TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



しつこいようですが、ワシントンDC旅行記続編でございますー。


えっとここには書いてなかったんですが、実は私ちょいと怪我をしてしまって1週間くらいは自宅籠城という事になりました。(T△T)
実は先日、随分左足の甲が痛いなあと思いつつ1日我慢して、歩きにくいながらもジムにも行ってペダリングや筋トレをこなしてしまったんですが、翌日どうにも痛いんで医者にかかったところ、親指の付け根の小さな骨(なんていう名前なのか分かりません......)が折れてました。
腫れてるし炎症で痛いんで、痛み止めと炎症止めの注射を打たれて、とりあえずグルグルとテーピングされたんだけど、かかった医者がやたらと注射を勧めたり(すんごく痛かった)、「骨はもうくっつかない。もしまた炎症が起こった場合は手術を勧める」との説明(そう言われたんですー!)も何度か聞き直したんですけどなんだか納得いかないす。
その先生のヤ○医者な噂は以前から聞いてたんですが、緊急に診てもらいたかったものの他の医者がいなくて選択肢がなく(保険会社の提携病院から病院を選ぶんで)選んだものの、医者の言動を実際見て不安が強くなりましたです......。
ま、応急処置をしてもらったのは良かったけれども。
出来れば他の医者にかかりたいと保険会社に既に相談したんだけど、保険金が下りるかどうかによってはそれも考えもんです。
こっちの医療費はやってられないくらい高いんです。
1年1度の婦人科検診も、検診時に診察料120ドル(150だったっけ??)、その後血液検査や癌検査などの費用の請求が来て結局、何百ドルにもなっちゃいます。
それなんで、保険会社が認めてくれない医療行為は2の足を踏んでしまいます。


ところで身に覚えのある事を何もしてないし、どうして骨折したのか全然心当たりないんですけど、こういうのを疲労骨折っていうんですよね?
医者にも「こういう骨折をするところを見るとダンサーですか?」って聞かれました。
また、ダンサーか。最近よく間違われるっす。
ていうか誰の前で踊ってみせた訳でもないのにどういう事ですかね。
久々のジム通いで急に走り込みすぎたのかなあ。
それに、DCで歩き回りすぎたでしょうか。
いや、そりゃいくらなんでもひ弱すぎ。
自分でも原因サッパリ分かりませーん。


てなワタクシのトホホな昨今はさておき、今日は美しいスミソニアンの博物館&美術館群の辺りのお散歩道を写真にてご紹介します。

smith12.jpgこちらがインフォメーションセンター。
Smithonian Castleと呼ばれてます

hokusai3.jpgこちらがスミソニアンキャッスル
敷地内への門。
敷地内には、北斎展のArthur M. Sackler
Galleryを始めとする小さな美術館も
いくつかあります



blogranking

↑この後長編。
出かけられない身になったため、時間かけて作りました。
お時間のない方!
ここでクリックして下さると嬉しいですー!


hokusai5.jpgキャッスル前の植え込みが
王家の紋章のような形になってます
(なぜに?)

smith7.jpgお花の植え込みが美しい~



smith3.jpgお城らしい佇まい。
門灯にもこんなお花があったり、
周囲の植え込みが黄バラでラブリー
smith8.jpg



smith4.jpg敷地内のローズガーデン。
薔薇真っ盛り!!

smith5.jpgsmith6.jpg




smith2.jpg芸術産業館
(Arts & Industries Building)
内部には子供を対象にした
ディスカバリー・シアターもありますsmith10.jpg




smith11.jpgスミソニアンのマップ。
いっぱいあって広ーいのです

smith13.jpgハーシュホーン博物館
(Hirshhorn Museum)
現代美術と彫刻の展示。

smith24.jpgNational Gallery of Artの
彫刻の庭入り口
(ここはスミソニアン系列ではない
のですが、博物館群の並びにあります)
smith25.jpg木々や植え込みの合間に、
smith26.jpg立体作品が展示されてます
smith27.jpgラブリーな噴水広場あり
向こうに国立公文書館、NARAが見えます
(National Archives and Records Administration)
smith28.jpg散歩道にももってこい


smith23.jpgNational Gallery of Artは東館と西館があって、
建物も大きく敷地も広い。
長ーい外壁に催し物の広告がズラリ


smith29.jpgNational History Museum
(自然史博物館)
3DのIMAXシアターあり!
smith30.jpgこういうところのお約束且つハイライトの恐竜の
骨格標本はもちろん、古代昆虫や氷河期の部屋も。
巨大イカもあるそうで見たい!
金曜夜6時~10時はジャズライブ企画あり。



smith31.jpg国立アメリカ歴史博物館
ベーリング・センター
(Museum of American History, Behring Center)
ただ今の催し物は
「The Price of Freedom - Americans at War」


この他にもSmithonian American Art Museum(スミソニアンアメリカ美術館)、National Portrait Gallery(国立肖像画美術館)、Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館)、National Museum of African Art(国立アフリカ美術館)、National Postal Museum(国立郵便博物館)他ギャラリーなど目白押しの、世界最大規模の美術館・博物館群が無料で見られるのです。
なんて恵まれたことでしょうか~。
この恩恵を受けない手はありません。
また私も是非訪れて、たっぷり時間を取って美術館巡りをしたいと思いますが、是非皆さまもDCを訪れた際には観光の合間に1日もしくはそれ以上、たっぷり時間を取ってこれらの素晴らしい展示をご覧下さいませ!


blogranking

↑以前、スミソニアンが企画した日本の原爆展、
結局反対にあってポシャリましたけどさもありなん。
スミソニアンのすぐそばに退役軍人の建物
(US Department of Veterans Affairs)ありますし。
この人達は政府にも物凄ーく発言権があって強い立場なんす。
彼らのお膝元で原爆展とは、いくらスミソニアンの企画でも
実現、難しいに決まってます。
とは言え退役軍人による反戦団体もあったり、彼らの活動も
さまざまですが......。
ていうかランキングのクリックの文章なのに長すぎ!
では手遅れながら手短に、ワンクリックプリーズ♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
ああ~
骨折なんて、どおしてそんなことに!?大丈夫?私も骨は折れてないが仕事で自宅に籠ってます。出掛けたい~。とにかく無理して歩いたりしたらだめだよ!忙しさのあまりDC旅行記もきちんと読めていなくて、これが終わったらじっくり読みます。とにかくお大事に。なんか必要なものがあったら言ってね。持って行くよ!
2006/05/15(月) 00:48:59 | URL | miki6 #-[ 編集]
お疲れ様~
>miki6様
あ...メールしてなかった!(;^_^ A
お仕事追い込み、大変だねー。
ちゃんと眠って食べてますか?

どーしてこんな事になったんだろうねえ。
サッパリ分からないまま、とりあえず部屋の中をうごめいては時々骨折した足をポテッと何かにぶつけて
「イテーッ!!」(*0*;)☆
と騒いでいます。
シャワー浴びるのが大変な他はそんな不便してないんで大丈夫よ。
ありがとねー。
2006/05/15(月) 02:03:11 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/197-690b514f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。