TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもども。
1週間ほど管理人のミーハーライフにお付き合いいただきましたが、本日最終日。
アトランティックシティのHouse of Bluesでひとまずダーリンの東海岸周辺ツアーは終了です。
長らくお付き合い頂きまして、どうも...って興味のない方は見てないかもですけど...。


アトランティックシティはカジノ街です。
でもラスベガスのゴージャスさが祇園の芸者さんだとしたら、ここは温泉芸者てな雰囲気。
カジノ部分は豪華なパチンコ屋みたいだけど、ハイローラーが闊歩するラスベガスとは違って東海岸周辺のお年寄りの遊戯場的な、微妙なさびれ感があります。
ここ、以前に1度バスで行った事があるんですけど、改めて行くとニューヨークから遠い~。
海に面したホテル街のボードウォークは夏には賑わうんでしょうけど、オフシーズンになりかかってる今は何となく淋しい感じ...でも景色は綺麗です。
とは言えよそから来た者にとっては妙な感じがするらしく、この日はダーのツアースタッフの皆さんもドラムのヴィニーも、開口一番「なんだか妙な雰囲気の街だね」と言ってました。
ロックコンサートって感じじゃないですね、確かに。


blogranking

↑追っかけブログで19位に転落~。
本日最終日なので、よければ応援して下さいまし



hob11.jpgここがボードウォーク。
周辺にカモメがいっぱい。
オフシーズンの寂寥感が漂う雰囲気。
海が綺麗に見えてます。


hob1.jpgボードウォークから見たHOB。
ホテル街のいちばんはずれにあります。


hob2.jpgボックスオフィスのサイン。
クイーンズライク(日本でクイーンズライチって呼ばれちゃってますけど)、もうすぐ来るようですねい。


hob3.jpgちょっと見えにくいけど、壁にズラリ並んだ歴史的ブルーズギタリスト達のレリーフになぜかジェフが...。
ブルーズは弾くけどいわゆるブルーズギタリストじゃないのになあと思いつつパチリ。
元になった写真は1978年~80年の頃と思われる。



ところで、この日は開演前にシートの着席でてんやわんやがあったのでした。
と言うのも、チケットマスターでチケットを発売開始した頃は、1階席は「スタンディングチケット」しかなかったんですね。
それで、発売直後にチケットを買うような熱心なファンは軒並み、オールスタンディングだと思いこんでスタンディングチケットを購入したわけです。
ところがその後、アリーナ(と呼ぶほど広くないけど)前方中央を占める座席エリアのチケットが発売されてました。
チケットマスターの不備か、HOBの手落ちか知りませんが、その為ステージ前の座席は98%(!)くらいの割合で空席、それを囲む柵の外側周辺に熱心なファンが群がっているという異様な事態になってました。


HOB側は「チケットは売れているが客が現れない、こんな事態は初めてだ」とか言ってましたけど絶対嘘。
だって何百人の人が一斉に来ないなんてあり得ないし、第一、最前から2列目中央の人に聞いてみたら「さっきボックスオフィスでチケット買った」って言ってたもん。
たまたま今日やって来てフラッってチケットを買ったファン度数の薄い人がステージ前を占め、早くから待ちわびていたファンは遠いスタンディング席で見るという状態を招いたのは完全にHOBの手落ち。
ステージには幕が落ちているのでPAと照明以外のスタッフはこの事態を知る由もないですけど、マネージメントがこれを見たら怒り出すだろうなと思ってました。
第一、こんな客席の状態ではアーティストにも失礼です。
対応の遅いHOBにじれて、熱心なファン達は個別に「差額を払ってもいいから前に行かせてくれ」と交渉開始。
もちろん私も女性に甘そうな男性セキュリティに思いきり上目遣いでブリっ子して言いました。

「私達、今日のショウの為だけに日本からわざわざ見に来てるの。どうしても前の方で見たいから入れて、お願い、お願い」

もちろん大嘘ですけど(爆)、迅速にお金をちらかせつつ且つ、女性である武器を駆使して泣きを入れるのがアメリカ人セキュリティとの交渉を成功させるコツですので思いっきりやりました。
一緒に行ったnonさんには

「tomoxさん、人見知りだって言ってたけど絶対違うよね...」

と言われましたけど(笑)。
ハイ、オイラ欲しいものがある時には手段を選ばず物凄く恥知らずです。( ̄ー ̄)v
♪欲しいものは欲しい~と~言った方が勝ち~♪(byユーミン)


で、結局20ドルのディスカウント差額(笑)を払って中のシートゲット。
最初っからもらった席も悪くはなかったんですが、最前や2列目が空いているのにそこに大人しく座ってたくなかったんでウロウロしちゃいました。
で、開演してからしばらく最前列にいたんですが、その後チケット持った人が来ちゃったんで大人しく元の席に戻ってました。
席のアップグレード志願者が後を絶たず、結局中央シートは全部埋まりました。


