TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





どもども、今年もいよいよ押し詰まって参りましたねー。
「風邪大丈夫?」っていろんな人からご心配頂きましたけど、だいぶ良くなって咳も鼻も飛躍的に出なくなり、今年中にすっかり元気になったtomoxです。 ( ̄ー ̄)v


今日(30日)はお仕事の書類を送って仕事納め!各種支払いも年内に済ませて支払い納め!
キッチンのお掃除して、バスルームも掃除しようと思いつつそれは明日にとっといて(とっとくのか....)、おうちでギターの練習(まだFが押さえられなくてボソボソ鳴ってるど素人)しながら、お借りしたアンソロジー見てました。
買おう買おうと思ってて、当ブログのサイドバーの「お気に入り」にも入れてたのに、まだ見てなかった、ははは(^^;;)


アンソロジー、古い映像たくさん、来日時エピソードたくさん。
来日公演(司会がE.H.エリックさん)、テレビの再放送を高校生くらいの時に見て演奏が下手で驚いたんだけど(笑)、今見るとそうひどくもないかなぁ。
ちょっと曲のテンポが遅くない?武道館は掛け時計とか、現在と同じルックス。
いや、歴史的ドキュメンタリーとしても興味深いです。面白い。
4人とも大人しくお揃いでスクールボーイみたいな格好と髪をした優等生ぽい男の子達が、どうして当時は不良とか「髪が長い」と思われたんだろうねぇ......
まだエプスタインに厚く庇護されていた幸せな時代の部分しか見てないので、これから後がちょっとコワイ。


ところで今までジョン・レノンのこと「ビートルズで唯一ブサイク」なんて言ってて、ファンの方に「ジョンはハンサムだ!」って叱られた事もあるんだけど、これで見てるとなかなか可愛いじゃないですか。
「If I Fell」でリンゴに歌って聞かせるような子供みたいな顔も、「We Can Work It Out」でポールに見えないところでカメラにお茶目な顔してみせるのも、「Rain」のビデオなんか特に、若い時は結構カワイイじゃん。
元々言葉のセンスがウィッティでお茶目で可愛いので、いかにも甘えん坊に見えるしこれなら年上女性とかに可愛がられたかもねと遅ればせながら思いました。




お話変わって、今年もいよいよ最終日ならペルー日記もやっとやっと最終回!


ペルー11日目はリマで日本食の夕食を取り、のりこさん宅で1泊して翌日のランチはレストランへ。
行列の出来る人気のある定食屋さんで、ランチセットを食べました。



P1010545.jpg左が私が前菜で食べたパパ・ア・ラ・ワンカイーナ。
茹でたじゃが芋にチーズクリームみたいなのをかけてあるんだけど、クリームソースに唐辛子が入っててちょっと辛い;;;
最初読んだ本に、中身はマッシュポテトって書いてあったんだけど、この輪切りの方が主流らしい。
熱い料理かと思いきや冷たかった!
ちょっと期待はずれ、ごめんなさい。
P1010546.jpgP1010547.jpg
メインはチキン。
スペイン語でポジョと呼ばれるチキン、なぜかペルーのチキンはお肉が美味しい。
のりこさんはビーフカツ。
ビーフのものは「ビステク何とか」ってネーミングになってる。
(日本語的にはビフテキ?)

P1010544.jpgP1010548.jpg
飲み物は、ペルーにいる間に大好きになった紫トウモロコシをパイナップルやレモンと煮込んだジュースのチチャモラーダ(外で飲むのは甘く味付けてある)もらいました。
チチャモラーダはポリフェノールがたくさん含まれていて、成人病予防にも肥満防止にもなって、美容にも健康にもいいペルーの国民的飲み物。
デザートはレーチェ・アサーダ(まさか日系ペルー人の浅田さんのレシピじゃないか?と思わせるネーミング)と呼ばれるプリン。
日本の、お皿に置くと流れてしまうような喉ごしの良いなめらかプリンとは食感から全然違って、しっかり固くて濃いのが特徴。
のりこさんのはヘラド(ジェラート)。色がハデだなー。




おなかもくちくなった後は、ミラフローレンス地区のインディアンマーケットへ。
お店がたくさん、たくさん入ってて、見て回るだけで楽しい(写真はないのだが)!
値切るのも腕の試しどころ、ペルー人と真剣勝負。
思わず混乱して超安い値段を口走る店員さんにつけこむアコギなアジア人。
(アコギ弾いてるだけあって~)
おみやげの民芸品は大抵ここで買えるので、私のようにリマが最終日で時間があれば、ここで最後にお土産買って旅行の間は身軽に済ませてもいっかもね。


あ、でも私の場合、クスコの市場でアンデスの塩田の塩1kgの袋を5袋も買った大バカ野郎なんですけどね。
5kgも買っても、日本円で350円ほどなんですけど.....
前にも書いたけど、日本の通販で同じ塩をペルー価格の100倍の価格で小っこく小分けして売ってるみたいですから、日本価格と比較したら35000円ー350円=34650円も得しました!


