FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。




どもども、こばわ。
今回ちょっとネタが古くて、先月のお話なのですが~(^^;;)


9月最後の週末、ブルックリンのDUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)と呼ばれる、Manhattann BridgeとBrooklyn Bridgeの2つの橋に囲まれたイーストリバー岸のエリアで行われたArt Under the Bridge Festivalを覗いてきました。
このエリアにスタジオを構えるアーティスト達のオープンスタジオ(アトリエの一般公開)が見られるこの企画。
昔は倉庫街だったエリアの建物がアーティストにとって広くて家賃の安い格好のアトリエだった時代、多くのアーティストがこのエリアにスタジオを構えたようです。
今はスタジオ代、昔に比べたら値上がりしてる事でしょうけど、今もアーティストスタジオがいっぱいのこのエリア、毎年このイベントを開いています。
プラリ散歩気分で気軽にアートに触れられるのがオープンスタジオのいいところ。
アーティストの仕事場を見るだけで楽しいし、参考にもなりますしね。
それにこのエリアからイーストリバー越しに見るマンハッタンは絶景。
特に夜景は本当にゴージャスです。


outia.jpgワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 完全版

ところで冒頭で触れたのはこの映画...。
未見の方、是非是非「完全版」の方をご覧下さいまし。
劇場公開版は切り刻まれた切り貼り状態ですので。
この傑作、4時間近くかけて見る価値大アリです。
古いニューヨークの美しい映像美にもグッときます。




dumbo15.jpg
お友達のmiki6ちゃんも美しい新作を出品してました。
続きのページでフェスティバルの街の様子をご覧下さーい


続きを読む
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報




どもども、おこんばんわ。
秋風も吹きダイエットにもう少しテコ入れしたいtomoxです。
最近、ダイエット仲間だった筈の同僚がケーキ作りに凝り始め、職場に差し入れ攻撃の手を休めないという最大のピンチの山場を迎える昨今。


さて、さて、先日もお伝えした通り、11月のロンドンで1日のみの再結成公演を行うLed Zeppelin
それに合わせてCD+DVDのセットを新たに発売する事までは記事に致しましたが......。


11月発売はそれだけに留まらず、上の写真のCDアルバム......ツェッペリンの映画「レッド・ツェッペリン狂熱のライブ」サウンドトラック・ライブ盤の「永遠の詩」の最強盤ってのを出しやがる。
今まで、サウンドトラックには収録されていなくって映画の中だけで演奏されてる曲目が何曲もあったのですが、今回のバージョンではそれらをセットリスト順に一気にご収録~!



今更何よ、きい~っ!

この商売上手の小出し野郎!(▼▼メ)




と喜び半分怒り半分の複雑なファン心。
何十年にも渡ってあんまり弄ばないで下さい。
ジミー!このヤロー!死ぬ前に、持ってるモンを全部キリリとファンに寄越せ!(爆)
と、一生彼らに楽しませてもらってる恩がある割にはひどい言いようです。
もう予約しちゃったけどもさ、プン。


Disc:1
1. Rock And Roll
2. Celebration Day
3. Black Dog (including Bring It On Home)*
4. Over The Hills*
5. Misty Mountain Hop*
6. Since I've Been Loving You*
7. No Quarter
8. The Song Remains The Same
9. Rain Song
10. The Ocean*

Disc: 2
1. Dazed and Confused
2. Stairway To Heaven
3. Moby Dick
4. Heartbreaker*
5. Whole Lotta Love
(*Not on original soundtrack release)



....プンプンしながら予約して、ふと気付く.....。
待てよ、このコンサート全て映画用に記録されてたって事は映像も実はある筈......。


41Z562bKVrL._SS500_.jpgふふふ、いいところに気が付いたね!
という訳で11月21日にリマスターDVDも発売。遂に未公開映像付き。デジタルリマスター&5.1チャンネルサラウンドだそうです。
何の事やらのど素人、怒りながらも財布の紐、緩む。
いろんなエディションがあってコレクターには痛し痒しと言ったところか。
こちらはいちばんお高い、ビンテージTシャツ、ロビーカード(?)など豪華特典付きの限定セット。



*追記*
未収録映像はCelebration DayとOver the Hills~の2曲のライブ映像+インタビュー映像とからしい。ライブ映像全面公開ではないのが残念。映画で小出しにしている映像を見ると絶対に全編ある筈で、もどかしいっす!



片や我らがダーリンも、突然のロンドンでのショウ決定!
11月の第3週に何回かやる、らしいです。
あら?ZEPと日にちカブせてきましたね。
をい、40年目にしていまだツェッペリンに対抗かい(笑)?


