TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども、お久しぶりのパリ日記です。
バタバタしていてなかなかブログに着手してなかった昨今ですが、まだまだパリの写真が残っております。


で、今日はパリのカワイイカフェのご紹介。
上の写真、あの愛らしい映画のファンの方にはすぐピンと来るであろう門構え....。
そう、映画「アメリ」の舞台となるこのカフェ、映画の中でアメリちゃんがウェイトレスとして勤めていたCafe des 2 Moulins(日本語訳では確か...2台の風車とかそんな名前だったかな...?)。
ここ、実在してるんですね~!
子供の頃の小さな可愛らしい気持ちのあれこれや、初恋の頃の純な気持ちを思い起こさせてくれるピュアなあの物語は本当~に大好きでDVDで何度も何度も見てるんですけど、ここが実在してるのは実は全然知りませんでした。
モンマルトルの入り口駅、Blancheの出口を出るとすぐムーランルージュの風車が見えますが、その横の坂道を上がっていくとわりとすぐにアメリのカフェがあり、地元の人達とアメリファンの観光客で賑わっているようでした。


私はアメリは実は、映画の前に小説から読みました。
何て愛らしい物語かしら!?と小説だけでも大好きだったのですが、映画を観てその出来映えにぶっ飛びました。
原作の世界を更に大きく広げているようなイメージ豊かな映像です。
美術がいい。
色遣いはどのシーンもすごく美しく、ちょっとウォン・カーウァイみたい。
カメラワークも、小道具も、ディテールに至るまで全て凝っていて楽しいです。
俳優さんも皆本当に素晴らしいのですが、これでアメリちゃん=オードリィ・トトゥのファンになった人はたくさんいるでしょう。
この映画の彼女は本当に可愛い。
あの髪型、美人な彼女の頭じゃなきゃただのワカメちゃんですよね(笑)


エピソードのひとつひとつが愛らしく、感性豊かだった頃のピュアな気持ちを思い起こさせてくれてかなり胸キュンです。
アメリのテーマ音楽聴いただけで切なくなって涙目になりそう~。
とってもハッピーな映画だけど、大人になると日常無視されがちな「小さな気持ち」を大切に描いているので、自分の中にある「子供な純真無垢ちゃん」を普段は無視してたかな...もっともっと大事にしなくちゃな....と殊勝な気持ちにさせてくれる物語です。



IMG_2108.jpgこちら店内。
残念ながらタバコのスタンドはもうありません。
これも時流か!?パリでの外食で唯一イヤだった「副流煙」も昨今は禁煙のところが多く、助かります。
ところでカメラで撮ってもこんなにアメリ色の店内なんですよん。かわいい。
カウンターの後ろにはアメリの写真が。

IMG_2109.jpgこちら店内の奥側。
アメリのポスターがあります。
アメリが本日のスペシャルを器用に裏から鏡文字で書き込んでいたガラス板は見当たりませんねー。

IMG_2110.jpgアメリと言えばクレームブリュレー!
と言う訳で、ミーハーにも食べてきましたよ、アメリのようにスプーンでまず表面を割って。
実はもうちょっといろいろ頼むつもりが、スイーツ売り切れててこれしか残ってませんでした。
クレームブリュレは普通に美味しかったけど、ちょっと量は日本人的には多めかなぁ。

IMG_2113.jpgIMG_2112.jpg
で、ここまで来たら「あの」トイレにも行っとかなくっちゃ、って行ってきました、トイレ。
アメリがよく店内から電話をかけていたトイレ横の電話部屋には今は電話はなく、なんかクローゼットみたいになっていたけど、トイレは映画通り。なんか可愛い。
でもご覧の通り便座ありません。
他のビストロでも便座ないトイレあったんですよねえ。
男性用ならいざ知らず、どうやって用を足すんだ!?




...と今日はアメリちゃんのカフェの紹介だけ。
とっても行きやすいので、モンマルトル観光の前後にどうぞ~。



amelie1.jpgDVD・アメリ



amelie2.jpg日本語版書籍・アメリ
100%Orangeさんの挿画がカワイイ!