......だからって5kg担ぐのもどーかと思うけどな。
まあ貴重な塩なので、良しとします。
家族・親戚・友人達に力尽きるまで配り歩いた(ウソ)けど、この塩でおにぎり握ると美味しいと評判です。


お話戻って、この日はお土産を買ってパッキング、最後は再び日本人運転手さんに空港に送ってもらい、ニューヨークまでの帰途に着きました。
その後の機上は雷で死にそうな思いをしたり、UFOを見て大コーフンしたりの人生史上最大にドラマてんこ盛りな空路だった事は先の日記に書きましたが、それを含めてもこの旅、ものすごく楽しかったし経験値がたくさん増えた(ドラクエ?)。
それにいっぱい、美味しいものがあったのも嬉しかった。
ペルー良いとこ1度はおいで。
ただし身の安全とお金と荷物の確保はしっかりと!
というところでペルー日記終わります。
チャオチャオ~。


あ、それと良いお年を~~~。m(_ _)m



*オマケ*

ペルー旅行・私のお役立ちグッズ


・ポケットティッシュ
(トイレに紙がないところも多いのでマスト!たくさん持って行こう)

・カッパ
(マチュピチュなど、山道用に)

・キャンディ
(高山病予防用、現地でも買える。コカキャンディがオススメ)

・日焼け止め
(すごい焼けるので必須)

・ヘアクリームなど保湿系ヘアケア製品
(ペルーの水で洗うと髪がゴワゴワするので)

・山歩き用の靴
(マチュピチュはコレを履いてる人が多く、ただのスニーカーだった私は反省)

・帽子
(日焼け止めと同じく)

・1ソル2ソルの小銭をたくさん
(民族衣装の人や、子供の写真を撮らせてもらった時に)

・ペットボトルホルダー
(現地で3ソルで買ったが、その後ペットボトルを持ち歩くのに役立った)


私はペルーの冬である8月に行って、さまざまな高度の土地を訪れたので、お洋服は半袖シャツから防寒用にセーターやパーカー、コートも持って行った。
結果、夏物・冬物どっちも必要でした。
これから行かれる方、ちょっとお洋服で荷物はかさばるけどダウンなど軽いものにして、頑張って行ってらっしゃ~い!!!
スポンサーサイト
テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報





ども、クリスマスっすね。
皆さま楽しくお過ごしでしょうか。


オイラ、風邪っぴきでイブイブもイブも寝ついたままヒッキーでした(アレ?これ去年か一昨年くらいもやったような気が.....体がクリスマスを拒否してるんだろうか.....)。
以前は風邪引いてると「ひとり暮らしって淋しい」と思ったヘナチョコでしたが、今年は「風邪の時にゆっくりひとりでいられるって良いなあ」と思ってる。
だって実家にいると常時話し声がマックスデカい人とかいて、また大人同士が大人げない小競り合いをしょっちゅうやってて、またそれを聞いた犬が吠え出したりして、常にうるさくて眠れないんだもの。
なまじ家族がいると、よく眠ってるからという認識で放置された場合でも「食事の時くらい、呼んでくれりゃいーのに、冷たい.....」とか思いがちだし。
静かで自己責任完結のひとりってラク~。自由で気楽で自分次第。
芯からひとり暮らしが身に付いてしまってる。いーんだか悪いんだかな。


本日は明日からそろそろおデート予定や年末お出かけ予定が入ってるので、今朝からひとっ風呂浴びてスッキリして、街に出かけてみました。
闘病中(大げさ)何も食ってなくてそろそろ腹減ってたし。
そしたら.......。


オイラ、クリスマスのニューヨークをうろついた事、多分殆どなかったのか、忘れてたけどほーんとクリスマスって、どこのお店も閉まってますね!
いや、スーパーマーケットって開いてるのかなーって思ってたですよ。
そしたら、Trader Joe'sもWhole Foodsも閉まってるじゃないのさ。
がああーーーーん。パンや果物や野菜が買いたかったのにっ。
ヨロヨロとそうだヌードルが食べたい....と手近なRepublicに立ちよったものの、もちろん開いてる訳はない。(閉まってたのになんで親切にもリンクを貼ってるんだ、オレ)
マクドナルドやダンキンドーナツやスタバは開いてるけど、それはちょっとー。


