TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は少し気温が上がったのでいつもより薄着で大丈夫な1日でした。
最近は極寒だったので、超冷え性としては

★ホカロン/おなかと腰に1個ずつ(必須)
     足用、左右ひとつずつ(任意) 
★足首まであるダウンコート(必須)
★タイツとウールの靴下(必須)
★毛糸のパンツ(任意、男受け悪し)
★ブーツ(必須)
★毛糸の帽子(任意)
★マフラー(任意)
★手袋(任意、しかしポケットのついてないジャケットの場合は必須)

という重装備でした。

しかし、もう10年ほどに渡って愛用し倒しているスパニッシュブーツ”Destroy"が最近ジーンズをインして履いてたら、私の足の太さに耐えかねて突然、ジッパー崩壊。(T_T)

更に15年近く愛用していたバーバリーの100%カシミアのチェックのマフラーを失くしてしまいました!母からのロンドンみやげでずっと大事にしてたのに!(;>_<;)

その上、先日映画館で、ダウンコートにチューインガムがべったりこんとくっついてしまいました。
誰かが座席にくっつけてたらしく!凸(`Д´メ)

しかも今日、お昼休みにダンキンドーナツで買ったカフェラテが「なんだか底からポタポタ洩るなあ...」と思ってたら5分後くらいに突然紙コップの底が崩壊、コーヒーダダ漏れ!!その時着てたのは白い冬用ジャケット...。当然コーヒーかかりました...。o(ToT)o

そして、その時持ってたお気に入りの、この冬買ったばかりの白っぽいBetsey Johnsonのバッグにもコーヒーかかりまくり!
更にあとで見たら、バッグにもまたチューインガムがくっついていました!<(T◇T)>

と私の冬装備は最大の危機に瀕しています。

そんなついてない自分が悲しすぎる昨今、お送りするのはアメリカでの日本まんがのお話です。
上の写真ですが、アメリカ全土にあまねく大チェーン書店のBarnes&Nobleの支店内です。
(5th Avenue,45thと46th streetの間。ちょっと前まで5th Avenueと48th streetの角にあったんですが、引っ越しました。マンハッタン内にたくさんの店舗があります)
ここの支店はイベントにとても力を入れていて、頻繁に有名人が本の出版の宣伝に訪れ、サイン会や講演などをします。
クリントン元大統領が自伝を出した時も転居前のここでサイン会をしてました(余談ですが、その頃ちょうどタクシーでここの書店の前を通ったんです。そしたらタクシーの運転手さんが、「クリントン氏来たる!!」みたいな宣伝ポスターを見てひと言「My Life(自伝のタイトル)だって。タイトル、「My Lie」に変えた方がいいんじゃない?」なんて言ってました...ウマイ!(  ̄ー ̄)ノ◇ 山田君、座布団1枚!)
転居後、初めてサイン会を開いたのはBBキング御大。
来年の1番バッターはドナルドトランプの講演会のようですが、この人のビジネスセミナーをまともに受講すると結構高くつくらしいんですよ。
ちょっと興味あります。アメリカで大成功してる人には成功哲学があるでしょうしね。
でも、あのカツラはヘンじゃん...お金持ちなんだからカツラにもお金かけましょうよ。

ええと、大きく話が逸れました。「(^^; )

私はニューヨークの、とある日本の書店に週2日のみ勤めているのですが、アメリカ人の日本のマンガファンって予想より遥かにいるんですよ。
中学生くらいの女の子たちは少女マンガを読みますし、やや大人でも普通に日本のマンガ読む人達はわりといます。日本語が読めなくても!です。
コゲどんぼとか、CLAMPの「ツバサ」みたいな可愛い系の絵が人気あります。
少年ジャンプやCookieは雑誌でありながら英語版が出てますし、単行本でも英語版がたくさん出ています。
更に日本製アニメは本当に人気があって、ガンダム系の雑誌や「鋼の錬金術師」の雑誌を定期購読しているアメリカ人もいるほどアニメ雑誌は、更にはフィギュア系雑誌やコンピューターゲーム系雑誌もアメリカ人に売れます。
「One Piece」「Naruto」「犬夜叉」のアニメはアメリカでも絶賛放映中。
アメリカ製の「Power Puff Girls」はまんま日本アニメのキャラに影響されて出来たキャラですし、昨今の「Puffy Ami Yumi」アニメもその路線です。
Puffyのアメリカでの人気は、この日本アニメ人気やそれに先駆けてのキティちゃんのアメリカ進出、更には東京的キッチュさのあるストリートファッションを好むダウンタウンの若いアメリカ人達とは無関係ではないな~と思います。