スポンサーサイト
テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報
もうご存知の方もいるでしょうが......


去年11月のRonnie Scott'sでのライブ映像を収録したJB氏。
5月にオフィシャルDVDを発売すべくただ今編集作業中とのこと!
これが実現すれば(まだまだっ。信用ならん)豪華ゲストとの映像が見られる訳ですね~!

これ書いてから更に情報......DVD発売があるとしても最速でこの秋になるだろうとのこと......ガセだったか!?(;_;)

先日は2004年の第一回Crossroads Guitar Festivalでの1曲のみ出演w/Eric Claptonが4年経ってやっとこさ公開され、YouTubeでもチェックできるようになったばかり。
メデタイ!
ところでエリックとの共演(Doyle Brambhallもソロとってます)を聴いてると、ジェフってやっぱりかなりユニークな、いい意味で予想を裏切るプレイヤーだなあと改めて思いました。
ジェフのプレイがFlashyで嫌いって感想を書いてる人もいましたけど(笑)まあブルース好きで来てる親父にはそう感じられるのかも。
オイラには他の2人のプレイが(失礼!)ちょっと凡庸に思えた。
おおうクラプトンにこんな口を利くとは生意気な。ファンの人ゴメンなさい。

YouTubeでジェフとエリックの共演を見よう!


更に、Blow by Blowのオリジナルデモ音源4曲をカーマイン・アピスが自分のサイトにアップする予定らしいのです(まだアップされてません)。
曲名は"She's A Woman""Jizz Whizz""Satisfied" "Syreeta (CWEAL)"だとか。
実際にBlowに収録された曲もややアレンジが違うようで、"She's~"はもっとロックっぽく、シリータもモータウンぽいフィーリングがあるそうで、どんなん?
"Satisfied"はBBAよりもファンキー、"Jizz Wizz"は最後のギターソロがホットであるとのことです。
しかしそんな未完成なハンパなもん発表して大丈夫なの?
コレは殿のお覚えがめでたくないような気もしますが.....。
でもファンの本音としてはとりあえず聴けるもんなら何だってコッソリ聴きたいっす。

アピス氏のジュークボックスをチェック!


で、だいぶ前にここでもmentionしたのですが、去年撮影していたジェフの画像も含むロバート・ナイト氏のドキュメンタリーフィルム!
今年完成してあちこちの世界的な映画祭にも参加するらしいと聞いて驚いてます。
内容はナイト氏の写真家人生を振り返るドキュメンタリーになるようです。
ジェフの自宅を去年の5~6月辺りに撮影してると聞いたのですが、その時はテレビ番組用かDVDにでもなるのかなーと思ってたんですけど。
何か賞を取ってくれるといいですね~。

ナイトさんの映画プロジェクトはこちら(工事中~)



なーんてね、周辺にはいろいろあるダーリンです。
ところで肝心の新譜はいつよ?え?(`m´#)
新譜なしのツアーもそろそろ限界ですぜ。


*追加ニュース~*

5/21に発売されるJimmy Copley(ex.UPP)のソロアルバムに、殿が3曲参加してるそうです。
ベースでPino PalladinoとBig Town PlayboysのIan Jenningsもジェフと参加してます。
3曲のレコーディングリストにAll Shook Upも入ってた。
おお~どんな感じになったんかな~?
発売元は江戸屋。
発売記念ライブが6月に日本で行われるようですよん(ギター担当はチャー。チャーもアルバムに参加してます)。
6/6(金), 7(土) ビルボードライブ大阪(各日2ステージ)
6/9(月) 名古屋クラブダイアモンドホール
6/11(水), 12(木), 13(金) ビルボードライブ東京(各日2ステージ)


殿、働いてたのねーまたフリーターで......

