TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもどもっ。相変わらず良いお天気&暑~い気温のニューヨークです。


昨日はサッカーも見ず(あ、残念でしたね。←サラッと、サラッと!)、1日中出かけておりました。
お出かけ先は3年ぶりのBB King Blues Club & Grillです。(過去記事参照
Moog Festという名前で、シンセサイザーの開祖ボブ・ムーグ博士の名前の付いた「moog」シンセサイザーのプレイヤー達が集まって毎年開いているコンサートです。
ムーグ博士が去年亡くなったので、今年は彼のトリビュートも含めた色合いになりました。
日本からはるばるキース・エマーソンに会うためやって来たみゆぴか嬢と一緒に、追っかけ指南黒帯講師を兼ねつつ(爆)の同行でしたが、初ライブのキース・エマーソンももちろん、初めてマハビシュヌプロジェクトwithヤン・ハマーが見られるという事もあってなかなか楽しみにしておりました。



説明する時間があんまりないー(泣)。
ではでは、写真日記でバリバリアップして参ります!


blogranking

↑この後、ちょっと重め。
大量写真の前に、こちらもポチッ

moogfest2.jpg順番取り、朝の10時過ぎから開始(爆)。
3時頃、キース・エマーソン本人現る。
しかも、自分でイエローキャブに乗ってきた(爆)。
サインハンター達に囲まれる

moogfest3.jpg4時以降、VIPチケットという通常料金より
高いチケット購入者に優先的に入場整理券
が配られ、中で待つように指示あり。
これはBBのクラブ内のギター柄じゅうたん。

moogfest4.jpgドアオープンまで、ルシールグリルの
バーカウンター辺りで呼び出しを待つ


VIPチケット整理番号1番は、手違いで熟年カップルの元へ......。
本当は朝早くから並んでいた私達が1番なのですが、カップルのお父さんの方が37年間に渡るキースの大大大ファンで、バックステージでキースに会えるVIPチケットは家族から彼への父の日ギフトだったそうなんです。
ちょっといい話。ま、これなら1番を譲ってあげてもいいだろう。
結局、この熟年カップルとテーブルを同席させて頂く事になりました。
コンサートは押し押しで7時半に始まったのに終わったのは夜中の1時を超え(爆)、その後からミート&グリートもあった訳なんで2時半が最終電車の発車時刻という時間ギリギリでケツカッチンの熟年カップルのお母さんは

「せっかくお父さんが初めて憧れの人に会えるんだから、遅くなったらタクシーでロングアイランドに帰ればいいわ」

とニコニコ。
お金かかっちゃっても、父の日ギフトですからねぇ。
うーん、お父さん果報者です~。


さて、先発隊の一般公募を勝ち抜いたバンドの出演後、こんなバンドが出てきました。


moogfest5.jpgSchool of Rock。
かわいい~~~


School of Rockの名前だったんで、本当に映画に出てきた子供ミュージシャン達が出演するのかとあの映画のファンの私は楽しみにしてたんですけど、全く違う子供達でした。
なーんだ、と思ったのも束の間、全くこの子達の実力がナメてかかれないものな事に気付いてビックリ。演奏がもの凄く上手い!この子達は完璧にプロです。
しかも演奏したのが「火の鳥」fromマハビシュヌオーケストラ!
子供の演奏曲目ではありません。
この難解かつ複雑な曲を、先生の指揮のもとノリノリで演奏する子供達をご覧下さい。


moogfest6.jpgmoogfest7.jpgmoogfest8.jpgもー、唖然!




moogfest9.jpgその後のDJ Logicのバンドのキーボード。
んー.....有名な人みたいですけど.....。
ちょっと眠かった........。

moogfest10.jpg次はJordan Rudess from Dream Theater。
上手いけど、ごめん、退屈だった

moogfest11.jpgRoger O'donnell from The Cure。
途中でヴォーカル入ったりしてました。
でも彼のユルい感じの演奏で遂に寝た(爆)。
コレはつらかった......。



moogfest12.jpgしかしその後、眠気完全に吹っ飛ぶ!
バカテク軍団マハビシュヌプロジェクト登場!

moogfest14.jpgしかも~~、
withヤン・ハマー!!!
ヤンの健康状態をご心配の皆々さま、
こんなに元気そうですよー!