ところでオタクであればあるほど、「オタクって国境がないな~」とつくづく感心します。
いかにも秋葉原にいそうな男の子のアメリカ人バージョンを日々観察した結果の結論ですので、確かです!どうしてああも、外見は国境を問わずソックリなんでしょうかね?

そんなアメリカの暑苦しい、もとい熱いヲタたちに支えられてあのBarnes&Nobleにさえ、MANGAコーナーが...!!!


ドラゴンボールZ、アイシールド21、幽遊白書、ツバサ、steam boyなどがありますね~。

日本製アニメは実は結構昔から海外進出をしています。
15年くらい前にヨーロッパ旅行をした時、イタリアでもフランスでも「Dr.スランプ」や「うる星やつら」を見かけて、
「ラムちゃん!フランス語ペラペラ...」
と驚いた覚えがあります。
以前、ここニューヨークで美術学校に通っていた時も、クラスメートのフランス人(女)とスペイン人(男)が子供の頃に見ていた共通のアニメとして、ドラゴンボールの話でめちゃくちゃ盛り上がってるのを見てびっくりしました。

ほんと、日本製アニメ&日本のマンガは日本の誇るべき文化のひとつです!
「マンガ」と言うと「子供の読むものでしょ」と思うアメリカ人もまだまだ多いと思うのですが、大人が読むに値するマンガはたくさんあります。
この日本マンガの発展に大きく貢献した人のひとりとして、誰よりも先に思いつくのは手塚治虫さんですねやっぱし...。
ほんと、安野モヨ子さんのように「手塚治虫全集、一気に大人買い」できたらいいなーと小学生の頃からブラックジャックに恋する私は夢見ております。

昔、大阪で「世界まんが博」というイベントが夏休みの間に催され、私はそこでピンポンパン体操のお姉さん(例えが古すぎる)のような格好をして一応コンパニオンと呼ばれるバイトをしておりました。
会場には、当時ご存命だった手塚治虫さんが、多忙の中本当に毎日のようにいらしてました。
サイン会も何度かあって、彼は並んだ人達に
「何の絵を描いて欲しい?」
とひとりひとり聞いては、全員にサインと共にイラストも描いてあげてました。

でもね、そこに来てる人達ったら、本当に「アトム」か「レオ」しか言わないんですよー!!!(≧ε≦)
私は内心、笑顔でコンパニ立ちしながら

「こんな凄い機会に何言ってんだ!てめーら、ちっとは違った事言えよ!」

と毒づいてました。そして、喉から手が出るほど、

「せ...先生、私にブラックジャックを描いて下さい...」

と思ってました。

そのうち、手塚さんのマネージャーさんのような人が来て、
「先生、この後の予定がありますから、サインはここまでにして下さい」
と無情にも言われると、手塚さんは
「え...でも...あとちょっとだけ...]
と言ってなかなかサインを止めようとしません。
時間が押しに押し、イライラしたマネージャーさんに
「先生!」
と怒られてやっと手塚さんは仕方ないといった感じで、並んでいるファンの人達に
「ごめんね、時間がないから今日はサインだけするね。でも、この次に僕が来る時にこのサインを持ってきてくれたら、絵も描くからね」と言いながらサインしてあげてたのですー!!!

