TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bernardin1.jpg



Le Bernardin@51st Street






どもども...tomox@胃もたれ気味です。
きのうはやや食べ過ぎでしたが、普段食べつけない高級食材を食したせいか、貧乏食材に慣れている胃が朝からupsetしています。


きのうはニューヨークでずっと仲良くしてもらっているお友達のHちゃんのお誕生日でした。
改めまして、

お誕生日おめでとう~!\(^O^)/


という訳で、お誕生日ランチにとHちゃんの素敵な足長おば様に誘われ、ついでに私までもがこんな高級レストランに足を運んでランチをがっつりご馳走して頂く事になりました。
本当にご馳走様でした。m(_ _)m


てな訳で今日は、普段は足を踏み入れない(つうか踏み入れられない)レストランをご紹介。
そこがここ、Le Bernardinです。
(155 West 51st Street between 6th and 7th Avenue / 212-554-1515)
ZAGATのランキングでもいつも最高得点を獲得し、ミシュランの3つ星も獲得しているレストランのひとつ。
シーフードの美味しいフレンチレストランです。
ここにご招待されるのは4,5回目...でしょうか?
も~いつ来ても美味の愉悦でトロトロになりつつ、ついつい食べ過ぎちゃいます。

blogranking

↑ただ今15位♪
このあと長編!その前にポチッとお願いします。
bernardin2.jpg先にサービスで出てきたサーモンのペーストとカリカリにトーストされたパン。
これ、美味しくてついつい食べちゃうんだけど後のコースの事を考えて、ひとつでブレーキかけてガマンガマン.....。


bernardin3.jpgお誕生日なので、シャンパン。
この日はピンクのシャンパンをオーダー。
フルーティーで美味しい~。



前菜は2カテゴリー、「Simply Raw」11種類と「Lightly Cooked」9種類の中から選びます。
皆さん多種多様な前菜をお取りでしたけど、さすがにこんないいレストランでテーブルの向こうのお皿を手を伸ばして撮影する非礼は出来なかったので、お隣りのお皿までしかご紹介できません(トホホ)。
その上、携帯電話のカメラで画質悪し...。



bernardin4.jpgで、これが私の前菜のWarm Sea Urchin Custard; Shiso Julienne。
大好きな帆立の前菜が今日はないと聞いてガッカリして頼んだコレがも~美味しくって♪
最後までこれだけで食べ切っていい!と思いました(笑)。
ウニの味が濃厚。カスタード状に寄せてある中に生ウニも入ってます。
パンで根こそぎさらって、最後まで食べちゃいました。
シャンパンが進む進む。


bernardin5.jpgこちらはHちゃんの選んでいたKanpachi Tartare Topped with Wasabi Tobiko; Ginger-Coriander Emulsion。
カンパチもトビコもワサビも日本語ですね。
ひと口頂いたんだけど、コレがう、うまあ~~い!!!
カンパチのプリプリとトビコのプチプチが絶妙!
ウニも美味しかったけど、これもまた食べたーい。


bernardin6.jpg主菜が来るまでの間に、レストランの様子なぞ..。
入り口横の角のテーブルは、有名人テーブルなんですって。
今日はどなたもいらっしゃらないようでした。


bernardin7.jpgこちら、お隣のTちゃんのメイン。
Pan Roasted Red Snapper; Sauteed Pea Shoots; Gingered Shiitake Broth。
鯛ですね。
表面サクサクで美味しいって言ってました。
でもちょっと味が濃いって言ってたかな???


bernardin8.jpgこちら、私のメインの豚トロとエイヒレ。(Surf and Turf of Crispy Pork Belly and Skate Wing; Gingered Squash Mousseline and Brown Butter Flavored Jus)
Pork Belly(豚トロ)は控えめな味だったけど、Skate(エイヒレ)の方がちょっと味が濃いなあという感じ。
最近のレストランの傾向として、どこも味が濃くなってるとの事でしたが、Le Bernardinも以前より味が濃くなってきてるらしいのです。
それはちょっと残念...。


