FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。





どもども、今週は最高気温が4℃から8℃と少しは寒さもマシなニューヨークです。
まだまだ最低気温は零下になったりするんですけど、ニューヨークも10年選手になってくると体も北国仕様に出来てくるらしい。
昨日は20ブロック近く歩いて夜コリアンタウンに買い物に行ってみましたけど、夜になってから長く外を歩いても全然寒さは平気でした。


ところで今日ご紹介したいのは、ちょっと前に女同士3人で行き後半4人でデザートを食べたユニオンスクエア近くのイタリアン、Buona Seraです。
(94 University Pl.@12th St. / 212-627-9200)

Menu Pagesでのメニューとレビューはこちら



上の写真はこの日のスペシャルのシーフードリゾット。
ボリュームたっぷり。
ここ、ポーション多いんですよねー。
食事は女3人で、このリゾットと下の方の写真のパスタと副菜のブロッコリーで充分苦しいくらいお腹一杯でした。
あ、でも食事前に熱々のローズマリーのフォカッチャが出てきたんだった。
それにトマトベースのペーストがついてて、そのペーストもフォカッチャも美味しくって(写真がない...失礼~;;;)、お腹の空いてた3人はがっつきました。
私は「食事前だし、フォカッチャは1個で我慢しよう」と抑えてるうちに、他の2人は既に3個目に手を伸ばしてるし!

飛ばしすぎだろオイ!



などと言いながら私もついつい2個目を食べた....美味しかったんだもん。
ペーストの作り方まで聞きました。
「企業秘密だ」と言いつつ、しっかり教えてくれましたよ。
何か、サンドライドトマトをまるで干し椎茸みたいに水で戻してから使うのが秘訣らしく、へえ~そんな方法があるんだ~だから旨みがあるのかなあ、と感心。


この教えてくれた方はここのオーナーさんみたいで、本日のスペシャルを説明するウェイターさんを途中で「彼は忙しいから」となぜか押しのけて我々のテーブルに乱入。
で、やたらと親切なオーナーさんに聞いた中でも美味しそうだったスペシャルメニューと、副菜を注文しました。





IMG_0860.jpgこちらもこの日のスペシャルメニュー、イカスミのリングイネ(フェットチーネだったっけ???)にシーフードのクリームソース....確か蟹クリームソースだっけ。
具はデッカいプルプル帆立と海老が入ってました。
最初は美味しく頂いたんだけど、私達のテーブルが窓際なせいかすぐに料理が冷えてしまったのは頂けなかった(この日はかなり寒かった)。


IMG_0861.jpg副菜のブロッコリー、ガーリックとオリーブオイルで炒めたシンプル野菜。
最初、葉っぱだったから見た目、間違ってほうれん草が来たのかと思った。
お料理2品とこの副菜、そして平らげてお代わりまでもらった熱々フォカッチャで3人のお腹が一杯なほどのボリューム。
ここは何人かで行ってシェアした方がいいですね。
ワインメニューも揃っているようですし、ライブミュージックがついているのもポイント♪
この日も若いジャズトリオが演奏していました。



何度も何度も様子を見に来ては愛想を振りまくオーナー氏と時々お喋りをしながらの食事を終えて「おなかいっぱいだから」とコーヒーだけを頼んだ頃、もうひとりの友人が加わって4人に。
彼女がデザートメニューのみの参加でジェラートを頼むと、その後4つのフォークと共に注文していないデザートメニュー到着。


IMG_0865.jpgそれがこちらのティラミス!
オーナー様のサービス。
苦しかったけど4人で食べました。
美味しかったです。
でも普通のティラミスとはちょっと味が違ってた。
マスカラポーネじゃないのかな...チョコレートの味もあまりしなかったし、変わりティラミス?



その後、例のフォカッチャのペーストの事をさんざん誉めちぎった我々に気をよくしたのか、食事をしてない後参加の友人に新たなペースト自慢をしたかったのか、デザートまで終えてる我らに再びのサービスディッシュの追加が!





IMG_0868.jpg

それがこちら。バジルペーストとモッツァレラ、イタリアンブレッド。
このバジルのペーストも大変美味しかった!
お腹はもう勘弁してくれと言いたいくらいイッパイで、オーナー氏がこれを持ってきてくれた後もしばらく誰も手を付けなかったんだけど、離れたバーカウンターから我々の手が伸びないのをじーーーっと見守るオーナー氏の視線があまりに痛くて手を付けてみたらおおお~このペーストも美味い!
後で「ペーストはお店で小売りしないの?」って聞きましたよー。


で、お店を出る時になってオーナー氏がお店の名刺をくれたんですけど、サービスへのお礼を込めてその時に「また絶対来ますね♪」と言ったら「電話してね」と言われたので「予約して」の意味かと思って「はぁ~い♪」と愛想良く言って店を出たら......名刺の裏に彼の携帯電話の番号が書いてありました(爆)。


ははは、何かやたらサービスい~な~と思ったら、やっぱし女性ばかりのテーブルに対してのイタリア男的サービスだった訳ですね(笑)。
後日、別の友人からも同じレストランで同じオーナーから電話番号を手書きした名刺を渡されたと聞いて、確信しました。
私達、別にフツーの平均的日本人女性でいきなり特別のトリートを受けるようなルックスでもないし(あ、こんな事書くともうひとりの方に「アンタと一緒にすんな!」って怒られちゃうかしら)。
この人、毎日誰にでもこんな事やってるに違いない。
ニューヨークで楽しくレストランオーナー生活謳歌中。
どのくらい彼の努力の成果があるかは定かじゃないですけどね。


ま、その後電話はしてませんけど。
でもここに戻る時は確実に女性同士誘い合って、更なるお得体験の為に戻りますよ、ワタクシ(笑)。


という訳で皆さまもここに行かれる時は女同士で!
男を混ぜちゃダメ(笑)!って事で。
こんなブログ見たけどサービスして~なんて言わないでね。
黙ってニッコリ、親父にフラートされといてキッチリ奢られちゃって下さいまし。
「最近女性連れが多いなあ~」と思った方がオーナーだって喜ぶと思いますし。
お互い気分良けりゃメデタイ。って事で、ひとつ!


スポンサーサイト



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報