すんごいいい人じゃないですかー!?(TOT)

その博覧会には、他にもプロの漫画家さんが何人もいらしてましたが、いちばん腰が低くてアルバイター達にも優しくして下さる方が手塚さんでした。
私のようなアルバイト小娘が、彼が会場を去る時に
「お疲れ様でした」
と頭を下げると、彼も頭を下げてにっこり笑って
「お疲れ様~」
と言って下さるのが私の心の栄養剤でした。

..... 結構、他の漫画家さんには無視して通り過ぎられましたよ?

一句、
実るほど こうべを垂れる 稲穂かな

...合掌。

でも、先生、ブラックジャック描いて欲しかったなあ...
blofranking

↑偉大な手塚先生を応援しつつ、私の事もちょこっと応援して下さい
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
私も描いてもらうなら…
ブラックジャックだぁー!!!
をっと、tomokoさん、どうもです(^-^;A。
ついつい今回の話題に身を乗り出してしまったですよ(笑)。
手塚先生って、ほんとに優しくていい人だったんですね!
アルバイトとは言え、お会いしたことがあるなんて
羨ましいっす。
そういえば、私が子供の頃は「リボンの騎士」のサファイアも大好きでしたー♪
今は四半世紀もの間キャプテンハーロックに愛を注いでおりますが…(笑)。
2005/12/17(土) 22:51:26 | URL | ジェフ・ベッコ #ZfuooOtw[ 編集]
横文字の文化
日々楽しくNYの暮らしぶりを読ましてもらってます。
MANGAといえば、横文字文化圏用は左から右開きに閉じるため、原画は裏焼にして使用し、左右が逆と聞いたことがあります。野球漫画とかは左右が逆になると大問題ですね。
私もマニアやファンではありませんが、たまーに大人買いしてしまいます。最近では「のだめカンタービレ」です。
2005/12/18(日) 01:26:58 | URL | Sue #-[ 編集]
リボンの騎士ー!
私も大好きでした!
子供の時、飼ってた猫にチンクって名前つけてましたよん。

私はブラックジャックLOVEなんですぅー。
子供の頃、彼に恋するあまり、外出するにもブロマイド代わりにコミックス持ち歩いてました。
んー、今とあまし変わってません...(笑)。
あ、「はいからさんが通る」の青江冬星さんも好きでした。ストイックな男にヨワいなあ。

ベッコちゃんはハーロック。
なんかお互い、前髪の長い男が好きですよね!?
そんな好みのルーツが、マイダーリンJB(ジェイムズブラウンです。嘘です。ジェフベックです)へと結実してるのかも!?!?
2005/12/18(日) 01:38:42 | URL | tomox #-[ 編集]
うを!?Sueちゃん!かな???(゜▽゜;)
いらさいまし~。
私の知っているSueちゃんだよね...?多分。

そうなんですMANGAはいかにも開きが逆。
苦労の後がいろいろ偲ばれますが、着物の着方が逆なのは日本文化を伝える一環としていかがなものかと...。

カンタービレはとある立ち読みサイトで立ち読み中です。(←mac環境では読めないので、この為にNetscapeをダウンロードしたおバカ)

またのお越しをお待ちしていますー!!(⌒∇⌒)ノ""
2005/12/18(日) 01:54:23 | URL | tomox #-[ 編集]
いやいや
なんだかコメントしたくなっちゃうフリが多くて(笑)
こっちにも失礼します。

MANGAの文化を世界に浸透させたのは、手塚治虫氏であると確信して
おります。Animationに関してもDisneyに開拓はされましたが、
その可能性を追求し、さらに広げたのは手塚氏であると思います。

よって手塚治虫氏がいなかったら、今の漫画史は大いに変わって
いたのでは?

