TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども、ゆうべはRock'n'Roll Hall of Fameの授賞式が超高級ホテルウォルドルフアストリアで開かれたニューヨークです。
セックス・ピストルズ殿堂入り!そしてセレモニーへの出席拒否!
お約束のようにパンクな態度が妙に嬉しいtomoxです(笑)。
でも、リユニオンツアーも相当パンクじゃないと思うんだけど、それはジョニー的にはOKな訳ね?なんて質問したら殴られそうですが。
他の受賞者はブラック・サバス、ブロンディ(ニューヨーク地元民からの受賞、イェーイ)、レイナード・スキナード、そして何故かマイルス・デイビス。
マイルスってロックな訳???
本人亡くなってるから文句も言えませんわな。


ところで、きのう近所を歩いていた時に、上の写真のような映画ロケのトレイラーが近所中に多数停車しているのに気付きました。
こういう事、ニューヨークに住んでると時々ありますね。
ブルックリンに住んでいた時も、私の住むブロックと近くの公園で映画撮影があったす。
昔相棒がハーレムに住んでた頃も1度近所で映画を撮っていて、通りかかった時に相棒が


「あ!あの人、前もHBO(ケーブルテレビのエンターテイメント系チャンネル)の映画に主演してたよね!」


って言ってたけど、芸能オンチ+人の顔を覚えない(それが外人なら尚更覚えられない)私には顔見ても誰だかサッパリだったす。


今回随分楽屋もたくさんなら、停まってるトラックもめちゃくちゃ多くてライトが詰まってるトラック、何故か板が詰まってるトラック、大道具・小道具らしきものが詰まってるトラック、電気系統系が詰まってるトラックと大型トラックが近所中を埋め尽くしてたんで


「これは大掛かりな撮影だなー、ブログネタに見に行っちゃおう!」


と早速取材敢行!

blogranking

↑ロケの様子はこのあとすぐ!
その前にコマーシャル、じゃなくてワンクリック♪






平日の真っ昼間っすよ?
ニューヨーク市警全面協力のもと、通行するにも音を立てるにも映画のスタッフが周囲の人々に声を枯らして注意を呼びかけ中。





隣りにいたおじさん(スタッフ?)に何の映画か聞いてみたところ、9.11の同時多発テロを題材にした映画で、主演はAdam Sandler(日本ではあまり人気ありませんねこの人。アメリカでは結構有名なんですよ)とDon Cheadle(オーシャンズ12に出てます)との事。
アダム・サンドラーってコメディ専門ってイメージですがシリアスな映画に出るんですね。
実は彼の主演の「Big Daddy」をビデオ屋さんの店じまいセールで3ドルくらい(笑)で買って持ってるんですが、この映画の彼が嫌いなんで、あんましいいイメージがない私です。(この映画が好きな人ごめんなさい)
だって、主人公は何もしない・何も変わってない(父性が芽生える以外は)のに美人でお金もキャリアもある出来組のガールフレンドをゲットして、最後はハッピー・ハッピー。
自分を見下していた人達は今までの自分の仕事(駐車場の料金係)とそう変わらない低賃金の仕事(ウェイトレスとウェイター)に身を落としている。
このハッピーエンド、今までの自分の仕事も自分自身もバカにしてる実はコンプレックス満載の嫌なラストシーンに思えるし、何より周りが変わっただけで自分ものし上がった気になっている都合の良さがサイテー。すんごいルーザーじゃないですか?


とは言え、アメリカでは広く知られていて人気のある彼なのでした。
まあ私も彼の出てる映画は他に「コーン・ヘッズ」(爆)くらいしか見てないので、それだけで嫌うのも殺生ってもんです。ただの役柄なんだからね。
人気があるくらいだからいい役者さんなんでしょう(多分。←無責任)
ところでサンドラー氏は現場にいませんでしたが、チードルさん(片仮名表記、コレでいいのか?)はいらっしゃいましたので写真up!!





