FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。




どもども。
キングサウナにハマりすぎて、また週末に行ってきていたtomoxです。
最近はお肌も凝りも調子良い。
今回は練習、シロップ、カットフルーツ(缶詰だったが....)にアンコてんこ盛りのかき氷もサウナの合間に食べてきた。
かき氷オイチー!
でもサイズが2人分くらいあるので、2人でひとつで充分かも。
コリアンかき氷、デカいサイズのが多いのはなぜなんだろう?
4人がかりくらいでないと完食無理なサイズでよく提供されるんだけど....







ところで昨今、お客さんが多かったせいか、ミュージアム訪問率が増えました。



P1030980.jpgP1030979.jpg
P1030982.jpgP1030978.jpg

↑上の写真は、自然史博物館のショップにて。
針金で出来た恐竜たち。
激可愛くない?(一緒にいた妹妹ちゃんには分かってもらえなかったが)
きいーかわえーーと思ったけど、持って帰ったらそのうち邪魔になるだろう事は予想が付くので、写真に撮りました。



ニューヨーク観光にはお馴染みなミュージアム、ニューヨークには良いミュージアムがたくさんあるんだけど、その中でも観光客の最大の行き先と言えばメトロポリタン美術館かなー。


見どころ満載過ぎて、短時間で見るのは勿体ない。
中には何カ所ものカフェやレストランもあるし、ここは是非ともランチは館内で食べて、週末の開館時間が長い日に訪れて、夕食までの時間をゆっくりと過ごして欲しいものです。


とは言え、アート鑑賞って案外疲れるんですよね。
ですが心配ご無用!
メトロポリタン美術館、通称メトの中には癒しポイントも満載なのです。
彫刻などの退色が懸念されない展示品のお部屋は、ふんだんに窓や天窓があって、たっぷりと自然光が入ったりして、またそういう部屋に限って座れる場所があるので、そこここで休憩しながら空間自体を楽しめるようになっております。


という訳で、先日訪問したメトロポリタン美術館から、癒し空間ポイントをご紹介。








P1040071.jpg
まずはここっすよね。皆さま必ず訪れるところ。
1階エジプト展示コーナー、エジプト美術の後にどーんと広がるTemple of Dendur。
ふんだんな自然光と共にセントラルパークの緑が広がる窓辺。
部屋の中に池まであって、癒し率高い場所です。
ここは椅子はないけど池の縁に座れるし、展示物の周囲に段差があるので、段差の縁に腰掛けることも出来ます。




P1040093.jpg
1階のモダンアートのお部屋(階段があって2階にも続いてます)。
絵のある部屋なのに、自然光がふんだんに入っている。
退色しないのかしらん???
天井が高く展示物もデカくて、ボンヤリしにくるのに向いた非日常的空間。
ここは2フロアあって、ソファも何カ所かあります。




P1040118.jpg
2階の中国美術エリアにある、Astor Court。
中国の建物とお庭があって、椅子らしきものはないんだけどあちこちに腰掛けられる。
この隣の日本美術エリアにもリビングルームみたいな休憩コーナーがあるんだけど、私はこっちの方が自然光がたっぷり入ってて好き。
ここはいつも疲れたらボンヤリしに来る、安らぎ空間。




P1040083.jpg1階のRobert Lehman Collection。
回廊式に印象派の絵が並べられ、地下になっている中央には高い天井から自然光が入って、小さな噴水の周囲にはベンチがあります。
展示物もやすらぎ系で癒し効果高し。





P1040116.jpg彫刻エリアは高い天井に天窓多数、ベンチ多数で絶好の癒し空間。
左はギリシャ彫刻エリアのGreek Sculpture Court。
ここより更に自然光の多いのが、左下のヨーロッパ彫刻と装飾美術エリアのEuropean Sculpture Court。
部屋も展示物も白一色、ベンチ多数で落ち着きます。
続きには大きな窓から緑がたっぷり見えて素敵なカフェ&ワインバーもあってやすらぎエリア。
で、右下のお部屋はギリシャ&ローマ美術エリアの中にあります。
中央の噴水を囲んでベンチがあります。
P1040088.jpgP1040107.jpg


