TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はあ、今日はおうちでまったりデイオフです。
朝から全く部屋から出てないなんて、久しぶりでーす。
またしてもMさんからの頂き物、南部せんべいをバリバリ食ってます。

さてさて、日本からのお客さまも観光4日目となり、一緒にタイムワーナービル地下のWhole Foodsマーケットで朝食デリを共にした後、Sさんは朝からタトゥークラス、その間Mさんを昨夜ライオンキングでご一緒した友人Hちゃんにお預けして、夜はディナーで合流した後、10時からWebster Hallで行われるレディースナイトに行き

「男性ストリッパーのショウを見よう!」

という相棒には秘密の女同士の計画がありました。(きゃあ~♪)
午後と夜、タトゥーのお客さんの予約が入っていた相棒を余裕で出し抜いて抜け出せるだろうと踏んでいた私。
しかしこれが甘かった。
相棒は初日いきなりドタキャンしたにも関わらず、最終日になっていきなり熱血教師と化し、夜のお客さんを自らキャンセルしてまで(えええ~っ)朝から夜遅くまでの熱血指導の鬼になったのです。
2日前の授業は、たった2時間程度で「はい、これで今日は終わり~」みたいなユルいものだったのに、いきなりのこの変わりようは何なんだ!?
グズグズちゃんはエンジンがかかるのが遅いのに、一旦かかると極端にブイブい吹かしまくりで朝からアイドリング全開状態。極端過ぎる......。

私とSさんは朝食以降食事も摂れず(その後のディナーを考えて控えてた)、夕方頃近所のカフェで休憩しながらHちゃんと電話で話していた時、相棒に

「ディナー何時にしようかって言ってるんだけど、どうしよう」

と相談すると、途端に顔が険しくなりまるでゴルゴ13のような形相で

相棒(鬼)「彼女はわざわざニューヨークまでタトゥーを習いに来ているのに、何を言ってるんだ。今日はカラーを入れるところまで全部仕上げて帰ってもらうぞ」

tomox「え、でもMさんとHちゃんとせっかくだから一緒に素敵なところでご飯食べたいし......。最後の夜だし......」

相棒(鬼)「ディナーと勉強のどっちが大切なんだ!?


きょえっ、怖いよ!
仕方なくまだディナー(&ストリップ)の望みをつなぎながらコーヒーやスナックで儚くお腹を満たす私とSさん。うう......腹減った......。
しかもこの時、相棒の態度がやたら硬化してたので、私はそれに腹を立ててしまいSさんの目の前で喧嘩になってしまって(やっぱり、やってしもうた)申し訳なかったす。
あまりに頭に来たので、深呼吸して気を落ち着けに一旦外に出たりして、どうもご心配おかけしました。



結局ストリップは夢と消え、Hちゃんにまるまる1日Mさんのガイドをお任せして(お買い物したり、メトロポリタン美術館に行ったり、イタリアンレストランでお食事したりと楽しい1日だったようです)、Hちゃんの友人のTちゃんと3人でHちゃんのアパートでくつろいでるところへやっと辿り着けたのが既に深夜!
おなかがすいてフラフラで、こんな時間だし吉牛でも買って帰るか(ニューヨークまで来て・笑)と言ってたらHちゃんが冷凍していた湯葉ご飯をチンして春雨スープや子持ち昆布のつくだにと共に出してくれました。美味しかったぁ。
うわーん、ありがとお~。(T△T)

その後、深夜のミッドタウンを歩いてホテルまでお送りしました。

「最初は街も地下鉄も怖かったけど、4日いたら慣れてきた」

とSさん。(でもニューヨークってゴミがいっぱいで汚いね、て言ってました。その通りです~)
最初はバリバリの日本語で

「おはよーございまーす」

「ありがとう!」

「あらっごめんなさ~い」


とアメリカ人に話しかけてた彼女ですが、

「そっかー、Hiって言われたらHi~、って返事したらいいのねー」

と言ってました。
でもそう言ってくる人達、ナンパが多いですからお気をつけ下さい。
この夜もお2人とTちゃんの4人で歩いてたら、すれ違った失礼な野郎どもの団体のひとりが、

