TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもども。大変なご無沙汰です(^^;;)
近頃、ミクシィとTwitterで呟いて事足りていて、ブログがメンドーになってました。
暑さのせいです(多分)。


今日ご紹介するところも、食べに行ったの2週間も前。
それからおとついまた美味しい魚が食べたくなって再訪、ようやっと重い腰を上げ(ご飯食べに行く腰は軽いのに)遂にブログアップ~。
ウィリアムズバーグに越してきてからというもの、iPhoneのアプリを駆使して新居のご近所レストラン調査に余念がなかったんだけど、ここはその中でもお客さんのレビューが良く、ネタも良さそうで最も気になっていたレストラン。
1 or 8を本日はご紹介します。
(66 South 2nd St. at Wythe Ave. Brooklyn, NY / 718-384-2152)




ここ、まだオープンして半年ほどだそう。
トップ写真にあるように、なんかガレージの入り口みたいでとても寿司屋には見えない佇まい。
中にはいるとまずバーカウンター、奥に真っ白でオサレなレストランエリアとバーみたいな寿司カウンターがあって、結構大バコ。
この不景気なご時世に大バコレストランを一か八かでオープンするって事で、1 or 8っていうネーミングになったそう。


お寿司以外にもアラカルトやお肉のメニューもあるんだけど、もーこの日は最初っから寿司モードでカウンターに突撃したので、前菜もなーもなく、最初っから寿司ひと筋!
カウンターでおまかせを頼んだところ、最初は女性ふたり連れなので10貫のコースにしますか、と言われたんだけど(お寿司1個を一貫、の数え方で)そんなもんじゃーとても足りると思えなかったんで、とりあえず最初はいちばん数も多けりゃネタのグレードも良さげな90ドルのコース行ってみた。
で、そのまま「まだ食べられます?」との問いに常にまだ大丈夫!と答えながら出されるがままに食べ続けたら、結局26貫も食べちゃった(^^;;)
えーとコースの本来の規定貫数は何貫だったっけ......?
(註:明らかに規定を遙かに超してます)
でもでも、シャリは小さめだったしね!はは。


こんなに食ったのに、超過分をすごーくディスカウントしてもらった上に、デザートまでサービスしてもらって、本当にすみません;;
いくらだったのか書こうかと思ったけど、そのプライスで食い放題みたいに食べられる事を人に期待されても営業妨害みたいで申し訳ないので、とりあえずめちゃくちゃ安くして貰った、って事で。


そして、噂に違わず美味しかった!
ネタが良くて新鮮。
稀少部位あり~の創作あり~の、26貫飽きずに(満腹にもならずに・笑)ずーーーっと食べた、食べた。
握って下さったのは以前Jewel Bakoにいらした寿司シェフさん。
カウンターで食べるとシャリがちょっとぬくめ。
私はもうちょっとシャリ冷たい方が好きなんだけど、それを差し置いても非常にいい思いしたなーーー。


寿司メニューか寿司図鑑になるくらい写真撮ったんで、もう全部アップ。
順番通りに食べてるので、配球に緩急ついてるのもお分かり頂けるかと。
他に、3番目にキングサーモンと最後の方にマグロの赤身も食べた(ふたつだけ撮らなかったのだ)。
これ全部食べたって、やっぱスゲーな。
写真多くて画面重かったらゴメンちゃい。





1or82.jpg 1or83.jpg
漬けマグロ             ハマチ

1or84.jpg 1or85.jpg
メダイ               メジナ

1or86.jpg 1or87.jpg
ボタン海老ロブスター味噌のせ     鯵のたたき

1or88.jpg 1or89.jpg
カンパチ              中トロ

1or810.jpg 1or811.jpg
    平貝           アカヤガラの平目の肝のせ
    
1or812.jpg 1or813.jpg
 大トロ             イクラ軍艦巻

1or814.jpg 1or815.jpg
    蒸し穴子              シンコ     

1or816.jpg 1or817.jpg
平目の昆布締め          イカの雲丹のせ

1or818.jpg 1or819.jpg
鯖の漬け             煮ハマグリ

1or820.jpg 1or821.jpg
真鯛               ハガツオ

1or822.jpg 1or823.jpg
大トロの炙り             芽ネギ

1or824.jpg 1or825.jpg
ネギトロの雲丹のせ          帆立の磯辺巻




シンコだけ、ネタがもう足りないのを無理矢理小さく握ってもらったんだけど、あとはフルスロットルで食べた。
美味しい!大満足!
マグロはご丁寧に、赤身、中トロ、大トロの他に漬けだの炙りだのと食べてるけど、赤身だけでも充分に脂がのってて美味しいマグロだった。




