TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども。お久しぶりです。
ブログを今週はずーっとサボってました。


でもその間、実は忙しく立ち回っておりました!
その甲斐あって、私このたび引っ越し先が決まりましたですー♪
場所はユニオンスクエアから徒歩5分、グラマシーエリアのワンベッドルームです。
ここを自宅兼アトリエにしてやろうと目論んでます。
家賃が今自分がアパートとロフトスタジオ両方に支払う金額より100ドル以上下回るのも魅力。
敷金を「2ヶ月分寄越せ」と言うマネージメントとも粘り強く交渉して、1ヶ月分に負けてもらいました(身銭があまりないので必死)。


リビングルームのフロアタイルが汚いのでその貼り替えも約束させて、交渉結果にかなーり満足して不動産屋さんを後にし、もう1度下見にと引っ越し先アパートを訪れたら管理人がアパートの前で働いていたので、これからお世話にもなるだろうと思って挨拶しました。
ところが部屋の改装はどうなるのか聞いてみると、「床の張り替えなんかしないよ」とのたまう。
いや、そんな筈はない、ビルのマネージメントに交渉して張り替えを約束させたんだと言っても「やらない。その人が嘘をついたんだ」の一点張り。


あああ。やはりここはニューヨーク。皆が皆、ライアーゲームの挑戦者。
でもここで黙っててなるものか。あの管理人、上から押さえつけないと動きそうにないし。
マネージメントに約束が違うじゃないかともうひとゴネして確約させてみよう...。
今のアパートに入る前も、新しいカーペットに貼り替える貼り替えないで揉めに揉めて、「約束が違う。貼り替えるまで家賃は払いたくない」とゴネて抗議の手紙までマネージメントに書いて、やっと貼り替えてもらったんですよね。
面倒が大嫌いな自分の中にはほぼ皆無に等しい「粘り」の文字、こういう時だけは発揮しないと損なのでやむなくゴネてみますけど、それが功を奏するかどうかは五分五分といったところでしょうか...でも頑張りまーす。


ところでお話変わって、上の写真。
この乗り物、ニューヨークで先月から始まった新しいアトラクション、New York Splash Toursです。
ミッドタウンから出発して市内を走行、そしてハドソン川を臨むウエストサイドの38th StreetのPierからこんな風に...

splash.jpgドッポーン、と入水。
キャー!
ってコレ、ボートにもなって外側からのニューヨーク観光にも切り替わる優れものバスなんです。
ボストンで似たようなDuck Toursってバスには乗ったことあるけど、ニューヨークではこれが初。
(写真はウェブサイトからお借りしました)



コレ、オイラも乗ってみたいです!
だって楽しそうじゃん!
写真で見ると皆さん、乗船時は雨ガッパ着用していて、結構入水時に水がはね上がるような感じなので、皆さま濡れても良い服装でお試し下さい!


jambajuicemae.jpg
ちなみに出発はBroadwayの東側、
47thと48th Streetの間のJamba Juiceの前辺り。
大人29ドル、子供20ドルだそうです。
ちょっとJamba Juice飲んでからツアーにGo!


blogranking

↑ランキングボタン貼り忘れてた(爆)。
これからもよろしく!
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

体調悪いのかなって心配していたけど、無事でよかった。すごい行動力。私はお金の交渉とても苦手なのでそのうち代わりにやってほしい?。(^O^)
2007/06/16(土) 23:53:31 | URL | non #-[ 編集]

交渉する力と粘りがないとNYでは生きて行けない感じですね^^;
たいへん;でもがんばって負けないで!
そのボートTVで見ましたvv
夏にはきっと超満員でしょうね、たのしそうだもん♪
2007/06/17(日) 10:49:41 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
>non様
ええっ行動力ないですよう~英語力もないけど(爆)。
ただ、相手が「これだけ金寄越せ」って入っても首を縦に振らないだけです。
「ううーーーん...」と考え込み、「約束と違うなー」「最初はこう言ったよねー」「あれは嘘?」と同じセリフを繰り返して時間を取れば、相手によっては焦れて弱腰になってくれます(笑)。
でも、仕事の交渉は苦手です。
仕事相手に「イラスト1ページにつきいくらお払いすればいいですか?」と聞かれると、途端に弱気になって高値を言い出せず、ついつい中庸な価格を口にする私。
根拠なく無闇に自己評価の高い人っていますけど(爆・アメリカ人にありがちな気が...)、自信満々に交渉できるってのもある種の才能ですよね。
アパートの契約価格は自己評価と何ら関わりがない事なのでそういう事は踏ん張れても、自らの仕事を強気な金額に換算して要求するってのはやはり難しいところです。
まだまだ甘ちゃんです。
2007/06/17(日) 19:43:07 | URL | tomox #-[ 編集]
>meimei様
いや、私のは交渉っていうか、気が進まない事には
「イヤだ」
の一点張りで相手の根負けを待つだけですから...(笑)。
私の担当さん(アメリカ人男子)が、ボスと私との間で行ったり来たりして板挟みになってるのが気の毒でしたけど、何とかボス(日本人男子。食えない奴。日本のおじさんにいがちな日本語で話すと話し方が回りくどくて何言ってるのか分からないタイプ)の了承を取って負けてもらいました。
元々向こうが前日言ってた金額より急に引き揚げて来たので、負けてもらっても当然なんですよ~(ニッコリ)。

あ、日本でもニュースになってた!?
こないだ見た時はまだお客さんちょっとしか乗ってなくて空いてたんだけど...。
これからもっと混むでしょうね、早く乗りたーい。
2007/06/17(日) 19:52:12 | URL | tomox #-[ 編集]

ふーむ、そうかあ。私の場合はアパートさがしとかに関しては、約束と違ってたりしたことなかったから、交渉にエネルギー費やしたことがなくて...。昔、Forest Hillsのアパートに入る前も不動産屋に「長年住んでた人が出た直後なので、床もキッチンキャビネットもガスレンジも全部替えるからね」って言われて、ちゃんとそうなってたし。

私、駆け引きが苦手な性格なのかも。

だけど、上のTomoxさんのコメントにあるように元々向こうが前日言ってた金額より急に引き揚げて来たら、私だって黙って払わないよん。

2007/06/18(月) 11:04:24 | URL | non #-[ 編集]
>non様
日本人は苦手な人多いですよね、交渉事。
謙虚が美徳ですから、いきなり図々しいこと言うのに抵抗あると思います。
そこにつけ込む奴多し。
だから自分の意志につけ込まれまいと少しは頑張れるようになりました。

フロア、替えて欲しい...だってそういう約束だもの!
まだブローカーフィー払ってないから釣り文句で言われた、じゃ困る!
今日ブローカーのところに行くから、ちょっと頑張ってみます。
2007/06/18(月) 20:31:14 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/519-fa7270a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。