TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども、珍しく恋愛ネタを取り上げてるtomoxです。


時折私の参加しているランキングを眺めていると、海外ブログカテゴリーにも関わらず、国産結婚ブログ・国際恋愛ブログが多数上位に食い込んでるな~と思うんです。
なんででしょーね?
皆、本当に国際恋愛などにキョーミがあるのか?
外国人と恋愛したいと思ってるのか?
もしくは、自分が外国人の彼氏・彼女を持ってて、人のところはどんな具合なのか知りたいのか?


......って、人のところは人のところで人それぞれなんですけどねぇ......。


そんなに人の恋愛ネタが知りたければいっそ恋愛ブログというカテゴリーを見てみればいいんじゃないのかな~、純愛、熱愛目白押しでそういう人を大いに満足させるだろう...と初めて恋愛カテゴリーのブログランキングを覗いてみてビックリ(お暇な方は覗いてみて下さい)。
恋愛ネタカテゴリーブログ、上位を占めるのは一般的恋愛ではない超濃ゆーいタイトル目白押しです。あらっこっちに行っちゃうのね!
気弱な私にはとてもクリックして見る勇気がありません。


お話戻って、国際恋愛と言うと、今まで見聞きしたニューヨークでの日本人を含む国際カップルって、女性が日本人である事が99%。
いや、別に100人に聞いた訳じゃないですけど。
ニューヨークの日本人女子で外国人男子(日本人にとっての)とくっついている人は即座に10例以上上げられますし、周囲の日本人女子のほとんどが彼氏は非日本人なくらいですけど、ニューヨークの日本人男子で外国人女性と結婚してる例は韓国人女性と結婚してる方ひとりくらい、恋愛だけにしてもほとんど知りません。
同じアパートのフロア違いに住んでる日本人男子はアメリカ人女子と同居してますけど、彼は血統が日本人なだけでこっちで生まれてこっちで教育を受けてて、中身も国籍も完全なアメリカ人だから例外中の例外。



ハッキリ言うと日本人男子、

こちらではモテないです...。



で、必然的に日本人男子の良さをいちばん知っている日本人女子とくっつく訳ですね。
(トリビアってコレなんですけど...どの程度の割合かを調べれば、トリビアの種くらいにはなるでしょうか)


でも何でモテないんでしょーねー?
日本人の男の子ってオシャレだし小綺麗だし可愛いじゃないですか?(私の幻想?)
思うに、コミュニケーションスキルがない不器用さが致命傷なのかも...。
日常的に女子をよく誉めたり、女子を笑わせたり楽しませたり、自分の気持ちを言葉や態度や豊かな表情で表現したり、日頃から小さなギフトをしたり花を贈ったり、女子に対するデートマナーが女子の期待値にちゃんと応えてたり、誰の前でもラブラブムードである事に抵抗がなかったり...みたいなこっちの男の得意技(しかもそれは恋愛偏差値に直接響いてくるワザ)がダメダメだとやっぱり恋愛ランキングの水を空けられても仕方ないかもね。
ま、昨今の男の子はその辺り、かなり上手かもだけど、なんせとっくにカップル社会だった人種とは何10年もカップル社会歴の差が開いてるから。
それにこっちの男、無駄に積極的な奴も多いからね(笑)。


それ以前に日本に帰っていた時思ったのは、日本人の男の子って母親に大事に育てられすぎたのか、女性や老人をいたわるような社会的マナーを知らない奴が割と目につくなあ...という事。
電車で妊婦さんや杖をついた人が目の前に立っていても、席を譲らず知らん顔だったり。
後ろから来る男性のためにドアを押さえて待ってたら、「ありがとう」のひと言もなくサッと通り過ぎたり(オレはドアマンか!?)。
両手に大荷物な人や、ベビーカーを四苦八苦して押してる人がドアを開けるのに苦労してるのを見かけても手伝わなかったり、そもそも気づきさえしなかったりとか。
こういう奴が自分の彼女だけは先に通したり、かばったりしてるとムカつきます(笑)。
よく、「私にだけやさしい人がいい~」っていう女の子がいるけど、とんでもないよ。
彼女にだけやさしくて年寄りに冷たい男なんてただのエゴイストじゃないですか。
いずれ自分にも冷たくするぞ~~~。
もっと人類愛のあるタイプを見極められる、人を見る目を養った方がいいよ~。


