TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども.....夕立と雷に見舞われて夏のような1日だったニューヨークです。
今日はスパの話題なんですが、その前に私から呆れたお知らせがございますです。


骨折したと言って皆さまにご心配おかけしておりましたが、最初にかかった日本人医師(その日予約を入れられたのがそこしかなかったんで選択の余地なく彼にかかってしまった)がどうも様子がヘンなんで、きのうアメリカ人外科医のところを訪ねたんですね。
そしたら、私の骨、折れてないっちゅうんですよ。


えと、もう1度書きます。



骨、折れてませんでした。



その誤診を下したヤブ日本人医師、やたらと麻酔の注射をしたがって、2度目の受診の時に「痛み止めを打たなくても我慢できるんで、麻酔の注射はもう止めて下さい」って言ってるのに「麻酔注射をしたら治りが早くなる」と言い切って注射実行(こちらは素人なので、反駁できず)。この注射がめちゃくちゃ痛い。
そしてその割にはいつまでたっても痛みが引かず。
私の包帯をハサミで切って取り外した時に、安全なハサミを使ってるのにも関わらず、包帯と一緒に私の足の甲も切って流血。
骨折してるとされる箇所の扱いが荒く、痛いって言っても言っても「恐がりだねえ」とか言って手荒な事をたくさんする。
そして、患者を待たして看護婦との無駄話が非常ーーーに長い。
1度など、患者2人が廊下で長々待ってるのに、延々看護婦の身の上相談に乗ってる(それも誰それに陰口を叩かれてるとか、どこそこで私の名前が出てたんですとか、誰がどうこう言ってたとか、非常に下らない話)大声が廊下中に響き渡ってる。
「僕は誰にも言わないけれども」「それについては秘密にしておく」とか、全部聞こえてましたし。
その上、こちらの質問に意図したのと違う答を返してくるので納得いくまで質問しようとすると「話が理解できないようだね。あのね、テコの原理でね...テコって知ってる?」とバカにした態度を取る。


我慢ならなかったし、どうしても彼の治療法に疑いを持ってたんで、保険会社に相談して別の病院にも電話して、今受けてる治療法を話すと、

「注射?骨折の治療に注射なんておかしい。明日予約をとりますからうちに来て下さい」

と言われて翌日、アメリカ人医師に診てもらったら、骨さえ折れてませんでした、というお粗末な結果に。
しかも、何でそんなに痛かったかって言うと、痛めていた足を痛む方向にギュー、って包帯で巻かれてたんで、歩くにも痛むし夜などシクシクと痛んでたという訳です。
その上、注射なんて治療法にさえなってない、全く意味がないものだったらしく、注射はお金がかかるんで病院としては儲かるからやってるだけの確信犯ではないかと思われて仕方ありません。
折れてるように見えた骨は親指の付け根にある小さな骨で、普通の人は指の骨をはさむ形で両側ひとつずつ持ってるらしいのですが、私の内側の方の骨は2つあるのでそれがレントゲンを見た私の目にも折れてるように見えてた訳です。
これもアメリカ人医師によると、2つに分かれてる人は2人にひとりくらいいて、決して珍しいものじゃないとの事。
誤診を下された上、意味のない痛くて高い治療を受け、かえって足を痛めるような措置をされてた訳ですから、訴えれば私、勝ちますよ?
それに、この人のこと万が一信じて彼の治療を続けてたら、「また痛むようなら折れた骨の片方を手術で取り去りましょう」って言ってたので、ちゃんと役に立ってる健康な骨を、私は危うく手術で取られちゃうところだったんですよ?
もし彼がそこまでやったら、それって犯罪じゃないですか?
アメリカ人医師は、実は彼の治療が効かなくて次に自分を頼ってくる患者を診るのはこれが初めてじゃないんだ、みんな注射をされたとか言ってる、と怒っていました。
他の友人にも聞いたら、その友人も同じ医師から注射による治療を受け続けた事があり、効果が現れないし注射は痛いしで通院を止めたと聞いてビックリ。
この人、痛みを訴える人にはそこに麻酔注射をするというのが常なんでしょうか。
こんな人が開業してるって、怖すぎる、ていうかこんな治療を続けて患者を更に悪化させてるとしたら、即刻手段を講じて被害者を増やさないようにした方がいいのかと今日はずっと考えていました。
ニューヨークの日本人向けの掲示板に書き込もうかとも思ったんですが、ああいうところって2ちゃんねるに近くて必ず嫌がらせの書き込みとかが来るとイヤだしなあと思い、手始めにこのブログで公表しております。
中傷じゃなく事実だけど名前まで書いちゃっていいのかなあ。
んっと、日○ク○ニックの、植物の名前の医師です。
と、名前はここまででカンベンして下さい。
外科を受診されたい方、是非とも経験ある外科のお医者様のところに行って下さい(この医師は、外科医ではありません)。



