TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども。
きのうは1日中外出していてたくさんお日様に当たり、帰り道のバスの中では海水浴帰りの子供のように全身クタクタになってて瞼が重かったtomoxです。
きのうはひとつ、念願だったものを見に行きました。
アメリカンインディアンの部族が大集合する歌と踊りのお祭り、POW WOWを見に行ったんです。
(POW WOWとは、ネイティブの言葉で「お祭り」のこと)


9年前、ニューメキシコのアルバカーキからサンタフェ、ゴーストランチとひとりでドライブ旅行をして、その間にいろいろな部族の保留地を訪れたことがありますが、例え真剣な興味があったとしても人の住居空間を観光として訪れる事に対しては、そこはかとなく罪悪感が伴うものです。
ましてや保留地というのは、白人達がアメリカを占領して豊かな土地からは先住民であったネイティブアメリカン達を追放して自分達が住みつき、勝手に砂漠地帯に先住民の住居を定めて移動させたという悲しい歴史のある土地...。
チェロキー族などは長い、長い距離を徒歩での移動を強いられ、過酷すぎる移動中に子供や老人がたくさん亡くなっています。
そんな想いを抱え、申し訳なさで及び腰で保留地を訪れている私を、先住民の皆さんは本当に優しく迎えてくださったのでした。


ひとりのすごくフォトジェニックなお婆ちゃんには、写真を撮らせて貰えないか、と尋ねた時にお金払ってね、って頼まれましたけど、そのお婆ちゃんにお金をあげると(でも5ドルくらいだったんですよ......笑)家の中まで招かれ、今までにプロのカメラマンにいろんな写真を撮られてるのよ~と見せられて自慢されました。
どうやら名物お婆ちゃんだったようでした。
おうちの中まで入ったのはそのお婆ちゃんちだけですけど、素っ気ないほどのオレンジ色の土壁と床に暖炉がついているリビングで、木の家具、明るい色彩の織物、部屋の中の飾りと当たり前ですが本物のネイティブの暮らし。
全て素敵でもう、キョロキョロしちゃいました。


実は別の保留地のど真ん中で1度、車のキーをインロックしてしまい、親切なネイティブの方々に助けて頂いた事も。(;^_^ A
保留地の家から出てきた若い女性にどうしたのか尋ねられて

「インロックしちゃったの。AAA(トリプルA。アメリカのJAS)を呼びたいから、申し訳ないけど電話を貸して貰えますか」

と頼んだら、笑いながら

「うち、電話ないのよ」

コレには驚きました。
保留地の方は、本当に昔ながらの生活をしてらっしゃるんです。
途方に暮れてる私に、

「でもね、保留地の中に警察が在駐してるから、シェリフを呼んであげる」

と言ってくれました。
もしや、呼ぶのはノロシを上げるとか....!?と固唾を飲んで見守ってましたが、そこの家のお父さんが車で呼びに行ってくれたのでした。ああ、申し訳ない。
(;´д` )


結局、お父さん、シェリフ、たまたま通りすがった若い男の子、と3人の屈強なネイティブの男性が協力して、無事ドアは開きました。
何とお礼をすればいいものか、と思っている間に、ドアが開くや否や皆さんニッコリして即、立ち去られました。
親切、寡黙、屈強、そしてこの潔さ、男の中の男だわん。
その上ハンサム率高し。
愁いを帯びた瞳も、黒い髪も、日に焼けて引き締まった体も素敵......♪
ネイティブ男性に私の目もハートになろうっちゅうもんです。


と、ネイティブアメリカンの本を読んだり、このような経験もあってますますネイティブの世界に惹かれていた私です。
保留地を訪れるのは申し訳ないけれども、きのうの企画は誰でも歓迎のお祭りなんで、ごく気軽に参加できます。
POW WOWというのは1年を通していろんな土地で行われており、夏は野外で行われますが冬は体育館などで行われます。
3日3晩を踊り続けるという激しいお祭りもあります。
今回のPOW WOWは3日間行われるものの時間限定(でも初日、2日目は夜も行われてました)。
Thunderbird American Indian Mid-Summer Powwow という名前がついてました。
クイーンズのキューガーデンまで電車で行き、そこから更にバスに乗って半時間えっちらおっちら行った先に目指すクイーンズカウンティファームはありました。

powwow1.jpg



blogranking

↑きのうはコメントゼロのダレダレ日記(爆)だったのに、一瞬順位上がりました。
また応援ヨロシクです~♪



powwow3.jpg会場に入ると途端に、セイジを焚くいい香り。
これを嗅ぐと自分も浄化されるよう~。
飲食物を売るスタンドも、おみやげ店も多数あり。
手作りのインディアン民芸品は見るのも楽しい。
インディアンジュエリーはかなりいい出店あり。
ヤバい!見ちゃダメだ!買いたくなるもん。


powwow4.jpgこちら、踊りの会場全体図。
中央に、小さいキバ(通常、保留地の中央に建てられてる円形の塔で、祝祭儀式に使われる)のようなものあり。
ここに神様をお迎えしてるんでしょうね。
観客が椅子代わりにしてるのは、藁の塊。
グラスダンサー達の踊りを見守ります。


powwow5.jpgミュージシャン達の生演奏。
正装する男性もいれば、なぜか普通の格好で来ちゃった方も。
中央の大きなドラムを全員で一斉に叩きながらの歌。
ビートはとても勇壮で聴き応え充分。
思わずじっと聴き惚れ、リズムに体が揺れる。


powwow6.jpg音楽に合わせて、激しく踊ってます!


