TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども...今日は本当に春めいた1日でしたね。
こんなナイスなニューヨークにいるのに、外をお散歩もせずに雑用を片付けお仕事の段取りをしてる自分。
そういや日本はゴールデンウィークか~、と遠い目をして思いを馳せております。
でも自分も、今度の週末はプチ旅行だもん!
女2人旅で2泊予定。
それまで真面目にお仕事とジムに励みまーす。


てな訳で(どういう訳だ)またまた追っかけ思い出日記です。
ミーハー嫌いの方、ゴメンなさいねー。


上の写真は、2002年のロンドンRoyal Festival Hallにて3日間に渡って行われたダーリンのソロコンサートからです。
以前の記事Terry Bozzioでもお伝えしましたが、豪華ゲストがたくさん来て 、もしや引退記念イベントかと一部ファンを焦らせるほど盛り沢山な内容でした。


イベントとして楽しむには充分すぎる濃い内容ですけど、あれはソロコンサートとして見るものではなかったですね。
統一感はなくとっ散らかった内容でしたので。
2部構成で、まず1部は当時のバンドメンバーとジェフの歴史を振り返るような選曲から始まり、Jimmy Hallが何曲かヴォーカルを加え、最後にダー曰く「Hardest Part」のギターショップトリオで締め。
2部目はいよいよさまざまな豪華ゲストとそれぞれ共演しながら歴史を振り返る、みたいな進行でした。
1部は「Bolero」から、2部はヤードバーズナンバーづくしで始まって超珍しい選曲なのは嬉しかったんですけど、このヤードバーズセットwith White Stripesがクセモンでした(笑)。

blogranking

↑この後、長文。
ミーハー話は後半にあります。
あ、ここで帰られる方!クリックして行って下さると嬉しいです!



いや、ホワイトストライプスは聞いたことはあるけどよく知らない、人気あるんだってね~程度の知識で臨んだバンドでした。(相棒がCD持ってるんで)
コンサートが始まる前、ホールの横の通路あたりに椅子やテーブルがあったんで、そこで買い込んだサンドイッチなど食べつつ、リハを聞いてたんですね。
ホワイトストライプスの2人と何度もリハーサルしてたのは「Heart Full of Soul」だったんですが、いきなりオクターブ高く絞り出すような声で歌い出したJack Whiteに、私も友人もギョッとしてサンドイッチを喉に詰めそうになって顔を見合わせました。
いや、マジで鶏でも絞め殺されてるのかっちゅーような、アルフィーの高見沢も真っ青な絶叫型声枯れ枯れ歌唱法だったんです。

「これ、何...?マジでこれ演るの?ジェフはそれでいい訳?」

と不安が広がるリハでした。
やがてリハが終わる頃だったか、当時のダーのプロダクションマネージャーの方がやって来ました(現在はダーと一緒に仕事してないんですけど、この方も本当~~~に心の大きな暖かい方で、ファンの私達を妹を見るような目で見てくれる方なので、私は彼をお兄ちゃーん、と慕っていました)。
久しぶりに会えて嬉しくてしばらく雑談してたら、彼は複雑な顔をして

「....ところでさー、さっきのリハのホワイトストライプス、どう思った?」

と探りを入れてきました。
それまでにさんざん、アレはあまりに酷いよねーと喋ってたものの、口を開けば悪口しか出てこないような内容だったのが忍びなくて

「それを私らに言わせる訳?ズルいー、自分の感想をまず言ってよ」

と意見を押しつけあいつつ(笑)、ああ裏方でさえこのカップリングを不安がってるよ、大丈夫なのか?と更に不安の色を強めてしまいました。


......で、本番は予想通りに絶叫型歌唱に耐えながらの内容でした(爆)。
ドラムのメグはバスドラにヤードバーズのロゴを入れてきてそれなりに気合いは入ってたんでしょうが、如何せんオカズを叩かないドラマーは慣れない曲目をこなすのにあちこちでモタっていましたし...。
あのー、高校の学園祭ですか?
ジェフはそれなりに楽しそうに演ってましたが。
まあダーは子供が好きだからねって事で(笑)。
話に聞くところによると、打ち上げでもジェフはジャックにずーっとギターの事を教えてあげたりしてて可愛がってたようでした。
若いお友達ができてよかったね......。はあ。