仕方なく覚悟を決めて、病み上がりの体には堪えるが、更に歩いてイーストヴィレッジに出向くことに。
日本のお店ならきっと開いてるに違いないと思い。
チャイナタウンやコリアンタウンも開いてるかもだが、そこまで行く体力気力はない。


アテにしていためんくい亭も閉まってて(涙)、仕方なく手近に開いていた某うどん店へ.....先日まで美味しい讃岐うどんが毎日でも食べられる環境にいた自分としては、加ト吉の冷凍うどん茹でてるうどん屋などには本来行きたくないが、これ以上歩き回りたくないしこの際仕方ない。


その後、Jマートは開いてることを発見、鍋の材料を買って帰りました。
明日はお鍋よ、うふふふ。
最近、IH調理器を友人にプレゼントされ、卓上鍋が出来るようになったんだもん。
今まではキッチンでぐつぐつ煮えてるのを食卓から何度も往復して取りに行くという不便極まりないことをやってたのが(って言うほど広いアパートじゃないが)これでやっと鍋満喫生活に突入。


あっでもきのこ類買うのコロッと忘れてたー!痛恨。
でもエノキ食べたーーーい!!!
でもまた買いに行くの面倒臭ーーーい!!!!!






...........明日買いに行ってきます。
ではまた次回。
皆さま、風邪にはお気をつけて~。




*オマケ~風邪引きのための乾燥対策~*
P1020749.jpgP1020752.jpg
P1020751.jpg
暖房で自宅がすごく乾燥してる。
パイプヒーターの接してる部分の天井の塗装がはがれてボロボロ落ちてくるほど。
風邪引きの喉にはすこぶる良くない。
で、加湿対策テコ入れ中....

・加湿器(水入れ過ぎで本体浮いてます)
・ラジエーター上に水
・濡れタオル

これでもなんか、乾いてるなぁ。
水道代払わなくていい(大家さん持ち)のを良いことに、水道からお湯を細く出しっぱなしにしたり、バスタブを熱湯風呂にしたりして、なんとかしのいでおります。



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報






皆さま、無事にニューヨークに帰ってきました。
日本とニューヨークという、南米からは遠い土地を行き来しているのにいまだに書いてるペルー日記(笑)。
夏休み過ぎたのに宿題してるのとちょっと似てる。


オイラただ今、飛行機内の乾燥のせいでちょっと喉ヤラれちまって風邪気味。
喉と胸が苦しく、咳がひどい。
で、帰国早々寝付いております。
加えて時差呆けで今朝早くから目が覚め、でも外は寒そうだし風邪っぴきの身で出かけたい訳もなく、おうちで早朝からブログ書いてます、くすん。
今日は10日目のプーノと、翌日プーノからリノに戻る11日目の日記を少々。





P1010425.jpgちなみにプーノのホテルでの朝ご飯.....同じリベルタドール系列ホテルでも、部屋も食事もクスコよりかなりレベルが落ちるプーノ、窓から見える絶景チチカカ湖がいちばんのご馳走か。
まーホテルなのでね~どこも朝食はこの通り、アメリカンな感じ。
(とは言えクスコのパンは美味しかった!)
この日は自分でサンドイッチ作って食べた。





これ書きつつ、サンドイッチ食べたいと思って気付いた。
そーいや一オイラ今、冷蔵庫に食料がない.....(汗)
一昨日帰ってきた時は、風邪を押して同じブロックにあるCVSに水とビタミンウォーターのマルチV(味がポカリスエットにソックリ)と、クリスマスだしぃ~とエッグノッグと牛乳(エッグノッグが甘いので割るためのもの)買いに行ったんだった。
エッグノッグはクリスマス頃にポピュラーな飲み物でよく見かける、ミルクセーキというか溶かした甘いバニラアイスのような飲み物。
シナモンのつぶつぶが入ってる。お好みでお酒を加えてどーぞ。
これが激甘いのでミルクで割って、卵酒代わりに温めて何杯も飲んでます。