自分も中学時代に手塚漫画の魅力に取りつかれ、「漫画全集」を
買い始めた口です。全400巻が揃ったときは打ち上げしましたね(笑)
それ以外の出版物や古書などもちょこちょこ揃えていました。
「鉄腕アトム」と「火の鳥」は時代が違うのが、3セットぐらいづつ
あるのでは?(笑)
専用の本箱3つをあつらえ、倉庫の半分を占領しているこれら手塚漫画は
まさに宝物。

で、高田馬場にある手塚プロにも通いましたね~。
手塚先生にも何度もお会いして、色々なお話しを伺いました。
ホント、ファン思いのやさしい方でした。
年賀状も毎年直筆で書いて送って頂いたのにはビックリ。

記念すべき漫画全集の第一巻「ジャングル大帝」の裏表紙にもらった
のがたった1つのサインですが、もっともらっておけばよかった?(笑)

当時のマネージャーの方は松谷氏ではないでしょうか?
現、虫プロの社長さんだと思います。

あ~、懐かしや。。。
2005/12/18(日) 14:35:58 | URL | kazaa #-[ 編集]
うおー、手塚プロ~w(°o°)w
ファンにとては聖地です!
私のお会いした手塚先生はいつも例のベレー帽姿でしたが、仕事中はタオルを頭に巻いた「大掃除のお父さん」スタイル、と元アシスタントの石坂啓さんが書いてらっしゃるのを読みましたがどのようなお姿でした?

仕事部屋の外のリビングにいる原稿待ちの編集者達が、ソファの腰掛け部分はもちろん背もたれにまで並んで腰掛けててひな壇みたいになってた、
とか、
手塚さんが原稿に鉛筆でスケッチを入れていく時に子供がお絵描きをしてるかのように寝そべって顎を腕にのっけて楽しそうに描いていた、
とか、
いつまで経っても仕事部屋から出て来ないので編集者が覗いてみたら窓から脱出して映画を見に行っちゃってた(寸暇のない方なのに映画はよく行かれていたようですね)、
とか、彼の神話はあれこれ聞き及んでおります。

萩尾望都さんが書いてらしたんですが、漫画家のパーティーで手塚さんにお会いした時に
「今、漫画のアイデアが行き詰まっちゃってて...」
と話すと、すごく不思議そうな顔をして
「ええ?どうして?」
と聞き返されたらしいんです。
「...この人はアイデアに詰まる事がないのかー!!」
とビックリしたそうです。
天才の天才たる所以でしょうか。

実家にはざらばん紙版(とでもいいましょうか?)の古い手塚漫画もあります。(「日本発狂」かな?「奇子」だったかな?大人漫画系だったけど...。火の鳥の大型判も紙質悪かったですねー)あんまり読むとページがばらばらになっちゃうんですよね。

マネージャーさんのお名前までは分かりませんが、その日は大阪ローカル局のテレビ出演を控えてたので、かなりイライラしてらっしゃったです(笑)。
先生は飄々となさってましたが。

年賀状にサイン!お宝じゃないですか!!
私は世界まんが博で買った手塚キャラのピンバッヂ達(ヒョウタンつぎまである)がお宝です!
昔うじきさんにもあげたら、しばらくGジャンに写楽クンつけてましたよ(笑)。
2005/12/18(日) 17:39:19 | URL | tomox #-[ 編集]
そうですね!
直筆年賀状。。。貴重でした(笑)
なんだか、自慢みたくなっちゃってスイマセン。
(^◇^;)>

でも、絵を描いてもらったことが一回もないので
後悔してます。。。
年賀状のブラックジャックは最初から印刷された
モノでした(/o\)

手塚番の方々の話は面白いですよね~。
まさに漫画そのもの。

古本はしまったマンマ、読めません。恐くて(笑)
大人漫画系は劇画が流行りだした頃の苦悩が忍ばれます。
でも好きでしたね~、大人漫画も。

自分は実際にお仕事をされている現場は拝見したことがありません。
いつも松谷マネージャーにアポを取って伺っていたので。
学生の分際でエライでしょ?(笑)

でもいきなり伺ったときは、手塚先生のお父様の部屋で
遊んでいました。(笑)
晩年、お父様は手塚プロでファンの相手をしてくれていました。
貴重な話も聞けて楽しかったですね~。

よく、ナニが面白い、ナニがつまらないかを言わされました(笑)
きっと逆リサーチされてたんですね。

自分も手塚関係の話は止まりません(笑)
2005/12/19(月) 14:04:10 | URL | kazaa #-[ 編集]
つい
マンガの話なので...(笑)

