TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






どもども、このところ急に冷え込んで秋らしかったニューヨークです。
毎日セーターやジャケット+ブーツ着用ですっかりサンダル履かなくなりました。
今日は一転暖かかったんですけど、明日から来週にかけては気温も上がって27~30℃くらいになるらしいです。
秋に束の間だけ夏日が戻るインディアンサマーって奴でしょうかね。
(ちなみにインディアンサマーって言葉、高校生の時にエアロスミスの"Draw the Line"の歌詞で覚えました。そういう日本人は多数かと思われます)


ところで、月曜日に無事搬出を済ませて個展は会期終了致しました。
アストリアまでわざわざ来て頂いた方々、本当にありがとうございました。m(_ _)m
帰りにレストラン近くのBroadway駅のマンハッタン行き方面をご利用になった方は階段下の花束や写真があるコーナーをご覧になったと思いますが、実はあの駅で私のオープニングのちょっと前に殺人事件が起こったそうで、駅近くのレストランで働いていた若い男性が勤め帰りにホームで銃撃され亡くなられたそうなんです......。
写真の男性が随分若いので、病気じゃないな、何があったのかな?と思ってたのですが、後で知って震え上がりました......そんなに治安の悪い場所ではないんですけど、マンハッタンを離れると地下鉄の駅構内には職員がいてもホームが無人である事が多いので(マンハッタンでも人の出入りの少ない駅や時間帯にはある事ですけど)、おひとりで移動される方は充分お気をつけ下さいませ。
ちなみにこの事件の犯人は逮捕されております。


またおとついはうちの会社のごく近所、ロックフェラーセンターのNBCのスタジオ辺りで黒い煙が上がったので「火事だ!」と会社の中も騒然としたのですが、何かと思ったら燃えていたのはイエローキャブ!爆発?テロ?事故?と皆ビビりました。
でも近隣の者をビビらせ消防車がひしめき合った割には大したことなかったのか、ネットではニュースにもなってないので原因も顛末も分からず。
なんか身近に事件の多い昨今...重ね重ね、ニューヨークの皆様お気をつけ下さいね~。


さてさて、アメリカの客商売に関わる方々及びシステムって日本人から見たら信じられないものが多々あるものなんですけど、今日はそれについてのお話です。
最近とある用事で、日本に送る商品をさるアメリカのネットショップでまず私宛てに注文し、そこから大きめのパッケージが届くのを待ってたんですね。
で、郵便で届くと勝手に思いこんでたら、UPSで平日の昼間に配達されてました。
(UPSとはアメリカではfedexよりも多く利用される宅配便システム...日本にもあるので皆様ご存知でしょうか。郵便局の小荷物は配達時にアパートのドア前に置き去りにされたりする事もままありがちだが、宅配便だと受け取り人のサインが要ったりトラッキング番号で現在荷物がどこにあるのかサーチできたりして郵便小包みよりも比較的安全...と思われる)


ひとり暮らしで昼間は働いてるのでいくら平日の昼間に配達してもらったところで受け取れる訳もなく、不在票では再配達予定が翌日のまたしても午後2時から5時となってて、その日は予定があるしそのまた次の日の夕方に配達してもらおう...と翌朝電話して機械音声のオプションに従って配達日時を変更.......しようと思いきや!
どーしてもどーしても「配達日」までしか指定できない!


日にちを指定した時点で「その他のオプションを選びたい人は1番を押して下さい」とか言われて押すと、「他の荷物を送りたい人は1番を、係員に荷物をピックアップして欲しい人は2番を、UPSストアのロケーションを知りたい人は3番を...」みたいな感じで何の用もないオプションが延々続く続く。
朝だったので出勤時間も迫り、この日はやむなく配達日だけ翌日に変更した状態のまま出勤、勤務先で配達日が変更されているのをネットで調べて確認。
そして会社からUPSのカスタマーケアに電話して「配達時間を変更してくれ」と言うと

「配達時間の指定は出来ない」

つうんです。
しかも、朝イチで今日の配達を止めたのに、

「今日2回目の配達をした」

と抜かしよるんです。はあ!?
UPSの配達は3回までで、配送先が3回とも留守なら5 business day取り置きにされた後、荷物は送り主に返されてしまいます。
で、電話で抗議しました。
今日は配達するなって言ったろ!?サイトにもちゃんと記録残ってるぞ!こっちゃひとり暮らしで働いてるのにどー考えたって荷物受け取れる訳ないだろ、大体配達票に時間の指定が書き込まれてて朝10時前とか夕方5時以降ってのもあるじゃないか、どうしてその時間帯を選ばせてくれないんだ?と粘ってもダメなものはダメ、ウザそうにされるだけ。
会社に配達し直すという手もあると言われたものの、勤め先のビルはセキュリティも厳しいしすげーメガビルでいろんな会社がたくさん入ってるし、間違って紛れそうなのでこれは却下。
で、プリプリしながら「わかった、とにかく次回は絶対配達しないようにして、私が事務所まで取りに行くから。今日は無理だけど18日以降に取りに行きます」という事にしました。


