TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お久しぶりでございます。
さてさて、今日はのんびり更新のペルー旅行記です。


ご飯も美味しくて周辺に遺跡がたくさんあって街自体も世界遺産という魅力的なクスコを名残を惜しんで旅立ち、8日目は朝から車でバス乗り場に行って、バスでチチカカ湖の街・プーノを半日かけて目指しました。
途中何度か観光予定はあるものの、殆どの時間をずっとバスの中で過ごすなんて今日は退屈だろうなあ......バスで寝るか......と思いきや、





P1010195_1.jpg
窓ガラス越しに見える景色が絵のような絶景続き!カメラを手に、全く眠れず。
車窓に映るアンデスの山々や高原.....見て~この鏡のような澄み切った湖!





P1010220.jpg途中撮影禁止の教会を覗き、その後インカ帝国以前に作られたというペルーの遺跡中でも特に古いラクチ遺跡に到着。
ここの建物はインカの石組み+土壁という作りで、遺跡はオリジナルの姿に戻すべく、現在も復元中だった。
背景の巨大な土壁、細い木組みで裏から支えられていて近付くのがやや怖い気がしたが、中身はインカの石組みなので大丈夫なんだろう、多分。


P1010235.jpgラクチ遺跡の入り口前にはお土産物屋さんが多数。
土を使った焼き物が多く、私は鳥の形をした水笛を買いました。
買わせてもらったついでに、カッコイイ店主のおばあちゃんをパチリ。
ええお顔してはる~。


P1010239.jpgその後、リャマの赤ちゃんとクイ(食用モルモット)を見に行った。
小さなリャマはまだ授乳を受けてるようで、この通り哺乳瓶を飲みきった後もお腹が空いてたのか口をチュパチュパしてて可愛かった。
クイはさすがネズミの親戚だけあって、暗いところで飼われている上にすばしっこくチョロチョロしてて撮影不可能だった。
クイの飼育部屋の隣りは台所だったので、おそらくはそこで調理されていたものと思われます。


P1010252.jpgそんなこんなな後、シクアー二という街でテント張りのレストランに移動してランチバッフェになりました。
近辺でレストランがなさそうなので、他のツアー客も皆移動中はここで食べるんじゃないかなあ。味はまあ仕方なく食べられる程度には美味しい(爆)。生演奏付き。
ドリンクは別料金なので気をつけて。
P1010253.jpgP1010254.jpg

P1010272.jpgその後のアンデス越えで最も高い地点、4,335mに着いてそこでもバスを降りて記念写真タイム。
頂上に雪を戴いた高山もここからは見えた。


P1010291.jpgその後小さなインカ博物館に立ち寄り。
小さすぎて幼稚園みたいに可愛い。
館内の部屋が小さいので、ガイドさんが説明してる部屋には入らず、人のいない部屋に入って垣間見てたので何があったのかはよく分かりません、ゴメンなさい。
館内は撮影禁止なので、遺跡出土品と思われる「彫刻の庭」にて撮影。





そうこうするうちプカラという街にバスは着き、そこからは出迎えの人の案内で送迎車に乗りこんでチチカカ湖の街・プーノに移動。
プーノの街が見えてきた頃には既に薄暗く、暮れかけてました。
ホテルはプーノの中心街からは外れたチチカカ湖畔のホテル、クスコと同じホテル系列のリベルタドール
ホテルの規模は小さく、部屋はクスコとは比較にならないほど小さく、バスルームもビジネスホテル並みに狭くて正直ガックシ来ましたが、部屋の窓から見える景色はドドーンと眼前にチチカカ湖で絶景!



P1010424.jpg




朝日の昇るチチカカ湖を毎朝楽しむことが出来ました。
この景色の為だけに泊まる価値はあるかも。
ただここのホテル、中心街から外れてるので、夜など外食したい人には車を呼んで街まで出かけるか、ホテルのひとつしかないレストランで食事し続けるかしかないのが難点。
普段ヒッキーの私も、チチカカ湖以外周囲に何もない建物で同じレストランでの食事を続けるのは3日目にもなるとさすがに苦痛になってきました。
暗い中タクシーをいちいち使うのが怖くて街歩きを楽しみたい人には、街中のホテルの方がいーかもです。
ただし、標高はクスコより更に上がって水面標高で3,812mと富士山より高いので、着いたばかりで飛ばしすぎると翌日高山病で大変な目に遭いますから、体力の使いすぎと飲酒にはお気をつけ下さいませ。


翌日は楽しいチチカカ湖の島巡り!
チチカカ湖って巨大でして、広さは琵琶湖の13倍近くあってまるきし海みたい。
島を巡るにも何時間もかかります。
船のトイレ事情はイマイチですが、淡水湖で育ったニジマスがどえりゃ~旨い!
というところです。
それはまた次の日記で。


というところで、また次回~。

スポンサーサイト
テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報



ども。やっぱりどーもヒマがないんで、短い日記アップ。
ヒマがないの、よく夜遊びしてるからでもあるんですけどねー。


上の写真のギター、先日も申しましたように今池祭りで友人に「たません買ってくるわ!」と言い残してひとり出かけて、ギターケースごと買ってかついで持って帰ってきた私のギターです。
関西人としては友人には「えっらい大きいたませんやなぁ~」ってボケて欲しかったんですけど、それはしてもらえませんでした(涙)。


