TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども、きのうは部屋を大片付け大掃除しようと決意して、更に部屋が荒れてしまったtomoxです。(x_x;)
いっぱいゴミは出したんで、物はかなり減ってる筈なのに......ナゼ???


ところで急にお話変わりますが、皆さんお出かけの時のバッグには何を入れてますか?


男子の皆さんはバッグ持たない派も多いくらい、手荷物ないですよね。
でも、浅い後ろポケットに素でデカいお財布入れて歩くのは止めてください。
私でもスレるぜ、と思ったこと何回もあります。


女子はさすがに男子の皆さんよりも荷物が多くなりますけれども、それでも大抵の皆さまは私よりも小さいバッグで涼しい顔をしてるです。
私てば、昔っから荷物が多い。
その代わり、旅行の荷物は大人になってから少なくなりましたけど。
(日本に帰る時は別。行きはおみやげ、帰りは自分用の日本調達物資で膨れあがる)
普段絶対持ち歩くものって、

1 財布(デッカい横長のママ財布なの。小切手まで入ってるし)
2 携帯
3 i-pod
4 手帳とペン
5 電子辞書
6 日焼け止め
7 リップクリームと化粧道具ちょみっと
8 小っこい香水
9 サングラス(面倒臭いので頭の上にヒロシ載せ)
10 本(文庫なら良いけど一刻を争って続きが読みたいのでデカくなる時あり) 
11 冷房対策用の上着orショール

*追記*
12 カメラ!!!忘れてました


......と1112個の道具を揃えてるとバッグ、小さめじゃ苦しいす。
しかも、1は巨大だし2、3、5、12は電化製品、10も重くなりがちだし.....と私のバッグは結構重いんです。
雨降りそうだと更に折りたたみ傘がこれに加わる。
小さなバッグで涼しい顔してる女子が羨ましいけど真似できない。
バッグ小さくしたら怒り狂ったフグみたくパッツンパッツンになっちゃうもん。
更に上の写真の如く、鍵もジャラジャラ持ってるんで更に重い~!
鍵、なんでこんなに持ってるかというと、

・自分のアパートのドアの鍵→2個
・自分のアトリエのドアの鍵→1個
・自分のアトリエのドアにつけた南京錠の鍵→1個
・アトリエビルの正面入り口ドアの鍵→1個
・アトリエビルの3階フロアのドアの鍵→1個
・アトリエビルの2階フロアのドアの鍵→1個
・アトリエビルの2階フロアの別入り口のドアの鍵→1個

アトリエビルは3つのビルがあって、私の入ってるビルはメインビルと2階フロア同士でくっついてるんで、どっちからも入れるようにこーんなに持ってます。
(正面入り口の鍵は、ビルが違っても全部一緒なんで便利)
更に今はドッグシッターを頼まれてるんで、相棒のアパートのドアの鍵2個とアパートビル自体の鍵1個の3個も増えてる。
この計11個の鍵がまた重い......。
ゆえにバッグはがっつり丈夫でないとダメです。
お泊まりが入る時の為に、小さなローションや洗顔、歯ブラシを入れたポーチが入る余地があれば尚良し。


ま、ご近所に買い物、、ぐらいだと小っこいバッグに財布ひとつ入れたり、男子風にポケットにお札ねじ入れて出かけちゃいますけど...。


こんなんなんで、よく小さな買い物をした相棒に

「ママ(←コレは言ってないけどいかにも言いそうな風)、コレバッグに入れといて」

って入れられちゃうんですよ。
相棒、手に物持って歩くの大嫌いなんで。(←うちの父と一緒)
雨の日の傘とかも、大抵私がさしてます!
で、奴は何してるかって言うと、その私の腕につかまってるんですー!!!
それ、普通女の人のパートですけど......。


くっそう。このバッグ重いんだぞ!



お前が持て!!(`m´#)



.............................................................................................................................