ゲストへの敬意からかRoger Watersパートは完全にロジャーに花を持たせたような感じだったし、John McLaughlinもジェフは完全サイドギタリストとして1歩下がってる感じでした。
個人的に良かったのはもちろんギターショップトリオの凄さが再確認できたことと、Imogen Heap嬢!生Rollin' and Tumblin'、えがった!
酋長みたいな派手ハデな衣装で張り切ってやってきた彼女はすごーーく可愛くて(あんなの似合う人珍しいよ)、男だらけ(ジェニとメグはいたけども)のコンサートの中でいちばんの華でした。
Paul Rogersが初めて見られたのは嬉しかったけれども、あれよあれよという間にGoing Down1曲でサクッと帰っちゃって、ちょっと消化不良かなあ。
せめて2,3曲やってくれりゃ、いいものを。
アンコールでいやいや「Hi-Ho Silver Lining」を歌っていたダーを見れたのもご愛敬でした。
ではでは、ちょっとコンサートの写真アップ!




jeffbeckfes002.jpgwith John McLaughlin
ダー、髪の毛なぎ倒されてますし


jeffbeckfes003.jpgwith Paul Rogers


jeffbeckfes005.jpgいやー、お疲れお疲れ


jeffbeckfes004.jpgwith Jimmy Hall


jeffbeckfes006.jpgwith Jack White



ところで、某掲示板に以前も書いたですが、このイベントはダーの地元ロンドンでのものだったので、当然ダーの奥様(当時はガールフレンドですか)のサンドラが毎日、見に来てたんですね。
で、リハにはダーひとりで来てたけど、帰りは2人一緒の車で帰ってる姿を毎日、見てました。
あれは初日だったかな?
サンドラと車に乗り込んだダーがスモークガラスで見えてなかった私は、ダーどこに乗ってるんだ?とガラスに顔をくっつけて(爆)見てたら、どうやらガラスのすぐ中にいたみたいだったらしく(笑)、中から見たら異様な光景だったせいか窓ガラスを降ろしてくれました。
その時、中にいたサンドラが私が手に持ってたatsu.さん手作りのジェフ団扇(毎回デザインしてくれる私的ツアーグッズとして、スタッフの皆さんも愛用中!)をじっと不思議そうに見つめていたので、ああ彼女にもあげてもいっかと思って(atsu.さんの私へのギフトだったんだけど...ゴメンよぉ~。それも、テリー・ボジオのサイン入りだったんだけど)そのまま車の中のサンドラに渡しちゃいました。


そしたら翌日、コンサート前にサンドラが客席に座ってた私達を訪ねてやって来たんすー。

「きのうジェフに団扇をくれたの、あなた?」

って後ろから声をかけられて、一瞬誰か分からず、

「いや、団扇はジェフじゃなくて彼のガールフレンドにあげたのよ」

と答えて振り向いてよくよく顔を見ると、きのう見たサンドラの顔がニコニコ笑ってました。いや~、ビックリ。
そんでちょっと挨拶してたらいきなり、

「これはジェフからよ」

って、私とatsu.さんは小さなギフトボックスをもらっちゃったです。
驚きました。
atsu.さんは前日、ジェフにギフトを渡してたけど、私はなーもしてない(団扇だって元々、atsu.さんからの貰い物・笑)のに!
「ジェフからの」ギフトには小さなカードがついてて、確かにジェフのサインが入ってましたが、彼がこんなマメな事をファンにするような人じゃない事は分かりきってます。
これ、ぜーんぶサンドラが考えてやってくれた事に違いないです。
前日atsu.さんのギフトを見たり、もらった団扇からその由来や今までのしつこい日本のファンの話(笑)をジェフから聞いたに違いない彼女が、コンサート前に小さなお返しを用意してジェフにカードを書くのを強要し(笑)、私達を捜していたんだと思います。
その上、ステージに立ったジェフは、なんと前日のatsu.さんのギフトの中に入ってた、犬のピンバッヂを胸につけてたんですよーん!!
繰り返すようですが、あの方はそんな事思いつくような気の利く人じゃありません。
出番前に、サンドラが

「つけて出れば喜ぶでしょー!?ほら、つけたげる!」

とジェフにピンをつけるよう強要したのが目に見えるようです(笑)。





コンサート後、またサンドラが私達のところに飛んできました。
そして、

「胸にピンしてたの、見てくれた!?」

と嬉しそうに聞くじゃありませんか。
気の利かないボーイフレンド(笑)の代わりに一生懸命ファンを喜ばせる事を考える彼女がちょっと愛しくなりました。
それでありがとうの気持ちで思わず彼女をギューッとハグしちゃいましたです。
その時、彼女の後ろで私達の様子をニコニコと見守る、眼鏡をかけた面長な年配の女性に気付きました。
今考えると、あれはジェフのお姉さんだったんじゃないか......って気がしています。


