TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもどもー。
日本はプリンス誕生でお祝いムードらしいですね。
赤ちゃんの誕生はおめでたい事なんですけど、これが秋篠宮家の一家庭での出来事だったらいいんだけどね。
政治的に仕組まれた懐妊・出産であるのにはかなーり嫌な感じがつきまといますねー。
今どき皇室は男子継承ってねえ。女は子供を産む道具か?


とついつい年の近い雅子妃の心情を考えてしまうtomoxです。
彼女は適応障害という病名でしたけど、なんだか5月病のように軽い病名とは裏腹に、対社会的な機能が著しく低下して外圧に対しての抵抗力がなくなるというのがその病状です。
情緒障害や身体的愁訴、具体的には抑鬱、絶望感に支配されたり、自己防衛の為に過剰反応してしまったりと症状はまるで更年期障害の深刻版で、他人とコミュニケーションを取るのが難しい状況になります。
彼女が外務省で外交官を目指していた頃は、彼女をパパラッチする記者に「どこの記者ですか、名刺を出しなさい」と言い放つほど気の強い女性だったのに。
東大とハーバードを出たエリート官僚だよ?
そういうキャリア組って普通は鼻持ちならないけど(笑)。
コミュニケーションが取れないという病気にかかるに至るまでどんなに心痛があったのかと思うと痛ましく思います。
鬱は下手すると死に至る病だと私は認識しています。
公務を欠席するのを我が儘だと捉えている人間が彼女の身近にいるのは無理解もいいところ。
彼女の人格やキャリアを否定する動きがあったと発言した皇太子の言葉を、慌てて火消しするような宮内庁も、苦言を呈する秋篠宮も個人的に嫌いです(爆)。
てめえは黙ってろつうの。
逆に皇太子はあの発言で、「旧態依然とした周囲の反発を承知で妻を守る事を最優先する人間的な男」として私の株を大上昇させてます。
あの会見はずいぶん前ですけど、自分への無力感や状況への怒りを感じる会見でした。
皇室の人があんな風に喋ってるのを見るのは初めて。
でもそっちのがよっぽどマトモな感覚じゃない?


とりあえず男の子が生まれたことで、彼女へのプレッシャーが軽くなって快方に向かうといいですねー。
案外、プレッシャーが軽くなると妊娠するかもだけどさ。
そしたらまた性別によって微妙な空気が出るのがイヤーね。


と、出だしから嫌な話しちゃった。
神道に狂信的な方は読まないでね。
私は皇室に敬語も使わない下々の人間なんで。
って後から言っても遅いか。
(そういう国粋的な人はアホな追っかけ女のニューヨークブログなんか読まないか)


さて、そんな話とはすーっかりお話変わって。
今日は私の大好物のフライドチキンをご紹介したいと思います。
お店はミッドタウンウエストにあるTea Den(940 8th Ave between 55th & 56th Street / 212-265-8880 Menu Pagesはこちら)という、どこにでもあるような安いチャイニーズレストラン。
でもねーここのフライドチキン、竜田揚げの味がして美味しい~。
ただ揚げてなくて、美味しいスパイスで味が付いてるの。
ビールと超相性が良い~。
お気に入りの「うち飲みの友」です。
という訳で、ダイエットの最も厳しい1週間を無事終えて、今日は唐揚げ解禁!



blogranking

↑ただ今16位。
今日もポチッしてね♪
ありがとう~



teaden1.jpgガラス張りの店構えから同じくガラス
張りのキッチンが見える。
おじさんが制服も着ずに普通に調理してる...。
チキン揚げてる前で髪を指で撫でつけて
たのは、見なかったことにする(涙)。


teaden2.jpgfried chicken wing(手羽の唐揚げ)
は5ピース。
内側がアルミ箔の袋に入ってます。
中華の出前や持ち帰りでは、お米類は
普通こういう四角い容器に入ってます。


teaden4.jpgこれはポークのチャーハン。
ここのチャーハンも美味しい~。


teaden5.jpg同じくアッサリ食希望の友人が所望した
Brown Rice(玄米)に、ほうれん草の
ガーリック炒めを載せてます。
ほうれん草はだしが効いててあっさり
してて美味しかったー。


teaden6.jpg私が食べたかったstring beans(いんげん)。
きのうから豆も解禁したので、こういう
のが食べたかった~。
チャイニーズデリってよく、どのメニューでも同じ味付けだったりするけど(笑)
コレはほうれん草の味つけとはまた違って美味しかった。




blogranking

↑あとせめて3kg減ってる予定だった、
もくろみ違いのダイエッターに
ワンクリック♪

スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
どっちかってーと右寄りです
知らなかったです。ココ。
会社からもけっこう遠くないんで試してみるかな。

