TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



皆さーん、お元気ですか~?(井上陽水風←古っ)
相変わらずおなかの緩いtomoxです。
(食事中の方、ごめんなさい)

今日はおなかが多少は復活の兆し!
きのうチキンスープでヤラれたのにめげずに、夜、マッツォボールスープを試してみました。今んとこ、グルッと来てない、よしよし。
上の写真がそのマッツォボールスープですが(スープボールの縁欠け失礼)、これはユダヤの家庭料理スープ。
チキンスープの中に、ユダヤのクラッカーと卵を練り込んだもの(一見つみれ風)が入ってます。見た目がつみれ鍋。
これ、マッツォボール自体の味も非常にアッサリしてるので、胃腸の弱ってる時にいいと思います。
日本ではあまり見かけないと思いますが、こっちはダイナーやスープ屋さん(マンハッタンではあちこちにある)、スーパーで売ってるスープのパックでは定番です。


相変わらずおなかに爆弾を抱えているので、出かけずにほぼ1日おうち、しかも食べる楽しみなしオリンピックもなし(笑)なので、仕事はそこそこに(をい)ずーーーっとずーっと以前ヴァージンメガのセールで$10で買った「the Lord of the Rings」3部作を、メイキングなどのボーナス映像を含めて固め鑑賞!
ひとりなので、理解不足なシーンは繰り返して見たりしててたっぷり堪能させて頂きました。1作目だけ映画館で見てるんですが、場内が暗くなるとすぐに眠ってしまう勿体ないクセがある私にしては、長い作品ですが中ダレもなく一気に見ました。
泣かされるシーンもいろいろあるんですが、特に3作目の「the Return of the King」では泣いた泣いた~。(T△T)

しかし、この映画のイライジャ・ウッド君はまるで女の子みたいな美少年ぶり。
最近では「Sin City」のとっても怖~い役で私を超震え上がらせた彼は、あんなに若いのに本当にいい役者ですね。
(Sin City面白い!見てない人はおススメ。主役のひとりに変わり果てたミッキー・ロークがいます・笑)
メイキングではオーランド・ブルームの実態があまりに映画のノーブルな妖精の美青年ぶりとかけ離れていて(ニュージーランドロケの間、スノーボード、バンジー、スカイダイビングと何でもござれのアクティブぶり。実はカツラの下はモヒカン頭。こいつはパンクだ!)ビックリしたよ......。
ピピン役の人、映画ではセリフ聞き取れるのにインタビューだと何言ってるのか分かりにくい!

ところでリブ・タイラーですが、エアロスミスファンとしては昔から知ってる子供が大きく美しくなって活躍しているという感慨を禁じ得ない、手っ取り早く言えば「親戚のおばちゃん化」して

「まー、リブちゃんキレイになって~」

状態で見てしまう存在です。


エアロの「Crazy」のビデオにアリシア・シルヴァーストーンと出た頃は(今ならあの2人を同時に同じプロモに使うなんて考えられない贅沢です。ギャラだけで大変)、まだ2人とも女子高生、ほんっっっっと可愛かったなあー。
もうほんまあのビデオ、おっちゃん眼福やったさかい。(←血中男濃度上昇中)

blogranking

↑病んでる間にランキング下降中。
続きの前に、おばちゃんになったりおっちゃんになったりと
忙しい病人にワンクリックお願いします

で、彼女の父親がスティーブン・タイラーだというのは名字を取ってる事からも有名ですが、お母さんの事は今の方は案外ご存じないんじゃないでしょうか。
彼女の母親は、モデルのビビ・ビュエルです。
この人はミュージシャンキラーで有名でしたね。
そしてとっても美しい方でした。
今でも、リブよりもお母さんの方がキレイだったと思います。
リブが大きくなってから再婚した時の写真を見て、あまりの変貌ぶり、太りっぷりにすんごいショックを受けましたが。
彼女、エルビス・コステロの恋人としても有名でした。
今でも覚えているのが、インタビューで

「ビビさん、コステロのこの曲(曲名は失念、失礼)はあなたに捧げられてるそうですね」

と聞かれて、彼女が

「えっ、違うわよ。このアルバム全曲、私に捧げられてるの」

って言っていた事。
曲名は本当、失念してしまったんですが、あのエルビス・コステロの美しく切ないあの曲この曲がビビのものなのかと想像すると凄いです。
ロック界にはこういう伝説的女性が時々いますね。
パティ・”レイラ”・ボイドとかね。ビートルズの映画に出てる若い頃は、お人形さんみたいでしたね。
彼女はあまり詳しくない私が知ってるだけでもジョージ・ハリソンから"Something",エリック・クラプトンから"Layla""Wonderful Tonight"を捧げられてます。
女性として最高の栄誉じゃないですか!?
こんなに男心を狂わせ夢中にさせる女性とは如何なるものかと想像を掻き立てられます。
彼女も去年の写真を見ました。お肉はついたものの、相変わらず綺麗でしたね。


ところでスティーブンは、リブが11才くらいになるまで、ビビが自分の娘を産んだ事を知らなかったようです。
スティーブンは当時ジャンキーだったので、妊娠が分かると彼のそばで子供を育てたくなかったビビが妊娠を告げずに彼のもとを去り(強!)、その後トッド・ラングレンと結婚したから、リブは本名はラングレン姓の筈ですし外からはトッドの子供だと思われてました。
そして、スティーブンも別の女性と結婚、娘のミアが産まれて11年後。
トッド・ラングレンのコンサートのバックステージに遊びに行ったスティーブンは、ミアにまるっきりソックリな女の子を見て、