コンサート後、裏口にファンがわんさか溜まってたし裏口に車が横付けされてたんで、これじゃひと目も見れないなーと追っかけの読みだけはいい私は敷地を見回し、車が一時停車するところまでひとり移動して待ちました。
案の定、発車した車は公道に出る前に一旦停車、私はお礼の手紙を持ってたんで渡せないかとイチかバチかヒラヒラと車に向けて手紙を振ってみると即、窓が開いて中からジェフが

「Sweetie! Sweetie!」

と大声で呼んでくれました。
やったー、と窓に手を伸ばして手紙を渡すと、いきなりジェフが

「ペン持ってる!?」

と聞くので「?」と思いつつバッグからペンを出して彼に渡しました。
そしたらなんと素早く私の渡した封筒の上にサインして、グイッと返してきたんで考える間もなく思わず受け取っちゃいました(涙)。
彼の大きな勘違いに気付いた時には、車は発車してました。

「ちょっとぉー!サインじゃないんだってばー!」

という私の地団駄もむなしく、車はみるみるうちに小さくなっていきましたです。
(T△T)




blogranking

↑その後、買った鉢植えにArnold(ジェフのミドルネーム)とSandraと名付けて
可愛がってたのに、枯らしちゃいました...。
こんな私を許してくださーい。
ワンクリック応援、よろしくね♪



スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
個人的にタイムリー♪
さっきまで、ちょうどそのときのブートDVD見てたんですよ!
Jeffの胸になんか小さい白いものがついてるけど、何なんだろうと思ってたんです。プレゼントのバッジだったんですか^^
サンドラさん、すてきすてき!そんなやさしい女性がダーのそばにいるなんて、嬉しいなぁ。
ダーは果報者だわ。
プレゼントのマスコットもかわいいし、私まで心がほこほこしてきちゃいました。
それに、DVDでtomoxさんたちの存在を再確認しちゃったわけで♪なんか、楽しいvv

私も、あのジャック・ホワイトの歌は最初ちょっと、いや、かなり、なんじゃこりゃだったですけど、もともとキース・レルフの歌に不満だったんで、今日は楽しんでしまいました。
ヤードバーズの曲は好きなので、誰かもっとうまい人があんなふうにたくさん歌ってくれないですかね~。
以前オリビア・ニュートン・ジョンのジョリーンをホワイトストライプスが歌ってるビデオを見たんですけど、あんな感じで;
まるで呪いでもかけてるみたい;
やっぱり、スタッフでさえ、??だったんですね、あれは^^;

ロジャー・ウォータースさんのとき、ダーがすっごい楽しそうだったのが、とても印象的でした。

お手紙渡せなかったんですね(涙)
ファンレターは読んでくれるのかな?
きっと読んでますよね、さもないと、サンドラさんに怒られちゃったりして(笑)
2006/05/02(火) 22:53:20 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
いっ!?映ってるの?
>meimei様
ブート...そーだよね、あの会場写真もビデオも撮り放題だったもん、簡単に作れるよね。
時々ブートCD聞いてると、自分の席の近くに録ってる人がいたらしく、日本語が聞こえてくるです(笑)。
確か、ペイジプラントでもそういうのありました。
RFHの時は、大勢日本から来てたけど、あの日は皆が前に詰めかけた覚えがあるんで、ステージから見ればかぶりつきの半分の顔、日本人だったんじゃないかなあ(笑)。
サンドラちゃんによくしてもらったのはいい思い出です。
以来あの2人が喧嘩したと聞いても、「あー、それはダーが悪いんだわ」と無条件で考える私です。
2006/05/02(火) 23:47:40 | URL | tomox #-[ 編集]
サンドラ 最高~~
あのRFHの時はJEFFよりサンドラちゃんにヤラレタなぁ。
席まで来てくれた時、上からたーいへん音楽的な美しい声が降ってきまして。
それがサンドラだったのよ。
「ミズ サンドラ?!」って聞いたら
「そうよ!」知ってるの?っていう表情だった。パッと笑顔が弾けてさ。
そりゃぁ、知ってますとも。
ハグしちゃった時もいい匂いでしたわ~。
あの白いワンコのバッチがJEFFの胸にちょこん、と見えたときは、マジ腰が抜けてました。(って座ってたんだけどね)
ワンコのぬいぐるみでお返ししてくれた。
追っかけのファンなんかに、優しすぎるよサンドラちゃん~~~!(感涙再び)

