TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どもども。
tomox@今日は雨、お昼ご飯も終わってボンヤリ、です。
今日の午後は母がいよいよリハビリ室にて本格的にリハビリ開始なので、私はリハビリ後にゆっくり面会に参ります。


今日はランチ時に冷蔵庫の残り物を消費しきろうと工夫して作ったのはいいけど、和洋中ごちゃまぜのヘンテコメニューになりました。
でも父はいつも通りメインがうどん。他のメニューが何だろうとうどん。
いつ飽きるのかと思いきや、私の見る限りこの2週間以上ずっとうどん。
うどんじゃない日もあるけど、それはおそばを食べる日....という訳で、先週までは私も父の麺食い嗜好にお付き合いしてましたが、もう辞退しました。
ていうか付き合いきれん。
よく考えたら今までも家族の誰も彼に付き合ってなかったし。
かくしてひとり、父の麺ランチマラソンは続く(多分永遠に)。


ところで相変わらずのパリ日記です。
今日はパリで買ったおみやげ編。
上の写真のキャラメルなんですけど、世界でただひとりのキャラメリエ(キャラメル職人)Henri Le Roux(アンリ・ルルー)の塩バターキャラメル「C.B.S.(セー・ベー・エス)」です。


IMG_1550.jpgフランスはブルターニュの有塩バターをたっぷり使って作ってあり、もうその濃厚な味わいは並みのキャラメルではありません。
包みを開けた途端、バターの香り。
ひとつ口に入れると、柔らかい中にナッツの混じった歯触り、ギュッと旨みが詰まったあまじょっぱい味に感動すること請け合い。
めちゃくちゃ美味しい!究極のキャラメルです。



IMG_1538.jpgこのひとくちで天国行きキャラメル、パリではこのA l'Etoile d'Orでのみ購入できます。
ここはアメリちゃんカフェと同じ駅、Blancheの近く。
駅を出てからアメリカフェやムーランルージュ方面のモンマルトルの丘に背を向け、rue Pierre Fontaineを下っていくとすぐに左手に見えてきます。


IMG_2002.jpgIMG_2003.jpg
IMG_2005.jpgここはフランス中の小さなスイーツが集まっている老舗で、フランスで有名なショコラティエのチョコレート...世界で頂点を極めるようなチョコレートの逸品が集まっています。リヨンの伝説のショコラティエBernachonの門外不出と言われたチョコレートもここでは買えるんですって。キャラメルは頼まれて買いに来て自分でも食べてみて気に入ってたくさん買ったのですが、実際他にもあまりに素敵な品揃えで何を買ったらいいのか迷うところでした。(写真はイースターチョコレートたちです)




IMG_2006.jpgこちらがこのお店の名物オーナー、デニーズおばさん!
女子高生のようなおさげ髪と制服のような格好。
めっちゃくちゃキャラクターありますね~。
たくさん取材も受けられてるようでお店の中には取材記事のスクラップがたくさん、写真を撮られるポーズもバッチリ慣れてて決まってます(笑)。
以前は美食ガイドの審査員もされてたそうです。
英語は殆ど喋れないけど、臆さず愛想良くコミュニケーションを図る彼女は何語でも全然大丈夫そうな感じ。



実はこちらには2回訪れたのですが、1回目の時、キャラメルを包んでもらっている途中に取材陣が訪れたんですよ~。
どうもこちらのお店が映画かドラマに使われた?か何かのようで(おばさんと私のコミュニケーション力だといまいち不確か)、いらしたのはその映画だかドラマだかに出ていた俳優さん?(年配の男性と女性)、それにフォトグラファーの3人でした。
途端に私は放ったらかされ、フォトグラファーは訪れた男女がおばさんを囲んだ写真をありとあらゆる角度で撮り出し、私は突然の展開に呆気に取られてましたが、待てど暮らせど取材が終わらないのでちょっとムッとしてました。
そしたら年配の男女は買い物までし出して.....先に買い物を決めて包まれるのを待っていた私はアッサリ後回しになってしまってちょっと驚きました。
日本だとあり得ねえなーこの展開!と思ってたら、俳優のおじさん?が「フランス語は喋れるのか」と私に聞いてきたようなので(フレンチでも何となくそんな感じに聞こえたので)キャラメル待ちでぐれていた私は「ノン」と素っ気なく答えつつ「こっちを待たせてるんだからゴメンネくらい言えよ」と非難がましい目線を彼に向けていました(笑)。
その後、女優のおばさん?が私の買ったキャラメルをつまみ上げたのでさすがにおばさんに注意されたりしつつ、さんざん取材陣はゆっくりした後、退散。
と、おばさんは喜色満面のまま私を振り返り、たどたどしい英語で

「この店、映画に出るの!今の人達見た!?俳優さんなの!あの人達知ってる!?」

みたいな事を言ったので、ム~ッとしていた私は「いや、見たこともないです(内心:知らねーよそんなフランス国内のローカル有名人なんか!)」と素っ気なく答えてまだ拗ねていましたが、よく考えればおばさんに何の悪気もなかったのは明らかです。
その後私に包みかけたキャラメルの一部がどこに行っちゃったのか分からなくなって(素晴らしいキャリアとは別にかなりなドジな人と見た)また数え直して包み直してそれでもニコニコしていたおばさん....1から10までフランス語で私に話しかけ、通じなくてもにこやかに話し続けたおばさん....この人に怒ってても仕方ないわとかなり脱力し、もー許しちゃいました(笑)。
でも気の短い人だったらお店出ちゃうよね、ありゃ。


という訳で、皆様もここでお買い物の時は長期戦を覚悟で。


た・だ・し、日本の皆様に朗報です。
アンリ・ルルーのキャラメルは、日本の新宿伊勢丹で販売されることになりました~!
パチパチパチ。
という訳で今はもう日本でも買えるんですってよ。
日本て凄いわ。フランスでも買えるとこ殆どないのになぁ。


スポンサーサイト
テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/630-dd2020b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。