FC2ブログ

TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。






ちょっと時間のある時に、イリディウムネタどんどこ行きましょう!
写真いっぱいあるのだ!!!


という訳で、今回はダーって誰だ?っていう皆様にも少しはお楽しみ頂けるかと思える、有名人ゲスト編。
(つってもあまり洋楽聴かない人だと分かんないかもだが)




P1050963.jpg
まず初日の6月8日に見かけたのは、前日までの出演者のエリック・ジョンソン。
優しげな、めっちゃフツーの人ですね。



P1050977.jpg
ナラダ・マイケル・ウォルデン。
8日に見に来てたんだけど、このスーツ!
エモコモスーツ、手描きペイントでした、大胆な。
そしてハデな。ハデすぎな。暴走族風味。
それがまた、スーツの袖口にゴミがついてるわ、ポケットめくれあがってるわ、どこで暴れてきたんだよ(笑)
横からそっとゴミ取ってポケットも直してあげました。
お母さんか?



P1050979.jpg
ブライアン・セッツァー。
ご存知ない皆様、ストレイ・キャッツのボーカル&ギターです。
ブライアン・セッツァー・オーケストラなんてビッグバンドもんもやってました。
顔割れ度の高い人は、やはり守られてますね。
って訳で、あまりちゃんと撮れませんでした。



P1050981.jpg
サンドラ・ブロック。
ゲスト中、デビッド・ボウイと共に最も世界的に顔割れ度の高い人だとは思うが、ウロウロしてフツーにその辺にいた。
正直言ってスターオーラゼロ、すげーフツーの綺麗なお姉さん。
誰も声かけてなきゃ気付いてない人も多かったかと。
今、離婚の話題でゴシップ誌の表紙をたくさん飾ってる人とはとても思えん。



IMG_0828.jpg
こちらは9日のアフターショウパーティーでのサンドラ・ブロック姐さん。
2日間とも来るなんて、ファンなの???
1日分チケットくれよと言いたい。
赤ちゃんを養子に迎えたばかりの筈だが、夜遊びしてはりましたね。
一体誰が育ててるんだ?




IMG_0833-1.jpg
で、サンドラ姐さんと背中合わせでガッツリ食に走ってたのが、ジェニファー・バトゥン姐さん。
大口開けて食べっぷりが男っぽい、つい見とれました。
サンドラ姐さんと一緒なのは、この日のゲストのサックスプレイヤーで、どうもこの人と彼女がお友達な様子でした。



IMG_0770.jpg
サンドラはサンドラでもこちらはジェフ嫁のサンちゃん。
写真は黄色がかってて分かりにくいかもだが、このドレス、目をスパークするショッキングピンク!
で、プラチナブロンドの髪にでっかい真っ赤な花差してるんですよ。
ハッキリ言って、目立ちすぎるくらい目立ってます。



IMG_0772.jpg
インタビューを受けているのはリトル。スティーブンス。
ブルース・スプリングスティーンのところのEストリートバンドの人。
昔通ってた美術学校の隣りに住んでるらしく、犬の散歩する姿を見かけたことあり。



P1060098.jpg
写真暗っ。
こちらは、デイビッド・レターマンのレイトショーでお馴染み、番組の箱バンのバンドマスターの、ポールなんとかって人(調べるのが面倒なので投げやりな書き方)。
こちら、世界的には無名でもアメリカでの顔割れ度は高い人。
彼もダーのファンなんだね、前にもコンサートで見かけたことあるよ。



P1060101.jpg
メタリカのギタリスト、カーク・ハメット。
昔プラザホテルの駐車場で会ったことあるよ!
なんか彼は、日本のアニメのオタクらしいと聞き及んでおる。
顔は若いけど、髪が半分白髪になっててビックリ。
年取ったんだね~。