で、本日月曜日にオフィシャル発表の予定......だったのが待てど暮らせどぜ~んぜん発表しない。
ダーリン、アナウンス遅すぎ!!
という訳でオフィシャリーなアナウンスを待ってたのですがシビレを切らしてこちら、勝手にフライング発表。
でも場所も日時もよく分かりません。
とりあえず、オフィシャルサイトで待て、吉報!
あ、ロンドンまで行く人いますか~?
ちなみにオイラは行きません(笑)。
行ったら、ツェッペリンの方のダフ屋に並んじゃうかもね。いくらするのかなぁ、恐ろし~。


*追記* 10/17
オフィシャル発表はまだなものの、詳しいDateと場所が判明しました。

RONNIE SCOTT'S JAZZ CLUB IN THE SOHO DISTRICT OF LONDON, ENGLAND.
MON. NOV. 26TH THRU SUN. DEC. 1ST.

Tickets are allegedly going for between 80 pounds and 100 pounds
($163.00 and $203.00 US dollars)



チケット、高っ!
いくら滅多にない貴重なクラブ出演とは言え、破格に安かったBB Kingのクラブ出演時(チケット30ドルでした)とここまで値段違うのね。
で、初日がZEPのリユニオンコンサートと同日......。
ダイジョブか?ダーリン。


41qkty79z4L._SS500_.jpgえ~先日のクロスロード・ギター・フェスティヴァル 2007もDVD化の運びとなりまして、今回は無事ダーリンも首を縦に振り、公式映像に収まっております。
たったの2曲だが(Cause We've Ended As Lovers / Big Block)、滅多にライブを残したがらない方の映像なので貴重。
とは言え全員で40曲ほど入っててヴォリュームありすぎ...。
こちらも11月21日発売ですと。




という訳で11月21日は3大ギタリスト関連映像揃い踏みって事で、クラシックロックファンの皆さんはお財布のご用意よろしく。∠(^ε^)
ついでにロンドンに行かれるという稀少な方、特にツェッペリン見に行かれる方(当選したという話、全っ然聞きませんけど)、お話伺いたいです。


腹立つけどこうなったらジミー、アメリカまで金儲けに来やがれ!
毒を食らわば皿までだ!(意味不明)


では、では、また~。
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報



ども、ども。
10月に入ってもこないだまで夏の暑さだったのが、木曜日にひと雨降ったと思ったら突然晩秋の寒さになったニューヨークです。
ゆうべは冷たい風が寒かったですね~。
お陰でゆうべ、晩ご飯を食べた帰りにSOHOのユニクロでピンクのカシミア大判マフラー買っちゃいました。
コート着てたんだけど、首もとが寒くって~。
なんて、一緒に行った友人にピンクが似合うと激おだてられて買う気になったんですけど。


さてさて、上の写真は本日のお題とは関係なく、先日の連休に行ったBronx Zoo
今まで何度も時間切れで逃していたCongo Gorilla Forestというエリアに初めて入れて、ガラス越しにゴリラ達を至近距離で見てきました。
今はここ、ゴリラの赤ちゃんが3頭います。仕草や表情が子供らしくあどけなくて可愛い!
行かれる方は是非、チェックしてみて下さいね~。


ところで今日はちょっと(いや、かなり)下らないネタです。
ちょっと前に仕事がヒマな時がありまして、その時に同じくヒマだった隣のデスクの同僚とアホなウェブサイトとか美味そうなもんの写真とかをネットで巡っては喜んでたんですねー(日本のオフィスではこういう勤務態度は許されないかしらん)。
その時にたまたま、MTA(Metropolitan Transportation Authority...NYの電車・地下鉄・バスを取り仕切る交通局)のサイトが各国語でも読める事を知り、試しに日本語で読んでみたんですね。
(サイト下にある国旗をクリックしてみて下さいませ)


で、やはり翻訳サイトにもありがちな、不自然で妙な日本語サイトとなりました。
例えば、

MTA HOME → MTAの家

MTA Releases Storm Report → MTAは嵐のレポートを解放する

Destinations, Deals, and Getaways → 行先、取り引きおよび逃走


とかね。そんな感じ。
まあそれでも言いたい事は大体分かるし、何を直訳しちゃったのかも予想は付くんですが、翻訳サイトは例え固有名詞でも表現の一部として訳してしまうおバカちゃんなので、時々「?」という言葉が出て参りました。


では、クイズです。
ニューヨーク在住の方、よくご存知の方はお考え下さい。
次の言葉はMTAの駅名、地名etcの固有名詞の直訳になりますが、何のことでしょう。

1.女王
2.森林丘
3.壮大な中央ターミナル
4.裁判所の正方形の場所
5.洗い流す
6.李バス







..........お分かりになりました?
難易度は後ほど高くなっております。
正解は
1.Queens(どうやら複数形は翻訳では無視されている)
2.Forest Hills
3.Grand Central Terminal
4.Court Square
5.Flushing
6.LI (Long Island) Bus

李バスが判明した時は感動(笑)。
これから皆でLong Island Railroadも「李鉄道」と呼ぼう!