で、結局18日も取りに行く機会を逸して19日の仕事帰りにやっと取りに行ったら......。


カウンターのお兄さんに不在票を渡して調べてもらったらお兄さんひと言、




「あ、この荷物今日配達されたから。


まだ戻ってきてないよ」










..................。










どんだけ~!?!?(▼▼メ)









もーコレは怒ってみせよう。と思いました。
(アメリカでは怒ったもん勝ち、ゴネたもん勝ちってところ大いにありますから)
配達人は夜の8時半くらいに戻ってくるからその時に出直せば荷物を渡す、と言う係のおじさんを相手に目に殺気を燃やしながら

「配達するなって言ってるのにまた配達した!なんでそんなアホな間違い何度もするの!?完全にそっちの手落ちだ!荷物は今日中に要るし(←嘘)その後郵便局で送らなきゃいけないんだ!ウォールストリートの郵便局までタクシー飛ばして行くから、郵便局が7時に閉まるのに間に合うようにうちまで再配達しろ~」

と強要。するとおじさんは面倒そうに

「なら、配達ドライバーを管理しているオペレーターに電話して事情を話せ」

と電話を貸してくれました(ここで決して私の代わりに業務連絡してくれないアメリカ人!)。
電話した先のオペレーターは割と親切で(苦情に慣れているのかも知れない)すぐにドライバーに連絡を取ってくれて折り返し電話をくれ、

「ドライバーがあなたのうちの近所のxxth Streetとx Avenueとx Avenueの間のブロックに6時半頃通りかかると言ってるから、そこで停車してもらうようにした。その時に車から直接荷物をピックアップしてくれ」

という運びになりました。
ちなみにそこ私んちから激近くて、たったの1ブロック裏にうちがあるんですけど、何でうちまで来てくんないんだろう...と思いましたがとりあえずそれで承諾して無事、荷物をピックアップしました。
言ってみるもんですね~!(⌒∇⌒)
でも、荷物引き取ったら既に6時50分だったので、郵便局は断念しました...足を延ばしたら24時間営業の郵便局も34丁目にあるんですけど、そこって郵便局に入るまでに長い階段を登らなきゃならないんで大きい荷物には向いてないと体力的理由で断念。


で、やっと今日の仕事帰りに荷物を送るべく、張り切ってうちの近くの6時に閉まる郵便局に時間ギリで行ったんですけど......。
送り先の住所を書いた紙をソックリ家に置き忘れてきててアウト......。(T△T)


明日は同僚の送別会で帰りが遅くなるので、明朝送ります...ゴメンなさい。m(_ _;)m


ちなみに、きのうもUPSで配送してもらうネットショッピングを日本の友人から頼まれて注文したんですけど、もー怖いので送り先をドアマンビルに住む友人の住所にさせてもらいました。
やっぱドアマンいると便利よね...(7月まではドアマンビルに住んでいた私...)。
前のアパートのドアマンは親切な人が多かったし、マネージャーは超クールだったし良かったよなあ。
今のアパートの管理人...ゴミの分別に真剣なところが長所とは言えますが、ちょいと感じ悪い。
先日も私の絵の搬出時、大きな絵を持ってアパートに入るのに、自動的に閉まってしまうビルのドアを押さえていてくれないかと頼んでも、ドアの下に新聞紙とか丸めて入れれば押さえられるから何かないかと尋ねても知らん顔して全~然手伝ってくれないので不親切さに驚きました。
その上ペット禁止ビルなのに管理人自ら犬飼ってるし!
以前から夜でもキャンキャン吠える犬の声がしてたのでウルサイな~どこんちだろうと思ってたら、私が絵をウンショウンショ運んでる時に管理人宅からタタタタタと小犬が出てきてキャンキャン吠え始めたんで、あ、この声!と思って、「犬の声がよく聞こえると思ったら......あなたの犬だったのね」と声をかけると、ギロリと睨んで

「うちの犬は吠えたことがない」

って......。
いや、今オンタイムで!私の目の前で!キャンキャン吠えてるんすけど......。


まあ、そんなこんなで事件も多ければ困ったアメリカンにも多く出会った今週でした。
なーんてね、この程度のことは朝飯前にしょっちゅう起こってるのがニューヨークですけどね(アメリカか?どっちだ?アメリカ国内ではニューヨークにしか住んでないから分からない)。