P1060017.jpg
こちらは9日のハイビジョンスクリーンにて確認。
カークとブライアン。
ブライアンは2日ともゲストで呼び出され、ステージに立ってます。



P1060102.jpg
イメルダ・メイ。
もうこの娘が愛想が良くってスウィートでスウィートで。
疲れた顔も見せず、その場の全員に実にスウィートに親切に振る舞って、thank youって何度も可愛く言うイメルダ嬢の、ワタクシとりこでした。
彼女のパフォーマンスは本当に素晴らしかったです。
しかし、この髪見る度にシナモンロール食べたくなっちゃうのよねー。






という訳で、写真大放出中の当ブログ、今回は有名人ゲスト編でした。
次回、最後はアフターショーパーティーでのダーリンをお届けします!
ではではまた~。

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
P1060032.jpg




という事で早速トリビュートライブ続きの第2弾!
今回はライブ写真、と言ってもハイビジョンスクリーンのものなので、いろいろ映り込んでます。
ギターは4種、取っ替え引っ替えでした、珍しいね。
ギブソン主催なのでギブソンギターも2種。
上のギター、Red, White and Bluesだっけ?(タイトルうろ覚えのファン)でも弾いてましたよね。
これ、95年(X赤ペン!2003年でした!)のツアーでもツアーに持ち歩いてバックステージで弾いてました。
結構いつも持ち歩いてるのかもね、でもステージでは大抵ストラト1本やり、たまーにテレキャス、このツアーでは珍しくブラックレスポで1曲、以上。とシンプルですよね。



じゃ、珍しく取っ替え引っ替えのギター写真を中心に、ライブ映像を少々!


P1060044.jpg
P1060050.jpg
P1060062.jpg


なんと超珍しいことに、帽子かぶってますよ。
サングラスなくて。
なんか、帽子のトップ部分にサインしてありました。
レス・ポールゆかりの帽子でしょうか?
正直言って、衣装に合ってないし全く似合ってないと思いました(^^;;)
でも両日とも途中からかぶってましたね~。


結論から言うと、2日とも最高に素晴らしいライブでした!(ラッキーで、招待されてなかった1日目もハイビジョン鑑賞入場できたんで、両日ともライブ見れました)
自分の曲は全くやらない、トリビュートに徹すると聞いてひょっとして退屈?なんて思ったりもしたのですが(^^;;) 、予想を大きく上回ってめちゃめちゃ楽しかった!!!超盛り上がった!!!
このメンツでトリビュートツアーして欲しいくらい!
ああいう、盛り上げに盛り上げまくるジェフを久し振りに見ました。
ホーンセクションが入って盛り上げに更に火がつきます。
もー見てるこっちも楽しくって仕方なかったーーーーーー。


レス・ポール、ジーン・ビンセントもの中心で、分からない歌が殆どだったけど(Crazy Legsを全く聴いてない証拠....)、分かった曲はHow High The Moon(1日目は本編とアンコールで2度演奏)、Poor Boy、Cry Me A River、Remember、Peter Gun's Theme(この生ホーンセクションがめっちゃ良かった!)、Rock Around The Clock、Train Kept A Rollin'。
イメルダ・メイと1本のマイクを囲んでバックコーラス隊になったり、普段見ない姿もたくさん見れました。


2日間ともブライアン・セッツァーが2曲飛び入りして大盛り上がり大会。
最初はロカビリーギタリストに徹して自分色を消し去ってたジェフも、次第に自己主張が激しいギターになって弾きまくってました。
もう本当に素晴らしいライブでした。


この2日間、DVDとテレビ用にカメラクルー入ってました!
アメリカではChannel13で放映が決まっており、今年の年末か来年アタマあたりにDVD化されるそうです。
大変素晴らしい出来映えだったので、普段気に食わないと企画をすぐボツにするご本人も、きっとOK出してくれると思います。
うっわーめっちゃ楽しみです!!!!!!
写真、まだまだ続きます。
次回は有名人ゲスト編、最後にアフターショーパーティーの様子、普段のダーリンもたくさん撮ってますのでミーハーさんはお楽しみに~。
ではまた!