ところで失礼ながら中国サイトの表記も日本人的には大いに面白い。
ダーリンの曲名も、ホレこの通り。

Greensleeves(緑袖子)
Shapes Of Things (万物之形)
Love Is Blue (愛情是藍色的)
Spanish Boots (西班牙靴子)


「袖子」って袖って意味なんでしょうけど、「柚子」と字ヅラが似てるのでどー見ても「緑柚子」に見えて鍋物が恋しくなる季節にはそそります。どーでもいーけど。


だいぶ前ですが、いちばん爆笑させてもらったのが、NYの掲示板サイトで中国人と思われる方の賃貸アパートの広告。
頑張って日本語で書いていて好感が持てるのですが、翻訳サイトに頼ったか?かなり妙な日本語文章だったんですが、

「私は、少なくとも12か月生きることができる借地人を捜しています。」

と書いてありました。
「住む」と言いたいところを同じ「live」の意味という事でこのような表現になったかと思われ。
惜しい。そして面白すぎる。
いや、少なくとも12ヶ月生きるって保証、誰にもありませんけどね。
もしそれ以前で死んだら契約違反で遺族が違約金を払わなければならないのか。


で、この人の広告の最後に

「面白い場合は、私に電子メールを送ってください:あるいは、電話によって私に電話します」

って書いてありました。
面白かったのでメールしようかと思いました(笑)。
この場合、「interesting」と「be interested in」を混同して翻訳したものと思われます。
「興味のある方は~」と言いたかった訳ですねー。


結構、誤訳や誤植って笑えます。
宝島のVOW!大好きで、昔は単行本何冊か持ってました(笑)。
直訳翻訳も笑えますよね~。
王様のCD達もまだ実家に持っておりますです。
カラオケで「深紫伝説」も未だ時々歌います。
(ご存知ない方......アーティスト「王様」によるDeep Purpleのヒット曲直訳メドレーです)


昨今仕事で海外に電話する事が多く、ドイツに住むパキスタン人の方との電話での会話が超理解不可能でさんざん苦労したあげく彼をキレかけさせて冷や汗かいたり(何度も電話したら彼は私の名前を覚えてくれたんだけど、なぜかずっと「トコモ!」と呼ばれていた)、午前中にケニア在住日本人の方に電話しているうちに日本に電話しているような錯覚に陥り、日本時間の夜遅くだったので「夜分遅くにお電話差し上げまして申し訳ございません」と言ったら「あのーケニアはまだ夕方の4時です」と訂正されたりして頭グルグルなtomoxでした。
(「ゆらゆらとぐるぐる」(Rock'n' Roll)by 王様)


いや~、人のこと、笑えません。ではではまた~。

bronxzoo2.jpg
Tiger Moutainエリアにて。ガラス越しに目の前をトラが通る~♪大きい猫やなー

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
職業も人生もフリーランス且つミーハーな自分ですがここ何年かヒーリングに関心を持ち、2年ほどはレイキのお勉強をしています。


ヒーリングに関心を持ったのは、単に自分に必要だったから(笑)。
同い年の人から見て人生経験不足なオレでも、人生のいろいろな局面に差し掛かるといろいろ思うことあり.....などとゴチャゴチャ思ってたんですが、シンプルに言うと母国ではないアメリカ・NYで難しい事が起こって辛かったり淋しい思いをしたりと心が疲れた時、「ああ~癒された~い!」と切実に思ったんですね。何度かそんな時がありました。


最初は、チャック・スペザーノって方のヴィジョン心理学の本を読んでました。
日本にもたくさんフォロワーのいる彼は心理学者、カウンセラー、心理学本の著者でハワイ在住。
レクチャーでアメリカ、カナダ、ヨーロッパやインド、そして日本と飛び回っています。
この人の本の言葉は物凄く癒されるし、分かりやすい言葉で書いてあります。
人間関係の本なんですが、とてもスピリチュアルで尚かつ実践的。
51V1VRB41RL._SS500_.jpg彼の「傷つくならば、それは「愛」ではない」(原題If It Hurts, It Isn't Love)という本は私のバイブルで、ボロボロになってテープで貼り合わせるまで持ち歩き、その後も4,5人の人に貸しました。
友人の中には読後に自分で買い直した人も。
特に男女間や家族間という親密な人間関係で辛い事が起こった時に一定期間読むと大変有効なので、大体の人に2,3ヶ月から半年くらい貸し出してました。
今は私の手元に戻ってきてます。