さて、気を取り直して本日の主題へ。
今日は朝早くからフィジカルセラピーを受けた後、フェイシャルトリートメントを受けにトライベッカのeuphoria spaに行って参りました。
ここ、先日スパウィークで予約を取ろうとしたところで、スパウィーク中は予約が満員でウェイティングリスト待ち、その後スパウィークを1週間延ばしたとかでやっと予約が取れて行ったところお店の下水が急に逆流したので工事中(爆)とかで向こうからキャンセルを食らい、3度目の正直でやーっと行けたんです。
でも、行く価値ありました。
なんせ、普段は299ドルと限りなく300ドルに近いお値段の施術「fresh air facial with mermaid microablation」が50ドルぽっきりですから。
(但し、普段は60分のところを45分の施術ですけど)


お店に着くと、まず問診票に自分のインフォや肌質、体質、問題点などを記入し、ソファでキュウリのスライスの入った水(なぜかキュウリだったです。なぜキュウリ?別に、まずかーなかったけども)を飲みながら待つと、やがて着替え部屋に案内されて、ローブに着替えて服と荷物をそこのロッカーに入れるよう言われました。
そしていよいよフェイシャル開始!
まずはゆっくり、ゆっくりクレンジング。
始めはジェルみたいなのをたーっぷり、次はスクラブっぽいの。
また、顔に蒸気を当てられますが、緑茶のような、ちょっと生姜のような良い匂い。
聞いてみたら殺菌成分が入ってるそうで、緑茶や生姜が本当に入ってるかも知れないねとの事。
エステシャンさんの手で顔をマッサージされるうち、気持ちよくてまたどんどん眠気に引っ張られそうに......。


しかし、ここでまた、魔のブラックスポット取りで寝た子も起きる痛さにバッチリ覚醒。
お鼻がもげそうに痛かったよー、くすん。


それから、プラズマによるコラーゲン生成+フェイスリフト引き締め効果。
て言われましたけど、プラズマってなんすか、ってバカな質問しました。
なんか、レーザーみたいだけどレーザーみたいに痛くないのよって言ってました。
ちょっとチクチクしましたけど、この施術の後はお肌がもっちもちプルプルに!
気持ちよくって自分で触りまくり(笑)。
その上「唇もちょっと乾いてるからやったげる」と、唇もスクラブ→マッサージ。
そしたら唇がかつてないくらい、ふっくら+つやつや・プルンプルンに!


腕や肩、足(やや怖かったので優しくしてもらったですが)もオイルマッサージを受け、首と肩を熱いタオルでほぐしてもらって施術終了。
超~気持ちようございました。
その後またお水をもらって、長椅子ソファでの~んびりリラックスさせてもらいました。


ここ、スパウィークのスパの中でも破格のディスカウントでした。
皆さまも次回スパウィークで機会があったら是非、ご利用下さいませね。


euphoria spa
18 Harrison st., 2nd flr
212-925-5925


blogranking

↑ほんま、信じられない医者っているもんですね。
ところでランキング、更に更に下降中なんですけど......(泣)。
あの、よかったら、ワンクリックしてって下さい。ヨロシク。





スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
折れてなくて良かったよね
サイテーのヤブじゃねえか!困ったもんだね。そんなのがまかり通ってて良いわけないじゃんよ。でも折れていなくて良かったし、ヤブ発覚が早くて余計なことされなくてホント良かった!でも、結局、痛みの原因はなんだったんですか。。。?ジムでの走り込み過ぎ?無理せず完治するまでお大事にね。
ところで全然関係ないが、Gans n Roses(といってもオリジナルメンバーはアクセル君ひとりぽっちだが) が先週からNYで4日間ライブしてたって知ってました?夫の友人から聞いてナヌ~?と思い色々調べてたらこんなのが出て来たよ。ライブ写真。どうも最終日には 決裂してた Izzy も登場したとか。しかもアクセル君はここ数ヶ月NYにいたらしいぞ!どこにいたの?高校時代に熱狂したガンズですが、最近ちっとも良くない噂ばかり。ニューアルバムなんて出るとか言い続けてすでに10年以上?幻かっつーの。皆律儀に待っててあげてるけど。あんなにキュートだったアクセル君も整形&カツラ疑惑ありの不気味な写真ばかり報道されてるし。でもまあ写真観てやって下さい。想像してたよりヒドくなかったよ、アクセル。まあ昔に比べりゃ太ったが。整形する必要あったのかな?フェイスリフトとケミカルピーリングの噂があるが。男の人って、歳とってもそれなりに顔に深みが出て渋くなっていくし良いと思うのですが。
なんか、これじゃあまるで、リーグのテ○ムだよ、ってかんじになっててガッカリ。私のアイドル、アクセル。。。(つーか、テ○ム、ゴメン)

http://www.brooklynvegan.com/archives/2006/05/more_pictures_o_2.html#more

http://www.brooklynvegan.com/archives/2006/05/more_pictures_o_2.html#more
2006/05/19(金) 16:14:07 | URL | miki6 #-[ 編集]

