TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


零下を下回らない気温が続き、寒さも厳しさを欠くニューヨークです。
しかし雨や雪が降ったり止んだりのハッキリしない天気で、家内制手工業のTシャツ屋さんの相棒と私は屋外ロケを企てていたものの、延期に次ぐ延期にすっかりイヤになり、お正月の夜はテレビを見ながらゴロゴロ。
E!(エンターテイメントチャンネル)という局でやってた、「最もセクシーな101人」なんて超下らない番組(ほんと、下らない......)を見ながらあの人は素敵~、でもこの人はちょっとねー、などとセクシーからはほど遠い一般民間人は無責任・言いっ放しに言い合うのでありました。

男女入り混ぜての101人に、驚いた事に金城武くんもランクインしてました。
あの哀愁に充ちた眼差しはいい男だし声もいいのに、台詞回しがちょっと単調......。

ところで中学生の時にジミー・ペイジに恋に堕ちてからというもの、私にとってのセクシーな男は常にロックミュージシャンです。
昔のロックミュージシャンって本当、セクシーですよねん(はあと)。
平凡に地元の公立中学に通い、土曜日の放課後、セーラー服のまま寝っ転がってドキドキしながら「ダイヤトーン・ポップスベストテン」(昔はポップスもハードロックも洋楽は一緒くたでした)を聴いていたコムスメにとって、セクシーである事、不良である事はとてもまぶしく、その音楽と共に惹かれて止まなかったのです。
ティーンエイジャーの一時期、親が眉をひそめるような自由さや不良である事に憧れる事は健康的な事ですし、そんな心の柔らかい時期に一生付き合えるような優れた音楽にたくさん出会って、いまだに良いお付き合いをしているのは幸運だったなあと思います。

音楽と彼らのセクシーさを一緒くたにして聴いているなんて、女の子独特のグルーピー的な聴き方でしょうか?
でも、あのセクシーさと音楽が切っても切り離せないんだから邪道だとは思いません。
もちろん、セクシーさとは無縁な「武骨派」と呼びたいようなカッコいいロックバンドも存在しますが(グランドファンクとかグレートフル・デッドとか、レーナード・スキナードとか...サザンロックの方達は殆ど武骨派。AC/DCなんかも音から言って武骨派です)、そういう方達の場合は、私の中の血中男濃度が高まって男スイッチが入り、男として聴けちゃうので大丈夫なのです。
でも、それはそれでカッコいいし大好きなんですが、グルーピーとしては物足りないんです!
ミック・ジャガーとキース・リチャーズが1本のマイクで歌う姿を見てムキャー!と興奮して鼻息を荒くし、目を潤ませて「きゃあああ」と叫ぶのがまっとうな正しいグルーピーとしての道でございます。
私から見ればジミヘンは、その存在も音も、最もセクシーな人です。
(よく、ジミを聴かない人には分かってもらえないんですが)
実際、ジミにはたくさんのガールフレンドがいたしとてもセクシーな人だったらしいです。
パメラ・デ・バレスというマイケル・デ・バレスの奥さんだった人で、フランクザッパがプロデュースした女の子バンドのGTOのメンバーでもあり、有名なグルーピーだった人の自伝を読んだら(この本、暴露本的に思われるかも知れないけど、ちゃんと本として面白いです。また、当時のロック文化、ヒッピー文化の読み物としても楽しめます)、
「ジミはとてもセクシーだったし、自分は子供過ぎて、ジミの相手ではなかった」
と書いてありました。
実際、エクスペリエンスで彼女のお相手だったのはノエル・レディングのほうで、
「カントリーボーイのノエルは入門編としてちょうど良かった」
みたいな事書かれてました(ちょっとひど......)。
エクスペリエンスでデビューした頃のジミはまだ24歳、まだ幼さの残る顔だけど大きく深い瞳が哀しい色をたたえていて、これでは女が放っておかなかっただろうなあ~と妄想するワタクシでありました。
亡くなった時ジミは27歳。
27では「晩年」とは言えないだろうけど、Band of Gypsysの頃は彼の音楽性にはもう晩年期と呼べる風格さえ既にあります。
もっと長生きしていたら、あの圧倒的な才能がどんな風に成長していったんだろうと思います。

