TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




tomox@「相変わらず日本、きのうはおでん作り」です~。
鹿児島からのお土産に美味しそうな薩摩揚げを2種類もらっちゃったので。
うふふ、美味しかったですうー。
前回の来日時では破けて失敗した手作り餅きんちゃく、今回はコツを掴んで大成功。
餅きんちゃくって好き。でもおでんでいちばん好きな具ははんぺんと大根、こんにゃく、邪道だがソーセージなの。
あ、「たこべえ」(たこ入りのたこ焼き形薩摩揚げ)とかも割と好きー。


などと言う平和な日本の実家での和食な日々は後ほどアップするとして、今回はまだまだ続くヨーロッパ旅行日記、今日からパリ編。
パリでは美術館行くのも楽しみだったんだけど、何と言っても楽しみだったこと....それはパリで美味しいバゲットやいろんなパンを食べること!
だってパリでは私にとってパンそのものが大のごちそう。
他の国のパンとは一線を画すぐらいに高品質、上質で信じられないくらい美味しいんだもん!
ここでは朝、パンとバターかチーズとコーヒーがあれば後の食事は何にも要らない。
夜もパンとワインに美味しいチーズと生ハムがあればいーよ。


パリに来たのは1984年、1991年、2000年に続き4回目なんですけど(7~9年毎に来てますねーもっと来れたら嬉しいなあ)、本当に毎度毎度、パンの美味しさには驚かされます。
ちゃんと店に焼き窯を持ってるベーカリーから買えば、結構どこでもグレード高い。
ていうかね、パリでパン食って外れたことないんですよ私。
売店とかじゃ買わないけど、ちゃんとベーカリーから買ってるってただそれだけでこんなに美味しいんだから、平均的なグレードの高さは推して知るべし。


アメリカから来たから余計に感動するのかなあ。
アメリカにも美味しいパンはあるけどね、平均点ではパリと比べるべくもない。
日本のパンも美味しいけど、それでもパリのが美味しいと思う!
でもどこが違うって答えられないんだよなあ。
きっと小麦粉も、水も、バターも全て違って上質で、しかもパリの魔法の空気が混ざって芸術的なパンになるんだろう...としか言いようがないです。

IMG_1517.jpgIMG_1880.jpgIMG_2247.jpg
IMG_1881.jpgという訳で美味しいパン屋さんを探して東奔西走!
まずは日本でも有名なEric Kayserへ。
日本でも食べられるし....と思ったけどヤラレました。
夜に行って買ったパンオショコラ(チョコレートクロワッサン)をストリートで歩きながらひと口、口いっぱいに頬張った次の瞬間、「む”ーーーー!!!」と感嘆符が思わず出た。
あのサクッとした最初の歯触り、香ばしい焼き加減、生地自体の美味しさ、バターの濃い香り、甘すぎない上品なチョコレート、全て完璧。
バゲットはBaguette Mongeって奴。朝行くとまだ暖かいのをくれたのでその場でかぶりつき!ああバター欲しい!

IMG_1514.jpg夕方6時過ぎても外までこんなに行列が。ここはやっぱり美味しいよ。もっといろんな種類食べたかったけど、くるみのパンは食べ損ねたし、アーモンドのクロワッサンはいつ行っても売り切れだった。
上の、コーヒーと一緒に食べてる写真はレモンカスタードの。これもすごーく美味しかったー!ついでに、Monge通りの店舗のお姉さんが可愛くて親切だったなあ、ポイント高いわ(笑)
日本語サイトはこちら




パリでは最初、仕事のプロモーション活動をしようと準備も整ってないのに欲張りな計画をしていて、着いて3日目の朝まではなかなか計画通りには進まないプロモーションに四苦八苦していてしんどかったので、3日目の午後から観光に切り替えて幸せになりました(笑)。
電話しまくりの突撃訪問、でも会ってももらえなくて売れないセールスマンそのもの。
しかも言語に不自由、と短期間ながら苦労した間はほんっとーに食事だけが楽しみで、パリに来たっていう醍醐味はなんもなかったのだ。
3日目の午後、観光客としてコンコルド広場に立った時の至福感と言ったらなかった~。
「パリに、キターーーーー!!!」と初めて感じました。


そんなだったから余計、朝ご飯はその辺のデリで、とかファーストフード、とかは微塵も考えなかった。
朝のパンが私を幸せにし、アゲアゲにしてくれてたから、ちゃんとベーカリーのパンを食べようと決めてました。



