TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



上の写真、去年は食べられなくてどーしても食べたかった予約者のみにクリスマス限定期間だけ販売してるHENRI CHARPENTIERのクリスマスケーキ。
昔からコクのある生クリームが大好きだったので、今年は前もってお願いして(子供か?笑)父親に予約してあったケーキを取ってきてもらいました。


うちの下の姉(私は3姉妹のいちばん下なのです)は以前学生時代にニューヨークに長年住んでおり、彼女が日本に引き揚げる時に私が入れ替わりにニューヨークに住み始めたお陰で、当初生活に必要なものは全てもらえ、新たに買う物も電話くらいしかなくて大変助かったんですが、それはさて置き。
アメリカ生活が長かったせいでやや舌がアメリカ化&日本人離れしている彼女は、

「このケーキ前に食べた時にぼやけた味してて何だか美味しくなかった」
「バタークリームのケーキが食べたいのに日本では売ってないんだよ」


などと日本人らしからぬ事をのたまったので私は驚き、

「はい~?フレッシュクリームがいちばん美味しいに決まってんじゃん!」

(この味覚オンチめ)とややケーベツの眼差しを姉に向けていました。
しかし、長年愛するこのケーキをひと口食べてみたら!


私にとってもこのケーキ、「味がぼやけて」感じられたのだった!
毎年、何年経ったって、美味しく感じていたケーキだったのに!!!
何たることか!
そしてあろう事か、姉の方は以前美味しく感じられなかったこのケーキの「コク」は今では感じられる、美味しい~などと言っている!!!


.......自分の舌のアメリカ化を確実に感じる出来事でした......。


以前と変わらず美味しいと感じるものもあるんだけどなぁー。
あのすごーく濃厚な生クリームの乳脂肪のコクが感じられず、ただものすごーくぼやけた味のクリームにしか思えなかった......。
これ、結構、かなり、ショックだったです。
自分の舌の感覚に唖然としてたら、姉は

「だろ~?そうなっちゃうんだよ」

と勝ち誇ってました。
彼女曰く、10年アメリカにいて、また日本に帰ってきて10年、ようやく以前の味覚に戻ってきていると言ったところらしい。
きょえええええ。そ、そんなにかかるもんなの!?・゚・(ノД`;)・゚・


などと日本を去る前日にショックを受けつつ。
皆さま、滞在中はお世話になりました。
また家庭の事情で春には戻りますけど、それまでしばしお別れ。
また一緒にご飯など食べたって下さいね~。
で、ニューヨークの皆さま、また年末年始、ご飯など致しましょうねー!


Happy Holidays!
(なんつって、明日は訳あって成田空港で盛大にトランジット時間があるから、そっから書き込みそうだけども~....よろしく(^^;;) )
スポンサーサイト
テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/593-211637af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。