TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもども....
今週はライブ週間なのでペルー日記をお休みしてライブレポばかり仕上げているtomoxです。
上の写真、すっごいメンツでしょ?
写ってないけど後ろで鮫島秀樹さんがボンゴ叩いてるんですよ。
しかし私の行くライブハウスには待ち合わせなくても必ず竜之介君も来てるなぁ。
オレは竜之介の追っかけか?



ゆうべは大阪・南堀江のKnaveへ。
この日はKnaveと同じビル内の同じ地下、仲良く並びにあるヴィンテージギター専門店Guitar Tribeの開店5周年記念ということで、ここのギターショップに顔を出すギタリスト達で「Guitar Trouble」というお祝いのライブイベントをしたんですね。
長らく日本をお留守にしていた私にはKnaveは初めてのハコ、出演バンド陣も今まで見たい見たいと思ってたけど実は全員初めて見たという、私は完璧「一見さん」のお客さん。
なのに結局5周年記念パーティの3次会まで居座り、何年かぶりで始発で朝帰りという事態に!(笑)
今朝6時過ぎに家に辿り着き、5時間ほど爆睡しましたが、一緒に行ったゆかりちゃん、今日の日中は仕事で京都まで行って夜は神戸で更にライブ(爆)って言ってたけど、死んでへんやろか。


全然常連さんでもギタリストでもないのに、快くお誘い頂き、快くお仲間に迎え入れてくださった皆様、本当にありがとうございました。m(_ _)m



さてさて、夜遊び話は置いといて、ライブ報告。
この日「バンドやってる男子が好きそうなこんなギタリストづくしイベント、客席は男だらけに違いないし皆ゆっくりやって来るであろう」と開場時間ギリギリに行ってみたら、何と地下の階段からずーっと外まで行列が出来てて、それが殆ど女子ばかりだったんですよ。
会場内に入ってよくよく顔を見たら、女子と言っても加齢した女子が殆どだったんですけど(爆)それにしても意外な客層、と思ってたら、ライブのトップバッターのSlippersってバンドに元・男闘呼組の成田昭次さんがいた訳ですね。
という訳で女子の成分は20年くらい前のジャニーズファンでした。
彼女達が客席の前の方を固め、曲のノリにも振り付けがあったりするという、私には体験したことのない異様な雰囲気の場内でライブは始まりました。



P1010911.jpgこちらがそのSlippers(ゲスト竜之介君)。
左が成田さん、右がGuitar Tribe店主の井上貴雄さん...2人はバンド仲間でもあるらしい(成田さんはソロ活動多し)。
タイトな演奏で割と良かった。
Helter SkelterとMama Kinもやった。
成田さんの歌う英語の歌詞がハナモゲラ語なのが若干気になったが(歌いにくい歌詞の曲を選んでるし)、成田さんの声ってジョー・ペリーっぽい。同じエアロでもBright Light Frightやったらハマりそう。ただ喋りがアカンな。竜之介君の方がMC上手だ(笑)



P1010938.jpg2番手は松浦善博さんがリユニオンしたオリジナルSons!!パワーブルース炸裂。
個人的にいちばん楽しみだったバンド。
松浦さんのメタルフロントでカッコイイZemaitisのカスタムメイドギター、1000万円するそうですよ(ひゃ~)。
ロジャーさん、怪我した足で杖ついて寛平歩きで、体を張って客の笑いを取ってたけど、怪我してると思えない爆音で叩いてました。
またまた1曲ゲストは竜之介君。


P1010929.jpgこの日はずっとずっと撮らせて欲しいと思ってた人を、作品撮りじゃなくてコンデジだけど初めて撮れました。
Ichiroさん。
彼は日本人初のGibson USA Endorse Artist。
昔、アメリカのギブソンギターのポスターになっている日本人の美少年を見た時から、日本にIchiroというすごいブルースギタリストがいるって噂は耳に入ってきててずっとずっと気になる存在だったのにライブを1度も見たことがなかった。
ギターも弾く姿もカッコイイ、完全にギターヒーロー系の男の子だなあ...と惚れ惚れ見てたけど、後で年齢知って驚いた。
41なんだって。見た目は20代なんだけど!
持ってるギターはGuitar TribeオリジナルブランドSlip!!のIchiroモデルストラト。
シルバーのフィニッシュが綺麗。