でも、若い子は彼女の荷物とかは持ちますね。
そういう事しないのは、日本のお父さんでしょう。
自分自身の父親もひどいマナーなので、おじさん改造計画は諦めています。


もとい。外国人男子よりも日本人男子の良い点は、ほとんどの人は付き合う彼女に対して最初からステディとして扱う誠実さでしょうか。
こっちの男みたいに、既に男女の付き合いのある女子でも「デート」って呼んで「彼女」と思ってない奴、さすがに日本では少数派だと思いますけどどうなんでしょう。


日本人女子で国産恋愛に憧れている人(いるのか、そんな奴...っているんだろーなやっぱり)もその辺の見極めが上手くなって、無駄に痛い目に遭うのを防ごう。
女扱いのマナーを知ってるからって、それが人間性と直結してる訳ではないぜ。
昔、日本の某有名英語教室チェーンで働いていた時、別にルックスも標準的、人間性の方はどんなものかと思われる教師がモテていて、彼はいい気になっていろんな問題発言や問題行動を目の当たりにし、日本人女子が甘く軽く見られている事に同胞としてほんっと悔しかったんだもん~。


ところでちなみにうちの相棒は隣人愛の方はあるが、身内には我が侭・甘えが出るタイプ。
街で困ってる人は即、助けに駆けつけるが、彼女の荷物を持つのは渋るタイプです。
それもどうかなーと言う人!(笑)
頑張って心優しくかしづいてくれる王子様を見つけてくれ!
でも恋愛の事ばっかり考えてちゃダメだぜ!
自分の人生を輝かせてたら、自然と男は寄ってくるもんだ!
......と思う(気弱に)。
ニューヨークじゃいい男は結婚してるかゲイばかりと言われるがなー。


ところで相棒とは2度とドライブしたくない、って先日書いたばっかりですが、またドライブする目に遭うことになっちゃいました。
本当は今日出発するはずだったのに、グズグズ君のお陰で月曜午後出発予定。
行きがけはバスだけど、帰りは犬連れなので車...。


..........ややブルー。
「運転中はずっと黙ってます」と誓わせたものの、あいつが黙ってるなんて事があり得るのだろうか。眠ってもらうしかない(爆)。


ザ・ポリスのジャイアンツスタジアムチケマス発売時は何とかコンピューター触れそうです。
実はマジソンスクエアが思いの外の速さで売り切れちゃって、泣きそうです。
どなたかチケット譲ってあげる、って奇特な方がいらっしゃったらご一報を~(泣)。
ただしダフィー行為は勘弁して下さい。



blogranking

↑人にはいろいろ言うが、
自分は暴れ馬乗りこなし中...。
猛獣使いにワンクリック


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

はー私も夫と付き合い始めたときは戸惑いました。
だって、こっちのそんな恋愛スタイルなんか知らんもん。
だからって他に色んな女の子と遊んでた訳ではないみたいだけど、少なくとも「ステディ」になる前となった後では、やっぱ違った。男子特有の、『本人の思い込み"許容範囲"以上ちかづき過ぎたことに気付きビビって逃げ態勢』が、本人の中で消化されある意味開き直れた後は、全てがお姫様扱いです(笑)。
今では「あーそう」と思うけど、当時はねえ。。。
当時そんな私の愚痴を散々聞いてくれていた東京の友人は、今でも夫のことをあんまりよく思ってないようです。。。こないだ久々に会った時、お酒が入ってたせいもあるだろうけど、結構キツいこと言われちゃった。あちゃー。。。
説明しても理解してもらえるかなーってのもあるけど。。。
釣った魚に餌はやらず、ってのはあんまりなくて、ステディになってからとか結婚した後の方が、大事にする感つよいと思うけど。
でも、これもお国柄にかかわらず、人によって違うのかな。
2007/02/26(月) 07:05:31 | URL | miki6 #-[ 編集]

