FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。





ども。ここんとこテレビをつければU2ばかり出てるニューヨークです。
なんか、昔の私のアパートの近くのストリートが「U2 Way」になったらしいよ。
ニュースでやってました。
ブルームバーグ市長とU2のメンバー全員が出席して、道路標識の公開に立ち会いしてた。
住所で言うと、53rdのBroadwayから10th AvenueまでがU2 Wayだそうです。
ちょうどRoselandのバックステージドア側はU2 Wayですね。
それがまた1週間限定ネーミングなんだって、またハンパな(笑)
アイルランドとニューヨークに何の関係があるんだよ、と不思議に思いましたが、もうすぐセント・パトリック・デーだし、多分アイルランド系にお祝いってことで。
って未だになんでかよく分かんないんすけどね。
ちょうどニューアルバム発表したところでプロモーションの一環らしいんだけど、随分ハデなプロモーションだよね。
いくら大物バンドだと言ったところで、たかが一ロックバンドの宣伝にニューヨーク市をあげて協力していいものなのか???


で、そのU2、ここのところ毎日Late Showに出てます。
U2Wayのある間の1週間はずっと出るんだって。ライブ演奏付き。大サービス。
気の毒に、軽くコントみたいな事もやらされてましたが。
台本棒読みなボノが痛々しくてとても見てられず、指の間から見ました。
ああいうキャラでも大物バンドでも、逆らえずこんな事させられるんだなあ。
恐るべしデイビッド・レターマン。


で、今朝のGood Morning AmericaもU2のライブ中継。
タダでU2が見れるとあって、会場のフォーダム大学の広場には朝も早くからごっつい人詰めかけてます。コンサートスタート、朝の8時だよ。
フォーダムの学生のみに限定したチケットだったみたいです。
一般にオープンにしちゃうと、セントラルパークでDave Matthews BandやBon Joviが無料コンサート開いた時みたいにエライ事になるからね。




さてさて、今日はレストランウィーク後半、ダメダメ写真付き編。
まずはここ、アッパーイーストの高級ホテルThe Carlyleの中にあるThe Carlyle Restaurantです。
ディナーで行きました。
トップ写真で見るような、ハイソなお雰囲気でございます。
普段は私のようなビンボー人が門をくぐるところじゃないので、この機会にアッパーイーストのハイソなお方々が行くようなレストランを覗いてやろうじゃねーかと興味津々。
いらしてたお客様、白人ばっか。もっとハッキリ言えばWASPばっか。
ロッカーメンタリティのオレには居心地悪い人種ですね。(^^;;)
ここ、レストランの手前の入り口付近がバーになってまして、Sex and the Cityの映画にもロケで使われてました。
(35 East 76th St. bet 5th Ave. & Madison Ave. / 212-570-7192)



P1020869.jpgP1020870.jpg
P1020871.jpgP1020872.jpg
P1020873.jpg上は友人の前菜バタースクウォッシュのスープと私の前菜のパテ。パテは味が濃いが旨い。2人ともメインはPan Seared Sea Scallops and Langoustines、通常メニューにもあります。帆立デカ!プリプリフレッシュで美味しいけどこの量は多すぎ。お腹一杯。下に敷いてあるのはキャビア、じゃなくて残念ながらブラックレンティルです。デザートは友人はチョコレートケーキ、私はクレームブリュレー。デカ!食べきれない。



写真、ほんまにダメッダメでごめんなさい。
食事はレストランウィーク独特のケチりメニューじゃなく、ちゃんと美味しくて量も多すぎるくらいだし、ウェイターさんも恭しくかしづいてくれてユダヤのお嬢様気分になれますが、入り口のメートレDがちょっと慇懃無礼だったな。
これはMercer Kitchenでもそんな感じしたんだけど、別にすごく失礼だったワケじゃなくて、ただアメリカ人にしちゃフレンドリーさゼロですね、って感じ。
フレンドリーさでチップを稼いで生きている皆さんに普段親しみすぎてるせいか、ああいう態度はエラそーに見えちゃう。



さてさて、悪口はこのくらいにして次行こう。
もう何年も前にランチで1度行ったきりだったLever House
今回はディナーで。
(390 Park Ave. - Entrance on 53rd St. / 212-326-8901)


P1020904.jpgP1020902.jpg
店内くっらーーーーい。オバケ屋敷状態の写真で失礼。
何となくスイミングプールを思わせるシェイプのレストランなんですね。
早く着きすぎたのでバーでシャンパンベースのカクテル飲んでました。
カクテルは一律16ドル。



P1020906.jpgP1020907.jpg
P1020908.jpgP1020909.jpg
P1020910.jpgくれぇー。闇鍋か?
上は私の、またパテとラビオリ。パテ好きなんですかね。ラビオリは正直、イマイチでした。
真ん中は友人のメニューなんで記憶にないんだけど(爆)リゾットと魚の方はSkateだったかなあ。
デザートはソルベだったのかアイスクリームだったのかの記憶もなし。
有名シェフレストランだが、レストランウィークメニュー、ワタシ的にはイマイチ。




ずーっと前だけど行った時は、割と美味しかったように思ったんだけどね。
ここ、ディナー3品コースで今も$35プリフィックスやってますよ。



P1020899.jpgP1020898.jpg
P1020911.jpgP1020912.jpg
P1020913.jpgレストランの外、Park Avenue側にはヘタクソなハリボテ巨大サンリオキャラ達が。
ま、一部サンリオじゃないのもいますけど。
Tom Sachsっていうアーティスト作品らしいですが、何で作ったのかサッパリ分かりません。
サンリオって権利関係に物凄くうるさい会社なんで、ちゃんと許可取ってるみたいな感じですね。



ところでミッフィーちゃんの作者で有名なブルーナって元々有名なオランダのグラフィックデザイナーなんですよ。
彼の手がけた広告ポスターとかエディトリアルのものも、色彩感覚がまさにミッフィーちゃんそのもの!
原色を活かした美しいデザインが多いです。
私は実は結構ファンだったりします。



ではでは、また次回!
スポンサーサイト



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報