IMG_1892.jpgでこちらは、パリでいちばん美味しいと評判のベーカリー、le Boulanger de Monge。Kayserと同じくMonge通り沿いでちょっと2店舗の間の距離はあるけど、パンの美味しい通りかも?またこのようにお行儀悪く駅でペストリー類をパクッ。この、レーズンのエスカルゴパンが特に美味しかった!こう見えて甘すぎず生地はしっとり外はサックリ。ところでここのバゲットは翌朝まで置いといたら固くなってしまい、トースターの使えない私には食えず、公正な判定は叶わず。ガクシ。
IMG_1893.jpgIMG_1894.jpg




IMG_1539.jpgこちらのベーカリーはペストリー類も美味しく、特にその場で食べるクロックムッシューがボリュームもあって絶品だと聞き、やや遠かったんだけど地下鉄で行きました。
そしたらバケーションで1週間休んでるらしく、お休みのお知らせの貼り紙が(涙)。
が、があああーん。
IMG_1516.jpgだって、パリ初日に激美味しいと聞いてて楽しみにしていたサンマルタン運河近くのカンボジアンレストランも改装中でめげてたところだったのに!
仕方なく閉店中の両店の写真など撮ってみました。
む、空しい。


IMG_1540.jpg休暇中のCartonにショックを受けつつもパンへの期待でいっぱいの胃袋の抗議を受け、慌ててベーカリーを探したら同じVictor Hugoアベニュー沿いにBechuってのがあった。
ビチューsounds likeピカチュー。カワイイでちゅー。
と思ったがブシュと読みます。
2004年のバゲットコンテストでグランプリの店と入り口に貼ってあり、喜んで飛びつきました。
食感軽めのバゲットでサクッと食べられて美味しかった。
でもペストリー類は他の美味しい店舗にやや劣るかな~?
お客さんはたくさんいて、店舗での食事も出来るようだったので、他にも食べてみたいところでした。
IMG_1543.jpgIMG_1546.jpg




と、歩きながらパンばっか食べてる上にお昼はガッツリ食事もしていた私。
行儀悪い上に食い過ぎ。いいじゃん。
でも口の周りにチョコレートつけてるのは頂けないぜ。
女として終わってますな。
それにしても毎日相当な距離を歩いていたせいか、ニューヨークに戻ると1kg減っていたのだった。
おおーう、街歩きを食べながら楽しんで体重が減るとはなんてナイスなダイエット!
理想的です。これならまたチャレンジしたいです。


*番外編*

IMG_2183.jpgIMG_2184.jpg
IMG_2190.jpg
こちらはモンマルトルで、観光客向けクレープ。
別に特にどーっちゅーもんじゃないけど、食べてみた。
Jambon & Fromage、4ユーロの奴。
ハムとチーズ入りです。作るの手早すぎるー。
チーズをもっととろかして欲しかったなあ。


スポンサーサイト
テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報
コメント

あーパン美味しそうー><
パリは本当に美味しいベーカリーが多いですよね♪ 美味しいパンに美味しいバターがあればもうそれだけで幸せ・・・^^ 
Jambon & Fromage食べましたねー、けっこうヘビーで全部は食べられなかったのを覚えてます。笑
2008/03/25(火) 22:54:22 | URL | Aya #fRYPH7rk[ 編集]
>Aya様
ヘ、ヘビーでした?>Jambon&Fromage
私にはライトだったんですけど......(笑)
全然ヨユーで完食でした。
それにこれ食う前、しっかりランチも食べてます。
更にクレームブリュレも食べてます。
自分ヤバいかしら......。

今回パリには4泊5日間の滞在&その半分は営業してたので、美味しいパンに費やす時間はホテルや営業先から足場のいいところに限られてました。
次回行くなら1週間以上いて、更なる研究を重ねたいです!
2008/03/26(水) 00:58:56 | URL | tomox #-[ 編集]

Tomoxさんも Le Boulanger de Monge、行かれたんですねっ!(というか私が知らなかっただけで、きっと有名なお店なんですね)。くるみパンと、ピスタチオの乗ったクロワッサンが絶品でした。おいしいパンがあると、生活がぐーんと豊かになった気がします。
2008/03/26(水) 10:56:13 | URL | あくび #-[ 編集]
>あくび様
ここ、いろんな人が「パリでイチ推し」だったんで行ってきたんですよ!
老舗じゃないですよねー割と最近の有名店?
あくびさんのくるみパン美味しそ~~~。
ああーもっともっと試したかったパン屋さんとパンの種類...
今度行くことがあったら、もっとパリでゆっくりしたいです。パンの為に(笑)
パン屋さんで「今朝はバゲットだけ」って思っても、いつも並んでるうちに焼いたパンの香りに負けてペストリーちょこちょこ買ってました。食べ過ぎですねー明らかに。
2008/03/26(水) 15:13:42 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/625-36d7ceda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。