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽




tomox@「相変わらず日本、きのうはおでん作り」です~。
鹿児島からのお土産に美味しそうな薩摩揚げを2種類もらっちゃったので。
うふふ、美味しかったですうー。
前回の来日時では破けて失敗した手作り餅きんちゃく、今回はコツを掴んで大成功。
餅きんちゃくって好き。でもおでんでいちばん好きな具ははんぺんと大根、こんにゃく、邪道だがソーセージなの。
あ、「たこべえ」(たこ入りのたこ焼き形薩摩揚げ)とかも割と好きー。


などと言う平和な日本の実家での和食な日々は後ほどアップするとして、今回はまだまだ続くヨーロッパ旅行日記、今日からパリ編。
パリでは美術館行くのも楽しみだったんだけど、何と言っても楽しみだったこと....それはパリで美味しいバゲットやいろんなパンを食べること!
だってパリでは私にとってパンそのものが大のごちそう。
他の国のパンとは一線を画すぐらいに高品質、上質で信じられないくらい美味しいんだもん!
ここでは朝、パンとバターかチーズとコーヒーがあれば後の食事は何にも要らない。
夜もパンとワインに美味しいチーズと生ハムがあればいーよ。


パリに来たのは1984年、1991年、2000年に続き4回目なんですけど(7~9年毎に来てますねーもっと来れたら嬉しいなあ)、本当に毎度毎度、パンの美味しさには驚かされます。
ちゃんと店に焼き窯を持ってるベーカリーから買えば、結構どこでもグレード高い。
ていうかね、パリでパン食って外れたことないんですよ私。
売店とかじゃ買わないけど、ちゃんとベーカリーから買ってるってただそれだけでこんなに美味しいんだから、平均的なグレードの高さは推して知るべし。


アメリカから来たから余計に感動するのかなあ。
アメリカにも美味しいパンはあるけどね、平均点ではパリと比べるべくもない。
日本のパンも美味しいけど、それでもパリのが美味しいと思う!
でもどこが違うって答えられないんだよなあ。
きっと小麦粉も、水も、バターも全て違って上質で、しかもパリの魔法の空気が混ざって芸術的なパンになるんだろう...としか言いようがないです。

IMG_1517.jpgIMG_1880.jpgIMG_2247.jpg
IMG_1881.jpgという訳で美味しいパン屋さんを探して東奔西走!
まずは日本でも有名なEric Kayserへ。
日本でも食べられるし....と思ったけどヤラレました。
夜に行って買ったパンオショコラ(チョコレートクロワッサン)をストリートで歩きながらひと口、口いっぱいに頬張った次の瞬間、「む”ーーーー!!!」と感嘆符が思わず出た。
あのサクッとした最初の歯触り、香ばしい焼き加減、生地自体の美味しさ、バターの濃い香り、甘すぎない上品なチョコレート、全て完璧。
バゲットはBaguette Mongeって奴。朝行くとまだ暖かいのをくれたのでその場でかぶりつき!ああバター欲しい!

IMG_1514.jpg夕方6時過ぎても外までこんなに行列が。ここはやっぱり美味しいよ。もっといろんな種類食べたかったけど、くるみのパンは食べ損ねたし、アーモンドのクロワッサンはいつ行っても売り切れだった。
上の、コーヒーと一緒に食べてる写真はレモンカスタードの。これもすごーく美味しかったー!ついでに、Monge通りの店舗のお姉さんが可愛くて親切だったなあ、ポイント高いわ(笑)
日本語サイトはこちら




パリでは最初、仕事のプロモーション活動をしようと準備も整ってないのに欲張りな計画をしていて、着いて3日目の朝まではなかなか計画通りには進まないプロモーションに四苦八苦していてしんどかったので、3日目の午後から観光に切り替えて幸せになりました(笑)。
電話しまくりの突撃訪問、でも会ってももらえなくて売れないセールスマンそのもの。
しかも言語に不自由、と短期間ながら苦労した間はほんっとーに食事だけが楽しみで、パリに来たっていう醍醐味はなんもなかったのだ。
3日目の午後、観光客としてコンコルド広場に立った時の至福感と言ったらなかった~。
「パリに、キターーーーー!!!」と初めて感じました。