「Hey sexy girls, who's giving me a massage?」

などと抜かしやがりましたんで。

Mさんはスレンダーな体に豹柄のキャミドレス、黒いボアコートとブーツという女王様のような格好がとってもお似合いでしたが、Sさんによると彼女、普段は同じジャケットや靴を2回履いてるのを見た事がないほどの衣装持ち&イメルダなんですって。
ちょ、ちょっと要らんもんあったら今度貰いに行こうかな。
ってサイズが合わんわね。
ご自分は内科医、妹さんは弁護士目指して勉強中の優秀&美人姉妹な上、華族の出でいらっしゃいます。(お母さんは乳母やさんに育てられたんだってよ~)
世が世なら、こんな風に気安く口をきいたり並んで一緒に観光できないお姫様だわよー。
平成の世の中なんで、仲良くできる身の上でよかったっす。

Sさん、Mさん、今回予定していたレストランや観光がたくさんキャンセルになってしまって残念だったんでよかったらまた来て下さいね~。
ニューヨークには素敵なところがまだまだいっぱいあります!
是非また一緒に遊びましょうねん。

tattooclass4.jpg練習の成果。
左の羽は相棒、右はSさんの仕上げ。
飲み込みが早いし1年練習したら小さいタトゥーで仕事できるよと相棒の弁。
よかったね~


blogranking

↑今度は週末も入れて1週間くらいゆっくり遊んでってもらいたい!
そいでもって、ストリップも行きたい!
体力はないけど食欲と煩悩だけは旺盛な私にワンクリックお願いします♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
素朴な疑問
タトゥーって、やっぱり痛いですか?
日本のだと、なんかやたら痛そうなんですが。
それと、やっぱり消すのは難しい?
2006/04/02(日) 08:19:35 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
痛いです(笑)
>meimei様
でも、耐えられないほどではありません。
そう痛くない注射程度。
入れる部位によってはちょっと苦痛です。
お肉がなくて皮膚の下はすぐ骨、みたいなところ(肘とか足首)とか、逆に柔らかくて弱いところ(肘の内側など)は痛いです。
あと、手は神経が集中してる上お肉があまりないので、痛いみたいですよ。
日本でも今は機械彫りなのですが、昔ながらの手彫り(長い針をグリグリとこねくり回して入れていく)は見てても痛そうに見えます。
消すのはレーザーでも完璧とは行きません。
見た目でそれと分かります。
でもよっぽどの事がない限り、タトゥーお金払ってまで入れたいと思うほどの人は消さないと思います。
自分の一部なので可愛いですもん。
アメリカだと気にする人いないしね。
2006/04/02(日) 11:08:19 | URL | tomox #-[ 編集]
ストリップ見にいけなかったんだ!残念!(笑)
NY行きをドタキャンして、TOMOXさんに二人の世話を頼み、イタリアに仕事巡業していた間「ストリップは行きたかったよなあ」と思っていたのですが。(笑)

楽しそうで良かったですねー。
今度Sさんとこ行って楽しい話を聞いてきまーす。

今度12月の来日個展の時に同窓会しましょうねー!
2006/04/03(月) 14:21:14 | URL | D.D #-[ 編集]
そうなんですよお(涙)
>DD様
お兄ちゃん達の下着にねじり込むおひねり用の1ドルたくさんあったのにね(笑)。
最後の夜弾ける予定だったのに、残念。
今度は1週間くらいは来てもらいたいですよ。
だって、ダウンタウンはチャイナタウンしかご案内できなかったし、せっかくブルックリンに行ったのに対岸のマンハッタンの夜景もお見せできなかったし......お勉強で来られてたから仕方ないんですけど。

同窓会、楽しみにしていまーす。
2006/04/04(火) 01:41:10 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/147-9f2b7055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。