1or826.jpg 1or827.jpg
寿司コースの後に食べた卵焼き、卵焼きとカステラの中間みたいなデザート系食感。
その後、サービスで頂いた小豆のムースとポテトのムースを仲良く半分こして食べました。
見た目焼き菓子みたいだけど、食感はねっちりめのムース、甘味は控えめで上品。
デザートも非常に美味しい!




で、いい思いをして味を占めて2週間しないうちに再訪(笑)。
2回目はまたしても女ふたりで、今度はカウンターじゃなくてボックスシートへ。
そしたらカウンターから挨拶して下さった先日の寿司シェフ氏、

「今日、Berry Streetを彼氏と仲良く歩いてたでしょ!見かけましたよ」

と声をかけてくれた(実は仲良くはなく、相棒くんの案内でランチを食べに行ったところ、道に迷った上に店の前に「閉店致しました、長年のご愛顧ありがとうございました」って手紙が貼ってあって、空腹も手伝って超不機嫌だったのだが)。
なんでもBerry Streetを車で運転中に歩いてる私を見かけて「あっ」と声を出したら、同乗なさってた奥様に「誰?」と聞かれたので、

「この前、うちの店で寿司を26貫食べた人」

と紹介されていたらしい。
まあねーーー事実なんだけどもさーーー。
自分の知らないところで、そういう括りで紹介されていたとは知らなかった(^^;;)





てな訳で、リベンジ再訪の写真もついでにアップ、今日は写真だらけ。



1or828.jpg1or829.jpg
    セビッチェ3種        牛ステーキ、前菜ポーション

セビッチェはハマチ、ロブスター、タコの3種。
ステーキはアペタイザーにあったので、小さいのをもらった。
ここはお肉も美味しいと聞いてたんだけど、とても美味しいです。
但馬牛とブラックアンガスを掛け合わせた牛だそうで、和牛ニュアンスのお肉なのだ。
写真はiPhoneの為、精度悪し。



1or830.jpgメインが届くまでに頂いた、バルサミコのかき氷....
口に運ぶと最初は梅味風....
で、その後は喉にバルサミコが来て咳き込んだ。
微妙なり。


1or831.jpg
大トロ ハマチ イサキ メダイ
新子 シンイカ 平貝 ボタン海老
卵焼き 蒸し穴子 雲丹とイクラの軍艦巻

この日は大人しく10貫頼みました。
今日はシンイカが美味しい、って聞いたんだけど、コレが実に旨かった。
食べてる間ずっと笑顔。幸せ。




1or832.jpgデザートは2種頼んでシェア。
白ごまのタルトと黒ごまのアイスクリーム、それと紫蘇のフランと梅干しのソルベ。
ごまのタルトの方は和菓子とか月餅みたいなニュアンス。
紫蘇フランは意外に美味しい。だが梅干しソルベはあとくちに梅干しが来て、オイラはちょっとダメだった。
外人受けは微妙かもねー。デザートは先日の方が美味しかったかなー。






さてさてこちらのお店、週末の金曜土曜の深夜0時過ぎからのみ、バーカウンターで食べられる秘密のフードメニューがあるのだ。
前回の来店時にそのメニューの中のラーメンが美味しいと聞いてたので、今度絶対食べてやろうと思ってました。
で、全然酒飲みじゃないふたり連れ、甘いもんつまんだりお茶すすりながら深夜までダラダラした後、バーカウンターへ移動。
それまでの店内はアメリカン客ばかりだったのに、深夜過ぎのバーは驚いたことに日本人オンリーで満席の賑わい。おおお~深夜メニューに期待が高まる!