powwow8.jpg踊ってます!


powwow9.jpg踊ってます!
(翼、かわいい)


powwow16.jpg踊ってます!
(ペルビアン?)


powwow15.jpgノリノリの子供ダンサー達。
か・わ・い・い~~~~!


powwow11.jpg最後は全部族大集合。
長老のような人に導かれるまま、
全員が彼の後を列になって追う形で
入り乱れつつ踊る、踊る。


powwow12.jpg踊りのコンテストも終わり、
各ジャンル毎のベストダンサー達の表彰式で
並ぶ子供達。カワイーーッ。


powwow14.jpgネイティブのお婆さん。
凛として姿勢が良い。
ネイティブの方は、老人になればなるほど
格好良い。
いい人生を送ればこんな風に凛とした老人に
なれるかしらん。


powwow7.jpgネイティブの女の子の正装。
とっても可愛い。
ジュースくわえてますけどね、まあご愛敬。


powwow10.jpgネイティブの若い男性達。
中央の黒い服の男性、ハンサム!
踊りもうまくて、何かの部門(ゴメン分からん)で3位でした。




お日様の下でクラクラになりながら、インディアンジュエリーの誘惑にも耐えながら、1日楽しんだPOW WOW初体験でした。
もちろん、キュートなレッドマンウォッチングも楽しみましたよん。
では、きのうベストワンのハンサム男性をお目にかけて、また明日~。






blogranking

↑ハンサムウォッチャーにワンクリック♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
行ってみたかったー。
いやー、こんな祭典があったとは知りませんでした。ネイティブアメリカンの男性、確かにハンサムですよね!っていうか男前。でも、男前のお兄さんも素敵だけどお婆ちゃんも素敵です。年を重ねることで素敵になれるってすごいことですよね。
2006/08/01(火) 00:58:07 | URL | olive #jd.bCZfA[ 編集]
かっこいい!
私もこんなイベントがあるなんてしらなかったです。それも近くで。行ってみたいな。
ネイティブアメリカンて神秘的でかっこいい。
イトコの娘、アメリカ人のお父さんがネイティブアメリカンの血をほんの少し引いるとかで、アジアの血も入りとってもエキゾチックで美人なのー。ネイティブの血が入ると皆、美しいよねー。
ジョニー・デップとかもそうでなかったっけ?
レッチリのボーカルも。ジミヘンもそうよね?
2006/08/01(火) 02:58:52 | URL | miki6 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/01(火) 04:28:32 | | #[ 編集]

私はモニュメントバレーに行った時に、ナバホの民族舞踊を見てきました。この時は、高校の体育館で行われていたのですが、音が体に響いてくる感じでカッコよかったです。衣装は、鳥をモチーフにしてあるような印象を受けました。v-237
2006/08/01(火) 07:37:44 | URL | sa_2006 #TVW33vhA[ 編集]
車で一人旅なんて
tomox様すごすぎ!すごい大旅行。

クリスタルを浄化するのにセージでスマッジングしてたら、旦那に「くさい、やめろ!!」とえらい怒られました。こいつの存在自体が不浄なのか??
いつかセドナやペルーに行ってみたいです。
2006/08/01(火) 07:38:15 | URL | みゆぴか #-[ 編集]

ネイティヴのお祭りもあるんですね。伝統のあるものって、やっぱり素敵にかっこいいですね!
お兄さんたちもかっこいいし、ジュエリーも見てみたいなぁ。
一人でドライブしたんですか!すごい度胸ありますね!怖い目にはあいませんでした?
2006/08/01(火) 09:20:27 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
お爺ちゃんも素敵ですよう~
>olive様
民族衣装に身を包んでる長老、写真に残ってないけど恰幅が良くて胸板の厚い、背筋の伸びた感じや笑顔が素敵でしたよ。
かっこよく年を取るって、年輪を重ねるほどに内側からにじみ出る美しさを持つ事じゃないでしょうか。
うーん、まだまだ道は遠いなあ。
しかし、男前が多いんですよねえー。
ニューメキシコ行った時は、いい男たくさん見ましたよ。移住しちゃおうかなあ(笑)。
2006/08/01(火) 12:07:17 | URL | tomox #-[ 編集]
よく知ってるね~
>miki6様
うん、ジミはチェロキーの血が入ってます。
だから哀しげな目をしてるのかなあ。
レッチリの、アンソニーもそうなの?
そういえば彼の両腕のタトゥー、トライバルと呼ばれるいわゆる部族っぽい図柄だねー。
顔からはネイティブの血は分からないけど...。
ジョニー・デップもそうなんだ!?
血が混じると余計、いい男エキスの濃度が更に上がるのかもね。

