TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うっほう、うほうほうっほっほーおうっ
うっほう、うほうほうっほっほー
大き~な~山~をひとまたぎ、キング~コングがやってくる♪


...エンパイアステートに登るような大きさのサルが、山をひとまたぎできるワケないじゃん!!(`m´#)

...という訳でゆうべ、キングコング見て参りました。
映画のストーリーはまあ、予想通りというか、何も新しいもんはないです。
前作も当時、父親に連れられて映画館で見ました。
露出度の激しいジェシカ・ラングが子供の眼にも色っぽかった覚えがあります。
今作はCGのコングを始め、恐竜たち、それにすんごい気持ちワル~い生き物がたくさん出てきましたが、よく出来てましたねー。
Jack Blackはコメディでお馴染みなので(「School of Rock」大好きなんです♪)こういう憎まれ役のヤな奴を演じても好感持てるんですが、Adrian Brodyって「戦場のピアニスト」みたいなシリアスな文学的映画で主演男優のオスカーを取った後、なんでこういうちょっとマヌケな(失礼)ハンサム役を演るんでしょうかね???


さてさて、お話変わって(モンティパイソン風。原語版ではなく昔の吹き替え版の納屋五郎さんですが)今日ご紹介するのは南米コロンビアの健康飲料でございます~。
上の写真のこの飲みもの、「マサト」という名前です。
(手作りなのをペットボトルに詰め直してるだけなので、ラベルはコロンビアのソーダのもので別物です)
お米が原料で、どろっとしてます。どぶろくのよう。
そして、発酵させてるのですがお酒というより、お酢っぽい。
やや甘くてお酢の味もするけど飲みにくいほどではなく、りんご酢みたいな感じです。
健康飲料として、毎日ご愛飲下さい。

それにしても「マサト」って名前、スペイン語の発音もまんま、何の訛りもなく日本人男子の名前の「マサト」そのものです。

私の推量では、きっと...

1. その昔、日本男児マサトさん、農場経営の夢を持って南米に渡る。

2. マサトさん、コロンビアに定住。
  努力の甲斐あってお米農場で大成功。
  更に手広く商売を広げようと、日本酒作りに着手。

3. マサトさん、どぶろくの試作品を完成。
  何かが間違ってそれは違ったものになってしまう。
  しかし、現地では美味しくて体にもいいと大評判を呼ぶ。 

4. 評判が評判を呼び、いつしかこの飲み物は「マサト」と呼ばれる。
  そしてコロンビア人に広く親しまれ、後世に伝えられる。

......とマサトさんの立身出世物語がこの飲み物の背景にはあるに違いない!!!

..........。
すみません、今日は妄想が入りました。
blofranking

↑ワンクリックお願いします♪
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
(o_ _)彡-☆バンバン
え~、お話し変わりまして。。。

ジョン・クリーズですね!(笑)
テリー・ギリアムの「裸オルガン」の一発芸も好きでした(爆)

いや~、かぶってますね~、観てたモンが。

ジョージ・ハリスンの追悼ライブDVD「コンサート・フォー・
ジョージ」で久しぶりに動いてるメンバーを見ました。

また観たくなっちゃったなぁ~!

マサトさんのルーツ。ほとんどそのストーリーだと思います。
ぜひ、絵本にして下さい(笑)映画化します?(爆)
2005/12/16(金) 20:45:44 | URL | kazaa #-[ 編集]
パイソニアンのtomoxです/実は因縁がありまして...
実はうちの父が、多分日本で初めてモンティパイソンの日本での放映権を獲得しようと考えた人なんですよ。
彼は放送局勤務で、その昔記者時代にイギリスに出張し、モンティパイソンを見て感動したらしく、資料にモンティパイソンの本(Big Red Bookっていう奴です。その本、青いんですけどねい)を買い求めて帰国、放映権を取るべく持ちかけたらしいんです。
が、なんせタブーに触れまくりの過激なギャグぶりに(特にゲイネタや国営放送局であるにも関わらずの王室ネタは菊のカーテンが分厚い日本人には考えられないところだと思います)誰も賛成しなかったようで。

最初の土曜日の深夜放送の頃から眠い目をこじ開いて3姉妹揃って見てました。
3年間で2クールに分けて放映された後、放送されなくなったんで配給元?の東北新社に問い合わせたところ放映権が2回の放送までしかなく、再放送の予定はないとの事でした。
それで、子供だったんですが、「モンティパイソンを日本で復活させる会」というのを作って(笑)、署名運動までやってたですー!(今も昔もバカですねー)
映画「アンドナウ」が日本で公開された時は、大阪の試写会に人を呼ぶべく東北新社からいっぱい送られてきたチケットを(その頃には大阪にアタマのおかしいムスメがいる事は東北新社の方も知ってたので)必死でさばいて、場内を満員にして、ほぼ全員に署名を強要しました。「(^^; )
そうやって頑張ったにも関わらず当時は再放送はされませんでした。

