TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども、お久しぶりです。
ワシントンDC旅行帰りでちょっと今日はボンヤリのtomoxです。
DCであんな事やこんな事、いい思いをたくさんして帰ってきました。
ゆうべはニューヨークに帰って来るや否やご近所のカジュアルフレンチでディナーして、デザートまでしっかり食べてよく眠って旅行疲れを回復してます。
旅行中もしっかりおやつまで食べてたんで、体重躍進中!!(T△T)
ボンヤリしてるとは言え、今日はたまった雑用をこなしてます、とほほ。


さてさて、DC旅行記をアップするに当たってやはし真っ先にお伝えしたいのはDCの動物園、National Zoological Parkで去年産まれたベイビーパンダのタイシャンのこと。
タイシャンは漢字だと「泰山」です。
立派なドッシリした名前とは裏腹に、まだまだお母さんにベッタリのおチビな彼に会うのが楽しみで楽しみでも~この日が待ちきれませんでした。
きのうは朝から小雨。
タイシャンに会えなかったらどうしよう、という心配をよそに、彼は濡れるのを全く気にせず歩き回って木に登って、と元気いっぱいでした。
ではきのうのタイシャンの様子をご紹介~。


tai3.jpgママのそばで寝っ転がって
ひとり遊び中

tai4.jpgママの後追いが激しいタイシャン。
ママのメイシャンが振り払ってもこの調子

tai5.jpg構ってもらえないので
ひとりで木登り開始

tai6.jpg木登り、とっても上手だけど.....

tai7.jpgこーんな細い枝にも
平っちゃらでつたっていく
やんちゃぶり

tai8.jpg4つ足をかけてぶら下がり出して

tai9.jpg遂には手だけでぶらーん......。
「きゃー、Tai!気をつけて!」の声にも
「ん?」てな様子の大物ぶり



と、このように午前中は活発なタイシャンでしたが、やはり赤ちゃん、お昼前からすっかりお昼寝モードになりました。
後編に続く!!


blogranking

↑留守中、ランク大転落。(T△T)
ワンクリックで応援してランキング上げてやって下さーい!!


tai10.jpg11:30AM。
タイシャン、木の上で熟睡中

tai11.jpg母はモリモリ食事中

tai12.jpgしばらく眠って、ふと目が覚めたものの

tai13.jpg起きらんない......。

tai14.jpg手で目を何度もこすって
眠たげなタイシャン

tai15.jpgその間、母は大いに
食事をエンジョイ中

tai16.jpgまた眠っちゃった......。

tai17.jpgと思ったら、地面へ降りたそうな様子

tai18.jpgしかし、ふと虚空を見上げて
考えるタイシャン

tai19.jpgそして2度寝決定(笑)

tai20.jpg2:00PM。
飼育係のお姉さんが笹を持ってくると、
目を覚ましてスルスルと降り出しました

tai21.jpgよいしょ、よいしょ

tai22.jpgあむあむあむ...
んまいー!!

tai23.jpg少しだけ食べると、母のもとへ



ここで時間切れ。
ホテルに荷物を預けてあるのを取りに行ってから、遅めのお昼ご飯を買い込んでUnion Station4時5分発のアムトラックに乗る予定なので、名残り惜しいけどタイシャンとはバイバイ。

しかし、パンダは可愛いっす。
昔、生物の先生に受けた講義で「なぜパンダは可愛いか」というテーマがありましたが、その理由は「動物が子供時代に備えている特徴を大人になっても持っている動物だから」だそうで、その特徴とは

1.体に比較して頭の割合が大きい
2.頭、手足など体のパーツが丸っこい
3.体毛の色分けが単純である(鹿や猪などの子供時代のみ体に斑のある動物を喚起させる色分けがある)
4.目が丸くて大きい(これは、目の回りの斑がその代理をしている)
5,仕草がたどたどしい