そんなだったから余計、朝ご飯はその辺のデリで、とかファーストフード、とかは微塵も考えなかった。
朝のパンが私を幸せにし、アゲアゲにしてくれてたから、ちゃんとベーカリーのパンを食べようと決めてました。



IMG_1892.jpgでこちらは、パリでいちばん美味しいと評判のベーカリー、le Boulanger de Monge。Kayserと同じくMonge通り沿いでちょっと2店舗の間の距離はあるけど、パンの美味しい通りかも?またこのようにお行儀悪く駅でペストリー類をパクッ。この、レーズンのエスカルゴパンが特に美味しかった!こう見えて甘すぎず生地はしっとり外はサックリ。ところでここのバゲットは翌朝まで置いといたら固くなってしまい、トースターの使えない私には食えず、公正な判定は叶わず。ガクシ。
IMG_1893.jpgIMG_1894.jpg




IMG_1539.jpgこちらのベーカリーはペストリー類も美味しく、特にその場で食べるクロックムッシューがボリュームもあって絶品だと聞き、やや遠かったんだけど地下鉄で行きました。
そしたらバケーションで1週間休んでるらしく、お休みのお知らせの貼り紙が(涙)。
が、があああーん。
IMG_1516.jpgだって、パリ初日に激美味しいと聞いてて楽しみにしていたサンマルタン運河近くのカンボジアンレストランも改装中でめげてたところだったのに!
仕方なく閉店中の両店の写真など撮ってみました。
む、空しい。


IMG_1540.jpg休暇中のCartonにショックを受けつつもパンへの期待でいっぱいの胃袋の抗議を受け、慌ててベーカリーを探したら同じVictor Hugoアベニュー沿いにBechuってのがあった。
ビチューsounds likeピカチュー。カワイイでちゅー。
と思ったがブシュと読みます。
2004年のバゲットコンテストでグランプリの店と入り口に貼ってあり、喜んで飛びつきました。
食感軽めのバゲットでサクッと食べられて美味しかった。
でもペストリー類は他の美味しい店舗にやや劣るかな~?
お客さんはたくさんいて、店舗での食事も出来るようだったので、他にも食べてみたいところでした。
IMG_1543.jpgIMG_1546.jpg




と、歩きながらパンばっか食べてる上にお昼はガッツリ食事もしていた私。
行儀悪い上に食い過ぎ。いいじゃん。
でも口の周りにチョコレートつけてるのは頂けないぜ。
女として終わってますな。
それにしても毎日相当な距離を歩いていたせいか、ニューヨークに戻ると1kg減っていたのだった。
おおーう、街歩きを食べながら楽しんで体重が減るとはなんてナイスなダイエット!
理想的です。これならまたチャレンジしたいです。


*番外編*

IMG_2183.jpgIMG_2184.jpg
IMG_2190.jpg
こちらはモンマルトルで、観光客向けクレープ。
別に特にどーっちゅーもんじゃないけど、食べてみた。
Jambon & Fromage、4ユーロの奴。
ハムとチーズ入りです。作るの手早すぎるー。
チーズをもっととろかして欲しかったなあ。


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報




どもども。ヒマなのでJFKからアップ!(笑)
こないだベルギーから帰ってきたのに今度は日本行き。
昨今は世界を股にかけ、更に男を上げております。


今日はブルージュ日記第2弾、街歩き編。
この街は本当に本当に美しいのです。
街中を流れる運河に水鳥たちが泳ぐ中、どこまでも美しい街並みが続き、どんな脇道小道も美しくて、歩いて見て回るのが楽しい。
だってどこを歩いても景観がすんごく可愛いんだもん!
ボキャブラリーに欠ける日本人(=オレ)、

「テーマパークみたいだ!」

「ハウステンボスか!?」


と大喜び、林家ペー並みにシャッター切りまくり。
多分、ブルージュだけで200枚以上は撮ってます。ま、デジカメだからね。


IMG_2361.jpgIMG_2364.jpg
IMG_2358.jpg

フツーにこんな感じがどんどんどこまでも続く。
安野光雅さんの世界だ。
おもちゃとか積み木で作った家々のよう。
普段でコレだから、花の咲く季節とかクリスマスとか、どんなに可愛いだろう。
どこをとっても絵になる。




