TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ああー、今日は寒かった~。激寒かった~。
屋内にいても暖房の効きが追いつかず、レジを打つ手が凍えて感覚がなくなってきたんだから驚きです。

でも、今夜の私はアイスダンスを見て熱く燃えております。
もう、今日のリンクには魔物が住んでいたとしか思えません。
でなければ世界レベルのスケーター達にあれほど転倒者が続出する訳がない!
解説者は最近ルールが変わったせいでどうこう、としのごの言ってましたが。
あまりな展開に、胸が痛くて私も泣きそうになっちゃいました。
最後の登場でノーミスで滑りきったアメリカペアを見た後は、安堵の余りもうフラフラです~。
それにしてもアメリカペアの女性、すーんごい美人ですね。

しかし、フィギュアのペアやアイスダンスペアに夫婦、恋人同士が多いのは当然ですよね。
だって、お互いを信頼しきって目標を共にし、多くの時間を共に過ごし、苦労も喜びも分かち合ってるんだから他の人の入り込む余地がないじゃないですかね?
実際、手を握り合って見つめ合って励まし合ってるペアや、怪我をしたパートナーをお姫様抱っこして優しくおでこにキスしている男性、滑り終わった途端満面の笑顔で抱き合い手をつないで去って行くペアを見ていると、「みーんな、恋人同士だよね!?」って思いますが。
ていうか違うってこと、あり得るの!?!?!?
だってただの仕事仲間とあそこまで親密になるなんて事ありえない。

絶対考えられん!!!

キモイー!!!
(←実際に想像)



......さて、気を落ち着けて(汗)お話変わって。

もうすぐ甥っ子の誕生日なのですが、彼は以前私があげた機関車トーマスの電車セット(木のおもちゃなのですが、トーマスにはちゃんと電気仕掛けで走るようになっています)がいたく気に入っているようで、

「また、カンカン(甥っ子語で「電車」のこと)が欲しい」

というリクエストをきのう受け、今日は仕事の昼休み中に急遽、チェーン書店のBarnes & Noble(以前もご紹介した5th Avenue, 45thと46th streetの間の支店です)にトーマス絵本・グッズを求めて出かけました。
姪っ子・甥っ子の為なら、どんなミッション・インポッシブルでも任務遂行に励む叔母バカは張り切って探しましたよー!
ジャン、ジャン、ジャッジャッ、ジャン、ジャン、ジャッジャッ♪
(↑バックはミッション・インポッシブルのテーマ曲)







blogranking

↑昼休みの間にミッションを果たしたまえ。ではtomox君、成功を祈る。
なお、このテープは自動的に消滅する。その前に是非ワンクリックを!


ところでスペースシャトルで思い出しましたが、先日テレビでチャレンジャー号の悲惨な爆発事故から20年経ちましたというニュースを放送していて、仰天しました。
つい先日のようにハッキリ覚えてるのに、アレから20年も経ちますか!
あの時小学校の先生がおひとり、たくさんの教え子達が見守る中殉職なさいましたね。
あの時の子供達も、もうすっかり大人になった事でしょう。











*筆者追記*
このように書いてますが、↑Lisa & Gaspardの作者はGutman/Hallenslebenでありまして、筆者の大きな勘違いです。
よってこの本、正真正銘、Lisa & Gaspardの作者の新作だったのでした。
訂正してお詫び致します。
専門家としてとっても恥ずかしい勘違い、赤面の至りです。



昼休みの半分以上を割いて探したのに、トーマスのめぼしいもの、getできず......。
やっぱり、おもちゃ屋に行ってくるか......。
明日は気温が上がるといいなあ..........。


blogranking

↑仕事とオリンピック観戦で叔母さんは睡眠不足。
でも、可愛い甥っ子の為なら極寒の中、トーマス探しの旅に出るよ~。
こんなミッションを背負った私に応援のワンクリックを~。
ジャン、ジャン、ジャッジャッ、ジャン、ジャン、ジャッジャッ♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
上のコメントにげっそり
図書館司書のバイトに応募してたんですけど、不採用になりましたぁ~。
資格もないから最初からだめっぽかったので覚悟してたけど、やっぱりちょっとがっかり。
本屋さん、働いてみたいな。いいなぁ、絵本いっぱい・・・。
2006/02/20(月) 23:00:01 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
こういうコメントはしょっちゅう来ます
>meimei様
コメント、消しときましたので大丈夫。

