TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども。
ひと月以上あったのに実感としてはあっちゅう間の日本滞在を終え、ニューヨークに戻って4日目のtomoxです。


実はウィルス性の腸炎にかかっちゃって日本を出る前からヒジョ~に体調を崩しておりまして、成田空港で既に死にかけつつも12時間のフライトを決死の思いで乗り切り、ニューヨークに着くなりベッド直行、完全休養決定。(´д`;)
クリスマスイブもクリスマスもベッドの中で過ごし、ご馳走はおろか何も口に出来ずに生きているのが精一杯という自分史上最悪にトホホなクリスマスを過ごしました。(T△T)


きのうから食欲も出て来て少しずつ食べられるようになってきましたけど、それまでの自分、普段の食欲女王ぶりからはあり得ない食欲のなさで水とポカリスエットだけで生きてました(こういう時、ポカリスエットって点滴代わりになって便利ですねー)。
で、今日はだいぶ復活。
顔つきもまだマシになったし。
急激に病みついたまま大移動したので顔色は悪いわ、眠れなくて目の下黒いわ、急にやつれて顔が尖ってるわで我ながら

「見た目がシャブ中」

でしたもん。
ほんま、JFKから保健所に連行されないかと真剣に危惧しました。
食べてなかったから今もまだ体力的にイマイチなんだけど、徐々に回復して健康な新年を迎えたいと思いまーす。


このウィルス、日本で流行ってるんでしょうか?
かなりの劇症です(小さなお子さんやお年寄りには相当キツいと思います)。
私は発症して5日目ですが、まだ復調しとりませんからね。
こういうのは経口感染ですので、皆さんも普段から外出帰りと食事前の手洗いを励行なさって充分お気をつけて下さいね~。
手を洗うのも出来るなら、薬用石けんプラス、液体殺菌製剤みたいなの(アメリカだとよくKills 99.99% of Germsとか書いてある....ま、100%じゃない訳だが...)もお使いになって念入りにどうぞ!
だって、私は普段必ず帰宅時や食事前にいちいち手洗いしてたのに感染したんですよ~!
でも外出時はお手拭きで手を拭く程度だったかも.....徹底しないとダメですねやっぱ。
あ、あと、生ものにもお気をつけ下さい。
調理人さんの衛生管理が信用置けるものを食べて気をつけましょうねー。


という訳で病気予防を徹底して楽しいホリデーシーズンを~!
tomoxでした。
また回復しましたら、後ほど。
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報



上の写真、去年は食べられなくてどーしても食べたかった予約者のみにクリスマス限定期間だけ販売してるHENRI CHARPENTIERのクリスマスケーキ。
昔からコクのある生クリームが大好きだったので、今年は前もってお願いして(子供か?笑)父親に予約してあったケーキを取ってきてもらいました。


うちの下の姉(私は3姉妹のいちばん下なのです)は以前学生時代にニューヨークに長年住んでおり、彼女が日本に引き揚げる時に私が入れ替わりにニューヨークに住み始めたお陰で、当初生活に必要なものは全てもらえ、新たに買う物も電話くらいしかなくて大変助かったんですが、それはさて置き。
アメリカ生活が長かったせいでやや舌がアメリカ化&日本人離れしている彼女は、

「このケーキ前に食べた時にぼやけた味してて何だか美味しくなかった」
「バタークリームのケーキが食べたいのに日本では売ってないんだよ」


などと日本人らしからぬ事をのたまったので私は驚き、

「はい~?フレッシュクリームがいちばん美味しいに決まってんじゃん!」

(この味覚オンチめ)とややケーベツの眼差しを姉に向けていました。
しかし、長年愛するこのケーキをひと口食べてみたら!


私にとってもこのケーキ、「味がぼやけて」感じられたのだった!
毎年、何年経ったって、美味しく感じていたケーキだったのに!!!
何たることか!
そしてあろう事か、姉の方は以前美味しく感じられなかったこのケーキの「コク」は今では感じられる、美味しい~などと言っている!!!


.......自分の舌のアメリカ化を確実に感じる出来事でした......。


以前と変わらず美味しいと感じるものもあるんだけどなぁー。
あのすごーく濃厚な生クリームの乳脂肪のコクが感じられず、ただものすごーくぼやけた味のクリームにしか思えなかった......。
これ、結構、かなり、ショックだったです。
自分の舌の感覚に唖然としてたら、姉は

「だろ~?そうなっちゃうんだよ」

と勝ち誇ってました。
彼女曰く、10年アメリカにいて、また日本に帰ってきて10年、ようやく以前の味覚に戻ってきていると言ったところらしい。
きょえええええ。そ、そんなにかかるもんなの!?・゚・(ノД`;)・゚・


などと日本を去る前日にショックを受けつつ。
皆さま、滞在中はお世話になりました。
また家庭の事情で春には戻りますけど、それまでしばしお別れ。
また一緒にご飯など食べたって下さいね~。
で、ニューヨークの皆さま、また年末年始、ご飯など致しましょうねー!