昔のミュージシャンから比べれば、いくらビッグネームでも今のバンドはガキっぽいというか、不良じゃないし(素行の話ではなく)色っぽくないです。
最近のバンドはいい子ちゃんになってしまっていて、私はつまらないです。

いや、まだしもバンド系は体育系なので健康的でしょうか。
昨今の文科系的ミュージシャンには、例えどんなにいい音楽性を持っていてもグルーピーの血が騒ぎません。
もっと私はタラされたいのです~!
ステージからフェロモンを発散してクラクラさせて欲しいんですー!!!
「もうどうにでもして~~!!」と思わせるような音を出して欲しいんです!!!!!

...とは言え、私は本物のグルーピーではございません。
グルーピー的態度で音楽を楽しむのが好きなだけでございます。
こういう奴を一般的には「ミーハー」といいます(笑)。
やってる事は「追っかけ」です!(きっぱり。←威張って言い切ってます・笑)
中高生の時に憧れたミュージシャンには、この15年間くらいの間でほぼ全員に会えました。ステージでの態度や音楽性から受ける印象って、その人の人間性にダイレクトにつながっているなあというのがミュージシャンの皆さんを見て思う事です。
もちろん、フロントマンでない方の人間性は客席からは計り知れないので、気難しいアーティストタイプかなと思っていた方が、大変腰が低く気さくな方だったりする嬉しい裏切りもありましたが......。

追っかけ話は別モノのサイトになってしまうのでこのくらいで(笑)。

冒頭の番組を相棒と見ながら、
「女の人で誰がいちばんセクシーかなあ?」
という話をしていたところ、2人とも

「キャサリン・ゼタ・ジョーンズ!!」

という事でめでたく意見の一致をみて、

「きゃ~、一緒だね♪」
「いい女だよなー」
「マイケル・ダグラスにゃー勿体ないよ!」
「東洋と西洋がミックスされたようなエキゾチックなルックスがセクシー」
「ねー、ねー!」

と激賛の嵐の中、平和にお正月の夜は更けていきました(笑)。



いや~、やっぱしいいオンナ!激マブ!ヨダレでちゃう~!
(俺って一体...?)       ↓



blofranking

↑ミーハーな私にワンクリックお願いします~
スポンサーサイト
テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報
コメント
うん、うん
ともちゃんのブログ読んでうなずくこと多い私です。
わたしゃ実践派(?)だったんで高校でバンドやって
ドラマーでリーダーだったのExハズとロック街道まっしぐら!
おかげで人生ジェットコースター状態でしたが
今となってはおもしろかったっす。
その前中学の時ベットの両サイドはジェフのでかいポスターでしたが、
ベットの真上の天井に貼ったのは「イーグルス」
でした。ドン・ヘンリーにハグされたーーーい!
などと思う15才でしたん。グレンはちょっと目がいやらしすぎて恐かった(笑)

最近は松ジュン岡ジュン要ジュンがスキ!!
男がかわいいのもいいなーと思う今日この頃です。


2006/01/04(水) 23:17:50 | URL | ちえx #-[ 編集]
14、5歳の頃の私のお部屋は~
ベッドサイドに目を閉じてギターを弾くジェフ先生の写真、壁にツェッペリンの特大ポスター2枚、LPの棚にZEP、KISS、エアロのフロント2人の写真が......今とほとんど同じもんが好きってどういう事すか(笑)。
どうあがいても14、5歳の頃の初恋のような音楽達からは足が洗えません。更正は一生無理でしょう。

お、ドン・ヘンリーにも会った事あるよ!
これは友達の追っかけの付き合いだったので、友達がドンにサインをもらってる間、隣りで
「私の~、ドンと呼ばせてくだ~さい~い~い~」
と石野真子を歌いまくるイヤな奴でした(爆)。