と、自らの冷蔵庫の窮状を訴えても何なので、ペルー日記に戻る。
この日は初めてプーノのダウンタウンに足を延ばして、ウロウロ~。






Puno1.jpgまずは小さな博物館へ。
ここは中庭。
スペインぽく建物に中庭があるのね~
建物は小さくても展示物の点数は割とあって、ゆっくり見て回れる。
どこかを掃除したばかりらしく、きっつい洗剤の匂いが館内に漂ってたのは頂けなかったが。


Puno2.jpgインカ文明の展示品、フィギュアが面白い。
キモ可愛いと言うか、顔が笑える。
笑いをかみ殺しつつ鑑賞。
スペインの統治下になって以降のものは、キリスト教の影響が濃くなってきてそれまでの素朴なものとはだいぶ違う感じ。
そーいや日本からの移民と思われる日本名作家の絵も何点か展示されてた。


puno3.jpgくくく。
こんな器にまで顔。





P1010437.jpgP1010443.jpg
P1010440.jpgまったり見て回った後は、近くのお土産屋さんとそこに棟続きのカフェへ。
ここのカフェ、ステキだった!
博物館の並びにあり、オススメ。
外のテーブルでカフェラテとコカ茶のカフェタイム。





P1010450.jpgその後、ランチを探し求めてプラプラ.....
広場の植木がそれぞれ、変わった形をしてるのに気付く。
ペルビアンのエドワード・ザ・シザーハンズがこの街にはいるらしい。





P1010464.jpgP1010461.jpg
P1010463.jpgP1010466.jpg
P1010467.jpgそしてよく分からなくなってきた頃に「もーここでいいや」と辿り着いたランチのレストラン。
ここも中庭でのテーブル。
料理の色取りはご覧の通り綺麗だが、味はイマイチだった。ちょっと失敗。
マチュピチュで同行ののりこさんが食べていたアルパカが柔らかくて美味しかったので、ここで試してみたらこれが全然固かった(涙)。
味や歯応えは場所にもよるのね、やっぱり。





プラプラ土産物を見繕ってタクシーでまたホテルへ戻る。
その後、のりこさんはひとりで散歩に出かけ、睡魔に襲われた私はひとりホテルでゴローン。
窓の外に光るものを見つけて撮影。



P1010472.jpg向こうの岸辺辺りにキラーン。
光は強まったり弱まったりを繰り返し、何かの信号なのかなぁと思ったが分からずじまいのまま、消えた。
でも真相は、案外子供の鏡遊びだったりするかも知れん。





P1010482.jpgなんて思ってたら翌早朝の夜明け前、天然の光が光りまくった。
不思議と低空だけが荒れ気味の空、湖面や山の側面を浮かび上がらせるほどの稲光。
これまた雷を撮りたくて待ちかまえたが、一瞬のことなのでなかなかシャッターチャンスがつかめないまま夜が明けた。





さて、朝になると一転していいお天気。
チェックアウト後、プーノを発つ予定。
その前にチチカカ湖畔をちょみっとお散歩してみた。




P1010485.jpgホテルの階段を下りていったら途中でホテルが飼ってるリャマ達に会う。
こうやって雑草をはみ、芝生を整えてくれているありがたい従業員なのだ。
あなたのお庭にもリャマを1頭、いかが!?
除草剤を使わずエコフレンドリー。
ただし黒豆ウンコをいっぱいします。




P1010493.jpg階段を下りて、チチカカ湖へと向かう。
のんびり、静かな散歩道。
聞いたことのない虫やカエル、鳥の声だけが聞こえてる。




P1010489.jpgP1010490.jpg
P1010496.jpgP1010497.jpg
チチカカ湖には水鳥たくさん.....
仲良くくっつき合う子達もいて、可愛い。
下の右側の鴨のくちばし、鮮やかな水色でビックリ。
こんなコ見たことないなぁ。




さてさて、まったり散歩を終えてホテルに戻って、ガイドさんに迎えに来てもらって空港へ向かいがてら、途中でシュスタニ遺跡に立ち寄る。
シュスタニ遺跡ってプレインカのものと聞いたけど....




P1010505.jpg車を下りてからしばらく山道。
丘の上にいくつもそそり立つ巨大な植木鉢みたいなもの、人骨も見つかってどうやら墳墓らしいと言われているようだが真相は如何に。



P1010507.jpgで、この円筒状に組んである石組みがまた、完璧。
例のカミソリ1枚通さない作り。
凄すぎない!?円筒状よ?