P1010966.jpg石田長生さんのライブの前に乾杯タイム。
出てきた途端、客に「石やん、顔、赤いで!」と突っ込まれていた。
待ち時間の間に既に出来上がっていたらしい(笑)
この日のバンド名は、「清水興と土砂崩れ」とか何とか、そんないい加減なネーミングだった(笑)。
ドラムはSonsに引き続きロジャーさん。
怪我人がいちばん働いていた。


P1010968.jpg祖父と孫のようなセッション。
曲、「No Woman No Cry」やったかな?


P1010990.jpgソロを取る石やん。
エモーショナルな演奏は圧巻で、今までのギタリスト達を差し置いて、完璧に格上である事を客席に知らしめるプレイだった。
別格の存在感!
演奏が終わった途端、ジャニーズファンからも「すごい....」の声が漏れていたけど、石やんは「まあまあやな」と軽く言ってました。
いや~カッコイイ~。
阪神タイガースの、麦わらコンビのキャップもチャーミング♪


P1020004.jpg石やん&Ichiroギターバトル中。


P1020026.jpg今度はIchiro&成田。
もーこの辺の曲は全て忘れました(爆)



P1020051.jpg最後に出演者全員登場で大セッション大会。
これはIchiro&竜之介バトル中。
Ichiroさんは竜之介君を盛り立て、受け、と終始穏やかなやり取りで、聴き終えた石やんは「Ichiro、オトナな態度やったな」と感想を述べていた(笑)


P1020068.jpg最後にアンコールで5周年のGuitar Tribe店主、タカオさんが1曲弾き語り。
周囲もおめでとうムードの中、チャーミングなお礼パフォーマンスでした。




普通ならここで「楽しかったー」と帰るところなんだけど、ライブハウスオーナーが「打ち上げに来て下さーい!」と客に打ち上げ会場の地図を渡すという異例の事態発生。
で、打ち上げ大好きな私とゆかりちんは遊んでこっか?とアッサリ参加決定(笑)。
その上、SonsのCDを買ったら、サインもらいに行きましょうか、とスタッフ自身にいきなり楽屋に連れてかれた。
一見さんなのに~。
大阪のライブハウスって、いつもこんなにオープンなん?





P1020076.jpgという訳で楽屋にて、石やんと竜之介君。
鮫ちゃん、ロジャーさん、IchiroさんにもCDにサインもらって写真も撮らせてもらった。
鮫ちゃんはファンの面倒見がいいタイプで人懐こく、話も面白くて話しやすいけど、顔が小さすぎるので2ショットでは遠近法が必要。横に並びたくない。
Ichiroさんはシャイなのかストイックなのか、あまり社交はしてなくて近寄り難かった。
そういう人も好きです(笑)。
自分も人見知りタイプだからねー。


P1020089.jpgライブハウス自体がファンに公表してたんだから、ここでも書きます。打ち上げ場所はライブハウスからほど近いneonというイタリアンレストラン&バー。ハラペコだったのでオイルサーディンとアンチョビのスパゲティを頼んだらコレ、めちゃくちゃ美味しいの!!!ひとくち食べて慌てて撮影。
ゆかりちゃんの食べてた帆立のスパゲティゆず風味もすごく美味しかった。
これはリピートしたい!シェフのフランコ林さんは若くて小顔ハンサムで気配り上手の接待上手だしサイコー。


P1020090.jpgそして3次会、JNSの打ち上げライブもやったBeggar's Banquetへ。
2次会に来てたここのマスターに、1度閉めた店を開けてもらって3次会会場に決定(笑)。
マスターは3次会途中で座ったまま寝てました。
ここに、私の個展のDMハガキを置いてもらいました。
スティングとムッシュの間に私(笑)
宣伝してくれてありがとー!

