FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。





ども、引っ越しにかまけてたらブログランキングの順位が激下がりしている当ブログです。
そんなん気にせんでええやん、それより荷造りしーやとも思うのですが早朝にせっせと記事アップ。
そー、まだ荷造り完了してないんですよー、コワッ。
引っ越し、明日ですけど。(@Д@;)
ただ今、テーブル周りに置いていたラグを洗濯しながらコレ書いてます。


ところで上の写真、NYの地下鉄の車内にある路線の停車駅を示すマップなんですが、「Route change: This map is not in use」と書いてあります。
それもそのはず、これ地下鉄5番線のマップになってますけど実際にこの電車が走っていたのが2,3番線のラインだったんです。
5番はマンハッタンのイーストサイドを南北に走る線の急行。
2番、3番はウエストサイドを南北に走っている線。
同じラインを走る急行が突然各駅停車になったり、各駅停車が突然急行になったりっていうならよくある事でまだ分かるんですが(←ニューヨーク住まい9年で既に諦めを知っている発言。生粋の日本人ならこうは思わない)なんで時々、全然違う路線の電車が乗り入れてるのかサッパリ分かりません。
また、それを想定してこんな文字を最初からマップに用意して、必要に応じて文字を点灯してるってのも。
そこまで用意周到なら、日本の電車みたいに電車についてる路線番号がスクロールしていろいろ変わるようにしていたらどーかと思うんですけど、そっちの方がお金がかかるんでしょうか。
ちなみにNYの地下鉄の車体、日本製でございますけどね。


最近ずっと、朝の通勤で使う1,2,3番の路線の運行がヘンなんですよねー、まあ来週からは引っ越しにより路線が変わっちゃうので関係なくなるんですけど...。
以前は2番、3番という急行の台数が多すぎて、急行が3台駅に来る間にやって来る各駅停車はたった1台、って具合だったので常に各駅停車はコミコミでした。
(私の乗り込み駅は急行停車駅なんですけど、下りるのが各駅停車しか停まらない駅なんで、結局急行に乗っても途中で各駅停車に乗り換えることになるんですね)
その代わり、各駅停車が発車した後に来た急行に乗り込めば、次の停車駅で追いついてその各駅停車に、上手く行くとそのひとつ前の各駅停車に乗れたのですが...。


「急行ばかり多すぎ」という反省を踏まえたのか、ここに来て突然、急行も各駅停車も同じような頻度でやって来るようになったようなんですけど、なぜか急行が異様にノロくなったんですよねー。
しかも頻繁に何度も駅間で停まる!
「Please be patient」とかアナウンスされてもアナタ!
こっちは出社時刻があるのよ~(><#)
日本みたいに駅で「遅滞証明」配ってくれないですし(←アタリマエ。アメリカ人にそんな事まで期待しちゃイケナイ)。
そして停まってる間に各駅停車2台に追い越される、っていうパターンが何日も続き、「今日こそは急行は急行らしく各駅停車より速く走ってくれるかも...」という淡い期待は連日裏切られてさすがにイヤになってきました。
「急行」の意味がほぼ消失しつつある朝の2番3番線です。
ま、「急行と各駅停車の連絡」ってものを気にし始めてるようなんですよね、急行が各駅停車の到着を連絡駅で延々待ったりしてますしね~(ほんま、急行の意味なし)。
以前は駅で停まってる電車に乗り換えようと思った矢先に乗客の鼻先で扉を閉めて発車したりする(もしくは発車せずそのまま扉を閉めてしばらくいたりする...訳が分からない)意地悪運行が常だったんですけどねー。
連絡を気にする辺り、以前と比べて進歩と言うべきか?(いや、違うだろ)


あまりの地下鉄のトホホ運行ぶりに「日本じゃあり得ないわっ」と憤慨してたら、マンハッタン14th Street沿いを東西に走ってブルックリンに乗り入れてるL線の3rd Avenue駅でこんなものを発見。


mtasucks2.jpg
西の最終駅、8th Avenue駅行きの待ち時間を示してます



ニューヨークの地下鉄にこんなものが導入される日が来ようとは!!
歩行者信号機に「あと何秒待ち」っていう表示が出るイラチな大阪みたいじゃないですか!?
(ワシントンDCにはそういう信号あちこちにありますけどね~)
でもなぜかL線の駅でしかこんなもの見かけません。
果たして地下鉄全駅に採用される日も来るんだろうか!?
なんてね、あまり期待しない方がいいでしょうね、多分。



blogranking

↑ささっパッキングパッキング!
明朝引っ越しというのにブログアップ。
来週火曜日のケーブル導入まで、当ブログをお見捨てなく~;;

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報