ちなみに、愛国主義者ですが、皇室ラブではないので、tomoxさんのコメントは、至極普通のものとして読ませていただきました。

女帝もオモロイとおもいますけどね。。。
だから聖徳太子とかも出て来れたわけですから。

2006/09/07(木) 00:27:24 | URL | 皇子 #-[ 編集]
へ~、知らなかった!
おいしそうですね!特にチキンとインゲンがちょうどお昼時の私の食欲を刺激しております。
ベビー誕生はやっぱり喜ばしいですね。うちの母は「雅子様と愛子様がお気の毒。」と電話で叫んでいましたが(笑)。でも私は(太古を除けば)始めての女性天皇とその母になるのって、相当辛そうな気がするので、この際愛子様のイトコにあたる今回のベビーにプリンスをやってもらって、皇太子一家は皇太子限り&後は家族で幸せになってもらいたいなーって思っています。
生まれ落ちた男の子には何の罪もないし、未来の天皇になるのだろうからせめて赤ちゃんのうちは何も知らずに健やかに育ってほしいですね~。
というわけで、この中華、今度行ってきます!
2006/09/07(木) 00:57:02 | URL | olive #jd.bCZfA[ 編集]
気が合っちゃいました
フライドチキンのことじゃなくて、皇室についてtomoxさんのご意見に頷いてしまいます。
チキンのほうは、子供のときに連れられて行った田舎で、ある光景を目撃して以来どうしても食べられないという根性なしです。

かなり左翼の父の血をひいたのか、どうもあ
まり皇室に興味が湧かなくて、このおめでたいニュースにもあまり感動がないんですけど...。こういう私はやっぱりどっか変なのかなって思ってました。

ご出産のニュースを聞いて、死の話題を提供するのは不謹慎でしょうが、昭和天皇が亡くなったというニュースは、ボストンの某ホテルの寿司カウンターで聞きました。当時私は学生やってまして、え~、学生のくせにホテルの寿司カウンターで食べていたのは、当時仲良しだった男の子がそこの板さんと友達だったから、たまにいっしょに行っていたという理由だったんです。(^_^;)

で、そのとき、ホテルの制服を着た日本人従業員の女性がツカツカと歩いてきて、「失礼ですが日本の方でいらっしゃいますか?天皇陛下が亡くなったという知らせを受けましたので、お伝えいたします。」って硬い表情で言ったんですよ~。天皇陛下が危篤だったのは知っていたので「おお、亡くなったのか~」と思いました。その女性には、「ああそうですか、亡くなりましたか」と答えましたが、もっと適切なことを言うべきだったんでしょうか...。

その後、Boston Globeの一面には、訃報を知って道につっぷして泣いている男性の写真がデカデカと載り、正直言って、いくらニュース性のある写真だからって、日本人皆がそうしているわけじゃないのに嫌だなあ、と思った一瞬、私は父の血をひいてるのを実感しました。

2、3日後だったか、中のほうの記事には、日本ではテレビで昭和天皇のことばかり報道しているので、それに興味のない人達はレンタルビデオを借りて映画を見ているので、レンタルビデオ屋が混んでいるって記事もあったんですが、そういうのはアメリカ人にはニュースとしてあまり魅力がないし、やはり悲しみに暮れる日本列島って感じの写真が多く掲載されました。
学校の同じコースに、日本の某大企業の販売網の会長の娘がいたんですが、彼女なんて「喪に服す」って言って3日間も学校に来なくて、学校に戻ってきたときは、みんなからお悔やみ言われ続けてました。

お~~~長文コメントになってしまってすみません。<(_ _)>
2時締め切りのものを先ほど終えたんで、つい
おしゃべりしちゃいました。

2006/09/07(木) 03:45:57 | URL | non #-[ 編集]
私も愛国的なところありますよ~
>皇子様
「愛国的」、って言うのと国家主義、民族主義は重なる点もあってもまた違うのだけど、日本語で「右翼」っぽく理解されちゃうので使いにくい言葉ですね。
故国とその国の政府も違うんだけど、これまたごっちゃにされちゃってるからね。
私もうさぎ追いしかの山~、みたいな気持ちになったり、オリンピックでつい日本人選手に声援を送る程度には愛国的なフツーの日本人です。

ここね、餃子はマズイって聞きましたので、メニューにお気をつけ下さい(笑)。
2006/09/08(金) 00:28:50 | URL | tomox #-[ 編集]
個人的には重荷だと思いますね~
>olive様
お引っ越し前のお忙しい時にようこそのお越し...。