1or833.jpg
で、こちらがこの日の深夜メニューの「他人ラーメン」。
ポークベリーと卵が「他人」て事ですな。
鶏ガラ出汁醤油味かな?で、縮れ麺。
アッサリめの和風味、美味しゅうございました。
深夜メニューは他にも、唐揚げとかリブアイステーキ茶漬け(!?)とか、なんか丼系もあったけどうろ覚え....割とガッツリ系?
バーカウンターの酒飲みの皆様も、結構シッカリ食べていた人多し。
週末に来られる方には是非お薦め!
(あ、レストラン部門は深夜には閉まっております、念のため)。




という訳でご近所にいーもん見つけたけど、アメリカンなロールを日本の寿司だと思いこんでる相棒くんが外食費担当な為、彼と一緒だとあまり価格の張る店で好き放題食べられないのだ。
なのでここは女友達と行く(もしくはひとりで行く...)スポットとして確保しよーっと。
誰か一緒に行ってくれる人募集中!よろ!



スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報




どもども、tomoxです。暑いですねえ~。
最近、コンピューター触る時間が減ってしまってすっかりブログにご無沙汰してました。
でも元気にしてます!
デブを持て余して再びジムに通い出し、普段は筋トレとカーディオ、その他にズンバクラスを取り出し(青息吐息で)、今月は友人のアーティストスタジオを間借りして作品としての絵も描いてる昨今です。


ブルックリン生活にも慣れ、マンハッタンほどのバラエティはないものの、少しずつ美味しいお店も発掘してます。
今日ご紹介するのは最近のお気に入り。
地下鉄L線でマンハッタンからブルックリンに入ってひとつ目の駅、Bedoford Avenueを降りてそのままBedford沿いの北ブロックにある、駅からすぐのベトナムレストラン&隣りのテイクアウトのベトナミーズサンドウィッチ専門店が合体した、An Nhauってところです。
(172 Bedford Avenue, Brooklyn / 718-384-0028)


まずここ、テイクアウトサンドウィッチから試してみました。
ひとつ5ドルと、大変試しやすい価格でボリュームもあります。






annhau2.jpgこんな風に小さく狭い門構え。
ごはん時には並んで注文、外のベンチで呼ばれるの待つ人も。
激甘ベトナムコーヒーも買えます。
コーヒーキャンディーを液体にして飲んでるみたいで私には耐え難いけど、甘党の相棒くんはここのアイスコーヒーが大好き。




annhau4.jpg最初に買ってみたレモングラスチキンのサンドウィッチ。
シラントロ、きゅうり、にんじんが入ってて、レモングラスとグリルしたチキンにベトナムの甘いソースに何かスパイスもかけてある。
パンも外側パリッと、中はふっくらと。
絶妙にウマイ!ハマりそう!




annhau3jpg.jpgで、ハマりました(笑)
後日、今度はバーベキューポークのサンドウィッチに挑戦。
おお、コレも美味しいぞ!
角煮みたいだ!うめー!




写真の下半分がうっすら白いのは、iPhoneのカバーがかぶってきてるせいです(涙)
しょっちゅうやっちまう、カバー替えよっかな.....


ここ結構気に入ってテイクアウトしてたんだけど、隣りのレストランの方には入ったことなかったんですね。
で、先日やっとランチでレストランにも行ってきました。
そしたらここ、激安だね。
ランチのセット、8ドルとかだったよ!




annhau5.jpg安いので前菜にサマーロールも頼まれた....
いわゆる、生春巻きですね。
ランチっつってもこの時既に、4時近かった。
7時から焼肉大会の予定だった私、前菜は固く固辞したにも関わらず、強要されて結局食べた、トホホホホ。




annhau6.jpgそれなのにこの後こんなランチコンボガッツリ食べてますよ。
私はポーク、相棒くんは何か、野菜の肉巻きみたいな奴だったかと。
普通にちゃんと美味しいベトナミーズだった。
これで8ドルは激安ランチだよねー。







と4時の時点で満腹だったにも関わらず、結局この後、7時からまた夕食、しかもハンパなく食べた私です。
前の日記で高熱出したって話チラッと書きましたが、その時減った3kgはここんとこ大食漢っぷりが戻ったと同時にシッカリ戻ってきています......(泣)
でも筋トレを始め、その後ジムに通い出し、自分的にはちょっとラインが違うような気はするんだけどね!?(自分のことは贔屓目)



とにかくここのレストラン&テイクアウト店。
安くて美味しくて、テイクアウトもレストランもありーの、レストランのバックルームは温室みたいな作りになってて夏らしくて素敵だし、駅から近いし、お薦め!
私も絶賛ヘビロテ中です~。


最近間遠ブログになりがちだけど、ではではまた次回!よろ!


テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。