その後アンコール時に皆が立ち上がったんで、ソレッと前に出て行って、ついでに人が固まってセキュリティも近寄れない状態になったのを良いことに隠し持っていたカメラで撮りまくり!
ちなみにこの日はカメラ禁止でした(笑)。
携帯で撮影している親父はいても、カメラチェックがあったにも関わらず大きなカメラを持ち込めていたのは私ひとり。
普通にバッグの中に入れてたんですけど(ストールに包んではいたけど)、女性のバッグを調べるのに躊躇のあった男性セキュリティの隙のお陰で無事持ち込み。
カメラ禁止だろうがOKだろうが、ジェフ本人はカメラは気にしないし、心おきなく撮らせてもらいました。
終演後人混みが散らばらないうちにバッグの底にグイグイ入れて隠して完全犯罪。
でもコンサートの後、周辺にいる親父達から「写真、メールで送って~」ってメアドをもらいまくりましたし。
ちなみにメアドは親父達から各コンサート会場で毎回必ずもらいました。
と言ってもその全員がビール腹の50代以降のアメリカ親父達ですんで、メアドもらったところで別にいい事は何も起こりそうにないですけどね。
ジェフの写真が欲しい親父達の乙女心の為にも、後日送ってあげようと思います。



hob4.jpgという訳でアンコールのみ写真あり。
Going down♪
down,down, down, down, down♪


hob5.jpg最後なんでジェフの髪も地肌近辺が汗で湿ってて、洗ったばかりの犬状態(笑)。



hob6.jpgエンディングポーズ。
バンドへの指揮の意味合いもあるけど、やっぱりギタリストのネック上げポーズって見た目にもカッコいいです。


hob7.jpg後方...愛用タルカムパウダーです(笑)。
指への滑り止めですけど、よく笑いを撮ろうと脇にも振りかけてるダーであった。
ちなみにダーはジョンソン&ジョンソンとかの匂いのあるタルカムパウダーが嫌いで、確かこれはイギリス製で無臭の奴。
ブランド名忘れた。誰かフォローして♪


hob9.jpg間近でOver the Rainbowが今度聴けるのはいつか分からないので、写真も1枚だけにしてじっくり聴く。
なのに周辺の親父が何やかやと話しかけてくる。
思わず「Shhhh!」って注意したけど意に介さず私の持ってたフラッグを奪ってかざし、私の視界を遮るし...いい加減にしろ~!(▼皿▼メ)






終演後、一行は11時間かけてデトロイトに移動。
この夜はツアーバスのお泊まり。
翌日はオフ、ゆっくり休んで下さいまし。
HOBは楽屋にシャワーもあるのか、上のホテルの部屋でも用意してもらったのか、スタッフ一堂、いつものツアーバスのしょぼいシャワーじゃないシャワーを浴びてきたようで、互いに「シャワー浴びてきた!?」と尋ねあってました。
普段の不便なシャワー生活が察せられます(涙)。
最後にお世話になったスタッフの皆さんとバンドメンバー全員に会ってお別れを言う事ができました。
この日のダーリンは、終演後と思えないくらい元気いっぱいでよく喋り、友達でも来たのかキッチンからのケータリングを楽しんでいたのか(?)長い間バックステージにいた割には結局ステージ衣装のまま帰路につきました。
ちゃんとシャワー浴びてね~(笑)。
東海岸は終わっても、まだUSツアーは前半部分が終了したばかり。
みんな体に気をつけて頑張ってね~。


それと日本から渡航をお考えの皆様...。
行かれるなら、9月28日のLAのGreek Theatreを是非是非、日程に組み込んでみて下さい。
きっと何か良いことあると思います。


blogranking

↑しばらく腑抜けの私にワンクリック
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
お疲れさまでした!
祝!社会復帰!(笑)
でも、うらやましいですねぇ。
日本でおっかけしてもセキュリティ厳しいですもん。
まぁ、ヨーロッパの方がさらにゆるいんでしょうが・・・。
Jおじも海外遠征のチャンスがあったら、
御指南よろしくお願いします。
(いつになるのやら・・)
2006/09/19(火) 06:50:49 | URL | Jおじ #mQop/nM.[ 編集]
社会復帰果たせてません~(泣)
>Jおじ様
ダメっす、デトロイトでもう開演しようとしている一行の事を考え、オイラもひとっ働き、って思ってるのに1日中物事が手に付かないで本日廃人同様。

ところで海外遠征をお考えならなるべくお早めに!
ジェフは健康だし今はいい調子で働いてますが、年齢を考えるとツアーは年々苛酷になってくる筈です。
事実、3年前はプロモーションとツアーで2ヶ月半もアメリカにいたのに、今回のツアーは1ヶ月ちょっと。
(春にミニツアーやってるけど...)
ソニーと契約を切って新譜はいつ出るのかという状況なので、私は内心次にいつ会えるんだよと思ってます。

指南...私のノウハウは「女性専用」なので、難しいです...。
すまんです。r( ̄_ ̄;)
2006/09/19(火) 08:03:46 | URL | tomox #-[ 編集]
そうですねぇ。
わっはっは、NYの少女俳人って感じですか?