ところで私が当ブログで何度も不満を述べてるニューヨークの地下鉄&バスシステムの会社、MTA(急行と各駅停車の本数や連絡が噛み合ってない、朝の通勤時に電車が来なさすぎで混み混みになる、停まる筈の駅に突然停まらないor停まらない筈の駅に突然停まるなどイレギュラーが多過ぎ、週末運行はメチャクチャでシティの外への行き来が不便を極める、地下鉄内or駅構内のアナウンスが聞き取り不可能、etcetc)。
なんかねーシステムの悪さをカバーする為にも先日、客にアンケートを取ったらしいですよ。
で、その結果を反映すべくいろいろ取り組みを始めたらしいですけど。
少しは業務改善されるのか。
いや、あまり期待したくない(笑)。


日本にいたら客商売は「お客様本位」「お客の利便性を考える」システムが当たり前に思えるけど、こっちはほんと、お商売と言えども客のかゆいところに全然手を伸ばしてくれない。
イマイチ不便なまんま、いまみっつ気が利かないまんまです。
そう言えば地下鉄でも走行中はしょっちゅう突然止まって「Please be patient」とか言ってるわ。
日本だと「ご迷惑をおかけしております」って言うけど、こんなところにもスタンスの違いが如実に。
客の側は皆、そういうものだと諦めているのか。
店員さんの接客中の私用電話や店員同士の私語だらけ&客の存在無視とか、何か取りに行くにもとっとと動かないところとか、ハエの留まりそうな仕事っぷりのせいでカウンターに長い行列が出来てるとか、そんなのにもお客は実に辛抱強く待ちますもんねー。
そういう状況にある時は私、てめーら全員、東京ディズニーランドに研修に行って接客態度を学んで来やがれ!と心の中で呪いつつ耐えてます。



スポンサーサイト
コメント
あ~わかるこの気持ち。
銀行でも何でも、その場でやれば出来ることなのに、なんでいちいちカスタマーサービスに電話しなきゃならないの?ってかんじ。(そもそもカスタマーサービスの電話機、汚くて触りたくない)全部分業化して、自分の担当以外は分かりません、って、じゃ、アンタの仕事はなんですか?そこに一日中座ってるだけ?って、座ってるだけなのであろうな。あ~効率悪過ぎ!システム化する意味がまったくないぞこれでは!店員のNEXT!!って叫ぶ態度も100年くらいかかる作業ののろさもムカつくよね。私も烈火の如く怒っていたけれど、最近はあきらめの境地だよね。修行だと思うようにしてます。諸行無常の響きあり、合掌、チーン。
ちなみに、私はインディアンサマーはドアーズからです。
2007/09/22(土) 00:23:00 | URL | miki6 #-[ 編集]

あ、それと、どっかで聞いたが、普段は南部だか中西部だかに住んでおられる日本人の方が、NYに来た時にマックやスタバの店員の『日本並みの』素早さに感動したって。マジか??????
2007/09/22(土) 00:25:16 | URL | miki6 #-[ 編集]
>miki6ちゃん
本当にね~なんでも客自ら忍耐強く理路整然と文句言って言って、やっと腰を上げてもらう、みたいなアメリカのカスタマー係はどうかしてるよ。
先日なんてあまりに電気代の請求が大きいからビックリして文句言ったら、「間違ってた」とか言って次に来た請求、ほぼ半額。なんぼほど間違うの?

携帯会社のSprintなんてカスタマーケアとカスタマーサービスがあるよ(どっちがどっちや!?)
なんか不具合があってカスタマーサービスカウンターに行っても壁の電話機を指さされて「カスタマーケアに自分で電話して」って......何のためにカウンターはあるのだ?
学生でSSNのなかった頃、どこよりも安いデポジットで携帯持てたのでここを選び、未だにSprintの私...今のおうちで電波状況悪すぎるので携帯の会社替えたーい。
iPhone欲しい~(いや、買わないと思いますが)。

ところでナニ、アメリカの田舎行ったらなんでももっとノロいの?(笑)
人間、南の方に行けば行くほどノンビリした人になってしまう気はするけども...。
ジャマイカンなんか喋り方までゆっくり。それはそれでユルい感じでいーけどね。でも客商売、特に苦情に対しては迅速に頼むよー。
2007/09/22(土) 13:25:01 | URL | tomox #-[ 編集]

こんにちは!

度々訪問してますがいつも面白いブログっすね!


毎回参考になります!!

よかったら僕のブログにも遊びに来
て下さいね。

応援ポチっと
http://ameblo.jp/kisekinosarariman
2007/09/22(土) 17:34:11 | URL | 月収300万円男 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/557-59545b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。