P1040111.jpg
で、ここの噴水にはなぜかコインを入れる人が後を絶たない....
こんなことやるの、日本人だけかと思ってたら、アメ人もやんのね。
これはお父さんが連れてきてた赤ちゃんがコインを入れてたの。
この景色が癒されるわ~。


P1040114.jpg
この部屋、こんな笑える彫刻もあります。
いや殆ど跡形残ってないやん。
こんな形でも展示するほどの価値がある美術品なのかもだが、これは笑いましたで。





その他、この日は行かなかったんだけど、こんなところも。





Roof-Garden-Martini-Bar.jpgこちらはウェブサイトから、ルーフガーデン。
(小っこい写真しかない~)
1階からエレベーターで行けます。







まあそんなこんなで、若くないもんで休み休み美術鑑賞する訳ですね。


日本だと美術館に行くのも混み混みだったりして、ガッツぶっ込み系体力気力系の美術鑑賞になりがちなのが残念なところです。
外国だとそこまで混み混みのことって、よっぽど人気のある企画展の展示場以外はそうそうありません。
写真の日は天気の良い週末でしたけど、常設展は空いてました。
こんな大きな美術館で、適当に空いているのに、日本で美術館にいる時のように前のめり型の美術館計画を立てるのは勿体ないっすよ~~~。
時間にゆとりを持ってゆったりと移動しながら、美術品はもちろん、美術館という空間そのものを楽しんで欲しいなあと思います。




P1040130.jpg美術館を後にして我々が向かったのはPayard
ウェブサイト見て知ったけど、渋谷と池袋の西武百貨店と、横浜のそごうでここのスイーツ売ってるんだね、驚きー!
アッパーイーストにはNeue GalleryのCafe SabarskyLady Mなどの寄りたいカフェやスイーツのお店がところどころにあるんだけど、ここもそのひとつ。
どこのカフェも美術館通りのアップタウンの5th Avenueからは徒歩圏内にあるので、美術鑑賞後に感想を語り合いながらの休憩にピッタリ。
この日はシュークリーム食べました。
ドデカいっすね。
でもクリームの甘さは控えめでペロリ。






という充実、極上の午後でした。
ウィークデーにバタバタしてても、週末は優雅に過ごして癒されたいなあ~。
ここのところ、コリアンサウナ→コリアンカフェとコリアンご飯、というコースにハマりすぎなワタクシですが、いろいろお試ししてみたいと思います。
夏本番ももうすぐ、ニューヨークは夏になると無料コンサートや無料映画が多数行われるので、お金のかからない娯楽がイッパイだしねー。



という訳で、また次回~~~~。





*オマケ*
P1040159.jpgここのところ、通りかかる度に私をビビらせていた広告。
マリリン・マンソンのニューアルバムなの?
うちの近所にずっと貼ってあった。
やっと見かけなくなってホッとしてる。
夜道にコレは怖いって。
子供が泣くがな。


テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
P1030905.jpg




小雨が降ったり止んだりで、なかなかカラリと夏っぽくならないニューヨーク。
お久しぶりのtomoxでございます。


最近、平日の朝だけお勉強を始めたせいで、毎日の時間割が混み合いがち。
(何のお勉強かはまだヒミツ~)
でも早起き生活は三文の得な上、日も長くなったし1日が長くていい感じ。
夏に向けてもっとアクティブになりたいヒッキー、ダイエットも今ひとつ頑張りたいところ。
前回の帰国では多くの人に「デブった」指摘をされたんで、今度日本に帰るまでにはリベンジ痩せしてたい~!(←意地)



さて、ひと月前になるんだけど、珍しくオフブロードウェイのショウに行ってきました!
(こういうの、観光客と一緒でないとなかなか行かないので良い機会)
ユニオンスクエアのすぐ隣りDaryl Roth Theatre(101 E 15th St. @ Union Square East )で上演中のFUERZA BRUTAです。


