FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。






ダーリン、Hall of Fameでソロ名義での殿堂入り、おめでとー♪
今年初っぱなからめでてえなぁ。
授賞式は4月4日、テレビの前でお祝いしときます。
その後すぐUSツアーになるようなので、そちらを楽しみに待ってます。
新しいマネージメントもパバロッティ、シルクドソレイユからザ・フーまで手がける大手に決定、一旦閉じたオフィシャルサイトも前のアドレス通りで復活してます。
こちらのマネージメントオフィスのメイリングリストにも入れるので、ファンの方はウェブサイトからメールでニュースを送ってもらえますよ。
Harvey Goldsmithのサイトはこちら


と書いておいてすぐに、お話変わって。
日本の美味しいお店の紹介、どんどんいこう(溜まってるのだ)。
今日は伊丹の、噂の美味しいおそば屋さん、蕎麦ふか川
(兵庫県伊丹市緑ヶ丘2-142 / 072-780-3587)


ここを教わったのは、行きつけの寿司屋さん尼崎の「寿司将軍」で。
大将と、カウンターに座ったご夫婦の旦那さんの会話で、

客「伊丹のふか川は美味しいね」

大将「ああー、あそこの蕎麦はそらもう美味しいですわ」


というのを聞き逃さなかったワタクシ、全く見も知らぬ会話の主に素早くツッコミを入れ、こちらのお店の電話番号をゲット。


そんで行ってきましたが、この店.......。
前評判を聞いてわざわざ来る客とリピーター以外は絶対来ないよ。
通りかかった人が立ち寄りそうもない、お店に見えない門構え。
ただの人家にしか見えないし、外から見たら看板も見えない。
それに車でしか来にくい立地条件。
場所は緑が丘。車道からは近い。
でも周辺は自衛隊の総監部、緑が丘公園と伊丹高校があるだけの住宅地。
しかも火曜水曜定休と週に2日も休み、営業時間もウィークデーは昼の11時半から2時までだけ、土日祝日のみ夜も開いてるけどそれも6時から8時までと極端に短い上に、その日の蕎麦が品切れになり次第営業終了というやや高飛車な営業方針。
5名以上の団体と小学生以下は入店不可と敷居が高い。
天麩羅せいろで2100円もして、ハッキリ言って敷居も元よりお値段も高い!


そんな高飛車条件の隠れ家的そば屋さんなのに、遠くからでも来るリピーター大勢と見えて6台入る駐車場は常に満員、常に予約でいっぱい、それもこれも.......ここ、お蕎麦にひと手間もふた手間もかけて、その日の分だけを最高に美味しくなるように仕上げてあるから.......本当に美味しいからなんすよー。
ここに食べに行けば、最高なものを最高な環境で味わってもらうためにだけ、心を砕いている店であるのは充分伝わってきます。
こだわりの「大人のためのお蕎麦屋さん」。
だからもちろん、店内は全面禁煙。
高飛車な営業方針とは反比例して従業員さんはとても感じが良く親切丁寧です。




P1020696.jpgこちらが、お店が面した道から見たふか川。
まるっきし、普通のおうちの裏木戸。


P1020695.jpg本当の入り口は裏木戸の横、黒塀に隠れた裏側にある。
お待たせ用ベンチもあります。
来日中2回行ったけど、入り口にも駐車場にも空き待ちの方がいて、驚いた。
ここは予約した方がいいっす。


P1020689.jpg店内は普通の民家を改造したっぽい。
玄関で靴を脱いで上がります。
席からは手入れされたお庭が見えてます。
ここはテーブル席のお部屋。
4人掛けテーブルが4つ。
この奥に座敷席、カウンターもあります。
店内は小さくジャズが流れてて、普通のそば屋と全然雰囲気が違う~。


P1020690.jpg天麩羅せいろの天麩羅。
ここ、天麩羅もかなりグレード高し!
ごくごく軽い天麩羅でサクサクいっちゃうので、アメリカン胃袋にはもっと量多くてもいいくらい。
塩は五島列島産の天然塩だそう。
海老は頭から尻尾まで殻部分はお煎餅状態なので、お塩と食べるのが美味しい。


P1020692.jpgこちらは鴨せいろのおつゆ。
味が濃ゆい。マトモにつけるとちょいと濃過ぎる。
濃い味にしてあるけど、これがいいお味。出汁が利いたしつこくない味。
蕎麦自体に力があるので、つゆはほんのちょっと浸すだけでいい。
鴨は朝びきで、せせりの肉団子も入ってます。


P1210175ff.jpgこちらの玄蕎麦荒挽き(十割そば)は、殻がついたまま粗挽きしてあるもの。喉越しじゃなく、咀嚼して食感と香ばしさを楽しむ感じ。トップ写真の二八蕎麦は喉ごし良く腰の強い食感もあります。
石臼で粉をひいてあるらしい。その日の分だけ製粉するそうで、そばの実の香りもフレッシュな麺が美味しい!車で通ってリピートするのも分かる。
濃い味だけどそばつゆも美味しく、そば湯も大ぶりのピッチャーで頂けて何杯も飲んだ。




日本酒や酒の肴も充実してるので、お酒飲みさんにもいいけど、その場合運転できないのでJRか阪急の伊丹駅から緑が丘行きのバスでどうぞ~。
バス道に面してます。
車で来る人、五号橋線と171号線の交差点を東へ、すぐEssoのスタンドがあるのでそこを左折、2つ目の信号を越えてすぐの右側。
黒い塀をバックにした駐車スペースが目印です。
お昼は、開店直後の11時半に行くのがベスト。
オススメです!!!



スポンサーサイト



テーマ:関西の美味しいお店 - ジャンル:グルメ