日本の子供向けアニメはヨーロッパでも色々放送されています。スペイン語の両さん、ドイツ語のルパン等、マルチなドラえもん等(笑)。尤もこれはまったく新しい現象では無い様で、ご存知の通りアトムはAstro Boyとして白黒のころから放送がありましたし、「海底少年マリン」や「鉄人28号」とかもイギリスで放映されていたそうです。

イギリスでは本当のマンガは未だ一般には浸透しておらず、一種のアニメ(Akiraとかもう少しオタク的なエログロ、Si-Fi等が主)の総称としてMangaという言葉が使われています。一般的なマンガは長年培われた文化なので、本当に広まる事、理解されることは長年かかると思います。マンガを馬鹿にする欧米人がいたら、「エンターテイメントであり芸術でもある広域に渡った表現の媒体という点で、日本人にとってマンガは欧米人にとっての映画と同じだ」と私は説明しています。

マンガ文化が日本文化の根底にあることを考えると、日本のマンガ文化の創設者である手塚先生は日本文化の創設者ともいえると思います。マンガ直の文化でないにしろ例えば日本のロボット開発への関心はアトム無しでは考えられないでしょう。個人的には、マンガを通じて伝えられた手塚先生の価値観念は「三つ子の魂百まで」で、私の人生観の根底にあると感じます。そういったマンガは最近では余り無いのかも知れませんが...
2005/12/19(月) 21:48:58 | URL | 今野 #-[ 編集]
映画のような媒体ですよね!>今野さん
あ、イギリスでは「ANIME」とは言わないんですか?
こっちのヴァージンメガのDVDセクションには「ANIME」って大きいコーナーあるんですけど...。
昨今、「ANIME」がより一般的な言葉になったのは、宮崎駿さんの功績が大きいと思います。

大友克洋さんというのは特殊な方ですね。
「AKIRA」はかなり以前からインターナショナルに読まれてますから。
押井守さんもアメリカでは有名ですが、イギリスではそうでもないのかな...?

私は書店に勤めているので、圧倒的に漫画の支持者であるアメリカ人ばかり見てる訳ですが、小栗左多里さんの「ダーリンは外国人」(日本でベストセラーになったエッセイ漫画です)を読んでると、漫画を読んだ事のない外国人に限って、
「紙の無駄使い」
「エロティックな漫画が多く子供でもすぐ読める」
「絵も字もあるから頭を使わなくてバカになる」
と漫画の批判をしてくるようですね(漫画家である彼女に向かって)。
最後の意見に、小栗さんは
「それなら映画はもっとダメだね 音までついてるんだもんね」と答えていて痛快です。
日本の漫画はレベルが高く、表現も多種多様なんです!

手塚さんに関しては、一漫画家以上の影響力を世界に与えたのは誰もが認めるところでしょう。

♪ぼくらはアトムの子供さ♪
2005/12/20(火) 03:06:07 | URL | tomox #-[ 編集]
ほほー>kazaaさま
...アポを取って手塚プロへ...。
訪ねてくるファンを受け入れてらっしゃったんですね!行けばよかったかなー!(ノ_<。)

「ばるぼら」とか「I.L.」とか、子供には刺激が強かったですが、私も好きです。
「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」の作者として、ともすれば教科書的な作風を求められる事もあったと思うんですが、教育者ではありませんからね。
表現者ですから。
でもどんなに暗い作品、色っぽい作品を描かれても、どこか品が良いのはご本人の人間性から来るものでしょうねー。
2005/12/20(火) 03:20:28 | URL | tomox #-[ 編集]
漫画文化
今野様、ホントにそう思います。 >日本文化の創設者

手塚先生が礎を築いた訳ですが、先生は単に現実逃避的娯楽、
時間つぶしのための漫画を書き続けたのではなく、漫画を通じて
夢や可能性や創造、人間の生命、愛などを伝えるべくご尽力
されたものと認識しております。