やー、この6年間、皆勤賞に追っかけを続け、なにが素晴らしいかって
JEFFを巡る人たちなのですね。
その思い出は本当に宝石のようなエピソードばかりなんですよ。
つまり、あんな素晴らしい人たちを惹きつけているJEFFなのであった。 という事なのですけれど。
ついあのピヨピヨ顔を見てると、偉大さを忘れてしまう。いかんいかん。

ホワイトストライプス。
ジェニファもそーとームカついてたねぇ。
2006/05/03(水) 00:17:51 | URL | atsu. #-[ 編集]
サンドラさんの話に感激
たびたびお邪魔します。サンドラさんってとっても気の利くいい人なんですね。ジェフってまめじゃなさそうだから、こういう出来た人じゃないと持たないような気がする。むかし長らくつきあってた、Celia Hammondさんもしっかり者ってかんじですよね。
でも日本のかなり熱心なファンにも、彼のガールフレンドのことってしられてないんですよね。
2006/05/03(水) 04:32:49 | URL | JB子 #-[ 編集]
書き方悪かったでした;
えと、客席は見えてなかったです。
十分見えるような、望遠ではあるけどすごくきれいな映像ですけど。
ただ、tomoxさんの話と、実際に見てるバッジが合致してるなぁと。そゆことです。
びっくりさせちゃいましたね;

余談ですが、Rollin' And Tumblin'では、ビデオ撮影者らしい人の、こりゃ圧倒された、みたいな、「うほほ~」という声が入ってました。
あの演奏、イモージェンも含めて、すごくかっこよかったですね!
2006/05/03(水) 09:19:13 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
ジェフの周囲の人達
>atsu.様
サンドラもですが、ダーに関してはスタッフにもバンドメンバーにも大好きな人がたくさんいるです。
ジェフが人を見る目があるのか、彼がそういう人を惹き付けるのか、私達ミーハーにまで特別に良くしてくれているこの方々に大切に守られているダーは周囲に恵まれた人だなあといつも思ってます。
ピヨピヨって言ってるけど、atsu.さんはいつもダーを楽しませる事を考えてあげてる上、ダーの周囲の人達にたくさん感謝と愛情を形にして表してて、本当に愛のあるファンだなあと私、マジで感服してるですよ。
ダーにも感謝しています。
私の人生に、音楽以上の多くのものを与えてくれた人だからね。
私も彼のピヨピヨぶりに時々それをすっかり忘れますけど、気をつけたいと思います...。
2006/05/03(水) 12:43:13 | URL | tomox #-[ 編集]
少しは知ってるんじゃないかなあ?
>JB子様
ジェフは基本的にとてもコミットのあるタイプちゅうか、ガールフレンドとは必ず一緒に住むし長く付き合うしどこでも2個イチで出かけるですよね。
だから、熱心なファンは彼のガールフレンドの事、少しは知ってると思いますよ(コロコロ短期で変わらないからね)。
特にセリアは「Truth」のジャケットになってたし。
サンドラは女優さんとしてはそう知られてないかもだけど、日本に一緒に来てた事もあるし皆なんとなく知ってるんじゃないかなあ~。
2006/05/03(水) 12:49:33 | URL | tomox #-[ 編集]
あ...映ってなかったようです(笑)
>meimei様
お目汚しがなかったようで、ひと安心(笑)。
ピン、小さいけどちゃんと映ってるんですねー。