IMG_2298.jpgIMG_2304.jpg

IMG_1358.jpgIMG_2312.jpg
IMG_1359.jpg

そして、街の至るところに水が流れる....
時折り観光のボートが行き交う他は、至って静か。
鴨やカモメ、白鳥をあちこちで見かけ、情緒たっぷり。
水際にはベンチがあったりするんだけど......



IMG_1330.jpgなぜか皆、ベンチの足がドラゴンになっている。
ドラゴン伝説でもあるんだろーか。
興味深い。
ドラゴンを両腕に持つ身としては(オイラはモンモン持ち)。



IMG_1374.jpgIMG_1410.jpg
IMG_1464.jpgIMG_2311.jpg
可愛い小径たち。
どれもが可愛らしくて迷い込みたくなる。
街中のあちこちに可愛いラビリンスがあるんだもん。
ほんと、ヨーロッパの古い童話に出てくるような感じで小人や妖精が現れそうな気がする。
ってキャラにおよそ合わないこと言ってますが。
オイラ、一応児童書の仕事が専門なんですけどね。ええ。




*ここまでがJFKで仕上げた記事です。
が、突然空港ネットワークのBoingoから勝手にログアウト。
ヘルプデスクに電話してログインに四苦八苦してるうち、搭乗時間に。
時間切れで日本での仕上げとなりました。
くっそう~~~7ドル95セント(24時間ログイン代)返せ~~~
この記事も失くなりかけて焦りました(しっちゅう記事失くすけど)。
残った画面で慌ててAppleWorksに下書き残してなんとか無事。ホッ。*




皆様もBoingoには気をつけてね(気をつけようがないが)。
という訳で、もう帰国して恒例の母のカレーも食べました。
今日は母の誕生日に便乗して、カウンターでお寿司も!(支払い:父)
わあい、ありがとーお父さん。
っていい年した大人が老齢の父に奢らせてていいのか?スマン。


では気を取り直して日本から記事の最後の方をちょっとだけ....



IMG_1420.jpgこちら、聖血教会(H.Bloed-Basiliek)と呼ばれる教会で、十字軍が持ち帰ったキリストの血(聖血)が祭ってある教会です。
と簡単に書いてますが、本物やったらエライもんですよね?聖血はまだ液体のままだそうで、その時代の血が固まらずに残るとはそんなことあり得るんやろかと訝しがりつつ真偽の程は分からんものの。
実はここに到着した時刻が既に遅く、もうクローズだと言う教会の職員さんに「遠くから来たのでそこを何とか♪」とウルウル目で頼んで入れてもらいました(笑)。
でも聖血は仕舞われてて見られなかった(涙)。時間がなくて焦ってて、写真の露出もめっちゃ間違っとる。突然露出開放して撮ったらしく、暗い部屋がメチャクチャ明るくブレブレに撮れてます....残念。下右の暗い写真は、聖血が仕舞われているらしき部分。
IMG_1415.jpgIMG_1413.jpg




こうやってベルギー旅行を思い返すと、食に走って肝心な観光は時間切れでアウト、ばっかですねオイラ。


教訓:教会や美術館など閉館時刻が早いものの観光はお早めに。
お散歩を楽しむのも良しだが、どうしても行きたい訪問地があればよ~くプランを練って考えるべきだったかも。今回オイラ行き当たりバッタリだったしな(毎回か?)。
と今更言っても遅いんですけどね。
まあなんせ、ブルージュは肉屋が目的だし(笑)。
2回目のブルージュなんか、ほとんど肉屋で気が済んでて観光らしきことしてませんもん。


以上、無事に帰国中の日本からお届け致しましたっ。
もしまた機会があったら、今度はもうちょっと真面目に観光します......
ということで、また次回~。




テーマ:ベルギー - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。