本屋さんは結構重労働です、紙ってたくさんだと重いから。
意外なところで紙に油分を吸い取られるらしく、手がカサカサになるのでハンドクリーム必需。
それでも子供の本の担当は楽しい!
でも私、コミックス担当らしい(らしいと言うのは、今の職場は頼まれて復帰して「腰掛け」のつもりだったので、最初っから児童書以外担当しない、って言ってたのにどんどん仕事を回されていつのまにかコミックスは私が担当してるらしき事になっている..........)ので、そっちに莫大に時間取られてます。
コミックスは回転が速いし新刊が多いしついていくのが精一杯。
この担当は本当に辞めたい、週2の出勤じゃきちんとフォロー出来ないって何度も言ってるのに辞めさせてもらえません~(涙)。
2006/02/21(火) 00:02:10 | URL | tomox #-[ 編集]
初めまして
初めまして Tomoxさん、
ブログを始めたばかりで、ランキングに登録して、リストで見てやってきました。ずっと読んでいたら、Les Paulが出て来てびっくり! まだご存命なんですね。いやー、すごいわ!『世界は日の出を待っている』とかの頃からですよ。
サイドサイトの方ではジャズのポッドキャストをやってますので、良いジャズが聴きたくなったら開けてみてください。メインのサイトからすぐに飛べます。
私もデザイン業界のヒトなので、絵本とかビジュアルの本が大好きです。(英語を飛ばして読める?)
またちょくちょくおじゃまさせてください。
Alo~ha from Honolulu
2006/02/21(火) 16:51:38 | URL | ysbee #-[ 編集]
コミックスって
コミックスって、いわゆるアメコミですか?
なんとなく、アメリカではあんまりコミックスが発売されないような気がしてますけど、そんなことないのかな。
それとも、日本のコミックスとか?
本って重いですよね。
昔、同人やってたんで、あの本のずっしり感はわかります^^;
油とられますしね~。
2006/02/21(火) 17:04:21 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
う゛わ~!危険地帯!!
アメリカの本屋ってこんなに置いてるの?
こりゃぁ、危険地帯だわ~。(私もぬいぐるみは目を瞑って通り過ぎなきゃいけない。)
ルーシー・カズンズ激似は確かに恥ずかしすぎる。
ていうか、あれ、いいの?
よく見るとリサをグレイにしたようなぬいぐるみを持ってるじゃない(怒)
2006/02/22(水) 01:37:04 | URL | atsu. #-[ 編集]
ようこそいらっしゃいました
>ysbee様
初めまして。ブログ拝見しました。
さすが、デザイン業界の方らしいカッコいいブログですね。
ポッドキャストをどうやってくっつけるのかも分からない(笑)素人丸出しの当ブログとは大違いです。
(私は絵描きなので、コンピューターはサッパリコン)
ホノルルですか?
いーなー、私が老後を暮らしたい土地です。家賃、ニューヨークより高いって聞きますけどね。
2006/02/22(水) 02:26:32 | URL | tomox #-[ 編集]
私は日本の書店勤務なんです~
>meimei様
なので日本のコミックスを担当しております(英語版になってる日本の漫画も売ってます)。
コミックス担当って、あの毎週毎週の新刊ラッシュや売れ線漫画の激流をコントロール/把握してなきゃいけないんで週2の出勤じゃとても無理なんですが、5日ぶりに出勤すると皆が私にきっちり仕事を残しておいてくれてるので(泣)、「担当じゃないって言ってるよね!?」とアタマにきながらついつい手を出しちゃうのです。
そういう訳で私もイケナイんですが、勝手にアテにされてますねもう。
アメリカ人は日本語も話せない(ましてや読めない)クセに、平気で日本語のワンピースやNARUTOを買って行きますよ。
ガンダム系を始めとするヒーロー系、アクションフィギュア系、美少女系、武器などアーマー系、コンピューターゲーム系などの日本雑誌もアメリカおたくに購読者多し。
アメリカの書店には、「MANGA」という日本漫画の英訳コーナーもあります。
2006/02/22(水) 02:38:59 | URL | tomox #-[ 編集]
超危険地帯よ!
>atsu.様
ここのBarnes & Nobleの支店は3フロアでまだ小さい方。マンハッタンには他にも、もっとフロア数の多い支店もあるよ。なぜかこの書店は必ず内部にスタバが入っていて立ち読みOKなので、スタバにごっそり本を持ち込んで立ち読みならぬ座り読みwithコーヒー、で何時間も粘る読者続出ですよ。
絶対、本にコーヒーの染みだのクッキーやケーキの食べカスだのついてると思うけど、心広いね随分。
ま、ネットに負けない為にはそのくらいした方がいいのかなあ。
それに比べると、日本の書店は厳しい方だよね。

ええ、絵本系のぬいぐるみはたくさんあります。
もっと気の狂いそうになる店もあるから、また紹介するね(笑)。
しかし上記のルーシー・カズンズもどきの本、出版社は大手のScholastic(クリフォードで有名な。ハリポタ本も出している)だよ!(怒)
2006/02/22(水) 02:47:33 | URL | tomox #-[ 編集]
ごめんなさい
本文で私がLisa & Gaspardの作者をルーシー・カズンズと書いてしまったが為にコメントに繰り返し彼女の名前が出てきちゃってますが、ルーシーは「メイシーちゃん」シリーズの作者でして、私がうっかりして勘違いの名前を書いてました。専門家なのにうっかりミス、面目ない。
という訳で本文でも訂正しました通り、「Penelope」シリーズはLisa & Gaspardの作者の正真正銘の新作でした。超ゴメンなさい。
もっとお勉強してからモノを言うように気をつけます。
2006/03/02(木) 03:16:15 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/103-5eb142a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。