その頃、モンティパイソンのファンクラブが日本にあって、私は会員ではなかったんですが私の噂を聞きつけて、私のひとつ下の中学生の男の子、S君が訪ねてきました。
うちの家族全員ソッコー彼のファンになってしまうくらい滅茶苦茶おかしな男の子で、彼は私の署名運動も手伝ってくれました。
その後大人になった彼がお笑い専門のイベンター&プランナーみたいな仕事をしているのを聞いて、「ああモンティパイソンのルーツがそんなところへ...」と密かに彼の為に喜んでたんです。
6年くらい前かな?彼が、「オースティンパワーズが日本に来る、って設定で映画を撮らないか、って企画を持ちかけてる。マイクマイヤーズに今後会う予定」って言ってました。
その後、メールは途絶えてしまったんですが、その時の彼の話が、実際の「オースティンパワーズ/ゴールドメンバー」になった訳です。
でも、DVD持ってるんで、いつもタイトルバックのスタッフに彼の名前探すんですけど、見つからないんですよねー。

長いお返事で失礼しました...モンティパイソンについて語りだすとついついついつい長くなります。
2005/12/17(土) 14:54:04 | URL | tomox #-[ 編集]
ああっそれと!!
オルガンの一瞬芸は、テリー・ギリアムではなくてテリー・ジョーンズの方でございます、お間違えなく~
(すいませんアタマがおかしいんで許して下さい)
2005/12/17(土) 14:58:05 | URL | tomox #-[ 編集]
これは
パイソニアンtomox様、大変失礼いたしました!

メンバーの名前を取り間違えるとは不覚。。。
お許しあれ~。

そうですか!。。。かなり深いお話しです。
ご尽力されてたのですね~。
再放送の件はザンネンでした。

「アンド・ナウ」と「ホーリー・グレイル」はそれがしも
映画館に観に行ったでござる。

当時のTVもカセットテープに録って、すり切れるまで
聞き込んだッス。

先般、DVDが発売されましたが残念ながら吹き替え音声は
入りませんでした。。。
吹き替え音声入りのDVD発売要請を署名運動しますか?(笑)

絶対に日本のファンにとって吹き替えは外せません。
アノ、アドリブビシバシ入りの吹き替えはある意味歴史に
残ると思います。。。バイブルとしても。

そだ、「コンサート・フォー・ジョージ」で唄ったのは
「きこりの歌」でした(爆)
2005/12/18(日) 14:05:51 | URL | kazaa #-[ 編集]
うはは、私も(≧∇≦)
テレビからカセットテープに録音して聞いてました!!
私の大好きな「Ministry of Silly Walk」は音声だとサッパリ分かりませーん...。

戦場もののコントで、何言ってるかさっぱり分からない男の役を青野武さんが吹き替えやってましたが、はっきり日本語なのに何度聞き返してみても何言ってるのか全然分からないんですよ...あれ、やろうと思ったってできません。
広川太一郎さんは普段の映画やアニメの吹き替えでもアドリブ満載ですから、本領大発揮でしたね。チョンチョン?(笑)

吹き替え版はもう残ってないんでしょうか?
タモリさんも「何と言っても吹き替え陣が素晴らしかった」って言ってますよね...彼のデビューもこの番組でした。

そういやリンゴ・スターとルルが一緒にモンティパイソンに出てましたね。
ジョージは映画の方で何か関わってませんでしたっけ?

「木こりになりたかった!」
ゲイのパパを持つ木こりの歌ですねい。

現在、モンティパイソンのミュージカル「Spam a Lot」、ブロードウェイでやってます。Spamの「a」を長めに発音するのがコントの鍵です(爆)。
ニューヨーク移住後に缶詰Spamをよく食べました...ハワイのABCストアでスパムおにぎりも売ってますね!

...コメント長いっちゅうねん。
あー失礼しました。
2005/12/18(日) 18:09:57 | URL | tomox #-[ 編集]
ジョージは
映画のプロデューサーだったようですね。
自身の音楽にもパイソンメンバーが関わってる様な?

広川太一郎さんのチョンチョンにはやられました(笑)
納谷悟朗さんの吹き替えも銭形警部がさらに砕けた
感じで好きでしたねぇ~。

「モスキート・ハンティング」「死んだオウム」が
印象深いです。。。
戦争で敵を笑い死にさせるギャグみたいの、
ありましたよね?(爆)

ミュージカル「Spam a Lot」はメンバーも出演?
観たいですね~。
2005/12/19(月) 14:01:48 | URL | kazaa #-[ 編集]
Spam a Lotは...
メンバーは出演してませんですー。(T_T)
なのでちょっと食指が動かないパイソニアンです。
メンバーのその後の活動を見守る昨今でございます。

ジョンはテレビや映画で時々見られますし、エリックとマイクもジョンほどではないけど時々見かけます。
(テリージョーンズはいずこへ?)
何と言っても成功したのはテリー・ギリアムですが、彼の映画に出演した関根勤さんの話によると、普段でも相当おかしい人らしいすね。
残念ながらグレアムは亡くなりましたが...ジョンが弔辞を読み、「きっと当たり前のつまらない弔辞を読んだら君は許してくれないだろう」と言って、弔辞で「fXXk」という言葉を使った初めての人間が彼だという報道がなされたようです(笑)。
友情ですねい......。

私は「悲劇的に喜劇的な男」「ブラックメイル」が好きでした。
2005/12/20(火) 02:19:06 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/43-fff5ff49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。