FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。


曲はウンコだけどこの先生は可愛い




こんにんば~。
とあらゆる時間帯に向けて開発した新語で挨拶してみました。
体調イマイチなので本日はずーーーっとおひとり様@自宅。
果てしなく地味です。


お陰様でAmazon Japanで買ったものの放りっぱなしだった宮部みゆきさんの「弧宿の人」じっくり読んだりネットで素敵なアパート探しをしてみたり。
で、自宅ひとり遊び究極技としてiTunesでひとりカラオケもしました!(笑)
だって歌詞を表示してくれるフリーソフトがあるんだもん。
ヴォーカルのみならず、ギターやサックスやキーボードのソロも全て口で再現。
手はドラムでひとりフルバンド状態(笑)。
結構、楽しめますよ。皆さまも、いかが?


でも洋楽ロック、好き勝手に歌ってる人が多くて難しいっす。
大好きな「Tie Your Mother Down」、口が回らなくて全っ然歌えません。
フレディ・マーキュリーに完敗......(注・挑戦する方が間違ってます)。
エアロスミスも早口言葉みたいに言葉数の多い曲がたくさんあって難しー。
邦楽も~、ってうっかりはっぴいえんどの「風をあつめて」に挑戦したら、アレ歌の間合いの取り方がメチャクチャ難しいですね!
1番2番3番、って全部違う歌い方してて覚えきれないんで思わずリズム割りを紙に書いてそこに歌詞書き込んで歌ってました(スッゲーひま人)。
それにしても曲のネタもと古いです。年寄りの常。


歌に疲れて、現在はダーリンのギターを流しっぱなし中~。
昔のJB Group(表示がヘンですがお許し下さい)から聴いてますけど、今さらながらこの人、天才ですね!?(笑)
勢いのある1期は大好きですけど、2期メチャクチャカッコイイですねぇ、堪能しました。
骨太ソリッドなBBAも好きです。


そしてこんなに素晴らしいメンツでそれぞれすごいバンドをやっちゃあ、その度にアルバム2枚でアッサリ解散して「次、次!」ってすぐに新しいことをやり出す落ち着きのなさが素晴らしい。
40年のプロ人生、常に守りに入らず音楽的にもギター奏法も限界に挑戦する姿勢が大好きです。
レコーディングを終えたアルバムを「やっぱり気に入らん」とおシャカにしたり、非情なくらい一切妥協がないところもスキスキ。
周囲の人はたまったもんじゃあないでしょうけど、ファンとしてはそこにシビれます。
ギターに関してもいつでも今現在の彼がいちばん最新改良型バージョンだと言えるところが素晴らしいです。自称8歳児ですから、まだまだこの先伸び盛りってところでしょうか。


個人的には自分が初めて聴いたのは彼のソロ名義アルバムからなのでそっちに愛着があるけど、シンガーも入れたバンドでも見てみたい.......と思いつつ、ここまで自分勝手な人はソロ名義を保ってツアーの度にミュージシャンを集めた方が周囲に迷惑がかからなくていいでしょうね。
テリー・ボジオとはまたやって欲しいけどね。


上のyou tubeビデオ、しょっぱなから氣志團のようなすっげえアタマのVJが現れるのにも驚いたけど、最期のギターソロをぶった切ってあるのにも驚きました。
このしょうもない曲の中にあって、こっからが先生節絶好調なのになぁ。
VJも「有名人の顔がたくさん見られるビデオ」とか言っといて、PVの最期に現れる人物を誰だと思っとるですか!ぶった切らないでよね。(A&Mレコード副社長でもあるHerb Alpertが「Am I too late?」とオーディションのカウンターにトランペットを持って駆けつけてます)
Donny Osmondがオーディションカウンターで受付に「What have you done lately?」とバッサリ斬り捨てられてる自虐ネタ出演、の見所アリです。


ダーの話ばっかし!
ファンサイトだから許して、てちゃうがな~、ニューヨークブログやがなー!


と、おひとり様カラオケ練習中なのでまた皆さん、誘って下さいね。
それにしても自宅にばっかいるとブログネタが私生活だけだし。
すんません。
随分元気になったんで週明けからはニューヨークブログに戻りたいと思いまーす。


blogranking

↑18位持続中~。
明日から完全復帰記念にポチッと!
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報