TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この子はChloe(クローイー)という名前の6歳の女の子、アメリカンピットブル種です。
私の彼氏のルームメイトの犬。彼氏も黒いピットブル種(名前はマリ、コロンビア産まれ。もう10歳を超えたおばあちゃん)を飼っているので、彼のアパートには2匹のデカい犬がいつもいます。

日本の皆様にはお馴染みの薄いピットブルという犬種は、ニューヨークでは割と人気があるものの、もともと闘犬種で体も大きめ(特にアメリカンピットブルは大きい)なので、怖がる人も多いんです。顔も、愛嬌たっぷりだけどご覧の通りブサイクちゃん。
捨てられたピットブルは引き取り手が見つからない、という話も聞きます。
見かけが怖いピットブルですが、実に人懐こくって可愛いものです。
マリは飼い主である彼に本当に従順で、忠犬そのもの。
クローイーは、今の飼い主に飼われるまで紆余曲折ありすぎて、しつけがちゃんとできてなかったせいか、全くの自由気ままだけど大の人間好き。



実は、クローイーは昔、アメリカ人の同棲カップルに飼われていた幸せな子犬でした。
カップルが別れて男性の方に引き取られたクローイー、しかしこの男性がドラッグ中毒となってしまい、引き取り手のないクローイーは彼の友人の間を転々として暮らしました。
うちの彼氏が面倒をみていた時もあるし、私も一時期、2~3ヶ月ほどクローイーと暮らして面倒をみていました。そうやって転々とした後、同棲カップルの女の子のほうだった元彼女に引き取られる事になり、彼女は飼っていた猫を手放してまで(彼女のその時の彼氏のお父さんが引き取ってくれました)クローイーと暮らしだしたのです。

このクローイーという子があまりにユニークなので、いつか絵本にしてみたいなぁ...と思っています。
彼女は公園の水飲み場で水を飲むし、タイヤやボールが大好きで、見かけたら絶対追いかけるからこっちは引っ張られて危なくてしょうがありません。
一度、公園のベンチで本を読んでたら、ベンチのそばに寝そべっていたクローイーが子供の蹴ったサッカーボールに反応して急発進し、手に持っていた引き綱に引きずられて、ちょうど地面に落ちていたガラスの破片で足が血だらけになった事もありました。
マリとクローイー、2匹の犬を散歩していてもお利口なマリは私が立ち停まれば一緒に停まって私を待ちますが、クローイーは行きたいところがあればお構いなしに私を引っ張るし、歩きたくなくなれば(この子はデブなので特に夏は暑がって歩きたがらないんです)ドテッと歩道に寝転んでこっちが怒ってもなだめても知らん顔。
芝生があると寝転んで、なぜか背中をぐりぐり、ぐりぐり芝にこすりつけてばかりいる。
マリは食べ物が地面に落ちていても絶対に拾いませんが、クローイーは見つけた次の瞬間に口に入れている。雪が大好きで、雪も食べちゃう。
マリは散歩に行くと、オシッコもウンコもちゃんと土のあるところでしたいので、土のあるところに着くまでは我慢してますが、クローイーはどこでもお構いなし。アパートから出た途端、歩道にオシッコしちゃうし、人んちの門の前でウンコしちゃう。
また、そういう時に限ってそこんちの人が玄関先にいたりして、こっちは冷や汗をかきながら平謝りして素早くウンコを片付けるハメになります。
ニューヨークではスーパーやデリの前の歩道にくくられて、飼い主の買い物の間大人しく待つ犬を日本よりよく見かけますが、クローイーを預かっていた頃、何度か買い物の間待っていてもらおうと彼女を置いて行くと、猛抗議の嘆声が店中に響き渡る結果となり、店の人に笑われる事もしばしばでした。
また、彼女は子牛のように巨大なので、よく人に"How old is he?"などと聞かれるので、私は一時期彼女に”Girl"と背中に書かれたピンクのTシャツを着せてました。 

マンハッタンのあちこちの公園にはドッグランと呼ばれる、犬を放し飼いにできる囲い込みのエリアを設けられたところも多く、種類も大きさも違うたくさんの犬達が楽しそうに遊んでいて飼い主達も交流しています。
ちゃんとしつけられているのか犬同士の喧嘩も滅多になくて、皆吠えもせずにお行儀よく仲良くしています。子犬の頃、しつけ教室に通う犬も多いからでしょうか。
日本に見られるような犬種の流行りすたりも感じません。どっちかと言うと、「それ、一体どういう犬?」と思うようなミックス犬も多いんです。

日本にいた頃は、家族が飼っていた可愛い小さなマルチーズや、日本犬の犬種が好きでしたが、クローイーに会ってからというもの、ブサイクな犬が可愛く思えてきました。
ピットブルだけでなく、ブルドッグ系(フレンチブルドッグやボストンテリア)、それに25年前に日本で初めて見た時「超ブサイク!」と思ったブルテリアも、今は愛おしく思えます。

↓ピットブルのサイトです。可愛い写真がいっぱい!
http://www.theunexpectedpitbull.com/
blofranking

↑おバカなクローイーちゃんに応援のワンクリックを♪

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

ブログ開設おめでとうございます!!
アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/lllas_prf/
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
参加するにはこちらからが便利です
お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/lllas_prf/?mail
2005/11/15(火) 16:16:11 | URL | みんなのプロフィール
#-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/15-340f559f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。