TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ども。イベント続きでブログネタは溜まってもブログからすっかり遠ざかっていたtomoxです。
日本は大きな地震があったようですねー...震災被害地のご不便、私も阪神淡路大震災経験者なのでライフラインの無い生活はお察しします...。
震災地近くの皆さまは余震にも充分お気をつけ下さい。


という訳でマジメな書き出しから変わって今回のお題。
先週の土曜日、早起きしてブルックリンのSheepshead Bayから出ているSea Queen Vllという釣り船に乗ってヒラメ釣りに行ってきました。
この日は早起きしてサンドイッチを作り、朝6時42分ユニオンスクエア発の地下鉄Q線に乗りました。
マンハッタンから40分ほどでSheepshead Bay駅に到着。
そこから海に向かって20分ほど歩いてお船に着きました。
船は朝8時発と午後1時発の2回をヒラメ釣り、午後7時から真夜中12時までをStriped Bass(シマスズキ...ですかね)の夜釣り、と1日に3回出航しています。
ヒラメ釣りの料金は1回30ドルでした。
私達はクーポン持参だったので2ドル引きで28ドル。
上のリンクから飛べるホームページで割引クーポンをダウンロードできるので、行かれる方はクーポンを是非ご利用下さい。


sheepshead3.jpg朝日を受けてキラキラ光る海を見ながら、いざ出発!



blogranking

↑23位ダウン!
ポチッと応援ヨロシクです♪


sheepshead2.jpg Sheepshead Bayはヨットやボートが多数停泊してました。
海に面した通りはレストランが並び、船からもビーチが見えたりして田舎ながらもちょいとリゾートムード。


sheepshead7.jpg船のへりにはこのように、ズラリ釣り竿装備。
料金には竿のレンタルと、釣り餌も含まれます。


sheepshead4.jpgこれが釣り餌。
船のスタッフからもらったワカサギと、一緒に行ったTさんが持参してくれた鮭皮。
鮭皮は光を受けて光るので、それについ魚が食いつくのだ~との弁でした。



船は釣れそうなポイントを選んでは停泊、釣れにくいとまた移動、の繰り返し。
停泊する度に波に揺られながらの釣り。
一緒に行った6人中、2人がゲロゲロになりました(爆)。
私は酔い止めに朝からスパークリングザクロジュースをボトル一気飲み。
これが効いたのか、全く酔わないまま最期まで釣りに熱中。
揺れるボートの上でサンドイッチも平らげました。
自分の三半規管が結構強いことを発見した1日でした。


sheepshead5.jpgこれは一緒に行ったYちゃんが釣ったお魚...トビウオみたいなの???
これはやはり一緒に行ったEちゃんがお持ち帰り、その夜煮付けて食べたそうです。
美味しかったらしいけど、体中にトゲがあって、調理中刺さったらしい。


sheepshead6.jpgこれは私の釣ったヒラメ~!
せっかく釣ったけど、大きさが20インチに足りないモノは「ベイビー」と見なされて放さなければならず、持ち帰れなかった。
日本じゃもっと小さいの食べるしその方が美味しいんだけどねー。


sheepshead8.jpg結局釣れたのは平目1匹だけ。
港への帰り道、残った餌をねだって海鳥がまとわりついてきた。
ヒッチコックかってくらいに狙われ、餌をあげたのに頭上からフンを落とす恩知らずぶり。
どっか行ってくれ~!


sheepshead9.jpg帰りに駅前のピザ屋さんで焼きたてピザのランチ。
偶然先週同じ船に乗ったというmiki6ちゃんに美味しかったと教わって行きました。
四角いシシリアンピザ。
スパゲティソースみたいな濃厚なトマトソースが乗っかってたのをフーフーして食べた。
美味しかったよーん。



と最期は食に走りました。
家に帰ると体中魚臭かったので全て洗濯&自分はお風呂!
手は石鹸で洗っても臭くて、アロマオイル落としたお風呂に長々浸かって脱臭(笑)。
その後昼寝して爆睡。
この日は夜、ジャズ演奏を聴きに出かけたのですが、臭いノイローゼの私は夜まで自分が魚臭くて仕方なく、自分の服やバッグまでクンクンして常に確認しまくってました。


blogranking

↑次回是非リベンジ!を誓う私に応援のポチッ♪


スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント

朝に行ったんだー。混んでた?
そう、船からの景色を見てるだけでも結構楽しいよね。コニーアイランド見えたり。それに、そんなに沖まで行かないよねー。船酔いしなかったのは良かったです。酔ったらホント、何も出来なくて辛いからさー。早く降りたい~ってそればっか。
2007/07/17(火) 22:58:47 | URL | miki6 #-[ 編集]

なんか、それでも十分大きなひらめに見える^^;
そのサイズで食べたいですよね。
5センチくらいのカレイなら釣ったことあるんだけど。
良いなぁひらめ。
2007/07/18(水) 20:38:17 | URL | meimei #rwGakU8g[ 編集]
>miiki6ちゃん
うん、混んでた。
朝の方がよく釣れると聞いたよ。
コニーアイランド、船から見えました。
船酔いには強いみたい。酒には弱いのに(笑)。
乗り物には酔わないタチなのかしら。
そういやいつもバスでボストン行く時、ずっと本読んでるもんなあ。
2007/07/18(水) 21:15:49 | URL | tomox #-[ 編集]
>meimei様
ねー、絶対このくらいのサイズまでの方が美味しいですよね。
20インチ以上って50センチ以上か?ありえん。
もし持って帰って良いサイズが釣れたら、船のお兄ちゃん達に切り身にしてもらえると聞いたんですが、大ざっぱに切る上いちばん美味しい縁側を全部捨てちゃうって聞きました。
アメリカ人、縁側食べないもんね。
2007/07/18(水) 21:17:44 | URL | tomox #-[ 編集]
棘棘の魚は。。。
釣り行ったのねー。。。屋上BBQの時に話に出てたのですよね?  そーなの平目、平目の煮付けとかに出来そうな小さいのは海へ返さないといけないんだよね。 持って帰っていいのは超でっかくてなんか日本と勝手が違うって言うか。
お友達の釣ったのはシーロビンって言う日本で言う「ほうぼう」の仲間です。 だけど赤いのは殆ど食べないそうで、日本で高級魚として扱われてるのは青いシーロビンだそうです。  だけど青は殆どつれなくて普通は赤い方のがつれるんだけど、アメリカ人は絶対捨てますね。。。食べれるって知らない人も沢山いるみたいよ。(笑)
2007/07/20(金) 05:00:33 | URL | hitomi #V8RMHPHM[ 編集]
>hitomi様
あ~そーだそーだ、「ほうぼう」って言ってた!
赤いの、普通食べないの?
身が余りないつうか食べるところ少なそうだからかなあ。
でも料理して食べた本人は美味しかったって言ってました。

またリベンジしたいと思ってます!
その前にフランクさんに指南を仰いだ方がいいかも(笑)。
2007/07/20(金) 09:47:09 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/528-3bba40f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。