通りの向かい側から撮影班の写真を撮ってると、さっきまで現場を仕切っていたスタッフがやって来て


「Miss!このブロック一面、映画に使うのでそこに立たないで下さい」


と注意されました。
私の隣りにも野次馬らしき女の子がいたのに私だけ注意されたんで、その彼女と目線を合わせてなんで俺だけ?って顔でクエスチョンマークを発したら彼女は目で笑いかけてきて


「私、映画に出てるの......」


あ、女優さんでしたか!失礼しました。(;^ω^A
全っ然分からなかった、あんまりフツーなんで(爆)。
エキストラだったのかな?(それも失礼な言い草だ)


blogranking

↑お出かけ前にブログをup!
ランキングupを目指して精進する私に、ご褒美のワンクリックお願いします

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
ドン・チードルだー!!
わあ、ドン・チードルだー!!ダメですよ、tomoxさん、「ホテル・ルワンダ」見なきゃ。って、小鳥ちゃんもつい最近DVDで見たばっかなんですけどね。ドン・チードルは、今年のアカデミー賞で作品賞に輝いた「クラッシュ」にも出てます。でも、「クラッシュ」より絶対「ホテル・ルワンダ」のドン・チードルが良かった。あと、「トラフィック」も出てませんでしたっけ。
2006/03/15(水) 07:01:00 | URL | 小鳥ちゃん #w1z4hDVE[ 編集]
えっ、クラッシュに出てた人?
>小鳥ちゃん
今調べてみたら、自分の見た映画に結構出てるじゃん、この人。Swordfishにも、Family Manにも出てたか。ひゃー、顔覚え悪し。そろそろアルツハイマーか?
日本人の顔も覚えられないけど、外人となると更に顔の記憶率がグッと下がるのはなんでなんだ?
脳みそがどうも「自分とは異種のもの」としてはじいてる気が......(笑)。
「ホテル・ルワンダ」は見てないです。
ああ、ルワンダ大虐殺に関する映画なのですね......。
ちょっとキツそう(絶対泣くでしょね)だけど見てみます。
2006/03/15(水) 13:31:46 | URL | tomox #-[ 編集]

私もアダムサンドラー苦手。いつも「足りないヤツ」みたいな芸風でどっちかっていうとアタマに来ます。どこが面白いんだかサッパリ分からないっす。でもうちのダンナさんは好きみたい。アメリカ人にはうけるのか?同じバカでも私はジムキャリーの方がまだ笑える。彼のヒステリックな馬鹿さ加減は本当に面白いのかどーかわからんくて笑うかどうか迷ってるうちにそのヒステリーさにつられて笑ってしまうってかんじ?
でもアダムサンドラーの映画でAnger Managementっていうのがあったけど、あれは面白かったよ。っていうよりジャックニコルソンが面白かった。
ホテルルワンダは私も太鼓判!いろんな意味ですごくパワフルな映画でした。
2006/03/16(木) 08:55:49 | URL | miki6 #-[ 編集]
どっちかていうとアタマに来ますか(笑)
>miki6様
ジム・キャリーは役者さんとしては私も好き。
でも、同時多発テロ後のオールスターチャリティコンサートでの彼の態度があまりにもバカ過ぎて、ちょっとイヤになったす。
私がいちばんダメなのは、実はロビン・ウィリアムスなのよ。多分、関西人に受けが悪いタイプなんじゃないかと。
彼の来日記者会見(with戸田奈津子女史)をテレビで見ましたが、その番組の司会をしていたハイヒール(モモコ&リンゴ)のお2人がシラケた顔で「こういうおっちゃん、新年会とかにいるやんなぁ」「そうそう、酔っぱらってスベりまくりのイタい奴」という散々な評でしたが(爆)私の目にもそのように見えて仕方ないのです。
アメリカ人の笑いの沸点低過ぎ、彼を見て感じるのは意地悪な関西人だからでしょうか。
でも、サタデーナイトライブやMAD TV見て笑うけどね(笑)。
ホテル・ルワンダは締めきり後に必ず見ますです!
2006/03/16(木) 11:14:57 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/125-ba63f33e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。