TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



相変わらずiTunesへのコピー作業に励むtomoxです。
ただ今Cheap Trickの近作(註:ここ20年)を網羅中。
このバンドのCD、1stアルバム以外殆ど日本に置いてきてたけど傑作揃いじゃないですか!
それも彼らが低迷してた時代のアルバムも遜色なく素晴らしいのがいい。
さっきから胸キュンになったり、格好良さに驚いたりです。
♪Cause I didn't know I had it, 'til I threw it away♪
(↑いや、これ今かかってるんですけど名曲っす~!泣けます...ホント。(;_;))


さてさてすっかり年も明けておりますが、年末年始は皆さま如何お過ごしでした?
私は東京から姉一家が実家にやって来て、私の個展に行ったり、京都にお墓参りと親族との忘年会に行ったり、芦屋の叔母に会いに行ったり、大阪でディナーをとったり、と忙しくしてました。
老人から4歳児までと年齢差のある一行、加えて姉一家はベジタリアン気味(特に義兄は完璧にベジタリアン)なのでなかなか食事内容のチョイスも難しいところでしたけど、明日には彼らも東京に帰っちゃいます。
子供達は一緒にいるとじっとしてないし、うるさいし、叱っても言うこと聞かないし、自己主張は激しいし、お互いにしょっちゅう揉めてややこしいし、うちは野生動物保護区か!?おめーらは野生動物か!?もー知らん!!勝手にしやがれ、この子猿たちめ!!と何度も思ったけど、いなくなっちゃうとやっぱり淋しいなあ...。
悪魔のような野生動物たちも互いに一緒に遊んでる姿や、こちらに他愛なくなついてきたりくっついてきたりすると、可愛いんですよねぇこれがまた。


ところで、上の写真は京都の従兄弟夫妻とうちの実家勢11人でのプチ忘年会のもの。
京都ブライトンホテルの京懐石料理、にて。


ここのお座敷には初めて行きましたけど、広々としていて、しかも座敷貸し切りにしたりしてもお部屋代とかチャージされないのがいいですね~。


hotaru2.jpgこの日私がいちばんしみじみ美味しいな~と思ったのは実は汁椀。
これ、湯葉つみれ汁です。
湯葉ベースのつみれも美味しいけど、お汁自体にトロットロの海草たっぷり。
すごくいい香りでなんとも言えない風味。
美味しかったー!




過去、ここに来る時はいつもランチで、京都の叔母と一緒の時でした。
京都の叔母はここのホテルを気に入っていてうちの母と月に1度はここでランチをしていました。
私が帰国する度に1度は必ず私も参加して、ここで一緒にランチをとったものです。
一昨年の春に帰国した時もここに来て......そして、いつも別れ際に

「私もそう長くないだろうから、会うのはこれが最後かもね!」

なんて言うので、「そんな事言う人ほど長生きするもんだから、また来年会えるよ」って答えていたのです。
それが一昨年は珍しく、別れ際に

「来月ももう1回ここで会えない?」

と言われました。
そうね、また時間が合えばね、と言ったまま、私は結局自分のことで忙しくしていて、再び叔母には会わずアメリカに帰りました。
そして、叔母に会ったのはその時が最後になりました。
私の離日後たった数日後に叔母は倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。


だからここは、叔母との思い出の懐石料理屋なんです。
叔母との再会を果たせなかったのはちょっと心がチクッてする思い出ですけど、ここで美味しいご飯を一緒に食べて、広々としたロビーでお茶を飲んだ午後は、子供の頃からの様々な叔母との思い出と共に忘れられない、いい思い出の中の景色になってます。
お店の仲居さんも叔母の事をよく覚えてて下さって、今回皆で訪ねていったら最後に丁寧に挨拶して下さいました。


叔母のお墓参りを初めて済ませて立ち寄った、このお店での初めてのディナーでした。
お墓参りに行く前、ひとり暮らしだった叔母が住んでいた家の前を通ったんですけど、家の真ん前に差し掛かった時、車の中にいた私の肩にサーッと日が差してきて突然温かみを感じました。
本当はあの時、叔母も一緒にいたんではないでしょうかね~。






blogranking

↑なんと15位急上昇返り咲き中!
今年もポチッ♪とヨロシク ∠(^ε^)


スポンサーサイト
テーマ:和食 - ジャンル:グルメ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/437-bd411147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。