あ、このブログで宣伝いっこもしてねえ(爆)
あとで記事作ろ。



P1020094.jpgちなみに打ち上げでもギターパフォーマンスが相次ぎましたが、なぜかパフォーマーは脱ぐルールになってたらしくこんな感じに.....(笑)
まばらな3次会客が盛り上がってました。
ちなみに脱いでらっしゃるのは、Sonsのスタッフの方とknaveのオーナーさんです。
皆さま、とっても楽しかったです。
不思議な夜(笑)をありがとう~




と非常~に長い夜だったので、長い日記になりました。
また次回!ペルー日記もぽちぽち書きまーす。



スポンサーサイト
テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽



どもども.....
昨日は名古屋からなんばに向かう近鉄特急の中、携帯から日記をアップしてました。
そのせいで写真も携帯写真で質は悪いし横向きになってるし、字数制限が厳しいので中身もはしょりすぎで失礼しました(え?その方が短くて読みやすい???)。


ゆうべもBand of ShigeoRolloverのジミの追悼公演に、神戸のWynterlandに行ってきました。
神戸のライブハウスと言えばチキンジョージしか知らなくて、ここは初めて。
狭くて殺風景な、見た目味も素っ気もないハコですが、案外と酒の種類もあるし、結構なミュージシャンが来るので通いたくなります。
今日は三宅伸治 with 仲井戸麗一!あの狭い空間にチャボが出る(きゃあ)!
でも私は明日、Sonsと石やんの出るどちらを向いてもバリバリかっこいいギタリストだらけ、ってライブに行く予定なので今日はマジメに暮らそうかと.....そうでなければ毎日ライブに通ってしまうやん(泣)。
まあここんとこ、ほぼ毎日通ってんねんけどもさー。
このWynterland、10月初めには木村充揮さんが3Daysやるの~!
それも初日ゲスト、金子マリ&有山じゅんじだよ。うわっ見たい。
もーじきシーナ&ロケッツも出るようで...は~、心が浮ついて困ります。



と、ライブの話ばかりしてますが、昨日の名古屋日記の補足。


P1010853.jpg今池祭りで買い食いした超ジャンク「たません」です。
こうやって鉄板に卵を落として焼く上にえびせんを乗っけまして...


P1010854.jpgひっくり返してソースとマヨをかけ、2つ折りにしてサンドイッチ状態で召し上がれ~。
結構お腹膨れる、コレ。


P1010855.jpgお腹膨れたけど御幸亭には行って、しっかりここのハヤシライス食べました。
相変わらず、美味しかったけどもさ。
本当はかど屋で塩手羽食いたかった。



以上、名古屋での食い物日記でした。


そんでもって昨日のライブ。
曲目、Little Miss Strangeが出たくらいかな、あまり前回と変えてこなかった。
どうせならLittle Miss Loverの方が聴きたいなあ...(大好き。つい踊り出す)
Third Stone from the SunとかWind Cries MaryとかMachine Gunとか、聴きたい曲いろいろあるのでもうちょみっとセットリストを変えてくれると嬉しいのだがー。
Red Houseでのギターは昨日もごおっつい素晴らしく、感涙でした。


ほんま、ステージ上のシゲオ氏のテンションはただごとじゃないです。
話によるとセットリスト決めてても、いきなりステージ上で違うもん弾き出すらしいね。
よって曲順は突然何かが割り込んだかと思うと何かが削られてゆく。
何が起こっても即座についてゆけるバンドの皆さんは本当、素晴らしい。
昨日は弾けば弾くほど絶好調で、心地よく翻弄されまくりました。



ところで私はライブで1度、コンデジを試してみたかったのです。
このLumix、ISO1600まで出るしライブで果たして使えるかなーと。
結果は、まあまあ使えなくもない。
がやっぱ、一眼レフ欲しいなー(涙)。

