後に速攻買ったおっちゃんがいてビックリ。
お祭り効果というか、センチになる余りお財布が開いてるんじゃないかしら...。
ま、大ファンなんでしょうけどねー。


日本でも先日、大阪のバナナホールが閉店するというアナウンスを聞いたし、老舗のライブハウスが次々に閉まっていくのは淋しい限り...。
神戸のチキンジョージや名古屋のエレクトリックレディランドのように、新しくキレイなハコになって存続するライブハウスもありますけど、それが時代の流れなんでしょうか。
(旧ELLのトイレと京都の拾得のトイレ、汚かったっすよねー、覚えてる人います?笑)
10代からライブハウス育ちの青春を送った者からすると、あの薄暗くほこりっぽくオシッコ臭い(笑)、壁にはライブ告知のチラシだらけ、ビール瓶が床にゴロゴロ転がり、その中に煙草の吸い殻が溜まってるようなライブハウスほど郷愁を誘うものはなく、あの雰囲気に触れるだけでライブのドキドキ感を生々しく思い出してワクワクしちゃうんですよん。
どうして洋の東西問わず、ライブハウス(って名前は日本特有の呼び方ですけど)って同じ雰囲気に同じ臭いなんだろう???と思いますけどねー。
10代の頃に通ったロック喫茶たちもオシッコ臭くこそないものの、そんな雰囲気だったなあ。
あの時代にはロックはまだ、アウトローなものだったんでしょうか。
日本のロックもまだまだ若く荒削りで眩しかった。
J-Popなんてフザけた言葉が生まれる遙か前の出来事。
今も昔のライブハウスみたいなロック喫茶みたいな感じの雰囲気残すところがあるといいのになあ、と思うおセンチな中年ロックファンです。


ではさようならCBGBスペシャルという事で、昨夜のギャラリー/バーの様子とクラブ前の路上の様子を写真で少しだけお伝えしたいと思います。


blogranking

↑写真多め。
その前にポチッと♪
ただ今19位!
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報




どもども!連日の夜遊びが祟ってブログをサボリまくっておりますtomoxです。


3日前はカラオケ、おとついはライブ、きのうは遂に長い歴史を閉じたニューヨークパンク発祥の有名クラブ、CBGBにお別れに行って参りました。
つってもCBGBに関しては最初っからチケットも取ってなかったので、勿論のことパティ・スミスのラストライブを見に来た人で溢れたSOLD OUTの店内には入らず(つうか入れず)、お別れを惜しむ気持ちを抱えて隣のギャラリー/バーで飲んでました。


ビール飲んでグダグダしてたら、ゆうべ見たばっかりのBeatallicaのメンバーが揃ってやって来たので驚きましたけど(きのうはオフで観光してたんですって)、更に驚いたのはうちの相棒の彼らに対する態度です。
ゆうべステージの上で見た相手とは言っても初対面だつうのに、大きな声でBeatallica!!って呼び止めたと思ったら彼らとずっと立ち話をし出して最後には、隣のクラブには行かないの?ミュージシャンは招待されるんじゃないの?もし入れそうなら一緒に入らせて~、って恥知らずにもヘーキでそんな事言い出すんでビックリしましたよ!
いや、ちょっと!何言ってんの!?


いや~、ずっと以前の記事に書きましたけど街でニコラス・ケイジを見かけた時も、本人を目の前にしてテレビでも見てるかのようにその本人の噂をする神経の太さに驚きましたけど、普段神経の細いところのある相棒の新たな面を9年目にして発見、って感じです。
奴は相手がステージに立つ人であろうがスクリーンに映る人であろうが、知ってる顔でありさえすれば友達のような気がしてるんじゃないだろーか?
向こうからして見りゃこっちは全くの初対面の人間だって気付いてないんじゃないだろーか?
なんかそんな気がありありと。
わたしゃあんな風にすぐに友達のようにはできない人見知りなのでしみじみ感心したり呆れたり。
ああいう人間は客商売には向いてるとは言えましょう。
私のようにひく人間もいるとは思いますが。


ま、相棒の話は置いといて、この記事はその前日のBeatallicaのライブについて。
場所はNorthsixという、その名の通りWilliamsburgのBedford駅からほど近いNorth6th Street沿いにあるクラブでした。
(66 North 6th Street, Brooklyn)
ライブハウスとしては広い方のハコ。ぎっしりいれたら200人は入りそうな。
ビール片手の人々、壁にはフライヤーだらけ、薄暗くほこりっぽくオシッコ臭い昔ながらのライブハウスの雰囲気で、ライブハウス育ちの私はこういうところに来ると結構ワクワクしてしまうんです。
80年代初期の渋谷の屋根裏とか、ここの比じゃなく汚くて狭くて、キャバレーロンドンの上階と環境最悪でしたもんね(笑)。
それなのにギッシリ人が入ってて、みんな汗まみれで押し合いへし合い(でも顔は皆笑顔・笑)、人の汗がポタポタ自分にもかかってくるような環境のライブでした。お祭りみたい。
10代から20代前半の若い頃だからこそ出来た事だけど、本当に楽しい時代でした。


話が逸れた。Betallicaに戻って。
以前も書きましたが、彼らはひとくちで言えばBeatlesの曲をMetallica的に歌詞も変えて演奏する人達。
と説明してもそのライブの醍醐味は表現しきれませんけど、これはBeatlesのファンもMetallicaのファンも、両方ちょっと知ってる程度の人でも、絶対楽しめること請け合いなライブです。
去年彼らを見たときはKnitting Factoryの2階席からでした。
演奏曲の元ネタがBeatlesだから完璧にオリジナル曲が分かるし、Metallicaのリフがチラリチラリと入ったり、イントロや途中のパートがMetallicaになったりして曲構成が巧みな上、演奏の上手さや客を楽しませる盛り上げ方にただただ遠くから感動して見てましたけど、今回はかぶりつきで見たせいか、前より歌詞がよく分かって更に面白かったのでした。
前日のカラオケでBeatlesのEverybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey(タイトル、長過ぎ)を歌ったんだけど、これをBeatallicaはEverybody's Got a Ticket to Ride Except for Me and My Lightinigって歌ってました(なんか、電気椅子に座ってる人の歌みたいでしたす)。そんでそのままTicket to Rideに突入していくんですよん。
Let It BeのタイトルがThe Thing That Should Not Let It Beになってたのも笑えた。

↓続きに行く前に当ブログともリンクしているこっちもチェックしてね♪
Beatallicaオフィシャルサイトはこちら!



blogranking

↑こんなにサボってたのに19位...。
いつもありがとうございます~。
引き続き応援宜しく♪


続きを読む
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報