Happy Holidays!
(なんつって、明日は訳あって成田空港で盛大にトランジット時間があるから、そっから書き込みそうだけども~....よろしく(^^;;) )
テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記



どもども、tomox@帰国間近なのにブログ書きです。
今回は京都旅行記(つっても自宅通い・笑)2日目。
まずはこの日のランチから.....


上の写真をご覧下さいませ~!
この卵、簡単そうで素人にはなかなか出来ない。
出汁と混じって絶妙な半熟具合なのにフワッとしてる。完璧。
という写真の親子丼は有名どころの「ひさご」のものです。
(京都市東山区下河原通八坂鳥居前下河原町484 / 075-561-2109)
麺処ってあるのにここの人気メニューはこの親子丼。980円。
勘定書にも特別に、親子丼だけ最初からプリントしてあります。
出汁とからまった柔らかい鶏肉も美味しいけど、肉は量的には少ない。
ハッキリ言って少ない。
でもこのメニューのご馳走はこの、卵.....これ食べたさに頼んじゃうんですねー。
上にはお好みで、山椒をかけてもらえます。


IMG_0622.jpgここ、お昼は満席状態で、例え一時他の席が空いてる時に入っても「相席にして下さい」とお店から言われちゃうし、注文してから来るまでが麺屋さんと思えないくらい長く待たされるけど、それでも「食べたいなー....」とフラフラ立ち寄ってしまう引力のあるメニューです。
私がヨダレ垂らして待ってる間も、店の外に列を作って待つ人達がいました。



で、この後は四条河原町に戻り、文庫本を読みながらバスに揺られて1時間....
都会の喧噪からうってかわった山里に到着。


IMG_0666.jpg
着いた先は京都~大原三千院♪
ちょっと小雨が降ってます...苔の緑が綺麗。

IMG_0679.jpg
参道を散策して回りました。
散った紅葉が絨毯のよう。



ちょうどこの日は、小雨は降ってたものの、そんなに寒くなかったんです。
ラッキー。
日本の秋の紅葉、苔と北山杉.....日本庭園の美しさを堪能しつつ散策。
至福の時を過ごしました。


でもこの後ケツカッチンで西宮北口に6時半、って約束してたんですよね。
3時40分になってたし間に合うかな~どうしよう...と迷いましたが、どうしても行ってみたかった場所へ....ここの庭園をどうしても見たかった。



IMG_0713.jpg
それがここ、宝泉院。客殿の柱を額に見立てた「額縁庭園」。
本当に見事。こちらは樹齢700年の五葉松。

IMG_0714.jpg
五葉松から90度左側の縁側からは、竹林。
その向こうに山頂が雨で青く霞み、絶景。

IMG_0716.jpg
竹林側を斜めから見るとこんな感じ。
縁側の手前にはグルリと緋毛氈が敷かれてます。



IMG_0712.jpg景色に見とれていると、職員さんがお抹茶とお菓子を出して下さいました。
景色が何よりのご馳走でしたが、こちらも有り難くご馳走になりました。
和の心にほっこり.....でもここの客殿、縁側が90度開かれているせいか、この季節は寒い。
冷えてきて長居は出来ませんでした...。




この後は4時20分の大原発のバスで四条河原町に向かい、阪急京都線大阪行きの電車の中から携帯電話を使って、電車の乗り継ぎが西宮北口6時半に間に合うかどうかを確認。
アメリカ住まいなんで、こんな事が出来る日本の携帯に驚いてたら、フツーに時刻表を見るだけのつもりが更に驚いたことには、「あなたの現在地から最も近い駅」と言って、ちょうど停車中だった大宮駅を言い当てられたんですよ。
もうビックリ。
つまりコレ、カーナビみたいに携帯の位置を衛星から確認してるって事ですよね!?
衛星からは実際、人の会話まで読み取れると言うし、気味が悪い気もしました。
オイラの位置までが有益な情報かはともかくとして、絶対衛星ってスパイ行為に使われまくってるんだろうなあー。
そこまで分かるんなら、アメリカはイラクが実は核なんか持ってないって最初っから分かってたに決まってるよなあー。


なんてつらつらとビッグな事まで思いを馳せながら、無事、十三で乗り換えれれば乗り換え時間4分で連絡する神戸行き特急に乗れ、西宮北口には予定より4分前に到着する事が判明しました。
これも時刻表に忠実な日本の電車ならでは。良かった良かった。