で、まさに現実、または将来現実になりそうな手塚漫画の世界が
あります。今、手塚漫画で育った方々がご活躍されているはずです。

そ言えば、映画の世界ではご存じ黒澤監督の影響が今でさえ
見え隠れしてますが、手塚先生の漫画とアニメは絶対Disneyに
現れてますよね?誰がナンと言おうとそう思います(笑)
「ライオンキング」のパクリはいまだに頭に来ているゾ!(笑)

でもナンの世界にも裏世界があるモノで、漫画を低俗におとしめた
輩がいるわけで。。。
手塚先生もその辺は嘆いていらっしゃいました。

と、ナンでもカンでも漫画ではなく、時には映画であり、
小説であり、人とのカンバセーションであり。。。

よく週刊漫画誌を小脇に抱え、通勤時、昼休みとかに
漫画ばっかり読んでるサラリーマンがいますけど、自分は
大ッキライですね。アレは頭悪すぎだと思う(笑)

P.S.
★毛糸のパン >男受け悪し
(o_ _)彡-☆バンバン 大爆ツボでした。
2005/12/20(火) 09:18:50 | URL | kazaa #-[ 編集]
ANIME
イギリスでも日本のアニメ(どちらかというと子供向けのTVアニメの総称として)ANIMEは使われるようになっていますが、MANGAは日本のマンガ(Comics)では無くある系統のアニメ(前述)をさす言葉として使われることが多いです。Akraに関してはちょっと書き方が悪くて誤解を招いてしまったかもしれませんが、Akiraがエログロと言うつもりは無いです(私の好みから言うとちょっとViolentですが)。所で日本でアニメと言う言葉が使われ始めたのっていつでしょう?アトム、鉄人28号、サイボーグ009が白黒の頃にはアニメとは言ってなかった気がするのですが?アニメージュと言う雑誌が確か「さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士達」の頃に創刊されたと思いますが、その辺りですかね?

Disneyに関しては卵と鶏的なものになってしまうと思います。手塚先生ご本人が確かDisneyのアニメの影響でマンガ、アニメの道に進んだというのを読んだ事がありますし、絵柄の一部に関しては初期Disneyのデザインに似ているところがあると思います。只、最近のDisneyは一般のアニメーション、すなわち手塚ワールドの継承、遺産で広まったアニメーションからの影響が大きいですから、本当はどっちが最初なんだろうと言うことになりますね。音楽の世界ではよくある話ですね。(笑)「ライオンキング」は見ていませんが、宣伝ハイライトとか見た限りではキャラとか確かに「ジャングル大帝」ですね。

又、宮崎駿氏は世界的に有名で、DVDはいくつか買いましたが、個人的には虫プロ作品より優れているとは思っていません。(ちょっと路線が違うと言えば言えるので、比較することが間違っているのかもしれませんが。)一年ほど前にこちらのTVで虫プロの「メトロポリス」を見ましたがそっちの方が好きです。劇画版っぽい「ブラックジャック」も放映がありましたが、それはイマイチでした。(で、「どろろ」や「ワンダー3」等の手塚アニメが見たくなって日本のAmazonのサイトに検索に行きましたがちょっと高価なのと、見る暇があるか分からないので購入は控えました(笑))

低俗漫画と言えば、昔、つのだじろう氏の作品で漫画家を目指す少年のお話がありましたが、その中で一部の漫画家を漫画屋と非難する所がありました。今でもとっても共感しています。

漫画ばかりと言うと、私はかなり長い間読むものは漫画だけだった時期ってあった様な...(笑)(因みに実家には数百冊の単行本がいまだにあるはずです。(爆)) でも、個人的には、例えば故三原順女史の作品は数々読んだ著名作家の哲学書なんかより、より優れた哲学作品だったと思います。今思えば多少高年齢層を対象とした青年誌(でしたっけ、ヤング何とかや、それの女性向け)の方が中身の薄いもの(一概に悪いとは言えませんが)が多かった様な気がします。成人誌に関してはヤクザ、博打、ポルノが殆どだった様な...(漫画屋向けジャンルなのですかね?)