このようにトカゲくんマークがついてました。
何の印だろう。魔除けだろうか。




P1010518.jpg
遂に近くまで登ってくると。
下から見て「大きな植木鉢」と思ってたら、大きいどころか巨大だった!
人の大きさとと比べてご覧下さい。
悠に3階建てくらいある。
こんな巨石をきちんと石組みして積んだって、どうやって???
何トンもあるに違いなく、人力では絶対に無理そうに見えるけど...
雷に打たれて崩れたとかで、周囲には巨大石がゴロゴロ。




P1010523.jpg
こんな円筒がいくつも立っている丘の背後は絶壁。
その向こうには湖と島が見える。
あちら側の島には、野生のピクーニャ(アルパカの一種・その毛製品は最高級品)が住んでいるそうで、観光客は行けないようなところに住むピクーニャ達は大切に保護されているのだろう。
それにしてもこの湖の美しさと言ったら。
静かな湖面は深い色をたたえつつ、鏡のように島々を映し出している。
見つめているだけで心が洗われるような景色だよ。




P1010526_1_1.jpgところで、大きな鳥が上空を飛んでいたので「あれはコンドル!?」と聞いたらガイドさんに笑われました。ただの鷲みたい。
コンドルはもっともっと大きくて、人間もさらわれそうなデカさらしい。
コワイな~。でも見たいな~。





この後、ガイドさんに送られて、空港へ......
リマに飛び、翌日リマでゆっくりしてから夜にニューヨークへ。
と旅程も押し迫って参りました。




P1010535.jpgところで空港で見かけたこの看板、よくよく見るとマーク・アンソニー。ちょみっと若すぎないかい。
彼の広告看板、リマでも2箇所で違う写真で見かけた。南米では昔から大アイドルの大スターだもん。
日本的認知度は「JLoの貧相な旦那」だが。





この日はリマで、久々の日本食を頂いた。
リマの友人宅の近くにある、ペルーでの有名日本人シェフのお店。
それがねー、美味しかったぁぁぁ!
寿司シェフカウンターもあれば丼ものもあるっていうざっくばらんな場所で、確か私、親子丼かな、普通のおそば屋さんメニューみたいなのを頂いたんだけど。
それが実に美味しかったの。だし汁と卵のとろーんフンワリと混ざった具合がサイコー。
食事の美味しいペルーにいても、やっぱり日本食は美味しいなあとしみじみ思いました。
こういう普通のご飯、日本人だからタマには食べたいよね。


風邪引いててヒマだとついつい長い日記書いちゃった。
ニューヨークは今雨降ってます。
相変わらず天気悪ーい......でも、朝ご飯食べたいし。
鼻垂らしながらちょっと頑張って出かけてきまーす。
また次回!


テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報


なんだか、日本日記を殆ど書かないまま、ニューヨーク行きの飛行機を待ってます。
天気悪い。雨降ってる。
でもニューヨークでは雪積もってるらしいじゃん......
オイラ、日本にコート持ってくるの忘れたんだよね(だって帰ってきた時まだ夏っぽかったもん)。
それでも日本は暖かくって、ちょっとしたジャケットで全然しのげました。


一応、ニューヨークに着いてからの帰り道を憂えて、冬のジャケット買ったんだけどさぁ....まあ、自宅まではタクシーに乗るつもりだけど(大荷物!)、それにしてもすっげー寒いのかなあ、と今から戦々恐々としています。


ところで皆さま、日本ではどうも、お世話になりました。
長いなーって思ってたけど、過ぎてみると楽しい滞在でした。
個展をキッカケに中学高校の時の同級生にたくさん会えたのをはじめ、昔からの友人知人にたくさん会えたし、東京でお仕事関係で長らくお会いしてなかった方々ともたくさん再会したし、ドタバタしたり大変なこともあったけど、いっぱい遊んでもらえた♪
いろんな方面でのプチ同窓会、何度か通ったロックバーでなぜか日本の漫画ヨタ話(マスター、「ガラスの仮面」に詳しすぎ!)、何度もやった朝までオールナイトハードロックカラオケ、ライブハウスや呑み会で夜遊び.......皆、家庭がある方にまで付き合い良く遊んでもらった!ありがとう!
オイラは何と友達に恵まれてるのだろう。
最後には姪っ子ちゃんのバレエ公演も見れたし、M-1も見れたし(笑)、なんばグランド花月で生きよし師匠や坂田師匠も拝めたしで、大満足の日本行きでした。


皆さん、また遊んで下さい。
来年もよろしく、


日本に住みたいなぁ。
(時々訪れる帰国したい病)


テーマ:今日の日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。