テーマ:京都 - ジャンル:旅行




日本にいるのもほんの僅か、明後日に日本を去るtomoxです。(;_;)


今回、グループ展でバタバタしていたり、せっかく友人と出かける予定だったのに発熱したりで延び延びになっていたプチ観光計画...念願の京都にひとりで2日間、行って参りました。
2日とも天気が悪かったんですけど、気候のせいでかえって緑が美しかったかも。
まずは1日目、禅寺で有名な妙心寺へ行って参りました。


IMG_0456.jpg大宮から嵐電嵐山本線に乗って帷子ノ辻駅で嵐電北野線に乗り換え、妙心寺駅へ。
嵐電、カワイイ...「千と千尋の神隠し」で顔なしと一緒に乗ってた電車みたい。
車掌さんはいず、運転手さんだけのワンマンカーでしたけど。



で、妙心寺って、ひとつの小さな街くらい、敷地が広いんですねー!
46もの塔頭が連なり、数多くの重要文化財があるのに、その殆どが非公開.....通年公開されているのは史跡名勝庭園の退蔵院、桂春院、それに大書院ではお泊まりも出来るらしい大心院、石庭で超有名な龍安寺のみ。
あとは僅かに季節の特別公開が大法院と東林院であるのみですが、非公開のお寺でも法話会や坐禅会に参加できるところもあります。
先週の毎日新聞に、妙心寺での坐禅会の写真が出ていたのでタイムリー!と思って見たら、写真の中で坐禅している人、非日本人ばっかりでした。
瞑想と通じるものがあるし、ニューエイジ好きにも受け入れられやすいのかなぁ。


IMG_0472.jpg今回の目的は法堂の天井に描かれた、狩野探幽作の「八方睨みの龍」。
巨大天井画を見上げるにはガイドさんに連れて行ってもらいます。
ガイドさんを待つ時間、ふと見上げた大方丈の屋根にも龍がいました



IMG_0473.jpg
法堂内は撮影禁止なので、ポスターより。ど迫力の天井は、完成まで
構想・制作合わせて8年かかったという代物。とにかくどでかい。
龍の周囲の円は、直径12mもあります。ガイドさんに従っていろんな
位置から見てみましたが、じっと見つめると龍の目が動くような気がします。




龍の天井画の次には、ガイドさんに「明智風呂」に連れて行ってもらいましたが、龍でお腹一杯だったのでここは軽く流しました(お風呂だけに...ウマイ!笑)。
明智風呂っていうだけに明智光秀が入ったのかと思いきや、彼を弔うために建てられたお風呂だそうでなぜにお風呂?と思いますけど、主君を裏切ったという汚名の垢を流す意味なんだそうですよ。
普通のお風呂じゃなくて、板張りの部屋の床下からスチームで蒸す、今で言う「サウナ」です。
お湯を使っての洗い場もあって、お湯が下水に落ちるように床に傾斜がついてました。
横に着替えのための畳の間もあって、昔は湯上がりに体の下に敷いて休む布で脱衣を巻いていたそうで、そういう布を「風呂敷」と呼ぶようになったんですって。
思わぬトリビアでした。



IMG_0478.jpgIMG_0479.jpg
その後は名勝・退蔵院へ。入り口近くには、石庭もあります。
陰の庭(黒石)と陽の庭(白石)。



で、この入り口を抜けて奥の方が、この記事のトップ写真にもあるお庭ですが、もー!
美しいのなんのって!天国かと思った。
雲の切れ間から秋の日差しがキラキラとお庭に当たって露を含んだ苔や庭石が光り、緑は一層濃くなり、紅葉も映えていて本当に眼福でした(まだ紅葉も残ってた)。
ずっと、ずーーーっとここにいたい!と思わせられるほどの吸引力でした。
これが寒くなきゃね(笑)ずっといたけど。
京都はやっぱ、大阪よりちっと寒いね。




IMG_0496.jpg京都と言えばおみやげはコレ!
忘れちゃならない出町ふたばの豆もち。
餅はとろん、豆は塩味が薄く効いてて美味しい。
3年ぶりくらいに食べた。並んだよ。
並ばないと買えなくなっちゃったのね。
高島屋のデパ地下で午前中の分が売り切れてて、本店から運ばれてくる午後2時の回に並びましたとも。


TS381129.jpgちなみに列、こんなん....売り場をぐるっと回ってまだ取り囲んでます。
という訳で、美味しい豆もちを食べたい方、本店じゃなく高島屋で買う方は開店後か午後2時に買わないと、売り切れです~。

テーマ:京都 - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。