    結果
    ↓

P1010867_.jpgP1010869.jpg
P1010896.jpgP1010898.jpg

悪くはないよね?
デジだといろんな画質が試せて楽しいのだ。


P1010906-.jpgアンコールで出てきたシゲオ・ミニミーの山岸竜之介くん!
シゲオさんになりきるべく、帽子とカツラまでかぶってきた(笑)
ギターは大人サイズのストラト、しかもジミに倣ってちゃんとレフティを弾いてました。
もう9歳になったそうです。
関西でライブ行くと、この子とよく会うんだよなあ。
昨日はJohnny B Good(ジミの追悼ではあるけど、まあジャムなので)とPurple Hazeもやった。
ところが命日現象か!?(ジミの追悼ライブでは突然機材が壊れたり、必ず異変が起こるのだ)竜之介くんのアンプが飛び、全く音が出なくなった。
曲は進行中なので、いろいろ試した挙げ句に突然ギターを捨ててマイクスタンドからマイクを取り、ハンドマイクで歌い出した竜之介君に驚いたわ。
いい舞台度胸してる。
昨日はギターもいい音出してたよ。




P1010908.jpg
結局、バックから新たなマーシャル投入で事なきを得た竜之介くんでした。
しかし前日はメインギターのネック崩壊、この日は高価なアンプ崩壊。
23日の追悼最終日は一体どうなることやら。ではまた次回~。


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽
shigeoatell.jpg

brokenguitar.jpg



昨日名古屋に来ました。
「今池祭り」でカフェブース出店中の友人を訪ね、お祭りをウロウロ、ヤマハのコンディションのいい中古アコギを購入(笑)。
ギターオーナーを泣き落としてケース付き18000円にしてもらった。
「たません買ってくる~」と出かけてギターケース抱えて戻ってきた私に友人ビックリ(笑)。


その後大須で別の友人と合流、かど屋で焼き鳥、と思ったら、開店直後に外まで行列が出来るほどの客入りで断念!かど屋人気侮るべからず!
仕方なく御幸亭にてハヤシライスの夕食。


その後本日のメインイベント、ジミヘン追悼ライブ by Shigeo Roll Over。
中野重夫さんは私のアイドル。
ギターもパフォーマンスも超強力、彼自身もセクシー、ジミの音楽はこの世で最もセクシー
Red Houseのイントロでムラムラ来ました(爆)。


深夜ロックフレンズとロックバーへ。
Sonsのライブ映像見た。カッコいー!
今度見に行く予定!




どもども、もう日本に帰ってきてから3日経ちました。
一応ご挨拶兼ねがね、寿司写真自慢。
そりゃ~日本を満喫しようとカウンターで食いましたとも。
地元・尼崎市の「寿司将軍」にて、阪神大震災も酔い潰れてて気付かず眠り続けたという、あり得ない豪傑さんの大将が握ってくれる、これまたあり得ないてんこ盛りネタ&少なめシャリの寿司です。


どや!いーやろー日本!
ビバ日本!ブラボー日本!


今回はかなり長めの滞在になります。
ニホンノミナサン、ヨロシクネー。
ニューヨークのアパートは又貸し、家賃は他人が大きくカバーしてくれてホッ。


てな訳で本日は挨拶だけ。
では寿司写真をお楽しみ下さい。
また次回!



P1010842.jpg平目の縁側~。
ちなみにアメリカ人が平目をさばくと、縁側部分よく捨てちゃうんだよな。
そこで声を荒げ目を血走らせて怒るのは日本人の証拠だ。
ほんま旨いっすね縁側。サイコー。


P1010843.jpg蒸し穴子。
ここの蒸し穴子、顎を全く使わずに食べられます。
エアインチョコレート並みにホワホワです。
感涙もんで、もうひとつ注文しようかと真剣に考えたが他のネタでお腹一杯になり食べられず.....。


P1010846.jpgメニューになく、この日来日記念にサービスで出してくれた生寿司。
これがこの日最も感動したもの。
この辺がいちばん美味しい部位なんだって。
塩締めされた脂が乗ってよく肥えた身....天然の甘味が濃厚で激ウマ。
お腹一杯だったけどあまりの美味しさにもうひとつ食べた(爆)。
大将はサバの美味しい部分を握り、身の30%ほどに当たる味の落ちる部分は客に出さないと言ってた。職人魂、カクイー。さすがだわん。


P1010848.jpg
という訳でまた次回~。トロトロねぎとろ~ん。





テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。