「!!!この子は、俺の子だ~~~っ!!!」

と遅まきながら気付いたらしいのです。
そして、それからが笑えるんですが、リブ逢いたさにスティーブンの度重なる家庭訪問が始まったらしいんですよ(笑)。
トッド・ラングレンは迷惑じゃなかったんですかね!?
リブちゃんは、最初はスティーブンの事をお父さんと気付かず、しょっちゅう自分に逢いにくるロックスターにすっかり恋してしまったんですって。
部屋にポスターを貼って、ポスターのスティーブンに毎日キスしてた、ってインタビューで言ってました。
娘に恋されて、スティーブンがどんなにか有頂天だったか考えるだけで微笑ましいです。

まだティーンエイジャーだったリブにスティーブンが忠告していた事がひとつあって、それは

「もし、誰かにドラッグを勧められる事があったら、まず自分に電話をかけてこい」

だったそうです。

「自分はジャンキーだった。だからドラッグを使うと人間がどんなになるのか分かっているしその怖さも知っている。誘惑に負ける前に、1度必ずお父さんに電話をかけてきてくれれば君を説得出来ると思う。そしてお父さんの言う事なんか聞きたくないと思えば、その時は君の選択に任せる」

というような内容だったと覚えています。
スティーブンは自分の相談もよくリブにしていると言っていたし、リブがおなかの大きい時は彼女に付き添ってファッションショーに来ていました(別のショーに元奥さんが歌手として!出ていたらしく、そちらも面倒みていたようです。いやはや、マメ......)。
こんなお父さんがいたら素敵だなあとリブが羨ましいですね。

ジャンキーだったスティーブンも今や健康オタク。
朝は走り、ジムに通い、ミキサーで青汁を飲みまくり、何故か鯛焼きが大好き(笑)。
彼の鯛焼き好きは有名になりすぎて、日本から送られてくる鯛焼き機が後を絶たず、なんかのイベントの時にステージで

「もう、うちに鯛焼き機いっぱいあるんだ!だから鯛焼き機はもう、送らなくていいから!」

って言ってたです(笑)。そう言いながら、ジャケットのポケットに鯛焼きがそのまま入ってて、食べてたのですんごい驚きました。
アレ、受け狙いで自分で仕込んでたんですかね???

あー今日は、つらつらと話がスライドしていきました。
どーも出歩いてないと、自分の胸の内だけの話になっちゃうんでまとまりがないー。
失礼しました。
最後に可愛い写真をお見せして、今日はさようなら~。



blogranking

↑上の写真、右上の王冠かぶっているねずみのMacyの作者がルーシー・カズンズ。
先日のBarns & Nobleの記事で、彼女の名前をLisa & Gaspardの作者
として書いてしまいましたが、私の勘違いです。恥ずかしー。
Lisa....の作者はAnne Gutman/Georg Hallenslebenです。
先日の記事も訂正しときます。
と懺悔を終えたところでひとつ、ワンクリックをよろしくお願いします。


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
スティーヴン、いい人や~
オーランド・ブルームって、最近は大人っぽくなったのか猫かぶりがうまくなったのか、すっかり青年貴族のようなノーブルさんですけど、あのメイキング映像の彼がやっぱり今でも本質なんでしょうかね。
レゴラスかっこよかったですよね~。王様も素敵で、フロドは美少年、ピピンは泣かせるし、いい映画です^^
スティーヴン、いいパパですね。
リブは、てっきり、スティーヴンや家族に愛されてすくすく育ってあんなかわいい娘になったのかと思ってました。
なんか、タイラーさん家はほんわか家族と言う印象だったので。
ホントはそうだったんですか~、泣けます。
2006/03/02(木) 17:15:36 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
Stevenはthe Nicest Guy of the Worldですよ!
>meimei様
メイキングで、どうやって実際は普通の背丈の人間をホビットとして撮影できたのか見せてくれるかな~と思ったけど、分からずじまい......。
ま、コンピューターと言えばそれまでだけど、一瞬の撮影で子供を使ったり、巨大な人の手を使ったり、踏み台を使ったりしてるのかなあとちょっと楽しみだったのに。
ハリポタのメイキングでは、ハグリット役の人が踏み台に立つ話をしてたと思うんだけど......。

スティーブンは子供が多過ぎて何人いるのかよく分かんない(爆)。リブ、ミア、その後3人くらいはいるんじゃないのかなあ。
エアロはメンバー全員妻子連れツアーなんで、よくコンサート会場ではステージ脇やPA卓で小さな子供がウロウロしていて面白かったです。
スティーブンの子供はすぐ分かる、ソックリだから(笑)。
2006/03/02(木) 20:37:19 | URL | tomox #-[ 編集]
遺伝子つよ~いスティーヴン
あの強烈な個性は、必ず遺伝してしまうんでしょうね。リブも口元、そっくりですもんね。

あれ?the Lord of the Ringsは、ホビットたちだけちょっと離して、遠くにして、小さく写してるって、どっかで見たような・・・。
ん~、でも違うかも。記憶力無いので^^;
2006/03/03(金) 08:39:40 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
あーそうなんだー
>meimei様
そういう撮り方なんだなるほどね~。
メイキングで言ってたかもですね。
ってお前、ずっと見てただろうがー!(`m´#)

Pumpツアーだったかなあ、代々木国立オリンピックプールの会場のPA卓近くの席だったので、まだ1才くらいのスティーブンの娘を見かけました。
お父さんが歌い出すと赤ん坊はノリノリ、踊る踊る!
すんごい可愛かった、そしてスティーブンに激ソックリだった(笑)。
2006/03/03(金) 15:33:58 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/110-da848a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。