"Oh,Yeah!?"から始まって5曲くらいあったかな。
最後を締めたのが「Blue Wind」と「Led Boots」で驚きました。
彼にとっても「Wired」ってやっぱりキャリアの頂点なのかなぁ。
他人名義のアルバムじゃ悪いだろうと思ってたけど、WiredのCD持ってきてサインしてもらやぁ良かった。
もっともヤン自身はミート&グリートを前にとっとと帰っちゃって、VIP席ファンをガッカリさせたんですけどね。



moogfest13.jpgちなみに彼が座って弾いてるときに
見えていた景色はこんな風(爆)
うーん、まぶしい......。



moogfest15.jpg
元気な現役姿を再度大きく見てもらいましょう!




moogfest16.jpgその後、ムーグ博士の遺族登場。
彼の名前を冠した基金を設立して、
優秀なシンセミュージシャンを育てたい
とのスピーチがありました。

moogfest17.jpgその後、なんか授賞式があったようで....
トイレに行ってて見逃しました。
キースも、ヤンも受賞してたようです。
ええ、何だったのかは聞くの忘れました(爆)



moogfest18.jpgその後はいよいよ大トリ、
キース・エマーソン・バンド~!!
この配線&コントロールつまみだらけの
ムーグのルックスって近くで見るとスゴイ。
殆ど要塞内の交信スパイみたい

moogfest19.jpgキース、暴れる!!
この電気ソケットコードみたいなの、楽器みたい
なんですが、きのうは上手く作動しなかった。
残念.....。

moogfest21.jpg逆向きから弾きまくり!!
こういうアクションを見ると、キース健在を
感じますです~

moogfest20.jpg終了は1時過ぎてました。
お疲れ様。



実はこの日、本当にいろんな方に親切にされて素晴らしい追っかけになったとだけご報告しておきます。
みゆぴか嬢、キースに会えてしかもしっかりお手々の大きさを比べっこしたりしてましたよん(キースって手が小さいんですよ!驚きました)。
写真もたくさん撮れて、よかったねえ。
やっぱりあの年代のミュージシャン、女性に弱いですね。
ニッコニコで写真に収まってくれました(喜)。
そんな弱点を持つ彼の勇姿を最後にお見せして、ではまた明日!


moogfest22.jpg



blogranking

↑本日も追っかけは続く.....
指南黒帯に、ワンクリックお願いします


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
はー
ELPは高校から大学にかけて聴いてましたぞ。でもあの頃はCDではなくまだテープも立派に存在してたんで、友達からもらったテープを聴いてた私はどの曲がどのアルバムとか全然分かりません。キング・クリムゾンもそうだけどこの頃プログレにハマったなあ。懐かしいっす。
2006/06/24(土) 00:51:15 | URL | miki6 #-[ 編集]
なんと、プログレ趣味が!?
>miki6様
へえー、私はプログレって中学生の時にピンクフロイド聴いてたくらいだなぁ。
中学3年生で完全にハードロック方向を向いちゃって、以来聴いてない。
ELPも聴いてナイしクリムゾンなんて超有名な曲以外、全く知らないの。
こんな私がフロントロウで見ちゃったり、ミート&グリートでキース・エマーソンに会っちゃっていいんでしょうかと思いました。
誰か熱望者がいれば譲ってあげたいくらい、お得体験をしてると思います。
2006/06/24(土) 02:34:02 | URL | tomox@一時帰宅中 #-[ 編集]
moogfestに反応
実は去年ムーグのリサーチを随分やって、遺族ともコンタクトをとったりしてましたー。取材は実現しなかったけど超面白そうなおじさんだったんですよねー。
プログレは完全に「お兄さん・お姉さん世代」のもの、って感じでついてゆけてなかったですー。ピンクフロイドとキングクリムゾンは随分オトナになってから聞き始めて、初めて「こーゆーものなんだ」と理解できたけど、小中高時代は「ハイ?」って感じでした。お友だちのお姉さんにもELPハマリまくってた人がいて、お友達と一緒に、「お姉ちゃん変わってるね~」って冷ややかな目で見てました。すみません。
2006/06/24(土) 02:39:37 | URL | ことりちゃん #w1z4hDVE[ 編集]
プログレ!
私自身も、プログレは、前時代(ごめん)の音楽って感じで、あんまり聞いたことなかったんですけど、家族がプログレファン(ハードロックも好き、変だよね?!)なんで、ELPやYESがうちにはごろごろ・・・。
それこそ、オープンリールのテープまであります。
なんで、エマーソン氏も今では身近に感じてるんで、なんか素直に、いいなぁと思いました。ミート&グリードって羨ましい。
マハビシュヌもいいね。
ヤンおじさん、元気そうでほっとしました。
School Of Rock、見てみたいです!将来のスターにつばつけたい~。ギター持ってる女の子、ジェニファーみたいになるのかな、楽しみですよね♪
女性に弱いあの年代のアーティスト様たちですが、大体何歳ぐらいまでならにっこりしてくれるんでしょうね?長州小力似のおばはんでは無理でしょうか^^;
2006/06/24(土) 06:31:06 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
プログレ
>ことりちゃん
moogfestでムーグさんの在りし日の映像がずっと流れていましたけど、時々彼がシンプソンズみたいな顔のアニメにもなったりする不思議な映像でなかなかお茶目でした。
苦手なクラシック音楽を題材にもって来ることもあるELPは私も全然聴かなかったんだけど、今回キース・エマーソン・バンドを見てみて、出演した他のバンドと比べてもすごく「ロック」だなあと感じました。