bernardin9.jpgここでバースデーケーキの登場~!
Le Bernardin特製のバースデーケーキなんてどんなだろうと期待高まる。
切り分けて後ほどお持ちしますとの事だったので、まずは先にデザートへ。
今日はデザート2つになっちゃいますね。
ってをい。ダイエット中なのにたらふく食べた後にデザートまで2種類?
ま、素敵なレストランに来てまでガタガタ言わずにお食事を楽しみましょう♪


bernardin10.jpgHちゃんのデザート、PASSION FRUIT(Passion Fruit Cream Enrobed in White Chocolate, Ginger Caramel, Mandarin Sorbet)。
パッションフルーツ味のクリームやシャーベットで出来てて、甘いもの苦手なHちゃん向けのサッパリとした感じ。


bernardin11.jpgTちゃんのデザート、HONEY(Citrus-Strawberry Salad, Honey Parfait, and Charentais Melon Puree)。
フルーツとあっさりめのアイスクリームかな?
盛りつけがとても綺麗。


bernardin12.jpgこちら、私のデザートのROSE-RASPBERRY(Almond Tart Shell Filled with Rose Cream and Raspberries; Lychee Granite and Pistachio Creme Anglaise)。
上に載った薄氷のようなライチの飴が綺麗...。
ラズベリーの真ん中に少しだけライチシャーベットも入ってました。緑のソースはピスタチオです。
色も綺麗だしすごく繊細な作りと味。
下のアーモンドタルトが非常に固くて、切る時に爆発しないかとやや不安でした。(^^;;)
こんなレストランのど真ん中でデザートを宙にすっ飛ばす女にはなりたくありませんし。


bernardin13.jpgこちらは、お向かいに座ってたもうひとりのYさんのデザート、CHERRY(Caramelized Bing Cherries, Sweet Goat Cheeese Cream, Hazelnuts, Ice Wine Vinegar Caramel, 'Crepe Dentelle')。
薄いカリカリのクレープ地の下にクリームやチェリーが入ってます。
これにしようかラズベリーにしようか迷った一品で美味しそう。


bernardin14.jpgこちらはプチフールのクッキー。
ナプキンにくるまれ、暖かいままサーブされます。
緑色なのはこれもピスタチオかな?
おなかいっぱいなのに、ついひとつ、ふたつと食べちゃいました。


bernardin15.jpgで、お待ちかねバースデーケーキが切り分けられて登場~~~!
爽やかなレモン味の冷たいクリームで出来た、とっても上品な味のケーキでした。
ラズベリーが載ってて、カシスシャーベット添えでした。



cover_t.jpgLe Bernardin Cook Book: Four-Star Simplicity

ところでこちらのレストラン、料理本も出ております。
チャレンジャーな方は是非にお試しを。




bernardin16.jpgちょっと下卑た話題になりますが、こちらのお手洗い。
レストランから随分奥まで行った廊下の先の方にあります。
女子用は中にはいると個室2つ...。
生理用ナプキンとタンポンが揃えてあったのでほほ~う、と感心して写真に収めました。
こちらは見ただけだけど、後でお手洗い用の手ふきのペーパータオルをおうちのダスター用にゴッソリとセコくペチる私でした(爆)。
だって~、超分厚いんだもん、1回で捨てるなんて勿体ないー(←貧乏人)。



さてこの後は、おなかもいっぱいでプラプラと散歩し、お誕生日に何か買わないかと言いつつ5th Avenueのカルティエを覗きに行き(註:覗いただけ)、またまたプラプラとイタリアンのバーに辿り着いて昼間っから1杯...。
という訳で寄ったのがAlfredo's(4 W 49th Street between 5th & 6th Avenue / 212-397-0100)です。
ここ、ローマが本店で有名らしいですね。
店内にも古くからの有名人達の来店している写真がズラリとありました。
(店内でマーサ・スチュワート、入り口でクラーク・ゲーブル発見!)
食事も美味しいのかな~。
とりあえず我らはガラス張りの通りに面したテーブルで「飲み」だけ。
サービスでチーズとオリーブが出てきました。


alfredo1.jpg左から私のイタリアンレモネード(これ酔っ払う。危険)、Hちゃんの間違って来てジントニックに取り替えてもらった奴...マティーニだっけ??何だっけ?と、Tちゃんの白ワイン。


alfredo2.jpgこの店って奥に深くて、奥がダイニング。この日はよく見なかったんですが、サイトを見ると結構広いですねー。入り口付近のバーは暗いけど、こんな感じ。
イタリアの有名人らしき人の絵が壁に描いてあったり(ソフィア・ローレンと、後オペラ歌手らしき人の絵も描いてあった...クラシックはサッパリなので誰か分かりませーん)、ジュリアス・シーザーのデカい胸像もありました(左に見えます)。
このベタなインテリアが、イタリアっぽいかも...。