ところでこの記事のタイトル、昔の中山千夏さん主演のドラマからとりました。
中山千夏さんが男系一家の紅一点のお手伝いさんで、一家の6人兄弟の長男がこの間亡くなった河原崎長一郎さん、末っ子が仮面ライダー2号だった佐々木なんとかさんで一家のお爺ちゃんが黒沢映画でお馴染みの志村喬さんでした。
面白いコメディだったけどどなたか覚えてらっしゃいます?
私も多分当時6歳くらいだったんじゃないかと思います。
最終回の最後の場面では、6つ並んだ兄弟のお墓の前を中山千夏さんがほうきで掃き掃除していて、お墓の上にそれぞれ浮かんだ兄弟の幽霊が何事か話し合ってた覚えが...。
古いことにだけは記憶力がいいって年寄りの証拠っすかね(笑)?



blogranking

↑ランキング、久々に19位!
応援ありがとうございます♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
私も同じでした。
大きなショルダーバッグに、着替えから化粧道具からあげくの果てには靴まで入ってました!小旅行くらいならいつでも行けましたよ。でもある日、重い荷物に疲れ果て、一気に手ぶら派になりました。だって、これは絶対、と思って色々持ち歩いていても結局使わないんだもん。。。ホントーに必要かどうか見極めて省いて行くと荷物かなり減るよー。今じゃ財布ひとつで出掛けることが多いけど、ポッケに入れる訳にもいかず、かといって手に持つのもなあ。でも小さなバッグでさえも持ちたくない。財布自体に鎖かひもでも付けて首から下げたいくらいです。
2006/07/17(月) 23:24:13 | URL | miki6 #-[ 編集]
そうそう!
ともちゃん、昔から荷物おっきかったよね
追っかけ中だったから?カメラとか、録音するやつとか?
私も準備不足でコンタクトの生理食塩水ボトルで持ち歩いてたし、小分けする時間なし(~ヘ~;)
あ、ともちゃん、ミッフィーちゃんとかも入ってたよね!でかっ!
そんなでかい荷物を、走り去るバンドカーに手を振るのに必死になり、道路のど真ん中に置き去りにしたことあったよね(--;)
しかも「会えてよかったよねー」とか何とか盛り上がって、そのまま移動
……ミッフィーちゃん放置(・×・)
あのあと、無事再会できたんだっけ?
やっぱり、荷物は少ないほうがいいよね、重くてもひとつにするとか
私も複数だと、傘とか帽子とか置き去りにしてるわ(;>_<;)
2006/07/18(火) 00:15:56 | URL | ゆかり #-[ 編集]
く、靴は入ってないよお
>miki6様
ジムに行くときはビーサン持ってってるけども。
そういやmiki6ちゃん、この前会ったとき小っこいバッグだった......。
財布も小さいのかな?俺のはデカいのよ。

ひとつ、荷物リストに入れ忘れてたものが......カメラ~!!
ブログやり出してからほぼ必ず持ち歩いてる(たまに忘れるけど)。その交換電池まで持ってたりする。
あとで追記しとこっと。
このカメラもコンパクトにすりゃラクなんだけど、薄い小さいのがあまり好きじゃなくて、デカいんだよねえ。
でもねー、やっぱり便利だよね薄いカメラ......薄くてもいいのあるし.....でも高いんだよね......(溜息)。
2006/07/18(火) 09:25:11 | URL | tomox #-[ 編集]
そ、そんな恥ずかしい過去を~~~
>ゆかり様
ありましたね。そんな事....かれこれ20年は前ざますよ。
小さなスーツケースを道に置き去り。
あの時ね、チビ車が次の赤信号で停車してたので、そこに走っていって何かうじきさんと話した覚えがあります。
そんでコロッと忘れて駅まで行ったんだよねー、松坂だっけ?
ほんとーにバカ過ぎるにも程がある。