その母はともかく女天って旧名紀宮・現黒田清子さん以上に結婚相手はおろか恋愛の相手もいないかもなあ...ていうか自由に相手を選べないんじゃないかなあ...女帝学を仕込まれ、孤独な一生かも知れないなあ...とは思います。
まだ幼いプリンセスにそんな運命を用意するのは不憫だし、そんな人生を我が娘に味合わせたい親はいないかも。
でも、女性の天皇、女系天皇は男子継承だけではいずれは出てくる問題だと思うんだけど...。
時代的にもヨーロッパの王室は女王を認めてるのに、先進国にあって「外交はいいから男の子を産め」(端的にそういう事ですよね~)と雅子さんに国外の公務を止めさせて追い詰めていった日本の皇室のあり方はやっぱりおかしい。と思いました。
こんな背景を背負って生まれてきた赤ちゃんは、せめて子供時代は何も知らずのびやかに育つといいですね。

ところでここ、oliveさんの口に合うかな~と心配してます。すんごいB級グルメですからー。
2006/09/08(金) 00:53:39 | URL | tomox #-[ 編集]
え~それは誰でも嫌かも~
>non様
そんなー、金日成が死んだ時の北朝鮮の国民みたいに思われてるのかなあー。
あの葬列を見送って絶叫、号泣、気絶せんばかりの人々の群れ(子供まで!)は洗脳されきった人達の集団ヒステリーにしか見えない、怖いよー。
昭和天皇が亡くなる前、早起きだった私がテレビをつけたらNHKではいつでも2重橋が映ってて「天皇陛下の本日のご容体」「体温」「下血量」とかむごい情報が次々と......こんなに血を失っても次々と輸血され、無理矢理生きるようにされ、この人には自然に死んでゆく自由もないのかとあの頃は心から気の毒に思ってましたよ。
天皇だからってひとりの死にかけた老人にこの仕打ち。
大喪の礼とかは全~然見なかったけど、人の葬式に不謹慎ですけど、その時観光に来ていた外国人とかにはすごく珍しいものを見て珍しい体験ができて得したねと思います。
ところで父は放送局に勤めていたので、各テレビ局にはいつでも天皇が亡くなった時のための「X-Day」と題されたビデオが用意してあって、その日から全ての番組は放送されずにそのビデオを流すのだとは聞いてました。
あの日はコレか~と思いましたね。
あの頃は天皇の即位式とか、年号の改正とか、日本に住んでても日本って不思議な国だなあと感じるところが多々ありました。
2006/09/08(金) 01:07:46 | URL | tomox #-[ 編集]
皇室の将来
Tomoxさん、どうもどうも。昨日はなんか長々書いちゃった...。

新聞社もずいぶん前から「X-Day」の特集記事を用意していたと聞いていました。
昭和天皇は、まさに日本の歴史を生きた人でしたしねえ。

うちの父は大昔、天皇は神でなく人間だ、という自分の信条を変えられなくて苦労したらしいです。天皇陛下万歳と亡くなった兵士達のことを歌集として出版したりして、父は戦争における天皇陛下の責任とかいろいろ思いがあったようですが、正直に言うとやはり私にはちょっとヘビーすぎるトピックで父とその件について深く話したことはないです。

皇室にあまり興味がない私も、皇太子の例の記者会見は見たんですよ。で、私も、皇太子がんばっているなあ、これはたのもしいな、という印象を受けました。皇太子が天皇になる頃には、彼や雅子さまのやり方がもっと受け入れられるような体制や社会になって欲しいものだと個人的には思っています。

2006/09/08(金) 05:59:34 | URL | non #-[ 編集]
昭和は長かったからデータ多くて大変~
>non様
お父様は信念のある思想をお持ちなんですねー。
お父様の子供時代は普通の日本人家庭や学校に「ご真影」が飾られて現人神と教えられた筈なのにも関わらず...。
戦争責任については天皇本人の思いはともかく曖昧にされてしまった感じがしますので、当時の戦争体験者の方に一層そういう思いをされた方がいても無理もないです。
ヘビーなトピック、私も親とあまり話したことないです。
戦争に関してもあまり積極的に語りたがりません。

皇后も以前失語症になりましたよね?
皇室の中にいると普通の人間の神経がおかしくなるようなどれだけの圧迫があるのかな~と思われると、ますます皇室に嫁入りする女性がいなくなると思いますけどー。
でも、皇后がお嫁に来た頃は初めての民間人、学習院じゃなく聖心女子大卒、と前皇后自ら気に入ってなかったように聞くので、今の雅子妃よりもっともっとイジメは大変だったと思います。
お嫁入りの頃とその後数年で劇的に顔が違いますもんね。
私の目からは、人間毎日泣きはらすとああいう顔になるのかなというような顔に見えます。
2006/09/08(金) 23:36:33 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/319-0b35bd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。