ただ今ピアノで言えばバイエルレベルを練習中のコレ、ニューヨークに持って帰りたいのでギター弾きさんに先日相談しました。


tomox 「先日ギター買ったんですよ、ホラ」(と写メを見せる)
関西人ギタリスト「おおっYAMAHAのxxxxxやないか(聞き取れなかったのでいまだ型番のよくワカラン私)、ケース付き18000円?いい買いもんしたなぁ」
tomox「はい、30年もんのヴィンテージです~」
関西人ギタリスト「30年もんやったら木が乾いてええ音鳴るやろ。オレも持ってんねん、今のYAMAHAのとちゃーてマーチンみたいな音するねんなぁ~」
tomox「コレをニューヨークに持って帰りたいんですけどね」
関西人ギタリスト「飛行機なんかに乗せたらアカンで!乾燥でネックが反ってまう!」
tomox「あ、そない言いますね~みんなどうしてるんかなあ」
関西人ギタリスト「あんな、僕のところに置いて行きなさい」
tomox「イヤです」
関西人ギタリスト「2月にベックに渡してアメリカに運んでって頼んであげるから」
tomox「イヤです」


というベターな関西ノリ会話の後、飛行機移動中はギターケースの中の小さい蓋の中に水を吸いきった「水取り象さん」を置くように指示されました。
水取り象さんは、キッチンなどの水回りに置いとくとすぐにいっぱい湿気を吸うそう。


tomox「水取り象さんですか」
関西人ギタリスト「アレがいちばんええねん」
tomox「へえ~。あ、象さんいえば兄さん、ガネーシャに似てますね」
関西人ギタリスト「誰やガネーシャて」
tomox「あ、夢をかなえる象ってドラマの古田新太さんです」
関西人ギタリスト「誰やフルタアラタて」


という訳で水取り象さんと共に、マイギター渡米決定!
ビートルズ弾き語り目標、目指せジョニ・ミッチェルの夢は叶うのか!?
乞うご期待!(いや、我ながら期待しづらい)


それにしても関西人で古田新太知らんて、あきませんよ兄さん!

テーマ:♪音楽♪ - ジャンル:趣味・実用



最近、あんましじっくりペルー旅行の話を書く時間がない(つうか、大体日記が長すぎ!)ので、今日は旅行での写真を中心にアップ。
それも番外編つうことで、ペルーで撮ったペルー人の子供たちの写真です。


どこの国でも子供はやっぱりかわいい。
瞳がキラキラしてて、とびきりいい笑顔してます。
素人フォトグラファー、子供たちのいい顔を見るとついついシャッターを押し続けたペルーの旅でした。






P1010055.jpg
観光客の写真用に民族衣装で子ヤギ抱えた女の子達@クスコ







P1010010.jpg
お土産物屋さんの子供らしき男の子@アグエスカリエンテス







P1010276.jpg
クスコからチチカカ湖に向かうアンデス山中にて...







P1010277.jpg
同じくアンデス山中、標高4335m!!! 激薄酸素の中、勤務中の女の子







P1010236.jpg
あとから付け足し(この写真入れるの忘れてた)
アンデス山中、バス内から撮りました。バスのエンジン音に耳を塞ぐ子供







P1010352.jpg
チチカカ湖上の島、タキーレ島にて







P1010376.jpg
同じくタキーレ島にて、もらった飴を仲良く分け合う姉弟







P1010388.jpg
こちらもタキーレ島。道行く人皆に「Hola!」と声をかける人懐こい天使







P1010405.jpg
こちらもタキーレ島の子供たち


P1010406.jpg
その2,どアップ。



ガイドさんの話によると、タキーレ島の子供は10代のうちに決められた結婚を殆どの方がするそうで、二十歳を過ぎて独身だと完全に「婚期を逸した人」になるそうです。
この子たちもあと10年から15年で結婚するんですかね~それも小さい島だからお互い小さい頃から知ってる同士とかになるのよねえ多分。


という訳で次回はクスコからバスで山を越えてチチカカ湖の街・プーノに向かう旅行記行ってみたいと思います!



テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報

ダーリン&クラプトン共演映像



YouTubeに去年のロンドン・Ronny Scott'sでのダーリンの映像が曲目多数、先日からアップされてまして、私もこの映像を初めて見ております。


ライブDVDにすべく録画してあったこのコンサートデイズ、先日イギリス国内で一部ライブ映像がテレビ放映されたんですよ。
それでYouTubeにも上がってきた訳です。
しかしこのコンサート、オフィシャルライブDVDとして発売される予定だったのが、どうやらポシャッたような?
とりあえずCDとして音源だけは発売されるのですが......
ひょっとしてまた、本人のドタキャンダメ出しなのか???
しかしなんでだろ。いい出来だよねー?


ところでこの場をお借りしまして皆さま、母へのお見舞いメールたくさんありがとうございました。痛み入ります。
それと誕生日メールもたくさん!ありがとうございました。
またひとつ年を取ってしまいました。
子供のまんまツルツルと年を取った自分がこんな年寄りだなんて、何か笑える昨今。
お笑い好きなロックババア目指して、精進しまーす。



テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。