P1050991.jpg
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
P1050967.jpg




どもども、久々のほぼオンタイムニューヨーク情報更新です(ブログらしい~)。
今週の火曜水曜、6月8日と9日に、去年亡くなったレス・ポールが生前に毎月曜日の夜演奏していたIridium Jazz Clubでレス・ポールのトリビュートライブが行われました。


ライブを見に来たお客さんはセレブリティや業界関係者が多くて、普通のファン枠が少なかった。
facebookを通じての抽選で各日50名(他にもラジオの抽選とかあったようですが)ご招待に応募が殺到!
私も応募しましたがアッサリハズレ~。
でも6月9日のレス・ポール95回目の誕生日に、イリディウム上階にある同系列経営のダイナー内にてライブでのハイビジョンスクリーン鑑賞に招待されたので、そっちに行ってきました。
更にこの日はレッドカーペットもあり、有名人が続々現れーの。
更に更に、アフターショウパーティーにも潜入してきたので、そちらの様子も!
写真で続々お伝えしたいと思います!
(最近ニューヨークブログと言うより完全にファンブログです.......)



写真多いので、今回まずはイリディウムがどんな感じのハコで、どんなところにあって、パーティーには何があったか?みたいなところの、外側からご紹介。
トップ写真は入り口上部のサイン。





P1050993.jpg
こちらは6月9日、レッドカーペットの敷かれたイリディウム入り口。
こういう時の日本の常識と比べて、花ちょっとショボイ!
あいにくの雨の日になりました。





gibsonbus.jpgP1050972.jpg
P1050998.jpgP1050997.jpg
タイムズスクエア近く、デーンと停まってる2台のギブソン仕様バス。
ギブソン主催とか共催とかのコンサートにはお目見えするツアーバスらしく、普段フェンダーユーザー標準仕様のダーリンのツアーでは見かけたことのないバスでした。
でも、レス・ポールと言えばギブソン社のギター!
という事で今回、小っこいクラブって事もあって、このバス2台が楽屋用に稼働されてクラブ前の公道に停まっていたのでした。
ドアの内側にネックのヘッド型のネオン、手すりにもギター、とこういうもの作っちゃうところがアメリカっぽいつうか夢があります。
ちなみに内部はもっと、ギブソンギター博物館みたいになってるそうです。
面白いなあ。
白い方がダーリンのバスです。





P1050962.jpg
トリビュート週間のコンサート告知ポスター、ダーの分は売り切れ。
つうか、最初っから業界か抽選でばらまいて、売ってなかったじゃないかよ。





P1060007.jpgIMG_0845.jpg
IMG_0846.jpg
こちらは6月9日のアフターショーパーティーでのケーキ達。
レス・ポールの95歳のバースデーケーキは実物大レスポール・ギター型のチョコレートケーキ!一方、小さなブラウニーはダーリンの標準仕様、ストラトキャスター型。
トリビュート記念のクリームケーキはダーリンも食べてました。
レス爺の生前、彼の誕生日ライブは2回見たことあります、82歳の時と91歳の時。その時も誕生日ケーキ写真に撮ったなあ....って感慨深く思い出しました。
レス・ポール91歳のバースデーライブ記事はこちら







P1050995.jpg
おじいちゃん、RIPのRがROCK(笑)
いちばん可愛がっていた人がトリビュート演奏をしてくれて、さぞや喜んでくれていると思います。
それにしても、生前にもう1回共演してあげれば良かったのになあ。






写真まだまだまだまだあるので、どんどん、続きます!



テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
面倒臭くて今までiPhoneからのアップやんなかったけど、今日はやります!


ナダル選手、全仏オープン5度めの優勝、おめでとう!
テレビなくて観戦出来なかったけど、一報聞いて喜んでます!
最初の優勝は10代だった彼の成長を、母心で見守ってるよー。


今年はUSオープンの頃、ニューヨークにいる予定だから、また生試合で是非見れますように、勝ち残ってきてねー。


お母さんは今週はあなたに会う為のチケット取りと、ダーリンの追っかけ活動に勤しみます!

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