だそうです。
動物の赤ん坊は親の保護なしには生きていけないので、親の保護欲をそそるような可愛らしさを産まれながらに身につけて保護されているのは自然の摂理です。
人間的には可愛さよりキモさの方が先立つ羽も生えてない鳥のヒナも、口をいっぱい開けてエサを求めると、その口の奥が真っ赤なのを見て親は保護欲をそそられ、エサをあげずにはいられないように。
ちなみに、時代によっても人種によっても「美人」の基準は微妙に違ってくるようですが、「パンダを可愛いと感じる」というのは人類共通の感覚であるというのが、生物の先生によるリサーチ後の結論でした。
「幼い、あどけないものは理屈じゃなく可愛い」というのはDNAに深く刻みつけられた、人類のみならず動物共通の強い感覚なんでしょうね。


と、最後はやや学術的にパンダを解説。
私にもあどけないものが無条件に可愛いという反応がDNAに入ってる証拠に、タイシャンにヤラれて土産物屋でいろいろ買っちゃいました。





blogranking

↑可愛さに負けました。
今後パンダの追っかけになるのか?
DVDのタイシャンに目がウルウルな大人に、
ワンクリックお願いします~


スポンサーサイト
テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報
コメント
かわいいー(≧∇≦)
おっかえりー(^O^)/
かわいいねぇ。
いるだけでかわいいだけで、幸せーな気持ちにさせてくれる存在てすばらしいっ!
赤ちゃん見てても思うねー。oliveさんが言ってた‘いーってなる気持ち’(関西弁で)わかる!わかる!
あまがみしたくなるもん*^_^*
タイシャン、ばんざい!すでに私の携帯の待ち受けはともちゃんからのタイシャン画像なのだ(*^_^*)
2006/05/10(水) 13:29:16 | URL | ゆかり #-[ 編集]
ただいまぁ~~
>ゆかりちゃん
なんと、携帯の待ち受け画像に!
良い事聞いた....私もタイシャンの写真、携帯に送ってみよっと(笑)。
ほんと、生きてるだけで人を幸せにする存在だよ。
その癒し効果で、かなり元気をもらいました。
そのお裾分けができたら嬉しいよーん。
2006/05/10(水) 23:48:44 | URL | tomox #-[ 編集]
かわいー!
やっぱかわいー!タイシャンかわいー!かわいいよーーー。
1ヶ月前に私が見たときはもっと木登りがあぶなっかしかったのに、またちょっとおっきくなったんだぁ。感無量。
でもやっぱりかわいいなー。あんなに可愛い生き物、反則ですよねぇ。はー、かわいい。ためいきでちゃいます。
で、、tomoxさん、タイシャンの前で何時間過ごされました(笑)?
P.S.ゆかりさんへ、「いーってなる気持ち」ご理解いただけて嬉しいです!甘咬みしたくなりますよね。タイシャンはさすがにかめませんが、里帰り時には愛犬オリーブをかんでしまうし、赤ちゃんを見たときには、あのちっちゃい指を口に入れたくなる私です。
2006/05/11(木) 01:15:10 | URL | olive #jd.bCZfA[ 編集]
もー何度も行きつ戻りつしてました
>olive様
ふふふ...タイシャン見てると顔が緩んでふふふ、と声を出して笑っています。
はたから見ると相当ブキミな人間になってますね。
タイシャンの前では最初30分くらい。
で、寒かったんでホットチョコレートを飲みに行って戻ってまた30分くらい。
他の動物も見に行って、帰る前に15分くらいですかね。
確実に1時間以上はタイシャンに夢中でした。
帰るときも離れがたかったですね。
もしタイシャンがBronx Zooにいたら、毎週行っては何時間も彼の前で座り込んでしまうんじゃないでしょうか。
あの可愛さは危険です(笑)。DCにいてくれて良かったかも......。
2006/05/11(木) 02:19:25 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/193-2efebb1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。