と、ここまでなんだかリッチな午後。
夕方になって、Tちゃんの彼氏君参入。
で、4人になって向かった先が......。







bddinnerramen.jpgまた「めんくい亭」か!
誕生日の最後を締めるディナーがコレかい!!
いや、もう贅沢しすぎてラーメンくらいがちょうど良かったの~。
私は胃袋に麺も入らない感じで、珍しく居酒屋メニューで「ゴーヤと豚肉の味噌炒め」「揚げイカのタイ風サラダ」と小鉢メニューを平らげました。
小市民的にお誕生日スペシャルの締めとなりました。
写真はTちゃんの彼氏が食べていた皿うどん。美味しそう~



blogranking

↑長編お疲れ様でした。
お帰りの前にワンクリック♪
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

Alfredo'sで見かけたという、MSオバサンですが、恐らくはそのすぐ隣の出版社での打ち合わせの後の流れと思われ。。。
どーでもいいですが(笑)


で、皇子的にはめんくい亭は「ちゃんぽん」ではないかと、強く主張させていただきたく。

同時に頼んだ塩ラーメンを仲間が食べ終わるくらいまで出てこないほど調理時間のかかる品ですが、お腹がすいているときは、大変役に立っております(笑)

そして、個人的には「レバニラ炒め」に止めを刺すかな、と(爆)

いたって庶民な味覚の皇子でした(゚ρ゚)ノ

2006/08/17(木) 02:48:14 | URL | 皇子 #-[ 編集]
あ、出版社があるんですね
>皇子様
出版社の事までよくご存知ですねー。
ところで、ちゃんぽんと皿うどん、別メニューでしたっけ?私もどっちか食しましたが、間違ってミニカレーセットにした為にこの私でも残しました。
すんごい量じゃありません?
レバニラ炒め、ここで食べたことないです。試してみたいですねー。

私も普段は庶民的且つ日本人的味覚、アメリカン的胃袋サイズです。
でもねー、さすがにミシュランに選ばれるような場所は美味しいですよお~。
2006/08/18(金) 00:44:23 | URL | tomox #-[ 編集]
別メニューす
めんくい亭の「ちゃんぽん」「皿うどん」は当然のように別メニューです。長崎つながりですけどね。

固焼きソバ同様、フライ麺が苦手なので、皿うどんはあまり食べませんからわかりませんが、ちゃんぽんは凄い量です。
上に乗っている野菜だけで、普通の食事一回分くらいありますから。

チャレンジャーするのであるならば、是非単品のカレーライスを。
カツまで付いていて、ミニカレーの4倍ほど出てきます。
成城学園にあるマメゾンというレストランの「隠居カレー」が世界最大量のカレーライスだと思っていた皇子に、世界の広さを知らせてくれた一品です。
ちなみに、体重150kgのアメリカ人が残してました(笑)

ちょっと高かったですが、50丁目/MadisonのGILT(仏)も結構よろしいお味でございました。


12日のダーは行きますが、Atlantic Cityの16日は諦めました(笑)

2006/08/18(金) 04:48:36 | URL | 皇子 #-[ 編集]
カレー、得意技です
>皇子様
あ、皿うどんがフライ麺になるのか...じゃ、私の食べたのは皿うどんです。
すっごい量でした。それプラス、ミニカレーだったのでそりゃ食べきれませんて。

単品のカレーライス、自慢じゃないけど私、完食しますよ。
体重150kgのアメリカ人よりワイドな胃袋って事ですか。

12日来られるんですね。
帰国前に間に合って良かったですねー。
私も友人と行く予定です~。
2006/08/18(金) 13:50:05 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/298-0425b644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。