私が思うに日本人女性は男性に比べてフレキシビリティがあるのではないかな。日本という画一された社会の中で少なからず男女平等とはいえ、なかなか平等の機会を与えられることもなかった女性たち。。。。そんな中アメリカにきて、一気にその機会が目の前に広がり、色々な面でフレキシブルに羽ばたいていくけど、男性はやっぱりなんとなく殻から抜けられない、、、というか。。男性はこうあるべき、みたいな変なこだわりがあって、なかなか自分から変われない。あとは自分に自信を持っている人が少ない??
日本人男性はもてない、というレッテルもあるからか、自分から門戸を広げようとしている人が少ないというか。。がんばれ日本人男性!といいたい。
まずは自分に自信を持つこと。仕事でも趣味でもこれは、と思うことがあればそれをきっかけに出会いもつくれるし、恋愛にも発展するかもしれないし。。私が知っている数人の日本人男性で非日本人とつきあっている人は皆とってもフレキシブルで会話もウィットに富み、仕事も成功しているかは別として人に自信を持って語れるだけのものを持っている人。。
まずは自分に磨きをかける努力をしてほしいよ、女性の荷物を持つ、なんてことの見かけだけのことだけじゃなくってね。。。(私は日本に行って、あの男性が彼女のハンドバッグとか持っている姿を見て、情けなかったぞよ。)
2007/02/26(月) 07:16:26 | URL | fujiko #wtdQToqA[ 編集]

なんて↑みたいなこと書いて、「お前ふざけんな!」と日本人男性諸君から、地下鉄ホームで突き飛ばされないように気をつけます。笑
私は好きよー日本人男性♪
(ってぜんぜん説得力なし。。。??)
2007/02/26(月) 07:18:33 | URL | fujiko #wtdQToqA[ 編集]
>miki6ちゃん
あー、そうなのよね~。
つがいになる事を異常に恐れるのよね~。
でも日本と違って「釣った魚には高級エサをやる」かもね。
デートし始めは日本の男と同じであの手この手で持ち上げるけど、付き合いだしても彼女じゃないうちはこちらの立場を考慮しないレスペクトに欠ける事されるよね。(えっ私だけ?)
うちの彼氏なんかかなり長いこと「彼女」と呼ぶのに抵抗あるようだったから、結構今考えると試練もあったなあ...(しみじみ)。
今は立場が逆転した。
でも相変わらず威張ってるけど(爆)。
そして私がキレると見るや、異常に優しくなるの繰り返し。
フツーでいて下さい、フツーで。
2007/02/26(月) 18:58:11 | URL | tomox #-[ 編集]
>fujikoちゃん
(笑笑笑)2つまとめてお返事しまーす。
そーね、確かに彼女のかばん持ち、みたいなのは情けない。
重い荷物なら持ってやればいいけど...まるで姫と付き人みたいなのはいかがなものか。

そーね、自信がないってのもあるね。
日本の教育では自分の意見をバシバシ言うような機会があまり設けられないから、自己主張の固まりみたいなアメリカ人女子(中国人女子も~!笑)に男性は恐れをなすのかも知れない。
「男の子だから泣いちゃダメ!」とか言われて育つと、感情を見せられなくなってるとも思う。
怒ると黙り込む、とかしてると何でもspeak outするムスメとはうまく付き合えなくても仕方ないかも~。
あと、日本人男性はお仕事人間が多い!
仕事以外に語るものがないってのもちょっと...。
ちなみに最近のニュースで読んだのですが、本業以外に夢中になれる趣味をもつ人はアルツハイマーになりにくいそうです。
頑張れ、日本人男性!アメリカ女にキャアキャア言われよう!
2007/02/26(月) 19:08:23 | URL | tomox #-[ 編集]

コメント、出遅れました。
たしかにアメリカ人女性と結婚する日本人男性の数は、日本人女性と結婚するアメリカ人男性の数とは比べ物にならないけど、その少数派、それも何十年も結婚している人を数人知ってます。
私が日本に住んでいたときも、ヨーロッパ女性と結婚してる日本人男性がいて、このお宅にはときどき遊びに行ってました。

日本人にしては肩や胸ががっしりしてたり、日焼けしてたり、という外見で(うーん、ひょろひょろで青白いタイプはアメリカ人女性にアピールしにくいのかしらん)、fujikoちゃんやtomoxさんが言うように自分をしっかり持っているタイプで趣味人の方々です。
おくさんのほうも、、みなさんそれぞれ知的で私が受ける印象はインデペンデントなタイプ。やはりあまりハイメインテナンスなタイプのアメリカ人女性と日本人男性が長年うまくやるのは大変なのかも?