これ、以前同じ劇場で上演していたDe La Guardaと同じチームの作品なんすねー。
道理で体感型・観客参加巻き込み型のアミューズメントパーク的演目なところが同じ感じ(って前のはコマーシャルでしか知らないんだけど)。
これだと言葉が要らないので、外国人観光客にも楽しめる。
観客皆で盛り上がって、コンサートとかクラブみたいに理屈なく楽しい!
劇場中余すところなく繰り広げられるショーなので、観客もあっちこっちに移動させられてちょっと大変なんだけど、熱狂的になるような盛り上がりポイントは満載。
かなーりコーフンします!
ただ、立ちっ放しなので子供とお年寄りには不向き。
それと背の低い人には見えにくい場面もあるかなー。


以下、多少ネタバレあり。



P1030867.jpg
個人的にいちばんハラハラしたのがこの場面。
デカくて薄いアルミ製シートが天井近くに吊り下げられ、その表裏に男女が吊り下げられて立っていて、そのままぐるぐる回るシートに合わせてぶら下がったり上ったりしてるんだけど、どんどん、どんどん回転が速くなっていくの。
見ていてかなーり怖い。
その上、最後はシートが外れてクチャクチャに.....
もう、見ててキャーどうなるの!?って感じですが、そこはプロフェッショナル。
ちなみにこの装置は人力で、スタッフの男性が下から8人がかりくらいで回してました。


P1030883.jpg

ダンサー会場に出没、手には薄い紙を貼ったフレーム(デッカい金魚すくい風)。
狙った観客を金魚すくいの紙で強打、でも紙なのでフレームの中に身体がスッポリ入るだけ。
お客さんもダンサーに同じ事が出来ます。
ストレス解消向きアクション。



P1030893.jpg

パフォーマーはダンスもします。
走ったりぶら下がったり泳いだり、皆何役ものいろんな役をこなしてた。
すごい体力とエネルギーに圧倒されます~~~。
ちなみにいちばん左の子は日系女子で、いちばん華奢だった。
ガンバレ~とつい同胞の血が騒いで応援する。



でね、オヤジ心に火の点くコーナーもありますよー。
女子パフォーマー4人で行われた以下のパフォーマンス写真をご覧アレ。



P1030909.jpg
P1030911.jpg
P1030919.jpg

客の頭上のすぐ上に、巨大なアクリル板。
その上には薄く水が張ってあり、そこに体ごと打ち付けるようにバターン!と倒れては水の中を滑ってゆく女子たち。
彼女達の身体につけられてるのは薄いシャツと下着のみ。
アクリル越しの彼女達の身体に思わず手を伸ばす野郎ども、多数。
頑張ったところでアクリル板の感触しかしませんから。
水に濡れた若い女子の身体、身体に張り付くシャツと下着、それがまた下ナメからの景色ってんでめちゃくちゃエロティックです。
でもとても美しくてアーティスティックなんで、同性が見ても不愉快じゃないっす。



P1030906.jpg

でも野郎どもの反応はこんな感じ(笑)。
皆、笑顔を浮かべて実に嬉しそうに見上げてますな。
まーね......気持ちは分かるけどね。
それにしても男って単純だよねー。
この時、いちばん男性の目がイキイキしてたもんなー。





最後は2階にあるDJブースからホースと、天井からのスプリンクラーで雨のように水巻きまくり。
つっても場所を外してれば、あまり濡れずに済みます。
DJブース周辺は濡れる可能性大エリアなのでご注意を。
大音量のテーマソングのドンタカドンタ、ドンタカドンタ、ってリズムに乗せられて、皆濡れそぼってジャンプしまくり!盛り上がりまくり!
ヒャッホー!!


P1030937.jpg



人間、濡れると盛り上がるんすよ。本能的に。
オイラも経験あります。
昔まだ初々しかった頃、帰り道に送ってきてもらった男子とお外でチューしてたら雨が降ってきて、そのまま2人ともめちゃくちゃ盛り上がった事あるんですよ。
気分は「ティファニーで朝食を」のラストシーン。
ってオードリーのつもりか!?
どう贔屓目に見ても図々しいにも程があるわ、がはははは。
若いっていーわね。脳天気で。
失礼しました。
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報