若い頃の写真を見るとELPって結構ルックスいいバンドなんですよ。
プログレって音楽がエリートっぽくて色気にかける気がしてたんですけど、あれはルックスから入る女のファンもいたのでは......。
特にグレッグ・レイクって太ったおじさんのイメージしかなかったけど、写真を見ると若い頃は美少年で驚きました。
2006/06/25(日) 01:39:10 | URL | tomox #-[ 編集]
なかなかお得なコンサートでした
>meimei様
ハードロックとプログレ、両方好きな人いますよぉ。
昔はロック情報ってラジオのアメリカントップ40とかダイヤトーンポップスベスト10とか、あとは地方局TVの「ポップスインピクチャー」くらいで、雑誌とかでもロック、フォーク、ポップス、プログレ、フュージョン、ごった混ぜだったから他ジャンルも気軽に聞けたし。
カテゴリー別にするにはまだ絶対数が少なかったのかな。
(あ、でも、プログレはヒットチャートに出てこない「エリートの音楽」だったけど)
ミーハー女子的にはプログレの「優等生の男の子達」には色気を感じず、もっぱら「不良な男の子達」か「キュートな男の子達」に目をハートにしてました。
ところで、School of Rockのギタリストは2人とも女の子のようですけどまだ髭も生えてない男の子なんです。
ベースは女の子でバリバリの強力なチョッパーベースを披露してくれました。
バイオリニストも女の子で、この子は上手いのみならず美人ちゃんだった。将来が恐ろしい~。

えと、歓迎される女性ファンって年齢は関係ないですよー。
特にアジア人は若く見られるんで大丈夫。
70年代の有名ミュージシャン、みんな還暦前後ですから特にアメリカは客席は50代以上の男女が多いんで、「女の子」風情でいるだけで会場の華として喜ばれると思います。
2006/06/25(日) 02:04:53 | URL | tomox #-[ 編集]
男の子!
そだったですかぁ^^;
あ、でも、ベースのコは女の子なのね。
みんな髪が長くて、まだこの年齢だと、見分けつかないですね~。
そうそう、ほんと、体重の軽かったころのグレック・レイクを先日ビデオで見て、び~っくりしましたよ!美青年だったんですね!時間は残酷ね・・・といっても、彼の場合結構早い時期からああだった気もしますが^^;

そっか、女の子っぽくしてくのね(メモメモ)
今髪を伸ばしてるので、来月ぎりぎりに美容院で「超若作り」にしてもらうつもりです♪
ダイアトーンポップスベストテン、懐かしい~。
2006/06/26(月) 19:43:15 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
若作り
>meimei様
自分も、見た目ヤバい感じになってきたら友人や彼氏に注意してもらおうとは思いますが、年甲斐もなく若い女子のような格好をしてます.....お陰で何の貫禄もありませんがー。
ところでグレッグの美少年時代を知らなかったので、私もビックリしました。
あーんなに可愛い男の子だったのね......。
ELPって言えば、女子は皆、カール・パーマーにしか目が行かないかと思いこんでましたが(ゴメンなさい)、若い頃は結構3人ともルックスいいです。
お勉強になりました。
2006/06/26(月) 21:26:04 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/240-7fe4660d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。