ちなみにこの本、3~40年前に書かれ、長い間表に出ていなかった「A Course in Miracles」という本がベースになってますね(原書の日本語訳は今のところ出版されていないようです)。
著者はニューヨークの臨床心理学者の2人ですが、この本についての経緯は驚くべきエピソード満載なので、お調べになりたい方はタイトルをクリックしてサイトに行ってみて下さい(英語)。


さてその後、1セッションがすごく高いヒーリングを受けに行ったこともありました。
でも別に良くなかった。
その人は「1回じゃダメだから」と言ってたけど、彼女のチャーヂが半端じゃないし、効果は感じられないしで断念。
実はスペザーノ氏のフォロワーのひとりで著書も何冊かある方なのですが、そこはもう遠慮してます。


その後、腰をすごく悪くした事があって、その時にも体と心へのヒーリングという事を学びました。
レントゲン撮影ではヘルニアがあるという診断。
その時の私は、正面から見ても腰が枝のように折れ曲がってしまって、椅子に座る事が出来ず(座ると悪化して立ち上がれなくなってしまっていた)すごーく悪い状態でした。
41FQMSGCE6L._SS500_.jpgその時に、NY大学の腰痛の権威、サーノ博士が長年の研究の結果「腰痛の大半はメンタルな病である」という見地で腰痛を「TMS(緊張性筋炎症候群)」として治療している事を知ってビックリ。
実際に彼の書いた「サーノ博士のヒーリング・バックペインー腰痛・肩こりの原因と治療」はすごく売れていて、アマゾンで4週間も売れ行き1位でした。
彼の治療はなんと「講義」もしくは「読書治療」でしかも治癒率が100%に近いのにも驚きました。
その後、日本の本「腰痛は<怒り>である」というのも読み、日本の作家の夏樹静子さんの「腰痛放浪記 椅子がこわい」という本も読んで、彼女が3年間もの壮絶な腰痛闘病の間、日本中の名医という人に頼って治癒しきれず、最後に心療内科に入院して完治したことも知りました。
私自身はというと、友人が温灸をしてくれて1週間で腰痛が軽減、その後日本に帰国したらある日たったひと晩で腰痛が消えました。
翌朝、ちゃんと背筋を伸ばして歩いている私を見て母が驚いていました。
嘘のような本当の話です。
実際に私はヘルニアをまだ持ったままなのに痛んでないので、私は「ヘルニアのせいで腰痛が出る」という説は信じていません。
人間、つらい事があると体の中に痛みを作り出して問題から目を反らしているのかも知れない....と思います。切ない話だけど。


で、きのうの事。
レイキ3のアチューンメントを受けました。
久しぶりにレイキトリートメントも1時間受け、気持ちよくて.......爆睡......(笑)。
最初に頭部にレイキを受けてる時に既に引き込まれるような感じがして「ああ、ヤバいな、寝そう」と思ったらその後の記憶がなく、自分のイビキで3回くらいハッと起きました。


レイキ3のアチューンメントと講習を終え、私も初めて1時間のフルセッションのヒーリングをやってみました。
受け手はマスターののりこさん......緊張。
自分では「これでいいかな?こうかな?」「あっひとつ手順を飛ばしちゃった!(^^;;) 」とおっかなびっくりやったものの、なんか一応ちゃんと出来てたみたい。良かったー。


同じ室内にいてもただ話をしている時は全然涼しいのに、アチューンメントを受けたりトリートメントをしたり受けたりしてると、途端に汗が大量に噴き出すのでビックリします。
自分の体の中にエネルギーが流れ出して汗になってるという感じ。
目に見えないものなのに、不思議です。


レイキは気功とはまたちょっと違うんですが、目に見えないエネルギー療法であるというのは似てるかも。
日本で始まった療法なのに海外に渡ってからの方が市民権を得て広がり、日本に逆輸入されるような形になったのが1990年代......とつい最近なのです。
こういう目に見えない形の療法は大抵の人が信じません。
私も半信半疑でした。
自分が受けて効果を感じて初めて人は信じます...私もそうでした(笑)。


治療法だけじゃなく、人間性の向上も目指したいところ。
レイキは治療法であって思想はないんですけど、創始者の臼井先生の言葉っていうのがあって、

今日だけは 怒るな
心配すな 感謝して
業を励め 人に親切に


レイキ1のアチューンメントの時に教わった言葉ですが、深い...。是非実践したい。
ゆくゆくはすっかり癒されて心穏やかに、カッとくることなく暮らしたい。


と思ってるんですが、きのうの夜早速怒っちゃいました、彼氏に。
すぐに約束や予定を向こうの気分や思いつきでコロコロ変えられてしまう事に腹を立て.......「呆れる」くらいで止めておけばいいんですが人間出来てまへん。
しばらく日本に帰りたーい。
そこで癒されてゆっくり頭を冷やしたいです......。

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報