一組は、日本人男性がドイツ留学後ドイツで働いているときに休暇でフロリダに来て、やはり休暇で来ていたアメリカ人女性と知り合い、その後ドイツとアメリカとの長距離恋愛の後、彼がアメリカに引っ越してゴールインして何十年、彼女は開業医っていうカップルです。







2007/03/03(土) 10:43:21 | URL | non #-[ 編集]
>non様
コメント欄セキュリティ強化の為にいろいろ不具合あったようで、ごめんなさい。

ハイメンテナンスタイプの女性は大変ですよね。
私が男性でも多分お手上げです。
例えばSex and the Cityで、もしお相手として日本人男性が現れる回があったら、結構な価値観すれ違いコメディになったかも...。
ていうかあの人達はそもそも相手にしないか、マイノリティ男を(爆)。

日本人の男の子達、全然普通にかっこいいと思うんで(オシャレに気を遣ってる点はアメリカ人より遙かに平均値高いかと)頑張って欲しいところです。
収入があってガタイが良くてセクシーな、同民族と群れないカッコイイ1匹狼サムライがいたら、見る目のあるアメリカ女にはモテると思います!
ジャパニーズイケメン促進振興会として、同胞は応援してますよ~!!!
2007/03/03(土) 15:58:29 | URL | tomox #-[ 編集]

ワタクシも出遅れました。

上記皆様のご意見に、賛成ー。そしてことりちゃんも日本人男子結構好きです。今までの人生経験上、アメリカ人の数が圧倒的に少ない(=ちゃんと付き合ってるのって、まだ2人目。あ、オーストリア人やペルー人というのもあったな・・・)けれど、日本人男子の方が絶対優しかったです。「アンタ、そのうち刺されるよ」とまで言われたくらい尽くされた相手も日本人だったし(爆)。そんでもって今でも、「老後はやっぱり、一緒にお茶漬け食べられる相手がいいのかなあ」なんて、とぼけたことを考えたりしてます、ハイ。

ことりちゃんも、以前からこのランキングの「国際恋愛カテゴリ化」が苦手で、結局退散を余儀なくされたのですが(それでもいまだに、食いつきはそっち系が多いのかも)、ま、見た目や生まれ育ちが違っても、いや、それが違うからこそ、所詮人間相手だから(相手が人間じゃなかったらタイヘンだ!)日常のやりとりが面白かったりするんじゃないかな。しかし、普通の「恋愛」や「結婚」じゃなくて、自ら「国際~」やら「外国人との~」と頭につける方々の神経の太さにはついていけないっす。だってオレ、そんなのこっぱずかしくて・・・(爆)。というより、相手に対して失礼な気もする。人種違うだけでそんなに特殊だろうか。

長くなりましたが、この辺で。
2007/03/06(火) 09:22:43 | URL | ことりちゃん #L2QJGNS2[ 編集]
>ことりちゃん
おお!?こちらにも。(と言っても皆様には何の事かお分かりにならないでしょうが)
体調はどないですか。(ってさっきも書いたばかりですけど)

一応、ランキングカテゴリーは地域情報/海外/北アメリカ、になってても国際恋愛ネタ多い(オレ、今記事見たら「国産結婚」とか書いてるし...どんなや)し人気上位だし、正直そのタイトル何?って思うものもありますけど、実は面白いのもあるよ......この記事書いてから、何も知らずに書いたのもなと思って読んでみました。勉強熱心。(?)

そーね、人種違うだけで特殊がるのは相手に失礼かも知れない。
でももし「私はこうしてインド人家庭に溶け込んだ」とか「イスラム社会の嫁ブログ・密かに更新中」とかあったら是非読んでみたいとも思うです。

ちなみに私はアメ人男子とは「デート」どまりでステディになった事はない経験不足もんです。
2007/03/06(火) 16:06:22 | URL | tomox #-[ 編集]

実はことりちゃんも、久しぶりに北アメリカカテゴリーを覗いてみたの。そうしたら、面白いもの、確かにありましたねー。今度からこちらを起点に、読みに行きそう。

ところで、こちらを起点にしてると言えば、三姉妹ブログ。久々に覗きに行かなくては。
2007/03/06(火) 23:59:43 | URL | ことりちゃん #w1z4hDVE[ 編集]
>ことりちゃん
3姉妹ブログ読んでるのねん。
ここを起点にしてもらうと嬉しいけど、Blog Linesは使ってないの?
私はコンピューター使い始めるとついついサーフしがちなので、Blg Linesに友人ブログやよく読むブログ、まとめて登録して一気に読んでます。
3姉妹もここで読んでまーす。
2007/03/08(木) 05:15:09 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/472-0e3117a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。