イベントは年に1度やってるよ。
良かったら来年行こうねー。
2006/08/01(火) 12:12:34 | URL | tomox #-[ 編集]
旅行大好き
>あやちん
お金があればたーーーくさん旅行したいよー。
またサンタフェに行きたいし、アメリカの自然をいっぱい見に行きたい。
ペルーにも行きたい。
もちろん、ベルギーにも行きたいよん。
若い頃から都市部にばかり旅行したから(アメリカならロスとかニューヨーク、ヨーロッパでもパリは3回行ったよ)、今は地球の果てみたいなところに行ってみたいの。
アフリカとかエジプトとかね。
でも、不衛生と虫に弱いのと、不味い食べ物にめげるようなひ弱っぷりでそういうとこって大丈夫かなあ。
2006/08/01(火) 12:18:15 | URL | tomox #-[ 編集]
ようこそいらっしゃいませ
>sa_2006 様
はじめまして、ブログ拝見しました。
素敵なご旅行をなさってますねー。
モニュメントバレー!行ってみたーい!
ナバホの保留地ってニューメキシコにもありますけど、他の州までまたがっててデッカいんですよねー。
アリゾナ、コロラド、サウスダコタとたくさんあるトライブを訪れてみたいです。

鳥モチーフの衣装って、ありますねー。
フリンジとかも元はそうなのかな?
2006/08/01(火) 12:33:02 | URL | tomox #-[ 編集]
ははは
>みゆぴか様
セージの匂いって、ちょっとお線香みたいですよね。
まあ確かに家でモクモクと焚くと臭いかも...。
私は割と好きな匂いです。

ペルー、行きたい!
遺跡が見たいし、アンデスにも行きたい~。
あと、笑われるかもですが、UFOが見たいです。
現地では当たり前のように見られるポイントがあると聞いて、ずっと憧れてました。

2006/08/01(火) 12:36:50 | URL | tomox #-[ 編集]
怖い目には遭いませんでした
>meimei様
ひとり気ままなドライブ旅行、楽しかったですよん。
もともとひとりでドライブするの、大好き!だし。
あ、1度車のキーをガラガラヘビ注意の草むらの中に落としちゃって探すのが大変だった事があったけど(爆)、通りがかりの人が拾ってくれて助かりました。
あと、ゴーストランチのジョージア・オキーフ美術館に遠路はるばる何時間かかけてドライブして行ったら、改装のため閉鎖中、だったのが痛恨でした。
でもトラブルってそのくらいかな?
本物のバッファローに会ったり、サンタフェのアーティストの工房にお邪魔したり、シルバーアクセサリーやターコイズを安く買ったり、ひとりで存分に楽しんだ旅行でしたよー。
また行きたいです。できればひとりで(笑・ひとり好き)。
2006/08/01(火) 12:42:28 | URL | tomox #-[ 編集]
ステキ!
tomoxさんって、いろんなことに興味持ってて、よく知っててすごい!

ああ私ももっと、あちこち行きたいです。
宝くじでも買って、当てて、半年か一年休みたい。こういうこと言うと、よく妹に「まったく、おめでたいね」と言われますが。
2006/08/01(火) 13:38:07 | URL | non #-[ 編集]
いえいえいえいえ
>non様
わたしゃ一般常識に欠けまくりですし。

宝くじ当たって半年も休めば、世界一周できますよ!
私はペルー、アフリカ、エジプトと行きたい国を書いたけど、ヨーロッパも今までフランス(モナコも)、イタリア、スイス、イギリスというごく当たり前コースしか行ってないんで、まだ行ってないドイツやスペインやスカンジナビア諸国、ギリシャとかトルコとかいっぱーい行きたい!
あと、お金があれば各国の温泉やスパに行きたい!
そんでもっていろんな国の美味しいご飯を食べたいっすね~...ここまで夢を語ると、確かにおめでたいかも...ははは~、ははははは~(←シャザーン笑い)。
2006/08/02(水) 01:17:57 | URL | tomox #-[ 編集]
同類?
あの~、私もいつもそのようなことを考えております。笑。
2006/08/02(水) 01:40:48 | URL | non #-[ 編集]
私の場合
>non様
ペルーは絶対行こう!と思ってますが、希望旅行計画が全て揃う事が果たしてあるかどうかは神のみぞ知るようなビンボっちゃまなんで、残りは妄想に近いです。
日本で働いてたときは何気にバブリーだったんで、今から考えるとお金ありましたねえ。
2006/08/02(水) 14:30:09 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/282-471dea88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。