そうそう、Imogenと言えば、あの衣装のままホールまで歩いてやってきて、歩いて帰ってったのには驚きました。
しかもごくフツーの格好のボーイフレンドと手をつないでたけど、彼は勇気あるよなぁ。
どこの集落の酋長ですかっていうようなステージ衣装の彼女だったもんなぁ(笑)。
2006/05/03(水) 13:01:33 | URL | tomox #-[ 編集]
Imogen
私もあの格好で帰っていくのを見た時はびっくりしましたが、後で彼女はあの付近に住んでいることを知って納得しました。
2006/05/03(水) 14:35:44 | URL | 今野 #-[ 編集]
へー、あんな都心に!
>今野様
あそこってテムズ挟んでビッグベンが見えててユーロスター(でしたっけ、新幹線みたいなの)の駅があって超都心なんでわ...。
そういえば、RFHの裏手で道挟んで向かい側のホテルにトニー・ハイマス泊まってたですねー(そっから出てきて入ってってまる分かり)。
え?ひとり?って不思議でした。
ゲストで来てたミュージシャンの皆さん、そういえば殆どひとり行動(マネージャーとかなし)でしたねー。
2006/05/04(木) 00:52:32 | URL | tomox #-[ 編集]
毎度~~~!(*^o^*)/
トモちゃん、こんにちわ!
このサンドラさんのお話、この時帰国したばかりatsu.さんからもお土産話でお聞きしておりましたん♪
しかし、あらためて、ほんっとに!サンドラっていい人だー!!!
トモちゃんも言ってるように、ダーはほんとにそこまで細かく気を回してくれそうもないので(笑)、彼女が何もかもお膳立てしてくれたんだろうねって言ってたんですよー。
確か、某サイトさんのBBSのカキコで見かけたと思うけど、1999年のジャパンツアーでも一緒に連れてきてたみたいで(あの時は途中で先に帰国(っつーかハワイかどっかに行ってたみたい?)してたみたいだけど)、ホテルのバーで彼等に会ったある男性ファンの方が、サンドラさんから1本の赤いバラの花をいただいたんだって。
ほんとに素敵な女性ですだー(*^^*)。
2006/05/04(木) 09:30:55 | URL | ジェフ・ベッコ #ZfuooOtw[ 編集]
ハワイはその後ダーも行ってたんじゃなかった?
>ベッコちゃん
ま、そんな事がありましたか。
私は日本ツアー見たの、去年のが16年ぶりだったんで(笑)、その間の日本公演は見てないっす。
あの時なんでかサンドラはひとり先に日本を出たんだよね?
それでとり残されたダーがグレてた話だけは聞いております(笑)。
って、子供かい......。
あとで一緒にハワイなんだからいーじゃんねえ?
2006/05/04(木) 11:41:36 | URL | tomox #-[ 編集]
ダーもハワイ行ったみたいねー♪
そうそう。あの時は確かツアーの後、そのようになっていたみたいね。
私が某ホテルでお手洗いに行った後、通りかかったら(ヲイ)、某ホテルのピンクの電話(って漫才コンビじゃないよ(笑))で国際電話をダーはかけてました。
あれは、サンドラと話してたんだー♪
真剣な顔して話してたけど、何気に手を振ったらちゃんとお手手振ってお返ししてくれたダーなのであった。(^-^;
ちなみにその時のお洋服は、BS2でのライブでの衣装と同じものでした(笑)。
あ~~~!!!ミーハーネタって楽しーーー!!!(笑)
2006/05/04(木) 15:49:43 | URL | ジェフ・ベッコ #ZfuooOtw[ 編集]
(笑)ステージ衣装を普段も着るってのはどうかしら~
>ベッコちゃん
そっか、...去年来日時も実はお仕事相手との会食とか飲み会とかに出かけるちょっとオシャレする時は、ダー、必ず(爆)ステージ衣装を着用してたです。
そして、翌日のステージには必ず前日着用の衣装で現れてたので内心、いいお洋服をステージ衣装しか持ってないのかなあと不思議に思ってたですが、ずっとそうしてるのかなあ。
アメリカでそういうオシャレする機会のダーを見たことなかったんだけど、パーティーの写真とか見たらやっぱりステージ衣装...。
もっといいお洋服持ちなよ、と思って実は1着、カジュアルに見えるけど黒革の入ったお洋服をプレゼントさせて頂きました。
ベッコちゃんがあげたお洋服はダー、愛用してるよねぇ。
2006/05/04(木) 22:32:52 | URL | tomox #-[ 編集]
調子に乗ってまたまたコメント(笑)。(っつーか乗り過ぎ???( ̄▽ ̄;))
トモちゃん、毎度お騒がせしておりまっす。(^^;
ところで…、あのフード付きの黒ベストでしょ?(笑)
今はどうだろう???3年以上はぶっ続けで着てくれてたみたいですけど(笑)。
も~~~プレイヤーの表紙にまで登場したのには嬉しさを通りこしてました…( ̄▽ ̄;)。
トモちゃんのプレゼントしたお洋服、確か去年のツアーの最終日にダーはステージで着てくれてたらしいっすよ?違ったっけ~~~???
2006/05/05(金) 12:01:59 | URL | ジェフ・ベッコ #ZfuooOtw[ 編集]
自分の目で見てないんで~
>ベッコちゃん
プレゼント品、どーもステージで着てくれたらしいとは聞いてるんですが、私はそのステージ見てないんでよく分かりません。
黒で、胸の辺りがメッシュみたいになってて、両脇が皮だったように思う(記憶アヤフヤ)。
自分の彼氏への日本みやげより金かけました(爆)。
ベッコちゃんのギフトのはかなーり愛用して着倒してたね、ツアーにも持ってってたし、取材でも着てたし。
よっぽど気に入ってるんだよね。
でも、フードずっと出しっ放しにしてなかった(笑)?
2006/05/05(金) 13:08:13 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/185-e451f679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。