その後の顛末はと言うとね、親切な人(道の前にあった大学の学園祭の実行委員だった男性)がわざわざ宅急便で自宅までスーツケースを送って下さり、その方に送料を返金してお礼にテレホンカードを差し上げた覚えが...(まだ携帯電話は普及していなかった時代の話)。
地方巡業中、ベッドの友にミッフィーちゃんを旅行に持つに入れてました。
なんたるお子ちゃまぶりでしょう。恥ずかしい~。
2006/07/18(火) 09:33:00 | URL | tomox #-[ 編集]
旅行に持つだって
「旅行荷物」の間違いです。失礼~~~
2006/07/18(火) 09:34:33 | URL | tomox #-[ 編集]
似たような過去が・・・
ことりちゃんも最近荷物でかくて困っておりまする。なにしろノート型パソコン及び電源コード、携帯の充電器を常に持ち歩くようになりまして(いつでもどこでも仕事可能)、もはやiPodを持ち歩く余地なし。カメラも薄さ追求で薄型なのですが(画質悪し)、たまに忘れてたりする。最近は、あまりの暑さにハンカチ、そして下痢予防(って、すぐにくだしちゃうけど・・・失礼)のため、ハンドサニタライザーも必需品。お財布もでっかいっす。その昔、男に買わせたエルメスのカードケースを財布にしてた(小銭入れは別)あの頃が懐かしい。もちろん、別れると同時に泣く泣く捨てました。最近は、どんな高価ブランドバッグでも皮の取っ手をボロボロにするなど(セロテープで止めてたこともあり)、あまりにくたびれ度合いがひどいので、元が取れないと思い安物バッグをシーズンごとに変える手法に出ています。そういえば、ミッフィーちゃんではありませんが、昔一時期うさぎに凝った時期があり、連れ歩いてた子がいました(今はライアンの手元に・・・)。あと、「それって死んでるの?」と言われたくたっとした子犬のぬいぐるみとか・・・かばんには入れずポケットに入れてアクセント代わりにしてたけれども。あ、あとクジラちゃんとか・・・(これもライアンの手元に)。
2006/07/18(火) 13:39:13 | URL | ことりちゃん #w1z4hDVE[ 編集]
よかったね
ミッフィーちゃんと会えて(>▽<)くすっ
思い出したよ、鮮明に。
あんなにお子ちゃまでよく生きてたね、私たち。
ことりちゃんも持ち歩いてたって言ってるし、ぬいぐるみ大好きはいるんだよね
2006/07/18(火) 15:48:16 | URL | ゆかり #-[ 編集]
ひゃー、パソコン
>ことりちゃん
それは私以上の大荷物~。重っ!
あ、でもことりちゃんはキャブ移動か。

昔は旅行の度に小さなぬいぐるみがベッドの友として持ち歩かれてました。
20代半ばぐらいまでは...いや半ば過ぎても持ってたかな?
商売柄、絵本関連のぬいぐるみ系にはググッと来ます。
マドレーヌちゃんは日本に10体以上(笑)。
ニューヨークに来た時も、誰も知り合いのいない寂しさか、ぬいぐるみがいくつもいました。
いくつかはクローイーちゃん(犬)に咬み破られましたが。
今は最近DCで買ったタイシャンの小さな小さなぬいぐるみがお部屋にあるだけで、あとはアトリエにいます。
恥ずかしー...。
2006/07/18(火) 19:50:05 | URL | tomox #-[ 編集]
お子ちゃま丸出しだった
>ゆかりちゃん
ほんと、あんなお子ちゃまでよく生きてた。
うちの母もお子ちゃまの大暴走追っかけ街道をよく黙って見守ってくれたと今になっては思う。
父は時々私の午前様の夜遊びを怒ってたけど、今となっては怒られても無理はないと思う。
10代からそんな風だったもん。
頬っぺたまるまる、ツヤツヤで化粧しててもスッピンにしか見えないし、色気もないし本当、健康なお子ちゃまそのもの。
ロックばかり聴き、ロックバンドに入れあげて、ライブハウスで知り合った友達とばかりつるみ、しょっちゅう家を空けてはどっかへ行っちゃってしばらく帰ってこない(笑)。
あー思い返すと冷や汗が......色気がなさ過ぎて危ないことは何もなかったけど!
でも自分で見ててもこんな子心配。
自分の娘がこんなんだったらどうしよう......もちろん、もっと懸命な追っかけを指南致します(爆)。
2006/07/18(火) 19:59:42 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/263-43c59755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。