うちの姪っ子(11歳)は、
「V6では岡田准一くん!」
って言ってます。
私はイノッチが好きなんだけど(答:うじきさんに激似ているから・笑)、そう言ったら姪に
「ええぇぇぇ~~~!?(からかいの目)」
と笑われてしまったす。きゅーん......。
人間なぁ、年とったら面食いじゃなくなるんだって!
(井ノ原くんごめんなさい)
と言ったところで。
ちえちゃん、面食い街道まっしぐら!
(でも、松本潤くんはわしちょっと苦手。もみあげ+うしろ毛長過ぎ。)
そういや岡じゅん+松じゅんは2人とも「東京タワー」に出てたねー。やはし、熟女の憧れどころか!?
2006/01/05(木) 09:45:23 | URL | tomox #-[ 編集]
そりゃぁ、クラクラしたわ。
明けましておめでとうね~!
今年もよろしう!

中高生はほとんどクラシック少女だったから、
ハッと気がついたときにはジミもジャニスも居なかっただ~ToT。
でも初めて動いてるジミを見たときは、ぐぁ~~ン!!。
ギター抱えて立ってるだけでこの世のものとは思えんオーラが出まくってたし
ギターもだけどあの声にやられましたね。
そいで、あのファッション。
当時誰もが性別をMixしたようなファッションだったけどジミのセンスは抜群だったと思ってます。
あれはジミ本人のセンス?廻りの女のコのセンス?
因にアーチストって付きあってる彼女の趣味悪いとダメダメなファッションする人いるものねぇ?

セクシーな女性は~。。
アンジェリーナ・ジョリー  だわさ~!
なんか見てるだけで眼福なオヤジの気分。
2006/01/05(木) 20:22:44 | URL | atsu. #-[ 編集]
もうクラクラクラですううう~~~~(←バカ)
あー、ジミのファッションは真似できません。(と言いつつ、ジミ的な服は持ってますが......「(^^; ) )
モノセックスなのに滅茶苦茶男として色っぽいです。
ジミのガールフレンドのひとりは写真で顔見たけど、あまりのヘビーメイクに素顔が分からない人でしたが、彼女のアドバイスもあったんでしょうか(汗)。
声もセクスィ~、好き~!
I-podで聴いてると彼の歌う前の吸い込む息遣いが聴こえて、萌え萌え~♪(←超バカ)

ええと、気を取り直して(汗)。

アンジェリーナ・ジョリーはそりゃあ色っぽいです。
私もヤニ下がりオヤヂになってイヤらしい眼つきになっちゃいますです(爆)。
あの人、有名な俳優さんの実娘だったんですね(お父さんの名前をずうっと失念......でも顔見たら一発で分かる人......)。
こないだ初めてテレビでその事実を知って、
「えーそうなの!?全然似てない!」
とビックリしました。
同じ番組で彼女の子供の頃の写真も見ましたが、そりゃー可愛かったですよ、相変わらずタラコ唇で(笑)。
2006/01/06(金) 03:06:26 | URL | tomox #-[ 編集]
追記
アンジェリーナ・ジョリーのお父さんは、ジョン・ボイトさんでした!
大昔「チャンプ」って映画で主演されてましたす。
娘のカンボジアからの養子問題等で娘とは現在絶縁中との事ですが......。
ちなみにアンジェリーナは、前夫のビリー・ボブ・ソーントンとも彼女の国連親善大使の仕事への無理解と養子の件がきっかけとなって離婚してるらしいす。強い女性のイメージそのままな生き方は、意固地な気もしますが、魅力的でもあります。
このふたりは結婚している時はいつでもべったり一緒だったんですけどねい......2人ともお互いの名前をタトゥーにして腕に彫ってますけど、どうするんでしょね。
2006/01/06(金) 06:31:57 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/60-0c1e72d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。