海外遠征って昔から狙っているんですが、
なかなか上手くいかないんですよね。
ツアーの情報が遅いってのもありますが、
仕事が薄いときに限ってツアーがない!

しかし、ニューアルバムはどうなんるんでしょうか?
ネットショップからのダウンロードだと
なんか淋しいなぁ。(そんな世代です)

>指南...私のノウハウは「女性専用」なので、難しいです...。

う~ん、やっぱり「女の武器」総動員なんですね。
まぁ、ステージ見るだけでもいいんですけどね。
2006/09/19(火) 12:27:18 | URL | Jおじ #mQop/nM.[ 編集]
さすが!
ナイスガッツですね!
ここぞという時には手段を選んでちゃだめですよね。tomoxさん、武器の発動ポイントをきっちり抑えていらっしゃるし。
楽しいレポありがとでした~^^

あー、次の来日って、いつだろう。
というか、あるんでしょうか;
私、まだUDOの次の朝、のんびりしてたのをちくちく後悔してます・・・・(涙)
せめて、28日は、映像化求む!です~><
2006/09/19(火) 14:35:26 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
ありがとう~~~
ハードな1週間、おつかれさまでした!

Tomoxさんの少女のようなひたむきさと優しさにも感動しちゃった。(*^_^*)
いろいろありがとう。

力つけて社会復帰してくださいませ。v-91
2006/09/19(火) 15:36:20 | URL | non #-[ 編集]
ち、違います~!
>Jおじ様
えと、私の書き方が悪くて誤解を招いたかもですが、全く初対面の方が女の武器を総動員してもダーのような高名な方に近づけるかどうかは分かりませんよー。
そりゃ、どこかで偶然ダーに会った魅力的な女性が武器総動員すればそれなりに彼も興味を示すだろう(いや絶対示すだろう・笑)けど、そんなオトナの事情は知りません!
私の場合は彼が活動をほぼ休止していた10年間にしつこく活動してくれと訴え続けた事で長年のマネージャーさんに不憫に思われ情をかけられたことが端を発してると思いますけど、その後も歴代のツアーマネージャーやスタッフに目をかけて頂いたのは、「ジェフのファンとしてはやや若め(ここんとこ誤解がありますけど)の女の子」という部分も大きいかと思います。
女子は「ヨシヨシ」されやすいのですね。
追っかけ男子はサインマニアとか変わった人が多いつうのもありますね。
でも男子には車やギターの話題で近寄るという手もあるかも......特にホットロッドビルダーならその可能性大きいと思いますけど、問題は資金力ですねえ...。(;^_^ A
2006/09/19(火) 22:32:55 | URL | tomox #-[ 編集]
次の来日
>meimei様
新譜さえ出れば日本ツアーはあると思うんだけど...。
フーエルで復活してからのダーリンは以前から考えられないくらい(笑)ワーカホリックとも言える働きぶりだし。
彼は以前から「60過ぎたらやっとセミプロだ」って言ってましたから、これからがキャリアの華であって欲しいですね。
事実、この年齢でギターは年々進化してるし次々新しい事やってるし...コレは他の誰も近づけない域で物凄いこと!
だから彼のキャリアはここからまだまだあるとは思ってます。

ただ、現実的にシビアに考えると年齢的な事、レコード会社との契約などの問題があるので、後悔のないように見れるライブは一期一会の心意気で見ています。
meimeiさんも次は良いことありますよ。
よかったらUSにいらして下さいね。
2006/09/19(火) 22:46:25 | URL | tomox #-[ 編集]
こちらこそ
>non様
私のアホな追っかけ道にお付き合い頂いた上運転手まで勤めて頂いて、本当にありがとうございました。
お陰様でアトランティックシティでお泊まりにならずに済みました~。

ひたむきつうかみっともない「ガッツき」ぶりをお目にかけてしまいましたのにお誉め頂き赤面の至りです。
本当オイラ、自分の欲望に忠実ですわん。
2006/09/19(火) 22:54:57 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/328-e53ea128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。