間違えました。もう。。。
2006/05/19(金) 16:16:17 | URL | miki6 #-[ 編集]
ええっと、間違いは。。。
Gans じゃなくて Guns です。失礼しました~もう寝たほうが良いみたいです。。。
2006/05/19(金) 16:19:28 | URL | miki6 #-[ 編集]
折れてなくて良かったよ~
>miki6様
ん?何やっとんの???
えと、あそこの病院にはお気をつけ下さいね。

ところで見たよ、アクセル。デブったなあ。
でも、そお?テ○ムよりは男前じゃない?髪もたっぷりあるし(ひでえ。謝っとく、ゴメン)。
元々美少年だったもんねえ。
活動してるんだ。小っこいところでやったのね。
ガンズは私もドームで見たよ。当時人気絶頂だったもんね。
今でもスコットランドの男の人のスカート姿を見ると、アクセルを思い出します。
2006/05/20(土) 03:35:31 | URL | tomox #-[ 編集]
藪医者って?
折れてなくてよかったですね。ちなみに参考までに何町目のなにがし。。イニシャルだけでも教えてください。
あとスパウィークってどこで情報をゲットするのですか?
2006/05/20(土) 04:44:16 | URL | JB子 #-[ 編集]
土手医者!!
その心は「藪」にもなれない!
酷い目にあいましたね。日本人の医者だと思うとムカつき倍増です。ヘンテコなことされる前にまともなお医者さんに会えてなによりです。お大事になさってください。
私色々あって西洋医学不信です。

GALLERY at the HYATTのHPを見ました。今年の12月にTomoxさんの作品展が日本で見られるのですね!
2006/05/20(土) 09:43:19 | URL | みゆぴか #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/05/20(土) 19:33:49 | | #[ 編集]
お返事遅くて失礼します
>JB子様
ネットなんで詳しい情報を書きにくいです......。
中傷記事にはなってないと思うけど、個人名はちょっと。彼のイニシャルはTです。

スパウィーク、最初はfujikoさんのところのブログ(http://fujiko55.livedoor.biz/)で知ったんですが、スパウィークのウェブサイトがありますのでそちらをご参照下さい。

http://www.spaweek.org/
2006/05/21(日) 02:46:45 | URL | tomox #-[ 編集]
あっ、ご覧になったんですね
>みゆぴか様
そういえばハイアットのサイト、自分の絵や紹介が載ってるのに、ブログにリンクさえしてなかった私だった(笑)。
仕事先に「追っかけバカ」と知られたくないばかりに絵の関係の方々にはあまり知らせていない当ブログですが、こっちからリンクする分にはいいかしら。
はい、日本でまた個展します。
後でここのサイトとか自分のページとか、リンクしとこう......(←考えつかない辺り、フリーとしてダメダメですね)

土手医者っていうのか.....覚えとこうっと。
2006/05/21(日) 02:52:09 | URL | tomox #-[ 編集]
訴えるのはできないが~
>あやちん
諸事情あって、こっちも大きく出るつもりはないです。
でもこれ以上、フザけた診療をしてもらっちゃ被害者が増えて困る。
という訳で、草の根的に日本人に知らせてる訳ですが、知り合い少ないんでブログにも書いてみました。

産婦人科の日本人医師、以前診てもらったら「子宮に炎症がある」と言われて薬を処方されたです。私は違う箇所の病名でセカンドオピニオンを取りに行ってただけなんで、最初の医師からそんな事を言われなかったし、ヘンに思って薬は飲まなかったんですね。
それでもう1度行ってみたら、「炎症はなくなってる、薬が効きましたね~」と言われて完全にこりゃダメだと思い、サードオピニオンを今の私の主治医になったDr.Wanに取りに行きました。
その医師、同じ頃診察された別の友人にも「子宮に炎症があります」って言ってたと聞きました。
2006/05/21(日) 03:02:26 | URL | tomox #-[ 編集]
患者が医者を選ぶ時代
毎度どうも!
いやはや…酷い目にあいましたねぃ。。。
でも、本当に折れてなくて良かったです。
日本では、病院のランク付けの本が売れてるそうですよ。(私はまだその本を見てないけど…)
テレビでも最近は名医の特集番組とか、薮医者にこんな酷い目にあった!となどといった話題で論議する番組が放映されたりしてます。
とにかくお大事に~~~。。。
2006/05/21(日) 20:30:06 | URL | ジェフ・ベッコ #ZfuooOtw[ 編集]
その本に、海外の日本人医師も入れて欲しい~
>ベッコちゃん
ニューヨークの日本人の医者、レベル低過ぎ。
実は他にも信用ならん日本人医師はいます。
日本で開業できないレベルでも、英語を話せない海外旅行者には頼りにされるからやっていけるんじゃないかと思ってしまう。
同胞として恥ずかしいです、ほんまに......。
2006/05/22(月) 00:46:55 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/204-d9ab20c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。