時折、本当に優れたマンガ(手塚先生の作品を始め)を翻訳して世界の人々に紹介できれば、なんて考えることあります。所で手塚作品全集を収めたCD/DVDとかって一時出版されていたようですが未だあるかご存知ですか?(コンピュータだと感覚が違うんでしょうけど)昔に印刷物で出たものそろえたかったですが当時は私には高価すぎて手が出ませんでした。

ついつい長くなってしまいました。
2005/12/21(水) 00:19:11 | URL | 今野 #-[ 編集]
手塚治虫マンガの英語版
今野さん、そんなものがあったんですか!?>全集のCD/DVD>本棚要らず!引っ越しに便利!うーん、でも私はアナログ希望...。

最近ハードカバーで「ブッダ」の英語版が発売されております。やや高価ですが私勤務の書店でも仕入れております。たくさん積んでたけど売れましたよ。
「火の鳥」「アドルフに告ぐ」等もハードカバー版があるようなんですが見た事ありません。(ペーパーバックはBarns&Nobleにたくさんあります)
英語版は日本人の方も買われます。
年齢的には中年以上の方が根強い手塚ファンですね...でも子供達にも是非読んで欲しいですね。

「ライオンキング」に関しては、封切り前にディズニー側は影響を認めないような感じだったと思うんですが、対して手塚プロは「ディズニーに影響を与えたとしたら光栄」というおっとり刀なコメントを発表したに留まっていた記憶があります。
これがアメリカ人同士だったらディズニーはエラい目に遭ってたと思うんですが~。
ディズニーは確かにいろんなアニメからの影響を感じます。
「Lilo and Stitch」のStitch、口の開き方がトトロ、体が猫バスですし。

「はみだしっ子」は私も読んでました。
三原さんのみならず昭和24年組作家(萩尾望都、竹宮恵子、大島弓子、山岸涼子、青池保子、美内すずえ、木原敏恵、吉田秋生etc...あ~懐かしや~)は粒揃いですので...でも男性でも読まれるんですね。
わたしゃ、少女マンガの王道みたいなくらもちふさこ、紡木たく、いくえみ綾も大好きだし、大和和紀さんの「あさきゆめみし」なんか書籍の源氏物語よりずっと読み込みました。(=^_^;=)

あーコメントがどうしても長くなるですー!
「(^^; )
2005/12/21(水) 03:41:11 | URL | tomox #-[ 編集]
手塚先生が
「バンビ」を100回以上観て影響を受けたとの有名な話が
ありますが、後年はそのDisneyをも越えてしまったのではと。

キューブリック氏から映画「2001年宇宙の旅」の製作スタッフに
誘われたそうですが、多忙なために断ったという話も。

今は駿作品もアチコチで影響を与えていますね。
ハリーポッターのナイトバス?は絶対に猫バスでしょ?
J.K.ローリング女史もトトロのファン?(笑)
2005/12/21(水) 10:57:50 | URL | kazaa@二日酔い #-[ 編集]
手塚漫画の子供たち
ゆうべよりひと晩かけて立ち読みサイトにて浦沢直樹さんの「20世紀少年」19巻まで読みました(フラフラ~)。面白い!
ウッドストック世代の甘いファンタジーかなという場面もありますが、60年代後期~70年代初期のロックと漫画が好きな人のツボをくすぐります。
彼も手塚先生の影響の濃い作家ですね(タイトル文字なんか手塚漫画そっくりで驚きます)。
最近では遂に「PLUTO」(下敷きが鉄腕アトム)描き出しましたけど、まだ読んでません。
でも彼なら、面白いものになってると思います。

それとは別に、最近、ブラックジャックを描き直してる山本賢治という人がいますけど、BJもピノコも同じような絵柄で、あれってOKなんでしょうか?

昼休みに漫画ばっかり読んでいる>ギクッ!俺か!?>デスノートの行方が気になって昼休みにジャンプを読む奴
2005/12/22(木) 04:11:00 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/45-90e48821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。