TOMOX NEW YORK

ニューヨークで生活する日本人アーティストの日々の徒然日記。 ニューヨーク情報もお送りします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




どもども、日本滞在の日々が残り僅かになってきてるのに、こちらも残り僅かなペルー日記、今日も行ってみまーす。
日本でも美味しいお店にたくさん行ったり、京都観光したり、オールナイトハードロックカラオケ2回やったり(爆)、またまた石やんのライブに行ったり、面白いものを見つけたり、展覧会見に行ったり、いい買い物したり~、といろいろ充実してて、そんな日本日記を全然書いてないままだが;;;


という訳で今回は前回の9日目の後編、ウロス島を巡った後は船でタキーレ島へ。
タキーレ島には2時間くらいかかって着いたかな?
結構遠かったです。
ペルーとボリビアの国境にまたがり大きさは琵琶湖の13倍、と広いからね~チチカカ湖。



P1010351.jpgやっとこさタキーレ島に着き、まずは島の中央、丘の頂上を目指して坂を登る。
背中にチチカカ湖、横目に素朴な景色と牛たちを眺めつつ。



頂上まではちょっと距離があるものの坂道は割となだらかで、マチュピチュの太陽の門に登った時と比較すれば全然楽勝。
ところが同じツアーのお客さん達、この山道で気分が悪くなる人続出!
ただでさえ高度の高いチチカカ湖エリアでの運動が堪えたか高山病患者が何人も出た。
高度に加えて朝早くからのツアーで睡眠不足なせいもあるだろう。
私は高山病で旅を台無しにしたくなかったので、早くから予防薬を毎朝晩飲んだり、お酒も運動も油ものもなるべく控えて炭水化物をたくさん食べて高山病予防に備えてたけど、その辺甘く見て油断すると痛い目に遭うかも。
若い女子2名、体格の良い男子2名が、歩けなくなったり全く食欲を失ってるのを見て驚いた。
ペルー旅行される方、高山病は予防して楽しいご旅行をなさって下さいね。



P1010360.jpg
着いたのは丘の上の広場に近いレストラン。
素晴らしいビューを眺めながらの食事は美味しいね♪




P1010362.jpgP1010366.jpg
P1010371.jpg簡素な作りのキッチンに素朴なテーブルセット....しかしここで食べた虹マスのグリル、皮はパリッと&身はプリプリジューシーで激ウマ!
他のどんなホテルやレストランで食べた虹マスよりも、ここのがいちばん美味しかった。
今朝までチチカカ湖で泳いでた虹マスだそう。
私は即完食。体調悪い方には全く手つかずの人もいて、勿体なぁぁー。
左はレストランの看板猫?
ペルーにも三毛猫っているんだ~



P1010392.jpgその後ちょっと土産物屋さんを覗いて、また景色を楽しみながら、今度はさっき登ってきたのと反対側の方へ下りてゆく。
タキーレの景色はこのようにとっても素朴。



P1010399.jpg石の階段を登ったり下りたり、そろそろ笑いだしそうな膝をなだめつつ、運動不足な現代人、チチカカ湖を目指す



P1010410.jpg遅い午後の強烈な日差しを窓越しに眺めながら、船でプーノへ。
さすがに眠くなった。

ところでこの船のトイレ....ワイルドさに欠ける都会っ子にはちょっと厳しい、「備え付けのバケツに汲んだ水で自分で流す」システムで、紙はなし。
クリネックスを自分で持ってきてて良かった。
トイレを使用していた他の人達、実はどうしてたんだろ。
タキーレ島のトイレもこんな感じだろうか?と思うと凹んだ都会人、この日は水分を控え、プーノに着くまでに行ったトイレは何と船の中での1度だけ.....
さすがに帰路、ホテルに着くのが待ち遠しかった(笑)



ところで帰路は、行きがけに送ってくれた車が迎えに来るものかと思ってたら(待ち合わせもしてたと思うんだけど)、船着き場付近にいない。
しかし、このウロス島~タキーレ島ツアーのガイドさんが「何やってんの?こっちだ、こっちだ」と行き道とは違う大きめの車に案内してくれた。
え~?と訝しく思ったけど、果たしてそれが迎えの車だったのだ。
ペルーではこういう事が多い。
そしてただのツアーガイドさん、とか、たまたま乗った電車の車掌さんで、その場限りでサヨナラな人、と思ってたら、私達がどのホテルに泊まるどのツアー客で、どういう送迎法で帰るのかを掌握してたりするのである。
ペルーのツアーシステムを侮るなかれ。
ツアーに関わる人達は、予告なく予定を次々と変えるが、案外何でも知っている。




P1010414.jpgランチがあまりに美味しかったので、夜もホテルのレストランで魚料理にしてみた....
しかし、昼間と比べれば惨敗な味だった。
フツーに美味しくない(爆)。
ま、不味くもないんだけど。
プーノのホテルのレストランは、何食べてもそこそこフツーで、正直ウマイもんはなかった。
盛りつけはこのように、ランチのよりぐっと綺麗ですが。





ペルー日記はもうそろそろ終わり。
ニューヨークに帰るまであと1週間足らず、それまでに日本日記も書けるか!?
ではまた次回~



スポンサーサイト
テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報
コメント

いやー、もう4ヶ月以上もまえのことになっちゃったのね。

虹鱒料理を見て、風邪引いてあんまり食べられなかった私の様子を見て「卵あるけど、食べる?」と心配して言ってくれたお店のおっちゃんを思い出しました。

いいひとだったなー。

虹鱒、少しだけ食べられたけど、美味しかったのは覚えてるよ。
スープも美味かった!
2008/12/21(日) 07:50:35 | URL | のりこ #-[ 編集]
>のりこさん
高山病に気をつけてたのに、風邪だったのかなー体調悪かったもんねのりこさん。
ニジマス、どこのよりここのが美味しかったのは、穫れたてフレッシュなのと、チチカカ湖で育まれたことと、素朴な調理と、あとはタキーレ島の空気かな?
あんまり美味しくて、逆にスープの味は忘れた(^^;;)
スープは何と言ってもクスコで食べた「プカラ」のにんにくのスープが美味しかった。
アレは衝撃的に美味しかったので印象深いす!
また行きたい。ペルーご飯食べたいな(涙)。
2008/12/21(日) 21:24:33 | URL | tomox #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://newyorkcity.blog36.fc2.com/tb.php/706-3d9e56a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。