TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ハリーポッターと炎のゴブレット」が今日から封切りです。
(ニューヨーク時間で11月18日、金曜日より。)
朝のニュースでは、朝から映画館前に並ぶ人達の映像を映していました。
でも、私は既に昨晩(木曜日)、という今朝早く(真夜中から)の上映を見て来てます。
もう、早く見たくてワクワクして待ちきれなかったんです(笑)。
風邪具合は完治はしてなかったんですけど、こういう時はワクワク感に従うと大抵治ってしまうものです。
前日まで微熱があったと思えないくらい、元気いっぱいでした。
まさに、病は気からです。

ニューヨークではプレミアショウが先週、映画のキャストを招いて行われています。
その様子をニュースで見ながら「どこかで見た風景だなぁ...」と思ってたら、この春まで住んでいたアパートのご近所、隣ブロックにあるホテルでした。

チケットはインターネットで予約しました。
上映の30分から45分前には上映館に着いて窓口でチケットを引き換えろというeメールをもらってたので、23丁目にある映画館に夜の11時に彼氏と待ち合わせたのですが、もうその頃には映画館は満員状態!
黒い魔法使いローブや、ハリーの学生寮であるホグワーツ校のグリフィンドール指定のマフラーを首に巻いて来た人も多く見かけました(ニューヨークは昨日から急に真冬のように寒くなりましたので)。
スターウォーズの新作封切り日ほどの仮装組はいないものの、みんな工夫をして楽しんでいる様子、否が応でも盛り上がってきます。
映画が始まった途端キャアー!!という歓声が沸き、次の瞬間あちこちからたくさんの「シーッ!!」という注意が飛び交って、本当に待ち望んだファンだけがこの上映を見てるんだなあといった雰囲気。
皆、ハリーのいじめ役のマルフォイが魔法でイタチに変身させられてしまうと大声ではやしたてて喜んだり、優等生のハーマイオニーが普段の姿とうってかわって、ダンスパーティーに髪を結ってドレス姿で美しく登場するとヒューヒューとひやかしたり、ハリーが3大魔法学校対抗試合の代表選手として選ばれて、その課題に危機を乗り越えてパスすると、やんややんやの大喝采が上がったりして、まるっきり映画に参加しきっています。
アメリカの映画館での観客の反応は大体、大声で笑ったり驚いたりと日本人からするとハデ。日本人気質バリバリの私はアメリカ人の友人と映画を見に行った時、「ワハハ!ガハハ!(←大声)」「オーマイガッ!」「ジーザス!」といった友人の反応のハデさに「ハズイ...こいつとはもう一緒に見たくない」と思った経験もあるのですが(悪気がないのは分かっていますが...恥の文化の壁は厚い)。
でもこの日の観客はファン度が高いせいか、普段の映画館より一段と熱のこもった反応で、みんな心から楽しんでいるのが伝わってきて私も心から楽しめました。
この映画PG13(Parental Guidance-13/13歳以下の児童にふさわしくないシーンを含む映画)なのですが、やや残酷な場面、怖い場面もあるのでそうなったのでしょう。

この日、先行上映に沸く映画館の写真を撮ろうと思ってデジカメを持って行き、またやっちまいました...電池切れです。(T_T)
それも、バス停の広告に、大好きなエアロスミスのギタリスト、ジョーの写真が使われていたので、映画館に行く前にそれを撮ったらそこで電池切れ!
...電池の残量には十分気をつけましょう。

joeandtony.jpg
 Joe Perryとその息子Tony, Brooklynでビリヤードの図。


blofranking

↑プライオア・インカンタート!ワンクリック!
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
ジョーの写真!
ブログ開設、おめでとうございます。
お知らせもらって、読み始めたら、きゃー、ジョーの写真だわ~♪
バス亭にこんな広告があったら、バス待ちも苦にならないのになぁ。
美味しい写真をありがとうございます。眼福!
2005/11/28(月) 11:03:07 | URL | りょう #Gwbh409o[ 編集]
りょうちゃーん/3連発!ありがとおーo(≧∇≦)o
バス停にはいろんな写真があるんですよー。
映画の広告もよくあるけど、タマにこういう美味しい写真もあります。...しかしこれ、何の広告なんすかね?(笑)
こちらのテレビのコマーシャルでは、ちょっと前にデジカメの宣伝にスティーブンが出てましたよ。
そんなスティーブンも今ではお祖父ちゃんに...世界一のファンキーじじいになって欲しいです。
2005/11/28(月) 12:19:14 | URL | tomox #-[ 編集]

こんにちは。
アメリカの映画館の様子、興味深く読ませてもらいました。何かコンサートみたいで楽しそうですね。
私は小説でしか4は見ていないのですが、地上波で放映されたら必ず見るつもりです。(いつになるかは分かりませんが...)
2006/01/20(金) 16:58:18 | URL | はにまる #KBnKkwjI[ 編集]
いらっしゃいませ
映画は、空想でしかあり得ない世界が実際に目で見れるのがいいですよね。
ホグワーツの学校や寮の中、ダイアゴン横丁、それにヒッポグリフやドラゴンが見れるのは楽しい。
ただ、4作目は初の上下巻という長編だったせいか、短時間で話を納めなければならない映画の方ではかなり話をはしょってる部分もあって、唐突にロンの家に3人とも泊まってたり、最初のセドリックもさくっと現れ過ぎだし、ワールドカップなどよくわからない内にあっさり終わってたのが残念。
ってあまりネタバレするといけませんね。
失礼しました。
2006/01/20(金) 17:48:29 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/18-294d1a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ハリー・ポッターと炎のゴブレット その2
●『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』2005年11月26日公開。先行が19日土曜日公開どれだけ動員できるか楽しみシリーズ物でこれだけ早く続くのも久しぶりかな。ダニエル・ラドクリフも少しづつ大人感がましてきたみたい。ただ、今回のポスターや映画チラシ....
2005/11/19(土) 17:14:02 | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
洋書『ハリーポッターと炎のゴブレッド』ネタバレ感想文です。~Remember Cedric Diggory.
ハリーシリーズの魅力[:プレゼント:]は、魔法・ファンタジー[:よつばのクローバー:]、学園・青春モノ[:学校:][:さくらんぼ:]、本格ミステリー[:びっくり:]、教訓的寓話[:拍手:]の4要素に集約されているように思えます。『ハリーポッターと炎のゴブレッド[:読書:]』は、特
2006/01/19(木) 21:46:41 | 英語の本を原書で読みたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。